最新の観てきた!クチコミ一覧

1-20件 / 137663件中
都落ちコンダクターの一振

都落ちコンダクターの一振

SANETTY Produce

新宿村LIVE(東京都)

2017/05/24 (水) ~ 2017/05/29 (月)上演中

満足度★★★★★

鑑賞日2017/05/26 (金) 19:00

学園ドラマの友情物語から音楽の盗作騒動や良家のスキャンダル、サスペンス&バイオレンス&ドタバタ喜劇までがぎゅ〜っと詰まった、楽しい&含蓄のある素敵なステージでした。音楽家らしく、音楽を武器に戦ったところがいい!

木ノ下歌舞伎『東海道四谷怪談ー通し上演ー』

木ノ下歌舞伎『東海道四谷怪談ー通し上演ー』

木ノ下歌舞伎

あうるすぽっと(東京都)

2017/05/26 (金) ~ 2017/05/31 (水)上演中

満足度★★★★★

すごいの一言。

都落ちコンダクターの一振

都落ちコンダクターの一振

SANETTY Produce

新宿村LIVE(東京都)

2017/05/24 (水) ~ 2017/05/29 (月)上演中

満足度★★★★★

鑑賞日2017/05/26 (金) 19:00

座席1階1列

4公演目の観劇
ストーリーもよくねられている。
ただ単なる高校の合唱のお話ではない。
そのよくねられたストーリーを、才能ある役者さん、光輝く役者さんたちが熱演
その役者さんたちの最後のシーンは、素敵です。4度観ても。

レモンキャンディ【大阪公演終演!26日東京公演初日!】

レモンキャンディ【大阪公演終演!26日東京公演初日!】

匿名劇壇

花まる学習会王子小劇場(東京都)

2017/05/26 (金) ~ 2017/05/29 (月)上演中

予約受付中

満足度★★★★★

初めて匿名劇壇さんを観劇しました。
状況説明が最低限で、異常な事態を感じたままにぶつけ合っているからか、各々の台詞が印象に残りました。登場人物がそれぞれに癖があって、観劇後に個々の背景を想像しながら、セリフを思い返してもう一度楽しめる作品だと思います。物販で台本購入がオススメです。
一言では上手くいえないのですが、他の劇団さんにはない、じわじわやってくる魅力がある気がします。

LARPs

LARPs

劇団「劇団」

in→dependent theatre 2nd(大阪府)

2017/05/24 (水) ~ 2017/05/28 (日)上演中

満足度★★★

鑑賞日2017/05/26 (金)

参加型アドベンチャーゲームに参加する事になる冒険ファンタジー♪お芝居はモチロンアフターイベントの雰囲気など、劇団と座組みのチームワークの良さが伝わって来る素敵な時間でした★

からくり儀右衛門

からくり儀右衛門

オフィスワンダーランド・演劇集団ワンダーランド

南大塚ホール(東京都)

2017/05/26 (金) ~ 2017/05/28 (日)上演中

満足度★★★★

儀右衛門の少年時代から晩年に至るまでの人生と発明の数々を2時間でうまく演じていると思いました。盛りだくさんの内容でしたが、飽きさせず夢中で観ました。大塩平八郎や大隈重信とのかかわりも納得できました。会場は空席が多く見られました。あきらめていたチケプレのメールは前日の夜中でしたが、でも観ることができてよかったです。

ミュージカル 人間の条件

ミュージカル 人間の条件

劇作家女子会。

座・高円寺1(東京都)

2017/05/18 (木) ~ 2017/05/21 (日)公演終了

満足度★★★★★

ミュージカル!とのタイトルに娯楽的な展開を予想していたら
思った以上に考えさせられる重厚な内容。
4人の思考が交差し、なにが人間で何が不必要なのか?
シーンごとに考えさせられる。
しかしリーダー坂本鈴さんの軽快なエロがエッセンスとなり脳内を緩和する。
音楽、ダンス、振付、ミュージカル・・・っぽくなっていたが
歌詞が判りにくいところが多々あったので、プロジェクターなりで
表示してくれると優しかったと思う。

ネタバレBOX

終盤の殺傷シーンは
相模原で19人が殺された障害者施設の事件を思い起こされる。
まさに人間の条件とは何なのかとの問いを一人一人に突き付けられる様で
己の疾しい心を見透かされた感じがした。
表現方法、演出方法、様々有るかと思うが、
異色の4人の演出家がせめぎ合う舞台の今後にも期待しています。
四つの多重人格者や、単純1テーマ四様のショートオムニバスなど
面白い舞台を待っています。
想い出を消しながら君は恋をする

想い出を消しながら君は恋をする

inlandsea インランドシー

ザムザ阿佐谷(東京都)

2017/05/12 (金) ~ 2017/05/14 (日)公演終了

満足度★★★★★

温かみとワクワク感に包まれる素敵な舞台。
初めて観たアフレコ劇は、これまで観た事のある朗読劇の進化系のよう。
想像力をソフトにかきたてられ、物語に惹きつけられる。
登場する役者陣のレベルも高く、気持良く楽しめた。
ぜひ他の作品も観てみたくなった。

終のすみか

終のすみか

cineman

APOCシアター(東京都)

2017/05/24 (水) ~ 2017/05/28 (日)上演中

予約受付中

満足度★★

 何を言いたいのか、当パンを読んでみても観劇後にもよく分からない作品である。描かれているのは、表向きの反応と内面に齟齬があり胸襟を開けない親子、男女、夫婦、内縁関係等々の関係を持つ人々のぎこちない距離感と鞘当、互いに居場所が見付からない者同士の苛立ちの応酬等々。

ネタバレBOX


そこに未だ還暦迄2~3年のこの複雑な家族構成を作った父親の認知症発症や、別れた妻の死後ふいに現れた娘とその夫(だが正式に離婚しているのか否かも曖昧)と関係総てが曖昧模糊とした中で展開してゆくので観ている者には不快感しか齎さない。といってディスコミュニケーションを積極的に描いている訳でもなく、曖昧模糊をそれ自体として問題化しているようにも見えない。総てが三人称的視点を欠落させているのだ。
役者陣の健闘はあるものの、本が徹底性を欠いていて、自分には評価できない。本の評価は1、役者の演技は4、演出は2、そしてスタッフの配慮が2。総合評価2とした。
絶句するコンテクスト

絶句するコンテクスト

劇団なのぐらむ

シアターグリーン BIG TREE THEATER(東京都)

2017/05/11 (木) ~ 2017/05/14 (日)公演終了

満足度★★★

閉鎖的異空間の職員室で展開される人間模様。
駆け落ちで失踪する生徒と、地域のイベント準備が交錯して物語は進む。
良く練られて面白い物語であり、後半の怒涛の展開も面白い!
楽しい舞台でしたが・・・何か足りない感じ。
出役の頭数が必要以上に多く、役どころを把握するのに追われる。
物語の根幹である職員室の設定の曖昧さも感情移入できないポイント。
何故?と疑問に思うとお話がとまってしまう。
そして何より役者陣のレベルの差がありすぎた。
物語の流れを止めてしまう役どころがしばしば・・
せっかくの面白い話なのにもったいない。
役者を厳選、頭数も整理してまとめるとかなり面白く楽しめると思う。

天の敵

天の敵

イキウメ

東京芸術劇場 シアターイースト(東京都)

2017/05/16 (火) ~ 2017/06/04 (日)上演中

満足度★★★★★

すごかった。

ストーリー、演技、舞台美術、全てよかったが、
特に役者の演技に圧倒された。

ストーリーも、人間らしさとは何か、当たり前に感じていた人間らしさは当たり前でないことを考えさせられた。

価値ある時間だった。

ネタバレBOX

役者の演技がすごく力強かった。
目まぐるしく変わっていく変化に自然に魅入っていけた。
役者が、まるですごくたくさんいたかのような錯覚をうけた。
そして終わったあとの人数の少なさに改めて驚いた。
浅草福の屋大衆劇場と奇妙な住人達1982

浅草福の屋大衆劇場と奇妙な住人達1982

東京アンテナコンテナ

ザ・ポケット(東京都)

2017/05/24 (水) ~ 2017/05/28 (日)上演中

予約受付中

満足度★★★★★

 1982年の浅草の寂れた小屋を舞台に、東京アンコンの面々が、今回も笑わせてくれる。

ネタバレBOX

無論、笑わせるだけではない。人情の機微を随所に織り込みながら、ほろりとさせる場面も忘れない。この辺り、流石に下平 ヒロシさんの脚本・演出である。無論、アドリブセンス抜群のイジリーさんと下平さんの掛け合いは健在である。
 話は漫才ブームにすっかり客足の遠のいた大衆劇場、福の屋の小屋主の借金塗れの窮状を何とか救おうと1か月の公演を打つ人気劇団、松沢一座の面々と福の屋に地縛霊として住み着いている幽霊達の人情噺が基本となって、旅芸人たちと小屋主、そして幽霊の姻戚関係までが明かされてゆく中で親子の情が見事に昇華されている。
 1980年代初頭の浅草の雰囲気を、変に論理的に説明口調で喋るイジリーさんの科白が、地の雰囲気の中に鋭角的に刺さってゆく辺り、浅草のどこかキッチュで懐かしい場の雰囲気との対比がそれぞれを更に際立たせて印象ずける辺り、下平さんの筆の冴えを見るべきであろう。
 無論、劇中劇として演じられる松沢一座の芝居も、如何にも旅回りの役者の演じる芝居という雰囲気を実に良く出していて感心する。演目設定もそれらしい、問われた名を名のることができない渡世人となった息子と母、助けられた妹の話で、涙を誘う定番である。客からの御捻りも万札で拵えたレイなど実に旅回りの役者稼業の定番をキチンと押さえているのは、地元を大切にしているだるま座の、地場との深いかかわりと相互理解を示していよう。
 上演中のこと故、更なる感動を呼び起こすであろう場面のことは敢えて記さないが、これは観てのお楽しみ。兎に角、楽しめる。そしてジンとくる。
名探偵青島青子-劇場版-

名探偵青島青子-劇場版-

片岡自動車工業

HEP HALL(大阪府)

2017/05/19 (金) ~ 2017/05/22 (月)公演終了

満足度★★★★★

新しい芝居をみせてもらいました。ありがとうございます。

役者の使い方に冴えを見せ、効果的な映像の使い方と、背景とコラボさせて更に見せた舞台美術。
ダンス表現には適格なダンサーを用い、音楽(家)の使い方は、音響以上のもの。
男性陣が打ち出す音もピタリとはまった。
手法のイノベーション!?(褒めすぎ!?)が、ありものをナアナアと使うものたちに、
一発喰らわせたようで、楽しかった。

終盤、言いたいことが続く件(くだり)が、ほんの少しくどいのは、いつものご愛嬌w。
今まで培った技量に、今までの悔いを上乗せした、進化した芝居でした。

最新作は、新しい芝居をみせる。ちゃんと進化した芝居をみせた期待は、
それに増幅して大きくなる。どこまで行けるか!楽しみ。

ズルい奴ほどよく吠える

ズルい奴ほどよく吠える

雀組ホエールズ

シアターグリーン BASE THEATER(東京都)

2017/05/17 (水) ~ 2017/05/28 (日)上演中

満足度★★★★★

鑑賞日2017/05/17 (水)

本当に同じ劇団かと思うくらいにテイストが違う。
どちらかといえばイヌジニ寄りな社会派でありハードボイルド小説のような作品。
東京オリンピックに絡む利権・欲望・モンスターペアレントに翻弄される学校・土地を狙われる下町の印刷工場・いろいろな思いが錯綜して、意外な結末を迎える。
前回の「稚拙で猥雑な本能寺の変」がダメだった人はリベンジで。
「イヌジニ」が好きだった人はなんとかして時間を作って。
是非対峙して貰いたい作品だと思います。

雨と猫といくつかの嘘

雨と猫といくつかの嘘

青☆組

アトリエ春風舎(東京都)

2017/05/23 (火) ~ 2017/06/04 (日)上演中

満足度★★★★★

『雨と猫といくつかの嘘』(B 華やぎの香り、猫組ver.)観劇

ネタバレBOX

熟年離婚して侘しい一人暮らしを送っている還暦を迎えた日の風太郎の許に長女が婚約者とともに訪ねて来た現実と、風太郎の誕生日にまつわるいくつかの家族との思い出が交錯する話。

2008年12月と2011年2月に続き3度目の観劇。2008年のとき還暦だった藤川修二さんは今も変わりませんね。

薄い黄土色のズボンをはいてカップラーメンをすする姿は侘しそうに見えますが、泣いていいのは生まれたとき、大切な人が亡くなったとき、それに生まれてよかったと思えたときという母の言葉を考えると、風太郎は結構幸せなのだと思います。

エースで四番は柄の大きさや顔つきでいうと、2011年の髙橋智子さんが最適だったと思いました。

風太郎のお母さんが浮気されていたのではないかと思っていましたが、実は風太郎のお母さんの方がお妾さんだったこと、風太郎の浮気が離婚の原因だったのではないかと思わせるちょっとした驚きが心をくすぐられ素敵でした。
嘘吐きウガツの冒険譚

嘘吐きウガツの冒険譚

羊とドラコ

大阪市立芸術創造館(大阪府)

2017/05/18 (木) ~ 2017/05/21 (日)公演終了

満足度★★★★

”ウガツ”という存在をたどることで登場人物それぞれが抱えている問題を暴き出す。
嘘を吐いてるのはウガツなのかそれとも別の人か。
自分に嘘を吐いてるのか、他人に嘘を吐いてるのか。
ウガツは本当に存在してるのか、ひょっとしてイマジナリーな存在なのかそれもハッキリわからない。

正解はあえて伝えずに見た人に委ねる。そんなお話と捉えたのですが違うかな??

見た人の捉え方が様々なので、SNSなどで推測を見るのがとてもおもしろいですね。

分かりづらさが評価を下げてしまってるけど、こういう作品もありかなと思います。

Rは決して爪を噛まない

Rは決して爪を噛まない

かーんず企画

千本桜ホール(東京都)

2017/05/03 (水) ~ 2017/05/07 (日)公演終了

満足度★★★★

発達した人工知能を搭載した人間と変わりないロボット、通称R。
ロボットとの生活は、そう遠くない時代に現れそうな演目。
人間との共存が上手く行かない場合はそうなるんだろうと思わせる。
しかし、シリアスすぎてもう少し笑いがあっても良かったのではないか?
その部分で少し楽しめなかった気がする。

先生と赤い金魚

先生と赤い金魚

おおのの

シアター711(東京都)

2017/05/24 (水) ~ 2017/05/28 (日)上演中

予約受付中

満足度★★★★

幻想的なお話、とても面白かったです。
モチーフとなった「蜜のあわれ」、さっそくTSUTAYAで借りて(笑)観てみよう。。。

雨と猫といくつかの嘘

雨と猫といくつかの嘘

青☆組

アトリエ春風舎(東京都)

2017/05/23 (火) ~ 2017/06/04 (日)上演中

満足度★★★

確かに名作なのである。
しかし、今回初めて、観ている自分に疲れを感じた。
よく言えば「青☆組の個性」、悪く言えば「マンネリズム」。
全く違うテーマの作品を観ても、だんだん同じものを観ている気分になってしまう。
今後、この劇団(作家)が、どう進んでいくのか、気になるところである。

レモンキャンディ【大阪公演終演!26日東京公演初日!】

レモンキャンディ【大阪公演終演!26日東京公演初日!】

匿名劇壇

シアトリカル應典院(大阪府)

2017/05/18 (木) ~ 2017/05/22 (月)公演終了

満足度★★★★★

場内アナウンスがテーマパークのアトラクションのように緊張感をもたせてから
逃げ場のない絶望的な状態から話は始まる。

観てるうちに”どうせ死ぬの”とわかっていながら欲に執着する人たちの滑稽さがなんとも愛おしくなって
ラストのカウントダウンは永遠に終わらなければ良いのにと願ってしまう
おもしろくてちょっと切ない作品でした。

東京公演、たくさんの人が観てくれますように!

このページのQRコードです。

拡大