最新の観てきた!クチコミ一覧

1-20件 / 138246件中
-平成緊縛官能奇譚-『血花血縄』

-平成緊縛官能奇譚-『血花血縄』

吉野翼企画

こまばアゴラ劇場(東京都)

2017/06/22 (木) ~ 2017/06/24 (土)上演中

満足度★★★★★

いくつもあるけどもう一つの『まほろば』でした。

ネタバレBOX

縄プラス月曜は媚薬、火曜は楽器、水曜は女体盛、木曜は蝋燭、金曜は虫責め、土曜は漠然としていて何だろうと思っていたら人形、そして、日曜候補には月曜の娘をと考えている男の夜な夜な女性を責め続ける男を描いた官能小説と思いきや、女たちが快楽のために男を使っていたという話で、初潮を迎えた娘は男の不能を見抜き、新しい男を探して命を繋げていこうと決意する、女のしたたかさを描いた時系列的にはこちらが先かもしれませんが、もう一つの『まほろば』でした。
新しい生活の提案

新しい生活の提案

壱劇屋

萬劇場(東京都)

2017/06/22 (木) ~ 2017/06/27 (火)上演中

予約受付中

満足度★★★★★

世にも奇妙な物語、笑うせーるすまんのようなお話。ジャンル「壱劇屋」としか言葉に表せられないパフォーマンスで感情を掻き立ててきます!!三都市で一番コンパクトな劇場でギュッと詰まったパフォーマンスは見応えありました!!

2期生 卒業公演「甘えの構造」

2期生 卒業公演「甘えの構造」

追手門学院高等学校 表現コミュニケーションコース

一心寺シアター倶楽(大阪府)

2017/06/23 (金) ~ 2017/06/25 (日)上演中

予約受付中

鑑賞日2017/06/23 (金)

舞台上は若さとエネルギーで満ち溢れていました。

携帯からの、、、は斬新でした。

腰巻おぼろ 妖鯨篇

腰巻おぼろ 妖鯨篇

新宿梁山泊

花園神社(東京都)

2017/06/17 (土) ~ 2017/06/26 (月)上演中

満足度★★★★★

唐作品に挑む度に、その迫力に圧倒されつつも??で帰ってくるパターンが過去多かったが、数を重ねて理解力がついてきたのか、作品との相性が良かったのか本作品には見事にガツンとやられました。
妖しいエロティックさ、グロテスク、滑稽、残酷、奇天烈、猥雑なキャラクターがビリビリ心をしびれさせ、予想不能の展開が歓喜と驚きでウワッ!となります。
42年前の作品があまりにも新鮮さと毒々しい輝きに溢れ、病みつきになりそうです。
この感動、保存できないだろうか。

ネタバレBOX

ストーリーを順序立てて説明するのは困難ですが、さそり座・鯨・死亡届・株券・綿・ピノキオ等々、重要なキーワードの数々を思い出すことで印象的なシーンが次々と蘇ります。
どのシーンも痺れました!あ~っDVD欲しいっ
ペーパーカンパニーゴーストカンパニー

ペーパーカンパニーゴーストカンパニー

OIL AGE OSAKA

大阪市立芸術創造館(大阪府)

2017/06/21 (水) ~ 2017/06/25 (日)上演中

予約受付中

満足度★★★★★

鑑賞日2017/06/23 (金)

めちゃめちゃ面白かったです♪ワンカットの長回し映画を観るかのような怒涛の冒頭シーンからそのスピーディーさに心鷲掴みされ、テンポ良いコメディを楽しんでたらいつの間にか涙腺崩壊の胸キュン感動ストーリーに着地していた感じ☆全てのエンタメが詰まってました♪特にGEARでドールとして活躍されてる兵頭祐香さんが素晴らしかったです★涙が溢れる程感動したのは兵頭さんの表現力による所が大きくて、兵頭さんを通して観ると周りの人物が皆愛しく見えるのが凄いと思いました♪この物語の世界観を兵頭さんが間違いなく引っ張ってました♪

『テノヒラサイズの人生大車輪』’17

『テノヒラサイズの人生大車輪』’17

AR PRESENTS

ABCホール (大阪府)

2017/06/23 (金) ~ 2017/06/25 (日)上演中

予約受付中

満足度★★★★

鑑賞日2017/06/23 (金) 20:00

座席1階XB列

あだち理絵子さんプロデュースの『テノヒラサイズの人生大車輪』
昨年も気になりつつ観る事が出来なかったので今回は観る事が出来て幸せです。
当たり前の事だけど人が代わると、こんなに変わるんだ。
劇団さんの方で初めて観た時は、お話の回収に頭の中が忙しかったけれど
今回は、わかっている分、しっかり楽しむことができました。
吉弥さんの男1と八木さんの女3がお気に入りです。

非常の階段

非常の階段

アマヤドリ

シアター風姿花伝(東京都)

2017/06/08 (木) ~ 2017/06/18 (日)公演終了

満足度★★★★★

1日に同じ芝居を続けて観るなんて初めて。舞台ってホント生ものなんだなぁと思う。しかし,こんな良い芝居を何度も観れるフリーパスってありがたい。アマヤドリ,今後も観続けていきます。次回公演も大いに期待です。

Day Dream Dance

Day Dream Dance

演劇集団 TOY’sBOX

シアターグリーン BASE THEATER(東京都)

2017/06/22 (木) ~ 2017/06/25 (日)上演中

予約受付中

満足度★★★★★

鑑賞日2017/06/23 (金) 14:00

dust BOX チーム観てきました。
期待のダンスはOpeningからキレッキレッ!お芝居とダンスとお笑いと、楽しさ満載の舞台でした。girls BOXも観たいなぁ〜!

飛鳥に咲く

飛鳥に咲く

劇団グスタフ

シアターグスタフ(東京都)

2017/06/22 (木) ~ 2017/06/25 (日)上演中

予約受付中

満足度★★★★★

鑑賞日2017/06/23 (金)

誰が正義、誰が悪と決めつけない歴史観で飛鳥時代を描いた重たいステージ。斉明天皇と、歴史の話ではあまりでてこない歌人の額田王が存在感大に描かれていたのが印象的でした。フィナーレでは会場全体が壬申の乱の戦場に。迫力。劇団HPの地図のおかげで迷うことなく劇場にたどり着くことができました。

おん・すてーじ「真夜中の弥次さん喜多さん」双

おん・すてーじ「真夜中の弥次さん喜多さん」双

CLIE

全労済ホール/スペース・ゼロ(東京都)

2017/06/21 (水) ~ 2017/06/25 (日)上演中

満足度★★★

開演前の場内に素敵なオネエさまが登場するなんて知らなくて、十分堪能できなかったのが残念です。早めの入場をオススメします。
しかし本編が長い。無駄にくだらない。楽しいと思っているうちに終わったらもっと良かったのに。

新しい生活の提案

新しい生活の提案

壱劇屋

萬劇場(東京都)

2017/06/22 (木) ~ 2017/06/27 (火)上演中

予約受付中

満足度★★★★★

お芝居を観る理由は人それぞれだと思います。ドキドキしたい、笑いたい、非日常を味わいたい、感情を揺さぶられたい、ビックリしたい、格好良いものが見たい……そのどれもが詰まっているのがこの作品だと思います。開演5秒で「何か起きるぞ」と思わされ、あれよあれよと「男の人生」に入りこみ、気が付いたら大きな海の渦の真ん中にいるような感じ。どう考えても、生でしか味わえない「感情の揺さぶられ方」なのです。このクチコミを書きたいがためにこりっちに登録したぐらい、ものすごく、ものすごーーーーーーーーーーーく、オススメです!

おーい、救けてくれ!

おーい、救けてくれ!

新国立劇場

新国立劇場 中劇場(東京都)

2017/06/23 (金) ~ 2017/06/25 (日)上演中

昔、パルコ劇場で観たことがある戯曲。今回ようやく意味がわかった。無料なのに照明、音響、大道具もそろったリーディングはいつもながら贅沢。上演時間は約35分だったような。

ネタバレBOX

婦女暴行で独房に入れられた若い男が、刑務所で働く少女(17歳ぐらい)と恋に落ちる。終盤に男が暴行した(?)女の夫が登場し、最後には女も登場。
人間が人間を殺すための道具(銃)は、やっぱり存在しちゃいけないと思った。
ずぶ濡れのハト

ずぶ濡れのハト

劇団未来

劇団未来ワークスタジオ(大阪府)

2017/06/16 (金) ~ 2017/06/25 (日)上演中

予約受付中

満足度★★★

かなり年配の方が多かったように思います。内容は、何処にでもある様なシチュエーションでしたが、人間関係が複雑でした♪コレガ現実なのか…。面白かったです。

学ばない時間。

学ばない時間。

グワィニャオン

日暮里ARTCAFE百舌(東京都)

2017/06/23 (金) ~ 2017/06/25 (日)上演中

満足度★★★★★

笑い声の絶えない面白い芝居でした。
3日間しか観るチャンスが無いのが勿体無いです。

六月大歌舞伎

六月大歌舞伎

松竹

歌舞伎座(東京都)

2017/06/02 (金) ~ 2017/06/26 (月)上演中

満足度★★★

夜の部を観に行って来ました。
まずは、「御所五郎蔵」左団次の土左衛門と仁左衛門の五郎蔵のやりとりがいいですね。色気があって姿のいい五郎蔵にうっとりしちゃうわ。
「一本刀」が面白かったです!
やけっぱちなお蔦さんが今まで観たのと違う印象です。幸四郎の茂兵衛は、後半の渡世人姿はさすがでした。
そうそう猿弥の弥八がとってもイイ(≧∇≦)b

ずぶ濡れのハト

ずぶ濡れのハト

劇団未来

劇団未来ワークスタジオ(大阪府)

2017/06/16 (金) ~ 2017/06/25 (日)上演中

予約受付中

満足度★★★★

大まかな話はだいたい想像通りだったが、小道具の使い方とか、音の使用が実に繊細だ。舞台切り替え時の細工も、あれだけの時間でなかなか凝っている。早い。こなれた劇団だと思う。

けれど、何ともこの劇には、希望というものがほとんどない。人間、希望がなくても生きて行けるものなのか。時代がそうさせるから仕方がないというのは、現実的ではあるが、劇では何か新たな誘発エネルギーもほしいと思ったのは僕だけだろうか、、。

夜光

夜光

グループK+直也の会

シアターX(カイ)(東京都)

2017/06/14 (水) ~ 2017/06/18 (日)公演終了

満足度★★★

鑑賞日2017/06/18 (日) 14:00

オープニング、赤線に集う娼婦たち。どんよりとした雰囲気がこれから始まる物語を大いに期待させた。
組の為に殺人を犯し、服役していたやくざが出所して服役中に生まれていた娘を探し出そうとする。戦後の荒廃した時代、やくざ、娼婦、大好きな設定。物語も2時間半の長丁場にも関わらず眠気に襲われることなく観れた。
だけどもちょっと劇画ちっくすぎるし、登場人物が多すぎて所要人物のバックグラウンドもあまり見えてこなかったので感情移入はできなかったかな。。もうちょい主人公の哀しさや娘たちの葛藤を前面に打ち出したものを観たかった。
役者さんたちはみな熱く演じていて好感が持てた。

学ばない時間。

学ばない時間。

グワィニャオン

日暮里ARTCAFE百舌(東京都)

2017/06/23 (金) ~ 2017/06/25 (日)上演中

満足度★★★★

馬鹿馬鹿しくてくだらない。でも最後まで目が離せません。夢中で観てしまいます。そんな不思議な1時間30分でした。
役者さんたちの熱意が小さな劇場にあふれていたからかもしれません。

園っ、

園っ、

中野坂上デーモンズの憂鬱

花まる学習会王子小劇場(東京都)

2017/06/21 (水) ~ 2017/06/25 (日)上演中

満足度★★★★

ペーター・ヴァイスの《マラー / サド》(1963) という歴史的な作品があるのだが、テンション的には劣るものではないかも。札幌のAND出身の矢野杏子さんの怪演(奇妙な扮装で突き抜けた台詞を言う)ほか、経験者なら背筋が寒くなるメンへラ女性群の演技が怖い。黙示録として描きたいのは納得できる。/.../ 暴力描写少し。裸体も少し。作者はおそらく小劇場のポテンシャルで実現できるギリギリ以上の構想力を持っている。

ネタバレBOX

だから、これは、とりあえずの終演という形で止まったのだと思う。
復活祭?の準備が一部で始まっている(仮面づくり、カップケーキ作り、出し物)、無宗教系の礼拝・宿泊施設。何故か、精神的に不安定な人物ばかり集まっている(大半は女性)。開放治療施設なのかも知れない。狂気が充満した場所。「先生」は不在。
訪問者、面会者、派遣された者が、はっきりした区切りのないまま住み始め、滞在者が増えている。登場人物は、早口で、クロス気味に、対話にならない独白を繰り広げる。
遊戯的な混乱の中で、猥褻目的、盗撮画像をネタにした強請り、近くの施設の爆発事故などが進んでいる。いろいろな暴力的な事件が連発して、女教師の過去の事件の告白で、とりあえず的な終り。
半裸の女性が横たわった周りを登場人物たちが囲み、終演。
Day Dream Dance

Day Dream Dance

演劇集団 TOY’sBOX

シアターグリーン BASE THEATER(東京都)

2017/06/22 (木) ~ 2017/06/25 (日)上演中

予約受付中

満足度★★★★★

男性陣のDUSTBOXチームを観てきました
タイトルにもあるようにダンスが幾つかありまして、選曲も好みだったし、練習したんだなと思える出来のパフォーマンスを見れた事が良かった。
終演後には毎回恒例のシーン再現撮影会があり、写真に残す事やSNSに上げることが出来るのもトイボのいい所
役者との面会はないけれど、出演者全員とハイタッチお見送りが出来るのも魅力!

このページのQRコードです。

拡大