最新の観てきた!クチコミ一覧

21-40件 / 151239件中
マナナン・マクリルの羅針盤 2018

マナナン・マクリルの羅針盤 2018

劇団ショウダウン

シアター風姿花伝(東京都)

2018/08/11 (土) ~ 2018/08/16 (木)上演中

予約受付中

満足度★★★★★

再演時に拝見したときよりも今回の観劇でもっと作品の世界が好きになり,カッコ良いシーンをたくさん見せて頂いたステキで凄い一人芝居です。オススメ。

ネタバレBOX

スティードがホントに一人ではなく、別の役者さんがいるのかと錯覚するほどでしたし、終盤の立ち回りの見せ場は見事しか言いようがなかったです。英語字幕を観ながら観劇していたら、あのシーンでladyではなくgirlなのかと分かった瞬間、突然関係性やキャラクターが見えてきて、初めて英語字幕で泣いてしまいました。素晴らしい取組に感謝です。
大脚色

大脚色

Dangerous Box

浅草六区 ゆめまち劇場(東京都)

2018/08/08 (水) ~ 2018/08/11 (土)公演終了

満足度★★★★★

鑑賞日2018/08/11 (土) 13:00

 2018.8.11㈯PM13:00 浅草 ゆめまち劇場でDangerous Box『大脚色』を観た。

 今回、この『大脚色』とこの後に上野ハウスで上演される『雪華、一片に舞う』とがどうやら関係するらしい。

 この『大脚色』の主人公、木暮一片(こぐれ ひとひら)、次の『雪華、一片に舞う』も木暮一片の話。

 膚にベッタリと蒸し暑さが纏つく、土曜日のお昼に、私は、Dangerous Boxの『大脚色』を観る為に、浅草にあるゆめまち劇場に居た。

 劇場に入ると、真ん中にランウェイの様に設えられた舞台の両側に、1人がけのテーブル席があり、その後ろに役者が駆け回れる通路分の間を置いて4人がけの席、階段を上がると丁度その4人がけの席の上が二階席になっている。

 私は、左側の出入口に近い、1人がけの席に着いた。舞台の上には、私から見て左手奥の正面に二人がけのソファーと白い本棚が両側に並べられ、ソファーの受けには、白いホープで吊るされたブラコンのようなものがあり、右手端にもそのソファーと相対する様に二人がけのソファーが置かれている。舞台装置はそれだけ。

 飛んでもない世界の幕が開く。

 人気作家の突然の死と残された一冊の小説。それは、担当編集者に残された最新の原稿。残された原稿に取り残された編集者が巻き込まれていく「嘘」というの名の真実と嘘を真実と思い込むために、嘘が真実に塗り替えられて行くパラドックス。

 現実が小説にリンクするのか、小説に真実がリンクして行くのか、はたまたそれさえも、誰かが書いたシナリオなのか。答えを求めた時、結論は嘘に包まれ、何が真実かなのさえ靄に包まれる。

 ざっくりあらすじを説明するとこういうはにしなのだが、一度観ただけでは目で追えきれず、その目で追えきれなかった部分にまた、別の真実が隠されているような気がしてしまう。一度観ただけで、この舞台を語ることは難しい。

 飛んでもない熱量と膨大でリンクし合い、交錯し、ぶつかり合い、重なり合う台詞、幾つもの世界の端っこが互に重なり合った部分が、現実に、小説と小説の世界に関わり、干渉し合っているような、目まぐるしく展開される話と時間、クラクラと目眩に襲われながらも、気づけば『大脚色』という大きな話の世界に巻き込まれ、呑み込まれ、引き込まれて行き、気づけば2時間が経っており、現実に引き戻されても尚、不思議な時間軸の中にいるような気分になる舞台。

 幾つもの円が重なり合ったという所から、観ながら、小学生の算数で習った、円の重なり合った部分の面積を求めましょうという図形がずっと頭の隅に浮かんでいた。

 『大脚色』は、その重なり合った部分の物語で、面積の代わりに真実を求めると言うような話なのではないかと思った。

 『カーテンコール~ポアロ最後の事件~』は、とある殺人事件の真犯人が実はポアロ自身であり、自ら掲げていた信条に則り、自らを裁き死ぬという結末を迎える。ポアロの殺人の動機は、この話とは違う所にありはするのだが。

 幕開け早々、二人の小説家が現れ、死ぬ。

 1人は人気小説家緒方乱、1人は小田修一。この2人があるに突然、死んでいるのが発見される。他殺か事故かはたまた…。事件を解決する為に、一通の手紙を受け取り、小田家の屋敷を訪れた、妹に頭の上がらない中二病の探偵木暮一片が現れ、やがて、結末は思いもかけない終焉を迎える。

 石橋知泰さんの端正で美しく知的で気品溢れる小説家小田修一に目を奪われ、REONさんの木暮一片と石橋さんの修一をずっと目で追っていた。

 血の繋がらない兄弟姉妹、清楚で控えめな美しい使用人楓を想う修一、その修一を想う故に楓にきつく接する妹雨音、楓に恋情を抱く故に兄を疎む弟俊之、その弟俊之に密かな思いを抱く故に楓に酷く当たる姉の真梨。

 こんな複雑な横溝正史か江戸川乱歩の小説には出て来そうな環境に生まれ育ちながら、どこまでも繊細で優しい修一。けれど、それ故に胸の中に孤独や懊悩が巣食ってはいなかったろうか。漠然とした不安、絶望の影が忍び込みはしなかったろうか。その中で、楓への思いだけが一時修一に安らぎを与えはしたが、その楓への思さえも抑制しなければならなくなった時、修一の中の何かが限界を超えて、あの結末へと向かったのではなかったか。

 そんな修一を繊細に端正に描いて見せられたのは、石橋知泰さんだから成し得たように思う。

 REONさんの木暮一片は、駄目な兄に見せながら、どこか危うい魅力があった。自分の夢の為、殺人事件だと思っていたものが、実は犯人が存在しない自殺だと知った時、自らが次々と殺人を犯し、推理するというサイコパスな役なのに、禍々しさや怖さよりも切なさを感じてしまうのは、REONさんの木暮一片だからなのだと思う。

 それまでの、中二病で妹に弱い、どこか飄々として憎めない木暮一片、ただ探偵として事件を颯爽と解決したかっただけ、すわチャンスかと駆けつけた事件が自殺だった時、自分の夢の為に、次々と小田家の人々や果ては妹まで殺すのは確かに身勝手ではあるのだが、そうと一言のもとに弾劾出来ない何かが、REONさんの木暮一片にはあった。それが、木暮一片が持つ翳りとそこから来る切なさなのだと思う。

 個人的にREONさんが歌い、踊りながら台詞を言う場面が、色っぽくてカッコよくて好きだった。

 林里容さんの入山三郎は、緒方乱の小説の中に登場し、木暮一片と同じ状況。ここでふと思う。緒方乱の小説と小田修一の小説は、鏡合わせの、鏡の向こうとこちらのかんけいなのではないかと。とすれば、入山三郎と木暮一片も鏡の中とこちら側の関係だとすれば、入山は木暮、木暮は入山、だから、入山もまた大好きで大嫌いな妹を殺してしまったのではないかと。

 優しくて頼りない兄から、狂気が迸る瞬間、その中にも、妹に対する愛しすぎたが故にまた、憎しみもし、手にかけてしまった痛いまでの切なさを感じた。

 『大脚色』の中で展開される小説と幻日がリンクした世界は、実は、篠原志奈さんの小説家森田が書いた小説世界かと思わせて、森田もまた殺される。いや、もしかしたら、森田を殺したのは森田自身なのかも知れない。

 森田の台詞を聞いて、作家になると決めた小学生の時に、よく思っていた事を思い出した。この世は、この世界は、神様の描いた大いなる小説で、その中で生きる私たちの人生も神さまが書いた小説なのかも知れないと。

 だとしても、であったなら尚更に、今の私は思う。神様の書いたシナリオ通りになんか生きたくなくかないと。今までの人生だって、自分でのたうち回りながら選び取って生きてきた人生なのだと言い切りたい。

 例えそれさえもが、神様の書いた小説だとしても。やっぱり、私は私として私を生きてやると言いたい。

 そんな事をふと思った。

 愛は面倒くさい。愛し過ぎても、愛が足りなくても、人を殺す時がある。それは、命を奪うという直接的な事ばかりでなく、心を殺す、愛を殺すという事をも含めてであり、また、生きることも果てしなく、面倒くさい事が山ほどある。

 けれど、生きているだけで、命があり、明日という時間があると言うだけで、本当はとても幸せな事なのかも知れない。

 たがらこそ、神様が書いたシナリオに抗ってでも、自分を生きたいと思った舞台であった。

                文:麻美 雪

『首無し乙女は万事快調と笑う』&『漂流ラクダよ、また会おう』

『首無し乙女は万事快調と笑う』&『漂流ラクダよ、また会おう』

ポップンマッシュルームチキン野郎

シアターサンモール(東京都)

2018/08/10 (金) ~ 2018/08/15 (水)公演終了

満足度★★★★★

鑑賞日2018/08/13 (月) 19:00

『首無し乙女』はしばらく前に隣の小さな会場で見ましたが、覚えてるつもりだった詳細は頭の中から消えてたので、再び見れて嬉しかったです。普段よりシリアス度の高いPMC野郎を堪能。『ラクダ』はガンガン笑える短編集でしたが、最後はしっとり。不真面目なようでいて、弱くて小さい者たちにもやさしい目を向けている心あたたまる作品群だったと思います。赤かぶとちゃんの甲殻類は何度見ても面白い!

マナナン・マクリルの羅針盤 2018

マナナン・マクリルの羅針盤 2018

劇団ショウダウン

シアター風姿花伝(東京都)

2018/08/11 (土) ~ 2018/08/16 (木)上演中

予約受付中

満足度★★★★★

蒼のトーテム 竹内敦子一人芝居 を観劇
良かったです。期待以上に良かったです。ホント2回公演だけではもったいない。回数を重ねれば,竹内敦子さんももっともっと深みも遊びも出てくるだろうし,あー,可能であれば,あと数回上演した後のこの芝居も観たかったなぁ。演技だけを言うと,さすがに林遊民の一人芝居には及ばないものの,音響,照明をも効果的に使い,総合力でこの一人芝居を盛り上げていました。さすが劇団ショウダウン!自分としては外せない劇団さんです。
数週間後,池袋演劇祭で別の芝居をされるとのこと。場所が「あうるすぽっと」じゃないのが残念だけど,こちらも大いに期待しています。

疑惑の教室にて

疑惑の教室にて

カスタムプロジェクト

調布市せんがわ劇場(東京都)

2018/08/10 (金) ~ 2018/08/12 (日)公演終了

満足度★★★★

劇団初見。いや~犯人捜しはホントに難しいですね。サッパリ当たらなかったです(苦笑い)。推理はともかくとして、芝居自体は結構楽しめました。

ナイゲン(2018年版)

ナイゲン(2018年版)

feblaboプロデュース

新宿シアター・ミラクル(東京都)

2018/08/10 (金) ~ 2018/08/20 (月)上演中

予約受付中

満足度★★★★

スタンダードと化した青春会話劇。何度も観ているので、ストーリーを気にせず細かい所に目が行くようになって、毎回違った楽しさがありますね。今回は直接会話に関わってない登場人物の動きに注目してみました。

排気口

排気口

イデビアン・クルー

世田谷パブリックシアター(東京都)

2018/08/09 (木) ~ 2018/08/12 (日)公演終了

満足度★★★★

井手茂太氏による「演劇」舞台以外の、つまり舞踊での(という事はイデビアンクルーの)舞台は初めて。
表現された形(シニフィアン)がどの意味(シニフィエ)に対応するかが測りかねるというのは舞踊鑑賞では「ごく普通」だが、今回はある面で判りやすく、ある面で判りにくい・・その塩梅に特徴があるなとまず思った。
舞台は日本旅館の広い四角い一室、そこをメインに、スケルトンで左右・奥へ広がる空間が「黒」の中に浮かび上っている。要はそこが「旅館」であるのは間違いはなく、登場する人らの衣裳の殆どが着物。これらも旅館の仲居、小間使い、芸者、番頭といった風なキャラ分けがあり、着物以外を逗留者とするなら三、四人といったところ。
「何が起っているか」は具さに判らないがニュアンス的なものはしっかりと存在している。「音」が隙なく空間を埋めており(音響:島猛)、全体に流れていた音楽が一ヵ所に絞られ、ラジオから流れ出る音に収まるといった、空間を意識させる技から、小さなノイズのようだが明らかに意図的に出していると分かる「音」など、照明共々空間の解像度を密にする。これに見合う身体パフォーマンスになっているか、という風に見ている瞬間があった。
旅館での様々な人間模様が、描かれているに違いない。ただそれら一つ一つの「出来事」よりは人間観察の眼差しの行き着く先が、表現したいもののように思われる。ただそれが何かも判らない。判らないが終りに向かうにつれて、輪郭と呼べるものが見えてきそうな予感のようなもの、があった。
目に入ってくるものは「意味」を意識させるものがある(これが井手氏の振付が演劇向きな理由か)、が実際のところ「逐語的」意味は目的ではない。技術的に高度なのかどうかも私には判らない。だが快い瞬間は多々ある。身体パフォーマンスの快感に素直に浸れないのは「意味」がチラついてそれを読み取ろうとしてしまうからだが、終局、そうした「意味」の片鱗は全体の中に溶け込んで、「意味」を成しえないものとしての人間の風景を見た、という具合になったかと思う。時折見えた人物の表情や何やが、「見た」実感を支えている。
観劇の大きな要因の一つは宮下今日子の名を出演者に見出した事で、私の目にはこの人の実在感が半端でなかったが、他にも印象的な存在があり、全員が恐らくキャラを担って旅館での「物語」を構成しているだろう事は、判る。残影は群像劇の躍動より、そのバラバラ感にあり、哀しげであるのだが。

その頬、熱線に焼かれ

その頬、熱線に焼かれ

On7

東京芸術劇場 シアターウエスト(東京都)

2018/08/09 (木) ~ 2018/08/12 (日)公演終了

満足度★★★

鑑賞日2018/08/12 (日) 14:00

座席1階B列12番

on7第2回公演の再演、劇場をこまばアゴラからシアターウェストに移して。
on7は、第3回公演の「ま○この話~あるいはヴァギナ・モノローグス~」から観劇を始め、正式公演ということでは、今回は3回目となる。

第2回公演の口コミが絶賛の嵐だったので、遅れてきた者としては観れなかったことが悔しくて悔しくて。再演ということを抜きしても、実験性に溢れた企画、芝居を追求するon7と、次々と称賛をを獲得する劇団チョコレートケーキの脚本・演出コンビのコラボとなれば、観に行かないことの方が不思議だろう。ましてや、この2つのユニットに、一度ならずも魅了されてしまった者としては、見ないこと自体があり得ないこと。

今回は終戦記念日を挟んだ公演日程で、時宜も得ている。こうしたテーマ性の高い芝居には、旬であることも重要だと思う。

さて、当日は東京の千秋楽、客席も満員でテレビ録画も入っているらしく、カーテンコールでは大きな拍手と、役者の皆さんも感極まって落涙している方もいる。
なのだけれど、どうもしっくりこない。悪いというわけではないのだけれど、期待を超えていないのだ。失礼を怖れずに言うと、「劇団民藝」の戦時・戦中芝居を観ているような感じなのだ。

まず、on7側から言わせてもらうと、「ま○この話~あるいはヴァギナ・モノローグス~」や「かさぶた」でみられたような、軽快で緻密、即興性に溢れながら、常に解体と構築を繰り返すような高い挑発度がないのである。
戦争の悲劇を通して人生の儚さや苦しさを描き、予定調和的に結末に向かうような舞台。そこに待っているのは諦観と僅かな希望だ。そうした芝居が悪いのではない。
ただ、今のon7がやるべき芝居なのかと思ってしまう。

劇団チョコレートケーキ側から言うと、いつもなら史実や歴史的現象を、自らの解釈と理解に首根っこを引っ張るように持ってくる古川脚本が、今回は自ら寄り添うようにして書かれており、一向にダイナミズムを感じない。

この物語では、原爆女子と呼ばれた7人(全体では25人)が、それぞれ異なる境遇と想いをぶつけ合う。ともすれば第三者からは、ステレオタイプに理解されている存在は、あくまで1人1人の個人であることが強調され、会話を通じて寛容と癒しと平穏を獲得していく物語である。しかし、舞台からはそこに至るまでの心の機微や、それぞれの気付き、驚きが感じられなかった。

この理由は、会場のパンフレットを見たときに思ったのだけれど、役者も演出側も、取材や理解を通り越して、再演に当たり当時からご存命中の方々に寄り添いすぎてしまったからではないだろうか。掲載されている写真には、当時を知る関係者の方々と肩を並べるon7の皆さんの写真が何枚も掲載されている。
こうした機会を得て、新たな発見や親和性を得たことは想像に難たくない。

しかし、そうして生じる気持ちの高揚は、ともすると舞台上にのみ熱量を持たせ、それが観客席に拡散していくことを妨げることにもなりかねない。役者相互に気持ちが行き過ぎてしまうのだと思う。

脚本や演出法に、前回公演とどういう違いがったのかは判らない。だけれど、もしかしたら、古川氏や日澤氏にも、前回には突き放せて描けたことが、登場人物1人1人に強い親和性が生じたことで、描けなくなってはいなかったろうか。

そう考えると、やはり前回の公演を観られなかったことが、一層悔しく思われてくる。



bug-depayse2018年度公演「愚頭-guzu-」

bug-depayse2018年度公演「愚頭-guzu-」

bug-depayse

シアターバビロンの流れのほとりにて(東京都)

2018/07/27 (金) ~ 2018/07/29 (日)公演終了

満足度★★

鑑賞日2018/07/28 (土) 19:00

「虐げられてきたものたち、奪われたものたち、今も生きながらにして苦痛に耐え忍ぶものの、声なき声を可視化し、曝すことで、「尊厳」とは何かを問う舞台。」
確かに、キャッチとしては、舞台内容をよく表していると思います。でも、アフタートークでも、役者さんたちが、舞台をよく咀嚼しきれていないというか。むしろ、それによる不協和音、ベクトルの交錯、あるいは視点のズレ、意識の階層化などを狙っていたとすれば、それはそれで成功しているような気がするのですが、、、
足りないもの、満たされないもの、欠けたもの、損なわれたものを表現しようとしているわけですから、方法論としてはよいのかもしれません。

ただ、トークラストで、宗方さんの一人喋りになっていてことが、やはり演出家としても、不満なところがあったのではないかと思った次第です。
私も、正直消化不良でした。

『首無し乙女は万事快調と笑う』&『漂流ラクダよ、また会おう』

『首無し乙女は万事快調と笑う』&『漂流ラクダよ、また会おう』

ポップンマッシュルームチキン野郎

シアターサンモール(東京都)

2018/08/10 (金) ~ 2018/08/15 (水)公演終了

満足度★★★★★

『首無し乙女は万事快調と笑う』観劇。
~ナチス政権下のドイツ。とある独裁者のご乱心により、差別や弾圧が丸の内OLの女子会並みにカジュアルに行われていた時代~
チラシのこの言葉に興味を引かれて観に行きました。

ネタバレBOX

首無し乙女 エマの明るさと優しさがこの作品の救いでした。
自分のことを思い出せない恋人に
「生きていて、私を見てくれたことが嬉しい!」と言えること。
この一言で彼女の心の温かさと、二人がどんなに愛し合っていたのかが分かりました。

もちろん作中には目を背けたくなるような描写も多々あります。
けれど私は、憎しみも差別も弾圧も、全ては強い「想い」から生まれているのだと感じました。
それは、愛と呼べるほど、強い感情。

この作品でとくに目を引いたのが谷口賢志さんでした!
あの狂気と迫力はすごい!
彼が舞台上にいるときは目が離せないくらいでした!
そして、ハインツがカミルを殺せと指示した所。
必死に「右手」で頭をかきむしるカミルの姿に心臓が潰れそうでした。

平山空さん演じるリリーも素晴らしかった!
強姦の後、気が触れてしまいますが、あのセリフ、
「お兄ちゃん。洋服乾いた?」
の凛とした響き。
もしかしたら。彼女はずっと正気だったのかもしれない。狂気で自分を守っていただけで。
そんな風に考えてしまいました。

そしてラスト。
一発では引き金を引けないオスカー。
弱くて惨めで、優しい男。
その優しさが誰かを傷付け、
誰かを救ったんだと思う。

いつまでも余韻に浸っていたい、素敵な作品でした。

あと最後に。
戦うババアがかっこよかったです!笑
疑惑の教室にて

疑惑の教室にて

カスタムプロジェクト

調布市せんがわ劇場(東京都)

2018/08/10 (金) ~ 2018/08/12 (日)公演終了

満足度★★★★★

鑑賞日2018/08/11 (土) 13:30

座席1階1列

他の皆さんが、舞台の内容を細かく書かれているので、重複は避けます。

もう四半世紀前になりますが、フジテレビの深夜で「トラップTV」という番組がありました。30分の推理ドラマなのですが、吹越満が演じる「あなた」を、昼の庭園に友人が訪ねてきて、「あなた」が提示する写真と説明で、友人が犯人や事件の顛末を推理するといったエンタメです。タイトル通り「トラップ」が仕掛けてあるので、友人は「あなた」に、まんまと裏をかかれるのですが、今回の舞台作り込みの丁寧さといい、とても良い意味で、この番組を思い起こさせてくれました。

今回の舞台でも、ビデオや写真、図版を多用して、視覚で伝えるところと、セリフで伝えるところを、きちんと整理して推理劇としての整合性を保ちつつ、ツッコミどころもむしろ愛嬌にして、かなり楽しませてくれました。確かに、奇想天外な設定でもあるのですが、そこがエンテメ度を増幅してくれる、1粒で何度もおいしい、グリコアーモンドキャラメル的な舞台です。

ここまで作り込んだ推理劇ですから、演技上で過度な演じ込みや、ましてや表現ミス、セリフ間違いなどがあっては興覚めもいいところなのですが、そこは演技に齟齬が生じないように演じきった役者の皆さんは見事。
そして、丁寧な資料作成や淀みない舞台進行に尽力された裏方さんたちの手腕も立派。
とても楽しめた2時間半でした。

ただ、惜しむらくは、再演が難しいところですよね。手を加えて、別の結末の舞台にするのもとても面白そうではありますが。

初日の昼の部では、全問正解者は1人(どういう思考回路しているのでしょう、驚愕です)、夜の部は8人だったとのこと。この劇団を過去観た方には、1度回答編は見たものの、再見でいろいろ検証してみたいという方もいたのでないでしょうか。いや、それとも、夜の部の観客の皆さんは、結構な熟達者だったのかな。

他の方がおっしゃっているように、年2回見たいなあ。このレベルの作品作りが難しいことは、重々承知していますが、ご検討ください。半端な作品になるのなら、年1回でもという声は聞こえてきそうですが。

疑惑の教室にて

疑惑の教室にて

カスタムプロジェクト

調布市せんがわ劇場(東京都)

2018/08/10 (金) ~ 2018/08/12 (日)公演終了

どう評価するか悩むところ。
推理イベントが好きな方には文句無くオススメ。
私は演劇好きで、読書傾向はSF、ミステリー、ファンタジー。
演劇とミステリーはよく合うと思っている。
ただ舞台として観た場合、大詰めで話を止めて長い時間の推理パートは、少々興を削がれてしまう。
それを差し引いてもなかなかよく練られた作品だと思う。

マナナン・マクリルの羅針盤 2018

マナナン・マクリルの羅針盤 2018

劇団ショウダウン

シアター風姿花伝(東京都)

2018/08/11 (土) ~ 2018/08/16 (木)上演中

予約受付中

満足度★★★

鑑賞日2018/08/13 (月) 19:00

「蒼のトーテム」を観劇。
1人芝居というと、1つの役柄を独白調で舞台装置を駆使しながら演じ切るものかと思い込んでいましたが、複雑多岐な役柄を仕草や声のトーンで演じ分けるものだったのですね。
さながら、超ハイスペックな身体使いの群像落語。

話の導入では、「不思議の国のアリス」のようで、主人公蒼が奇妙な人物や動物と邂逅しします。何ともはや、うまく噛み合わない会話と、異次元な世界模様。
漆黒とやらが、あらゆる色を塗りつぶして、この世界を闇と化そうとしているようなのですが、、、
蒼も漆黒に狙われます。しかし、蒼がなくなると、美しい空はただの灰色に化してしまう。
蒼は必死に抗います。それは、生まれ来たる次世代の者たちの眼に、この青空を見せる責任があるからです。さて、蒼は残ることができるのか。

2回公演というのも、少しもったいないですねえ。また、今後も今後も磨き上げていくのでしょうけれど。驚くべき熱量を感じたがゆえに、この発展版を見てみたいですねえ。竹内敦子さんも、もっと作品の咀嚼が進めば、緩急・メリハリが出てきて、一層良い作品になることは必至です。
期待を込めて、星は少なめに。

ネタバレBOX

「トーテム」の意味が、どうも消化できていなくて、、、というより「トーテム」って何?
誰かお気づきの点があれば、お考えをお聞かせください。
『首無し乙女は万事快調と笑う』&『漂流ラクダよ、また会おう』

『首無し乙女は万事快調と笑う』&『漂流ラクダよ、また会おう』

ポップンマッシュルームチキン野郎

シアターサンモール(東京都)

2018/08/10 (金) ~ 2018/08/15 (水)公演終了

満足度★★★★★

『漂流ラクダよ、また会おう』観劇。
冒頭に散りばめられた伏線。
短編集でありながら、ラストへ向けて点と点が結び付き、目の前が開かれていく瞬間が圧巻でした。

ネタバレBOX

『そして最後の樹は枯れた』の狂気から始まったかと思えば
『私の彼は甲殻類』、『おっちゃん、ごめん』では爆笑したり、PMC野郎さんの演劇はいつも、感情の全てを揺さぶられる。
『老婆と椅子』では小岩崎さんのお芝居がとても素敵だった。
一人の女性の生涯をとても美しく演じられていて。
彼女の演じる「女性」は本当に素敵。
『近すぎて遠い』でのオリヴィアも罪人でありながらどうしても惹き付けられるような魅力があって素敵だった!
そして平山空さん。
彼女のお芝居はボクラ団義で何度も見てるのに、PMC野郎の舞台に立つと、こんな演技もできるんだ!と毎回驚かされる。
知的で強くて歪んだ惨めな女。
その軋むような愛が、とても愛しかった。
最後のキスも。
『君といつまでも』
言葉の一つ一つ、仕草の一つ一つがとても優しい。
けれどそれが悲しみに変わる瞬間、涙が零れていた。
私もいつか最後の時に、こんな風に誰かを傷付けてしまったら悲しい。
だからこそ、自分の心を大切に生きたいと思えた。
最後は愛が全てを包んでいた。
マナナン・マクリルの羅針盤 2018

マナナン・マクリルの羅針盤 2018

劇団ショウダウン

シアター風姿花伝(東京都)

2018/08/11 (土) ~ 2018/08/16 (木)上演中

予約受付中

満足度★★★★★

一般的な一人芝居とはひと味違う一人芝居です。
多くの役を演じ、かつ身振り手振りを交えて情景表現までする。
濃厚な時間を堪能。

ビリー・ミリガンの毒薬

ビリー・ミリガンの毒薬

露と枕

シアターグリーン BASE THEATER(東京都)

2018/08/10 (金) ~ 2018/08/12 (日)公演終了

満足度★★★★

鑑賞日2018/08/12 (日) 18:00

価格1,800円

きっかけは「ミラクル祭18:」のP3/4を観劇から。そこに中野華子さんという何か気になる演者さん。それから露と枕の前作を見て、作品の世界感にひかれて今回は劇団リピート。

今回の作品も推理テーストがあり、人の心をゆっくりと探り合う仕上がりになっていました。
タイトルは非常にインパクトがあったがビリーミリガンを引用する必要はあっただろうか。多重人格やPTSDを予感はさせたが、ここはあえて隠してもこの劇団ならいいものを提供できると思う。

自作も楽しみな新鋭な劇団です。

ナイゲン(2018年版)

ナイゲン(2018年版)

feblaboプロデュース

新宿シアター・ミラクル(東京都)

2018/08/10 (金) ~ 2018/08/20 (月)上演中

予約受付中

満足度★★★★★

馬鹿馬鹿しい議論何時まで続けるのだろうと思っていましたが、いつしか自分もこの会議に参加し夢中になていました、。若いころ自分もこんな風に口角泡を飛ばし、もめたり納得したり懐かしさも呼び起こされまれました。良い時間を過ごしました。日にちの変更もしていただきありがとうございました。

ナイゲン(2018年版)

ナイゲン(2018年版)

feblaboプロデュース

新宿シアター・ミラクル(東京都)

2018/08/10 (金) ~ 2018/08/20 (月)上演中

予約受付中

満足度★★★★★

鑑賞日2018/08/12 (日) 14:00

何度も公演されているナイゲンですが、実は先日の浅草に続いて今回が2度目。作品の楽しみもありますが、たすいちファンとしては小太刀の演技を期待していました。

が、もう期待以上の演技で震えを通り越して凍ったよ私は。この作品が演劇初めて見た人がいらしたらきっと小太刀さんをきっかけにこの世界を好きになってくれるんじゃないかな。
こういう魂を揺さぶられる演技はなかなか見れるものじゃありません。

小太刀さん目当てではありましたが。実はリピート演者さんは他にもいました。早舩聖さんは先日スポンジの公演。そして川口知夏さんはミクドク、そしてキャラメル俳優教室卒業公演も拝見していていました。

ホテミラ6を見ていたらもっといらっしゃったんだよなー

ナイゲン(2018年版)

ナイゲン(2018年版)

feblaboプロデュース

新宿シアター・ミラクル(東京都)

2018/08/10 (金) ~ 2018/08/20 (月)上演中

予約受付中

満足度★★★★

鑑賞日2018/08/10 (金) 20:00

価格2,000円

演を重ねられる演目というのは変わらない部分と新しくなった部分がそれぞれあり、何度も観ることに耐えうるものだ、などと思った。
今回印象的だったのはどさまわりの迫力。最上級生があれだけ強く主張したら下級生は(同学年でさえも)委縮するよなぁ……というのが如実に表れていて。発信側(どさまわり)も受信側(他の全員)もアッパレ!
ただ、もちろんそれはそれで良かったのだけれど、シアター・ミラクルにしては声のボリュームがデカく(もちろん激高して声が大きくなるのはワカる)、「静かな語り口だけれど他を圧倒するナニカがある」演出のどさまわりも面白いんじゃないか、それも観てみたいぞ、と思ったのだった。

ネタバレBOX

一件落着の後のさらなるヤマ場、音楽で言えばCodaにあたる部分での監査の「あの台詞」と3148の「あの言動」には毎度ホロリとする。議長(と3148)の「成長ぶり」もイイ。
この2018年版に限らず脚本としてなのだが、序盤であんなに弱かったのにクライマックスではランクアップした(?)ことを示す3148と議長、それに自分の立場と心情の板挟みになる監査がキャラ的にやっぱり好きなんだな。
涼風至る

涼風至る

Minami Produce

ギャラリーしあん(東京都)

2018/08/04 (土) ~ 2018/08/12 (日)公演終了

満足度★★★★

鑑賞日2018/08/07 (火) 19:00

価格0円

太宰治『女生徒』 をベースとした、涼風至る【蝉時雨編】を観劇。過去の南さん演出作品と比べると難解。もっと物語としての面白さが欲しかった。5人の女優さんはとても個性的で好印象。スカートに火が付かないか心配で時々台詞入らず。古民家のギャラリー素敵です。チケプレありがとうございました。

【夏祭り編】は会社帰りに観劇。古典落語三作をお芝居にした在りそうな無さそうな舞台作品。いい役者さん揃えたなぁがまず感想。言葉がキレイなのでとても心地よくお話がすいすい入ってきました。土佐さん加順さんとても素敵でした。

このページのQRコードです。

拡大