最新の観てきた!クチコミ一覧

1-20件 / 156402件中
Lullaby

Lullaby

キコ qui-co.

ザムザ阿佐谷(東京都)

2017/05/02 (火) ~ 2017/05/04 (木)公演終了

満足度★★★★

「qui-co.初の恋愛物」と銘打っての作品でしたが、
恋愛の中でも不倫などを1つの形として描かれていて、
それに戦争やなんというか、殺伐として退廃した空気が漂っていて、
純粋なものほど傷つき易い、狡賢い人ほど上手く生きてしまう世界、といった様相。

そんな中でもそれぞれが信じる、愛の形が見せる世界とは。
各役者さん達が熱演で、舞台を大きく使いダンスなどで激しく見せるのに対比して、
静かで美しい唄が流れる様など、観客の魂を感情を大きく揺さぶる作品でした。

十二月の蜘蛛と火曜日のオルガン

十二月の蜘蛛と火曜日のオルガン

キコ qui-co.

駅前劇場(東京都)

2018/12/12 (水) ~ 2018/12/16 (日)公演終了

満足度★★★★

A・Bルートで話の4分の1の展開が変わるという作品。
残念ながら今回は片方のBルートしか観られなかったが、Bルートの方が笑える方だったみたいで、
確かに存分に笑わせて頂けた展開だった。

殺伐とした、この劇団さん作品らしい超現実的な描写というか、
舞台でよく描かれる綺麗綺麗な世界だけじゃなくて、
臭いの立ち込める様な、人間臭さや埃や、汗やビールの臭いがしそうな、
そんな描写の中でしっかりと人間同士が向き合って恋愛感情などを見せる様は、流石だなと思いました。

役者さんごとの力の差というか、表現力の差を感じる場面が多かった気がするのが気になっていました。

「Water」(3rd station)

「Water」(3rd station)

キコ qui-co.

三軒茶屋ライブ&バー GRAPEFRUIT MOON(東京都)

2017/08/04 (金) ~ 2017/08/05 (土)公演終了

満足度★★★★★

ズバリ、最高でした。
本当にもう、最高以外の何モノでもありませんでした。

「アルベルベロの木」の生演奏が素晴らし過ぎて、
そして私が元々大好きな「銀河鉄道の夜」の解釈もとても良くて、素敵過ぎる空間でした。

作品の説明に、新たな神話とか祈りとかありましたが、本当にそんな感じでした。
出来る事ならば複数回拝見する事をしたかった、生演奏に生演技と贅沢な作品でした。

優しく包み込んでくれる、作品そのものが一編の詩の様な本当に素晴らしい作品でした。

BLOODY POETRY

BLOODY POETRY

アン・ラト(unrato)

赤坂RED/THEATER(東京都)

2018/02/08 (木) ~ 2018/02/18 (日)公演終了

満足度★★

いやぁ・・・難解でした。

浜辺を舞台面に作り出して、旗とか最小限の小道具だけが用意されていて、
後は少ない役者さんが、膨大なセリフ量で魅せてくれていた…のは評価したいですし、
かなり難しい題材に取り組んでいたな、とは思いましたが、
その挑戦と楽しめたか?が比例するかと言われると、キツかったのが正直なところです。

私が拝見した日は、この作品の大元になった詩人?作家?の研究者
(どうやらその作家の奥さんの方の研究者だったみたいですが)の方が、いらしていて、
アフタートークをされていてそれもなかなか面白かったのですが、
いかんせん作品が難解過ぎてやっぱり理解が追い付かなかったのが正直なところでした。

どうぶつ会議

どうぶつ会議

こまつ座

新国立劇場 小劇場 THE PIT(東京都)

2019/01/24 (木) ~ 2019/02/03 (日)上演中

満足度★★★★

鑑賞日2019/01/24 (木) 19:00

座席1階

井上ひさしの強いメッセージが込められてた舞台。子どもも大人も一緒に楽しむことができるのがいい。
戦争や公害など、動物や自然に暴虐を尽くす人間たちに対し、世界の動物たちが立ち上がる。アフリカで動物会議を開き、戦争を二度としないようにすることなどを示した書類にサインするよう求めるのだが。
全編を貫く手作り音楽が魅力的。舞台の役者たちがリードするが、客席と一緒に大合唱できる。

『眼球綺譚/再生』

『眼球綺譚/再生』

idenshi195

新宿眼科画廊(東京都)

2018/11/16 (金) ~ 2018/11/27 (火)公演終了

満足度★★★★

『再生』を観劇?鑑賞?

春名風花さんと鈴木彰紀さんの2名のみによる朗読劇。
原作は私自身も学生時代に結構な数を拝読していた綾辻行人氏の作品。

会場の新宿眼科画廊はこれまでにも数回、舞台を観劇した場所でしたが、
今回は更に朗読者の2名を半円で囲んで…30名くらい?という少人数で、
ジックリと拝聴する事が出来ました。

2名だけの演者ながら、単調になる事もなく作品をギュッと楽しめました。
春名風花さんは元々声優さんでもあり、これまで15作品くらい舞台を拝見して参りましたが、
新たな形でその実力を遺憾なく楽しむ事が出来ました。
17歳という若さながら、良い意味で耳にこびり付く様な妖艶な艶が声にあり、
耳元にその声がジトッと残る様な、そんな妖しさを見事に演じられていました。

朗読劇という事で、表情や身体の動きはほとんどありませんでしたが、
最後の一言が終わった後に、スッと大きな黒目の春名さんが前を見据えた時に、
この作品の凄みを味わえ尽くした気がしました。

非常にレベルの高い、朗読劇を拝見出来ました。
朗読劇なので3点を満点として採点して…4点を差し上げます(最高点、超えてるやん!)

プライムナンバーセブン

プライムナンバーセブン

teamDugØut

d-倉庫(東京都)

2019/01/23 (水) ~ 2019/01/27 (日)上演中

独特な世界を堪能させていただきました!
ありがとうございました!

ネタバレBOX

サザエさんのマスオさんのパロディが面白かった笑
まさか主人公だけじゃなくて虐められていたヒロインまでサイコパスとは思わなかった 
みどり色の水泡にキス

みどり色の水泡にキス

オフィス上の空

あうるすぽっと(東京都)

2018/10/17 (水) ~ 2018/10/24 (水)公演終了

満足度★★★★★

私は大好きな作品でした。
皆さんの感想を拝読していると、結構評価が割れているんですね。

私自身は、元々キ上の空論さんの舞台が好きなのもあるかもですし、
その時の体調や気分の問題もあるかも知れませんが、
物語がグングンと入ってきて、とても楽しめました。

場面場面のパンパンという切り替わりの独特さが、キ上の空論さんの特徴かと思いますが、
今作ではプロジェクションマッピングでの言葉、文字での表現方法なども巧みで、
物語のストーリーテラー的存在と共に、この不思議な世界を見事に彩って魅せられました。

各役者さんが演じる登場人物達のコミカルなやり取り、
学生時代に男子達から裏で呼ばれていたあだ名を、実は本人の女の子も知っていて、
再会の場面でどうしても自分を思い出さない男の子に対して「コイツ、マジかよ」の後に
「○○○の!(と、呼ばれてた!)」と叫んで、そして男の子の方も思い出す場面とか、
なんか学生時代にそういうのあったなぁ~と自分には思い出される場面が多かったです。

フラフープで水切りの波紋を表現したり、本当にちょっとした表現方法ですが、
そういうのも気が利いていて、目にも楽しく拝見しました。

個人的には大好きな作品でしたので、是非とも映像化をお願いしたいです!!

「幸福の黄色い放課後」

「幸福の黄色い放課後」

オフィス上の空

萬劇場(東京都)

2019/01/23 (水) ~ 2019/01/27 (日)上演中

予約受付中

満足度★★★★★

初演観てましたが、劇場もキャストも演出も違ってどんな感じか?と思い見ましたが良い意味で変化遂げてた。やはり良い作品🎵
B班見たけど、Aも気になった!

蒼天~そうてん~

蒼天~そうてん~

劇団黒胡椒

上野ストアハウス(東京都)

2019/01/24 (木) ~ 2019/01/27 (日)上演中

予約受付中

満足度★★★

ダンスに歌に殺陣それに生演奏と大サービスの舞台でした。でもなぜか心に響くものが少なかったように思います。

こちらなかまがり署特捜一係3

こちらなかまがり署特捜一係3

劇団カンタービレ

ウッディシアター中目黒(東京都)

2019/01/23 (水) ~ 2019/01/27 (日)上演中

満足度★★★★

初めて見る舞台。これまでの「なかまがり署」を知らないので、コメディの部分の雰囲気が今ひとつ分からない。実は、シリアスなサスペンス。そのギャップに、ちょっとついて行けない所がありました。10周年おめでとうございます。このシリーズ、次回ならもっと楽しめるかも知れません。

ラブ・ネバー・ダイ

ラブ・ネバー・ダイ

ホリプロ

日生劇場(東京都)

2019/01/15 (火) ~ 2019/02/26 (火)上演中

満足度★★★★

オペラ座の怪人の続編ということですが、オペラ座の怪人を観たことがない状態での観劇。市村さん&平原さんを観ましたが素晴らしかったです。歌がうまく、歌姫役にぴったりでした。

ナターシャ・ピエール・アンド・ザ・グレート・コメット・オブ・1812

ナターシャ・ピエール・アンド・ザ・グレート・コメット・オブ・1812

東宝/ニッポン放送/ミックスゾーン

東京芸術劇場 プレイハウス(東京都)

2019/01/05 (土) ~ 2019/01/27 (日)上演中

満足度★★★★★

スルメ舞台でした。
数回観ましたが、1回目は難しいメロディの歌が多く、馴染むのに時間がかかりました。
でも、2回…3回と観るうちに場の雰囲気に慣れて、楽しんでみることができました。
観れば観るほどクセになる舞台。
結構オススメです。

蒼天~そうてん~

蒼天~そうてん~

劇団黒胡椒

上野ストアハウス(東京都)

2019/01/24 (木) ~ 2019/01/27 (日)上演中

予約受付中

満足度★★★★

何処が2019年江戸だか解らないが・・・役者によって目力が強いのが居て引き込まれた♪

「幸福の黄色い放課後」

「幸福の黄色い放課後」

オフィス上の空

萬劇場(東京都)

2019/01/23 (水) ~ 2019/01/27 (日)上演中

予約受付中

満足度★★★★★

鑑賞日2019/01/24 (木) 14:00

各役者さんが、個性的な魅力的なお芝居をみせてくれる。
笑いもあり、踊りもある。

深沢ハイツ302~もう一つのニュートンの林檎~

深沢ハイツ302~もう一つのニュートンの林檎~

Sun-mallstudio produce

サンモールスタジオ(東京都)

2019/01/05 (土) ~ 2019/01/09 (水)公演終了

満足度★★★★

期待を上回る面白さで、予定外に二日連続で拝見しちゃいました。

SF、タイムリープ?パラドックスの世界などがふんだんに盛り込まれつつも、
非常にスッキリと分かり易い話になっており、スンナリと話の進行を楽しめました。
物理学者役の田名瀬偉年さんが知的に、クリアに説明を混ぜて下さり頭の整理になったし、
春名風花さんの役や那海さんの役などが非常に良いアクセントになっていました。

ところどころで生まれるパラレルワールドの世界も、
それぞれに楽しませ方を工夫していて飽きる事なく楽しめました。

ワンシチュエーションでしかも狭いサンモールスタジオを舞台にしながらも、
プロジェクションマッピングや、ちょっとした背景の変化で、
窮屈さを感じる事も全く無く、飽きる事なく最後まで楽しめました。

ROCK ON!!~second~―The Story of Ours―

ROCK ON!!~second~―The Story of Ours―

A´company

萬劇場(東京都)

2016/08/04 (木) ~ 2016/08/07 (日)公演終了

満足度★★★

生演奏で、格好良いイケメン達がロックの世界を届けてくれる。
盛り上がるステージ、煽るバンドマン達と迫る彼らのサウンド、そして熱狂する客!

…という企画だと思って観たら楽しめました、という感じ。
舞台作品と考え出すとツッコミどころも多いのを、演奏シーンで誤魔化す作品かな、と。

勿論、役者さんのファンであれば十分に楽しめた作品だと思います。

蒼海のティーダ~Truth~

蒼海のティーダ~Truth~

ACTOR’S TRASH ASSH

CBGKシブゲキ!!(東京都)

2017/08/09 (水) ~ 2017/08/13 (日)公演終了

満足度★★★★

とにかく映像美に圧倒されました。

シブゲキのスクリーンを降ろして映し出される蒼海、沖縄などの映像は、
果てしなく壮大で塞いだ気分を広げ、渋谷にいながら南の風と太陽(ティーダ)を感じました。

どこか昔の琉球で、本当にあったかも知れないと思わせる内容に、前記の映像美。
壮大な物語に音楽、歌声までもがマッチして唯一無二の空間を生み出していました。
役者さん達も衣装も含めて見事に世界観を構築していて、
独自の世界にタップリと観客を浸してくれました。

ヘヤノゾキ

ヘヤノゾキ

アフリカ座

TACCS1179(俳協ホール)(東京都)

2016/07/15 (金) ~ 2016/07/19 (火)公演終了

満足度★★★

事前にほとんど情報無く観たので、普通に女優さん達が
ちょっとだけ変わった日常を、面白く演じていらっしゃって、
観客はそれを覗き観に来ている様な感覚を楽しめました。

どうやら元AV女優さん?とかそういう方々が多かったみたいですが、
そういうのも知らなければ全く気付かせる事なく、
変にその部分をネタにする事なく演じられていて好感を持てました。

私は普通に楽しめました。

19871988

19871988

兎座

千本桜ホール(東京都)

2017/12/05 (火) ~ 2017/12/10 (日)公演終了

満足度★★★★

非常に興味深い作品でした。
出演者がタイトルの年代生まれの方ばかりで、上演時期に丁度30歳前後。

昔思い描いていた30歳と、今の自分達とのギャップ。
そんな事を同窓会で呼ばれた昔懐かしい教室で考えていると、ふと学生時代の部活の苛め、
部員同士のみんなが忘れたがっていた様な事実が徐々に思い出されてくる…

結果的に劇中劇という形を取っていましたが、難しい条件を見事に跳ね除けていて、
非常にスリリングでシャープな、緊張感のある作品に仕上がっていました。
志高くこの作品の上演に漕ぎ着けたのだろうな、と思うとその心意気は賞賛に値すると思いました。

十分に楽しめる作品となっていました。お見事。

このページのQRコードです。

拡大