最新の観てきた!クチコミ一覧

1-20件 / 161075件中
しだれ咲き サマーストーム

しだれ咲き サマーストーム

あやめ十八番

吉祥寺シアター(東京都)

2019/07/19 (金) ~ 2019/07/24 (水)上演中

予約受付中

満足度★★★★

鑑賞日2019/07/20 (土) 14:00

中入り挟んでの二時間半が、あっという間に感じる位に芝居の世界に引き込まれた。
生演奏の臨場感も良かったし、ストーリーも面白くて美しかった。

きつねの嫁入り

きつねの嫁入り

劇団ぎんぎつね

北とぴあ ペガサスホール(東京都)

2019/07/19 (金) ~ 2019/07/21 (日)上演中

満足度★★★★

北区5駅。一度散策してみたくなりました。久し振りの池亀作品。面白く楽しい時間をすごしました。上演時間約60分。シニアには丁度良い。

ネタバレBOX

クリスティンさんキャラ濃くて良かった。
世界は僕のCUBEで造られる

世界は僕のCUBEで造られる

ACTOR’S TRASH ASSH

吉祥寺シアター(東京都)

2012/11/20 (火) ~ 2012/11/26 (月)公演終了

満足度★★★

加藤沙耶香さん出演。SIDE-Aを観劇。
加藤さんはメインのひとりですが、なぜかこりっちサイトの出演者欄に加藤さんだけ名前がありません。登録ミスだと思いますが。
主人公の内面を探検する話です。チラシでは「脳内サイケデリックアドベンチャー」と。楽しかったです。加藤さんも良かったです。
7年近く経って振り返ってみると、鵜飼主水さん、丸山雷電さんも出演されてたんですね。最近注目しています。思い出せないのが悔しいです。

坂口安吾「白痴」

坂口安吾「白痴」

シアワセナゲキダン

芦屋仏教会館(兵庫県)

2019/07/20 (土) ~ 2019/07/20 (土)上演中

満足度★★★

やっぱり朗読だけでは、不完全燃焼。朗読は上手かったけど、内容も難しいレベル。戦後を理解する為には、良いと思います。

Pickaroon!

Pickaroon!

壱劇屋

ABCホール (大阪府)

2019/07/05 (金) ~ 2019/07/07 (日)公演終了

満足度★★★★★

観劇初めての方も普段から観ている方も楽しめると思います!
台詞があっても殺陣のキレはあいかわらず。笑いあり涙ありアクションありのエンターテイメントでした。
メインが7人と多いですが、キャラが立っていて分かりやすく(見た目からすでに分かりやすいですが)、それぞれの関係性も楽しめます。
それからこの作品を語る上でアクションモブの存在は外せません。時には黒子、時には脇役、時には技のエフェクトまで担い、本当にめまぐるしく活躍します。彼らがいてこそ作り出せる迫力をぜひ見てほしいです。

「兵隊日記 タドル」   「兵隊日記 ツムグ」

「兵隊日記 タドル」 「兵隊日記 ツムグ」

PU-PU-JUICE

キンケロ・シアター(東京都)

2015/12/17 (木) ~ 2015/12/27 (日)公演終了

満足度★★★

外岡えりかさん出演。
「ツムグ」の方を観劇。太平洋戦争に翻弄される家族が描かれています。
主人公の甚八役の方がすごく良かったです。迫力のある声が特に。怒鳴るということはこういうことなのだぞ、と思いました。
「タドル」は見てませんが、甚八が残した日記が「タドル」に繋がることが分かります。うまいですね。

ネタバレBOX

外岡えりかさんは大した役ではありませんでした。
しだれ咲き サマーストーム

しだれ咲き サマーストーム

あやめ十八番

吉祥寺シアター(東京都)

2019/07/19 (金) ~ 2019/07/24 (水)上演中

予約受付中

満足度★★★★★

華やかで楽しいワクワクする舞台でした。遊び人というかダメ男というかまさに落語のキャラクターだった。生演奏も良き。満足感のあるお芝居、堪能しました。

Family~shot bar bebop~

Family~shot bar bebop~

ヒューマン・マーケット

パフォーミングギャラリー&カフェ『絵空箱』(東京都)

2019/07/16 (火) ~ 2019/07/23 (火)上演中

予約受付中

満足度★★★★

前から観たかった「Family」。1stシーズンは、佐藤家・鈴木家そして高橋家の話だったようだが、結局未見のまま。場所を倉庫からBARに移した今回からの2ndシーズンは、店を切り盛りする伊藤家と渡辺家が中心。そこに客として佐藤家・鈴木家・高橋家の面々も絡む、という理解でいいのかな。

カフェでもある「絵空箱」のカウンター側の面が舞台となり、入口のドアやトイレも使われる。客として登場する1stシーズンの面々がマンガみたいで可笑しい。高橋家の美人姉妹も楽しかったが、四女を演じた石塚みづき、終盤セリフのないシーンでの感情の揺らぎがよくて、表情をずっと追ってしまった。

ネタバレBOX

上演中は客席も明るいままなので、途中でトイレに立ったりするととても目立つから、早めに済ましておくのをおススメ。開演直前の使用も注意。不安なら開演前のドリンクは控えるとか(終演後でも引き換えできます)、その程度の時間は我慢するとか。
自由を我らに

自由を我らに

カプセル兵団

ワーサルシアター(東京都)

2019/05/28 (火) ~ 2019/06/02 (日)公演終了

満足度★★★★

アクの強い個性をもった出席者で行われる議論が、ちょっとよそ見をしたあいだに本題を離れあらぬ方向へ向かっていく様が、“なにか”を揶揄しているようで、とてもイライラさせられて面白かったです!“フリー・リアクション”も良いスパイスになっていたと思います。

しだれ咲き サマーストーム

しだれ咲き サマーストーム

あやめ十八番

吉祥寺シアター(東京都)

2019/07/19 (金) ~ 2019/07/24 (水)上演中

予約受付中

満足度★★★★★

とても見応えのある舞台を観た。最初からワクワク感満載で,途中10分間の休憩はあるものの,最後まで緊張感は途切れない。作品,演技,演出,秀逸である。舞台装置も劇場を縦横無尽に使っており,なんとも大きな芝居感が溢れている。作品のオチもとても好みである。あやめ十八番さん,観劇は2作品だけであるが,いずれも質の高い舞台で,今後も注目したくなる期待の劇団である。

砂の家族

砂の家族

SYOMIN'S

シアター711(東京都)

2019/07/17 (水) ~ 2019/07/21 (日)上演中

予約受付中

満足度★★★

砂の家族の2日目を観劇いたしました。
ゲネよりもスピード感アップ、更にパワーアップしている役者の皆さんを堪能してきました。

今回私の席位置が大外れだったので、上手の芝居は全然観えませんでした。
かなり大柄で頭の大きな男性が前列右側に座った段階で上手は人の頭!
更に運が悪いことに、その人も舞台が見えにくかったのでしょう、頭を左右に動かしたり、ワイパーのように大きく揺らしたり…上手が見えないだけじゃなく、下手まで人の頭に邪魔されそうになるという。
カンフェティでお安く買ったバチが当たったのかなあというくらいの外れ席でした。

ネタバレBOX

気が付いたのですが… 前回の隻眼の産婆と比較すると今回の砂の家族はステージの死角になる場所が多い印象です。
前回ゲネでは1列目上手、最後列下手・上手と座りましたが、特に見えにくい印象はなかったのですが…
今回はゲネでは5列目下手、2回目後方中央より下手に座りました。
「炭鉱」の出入り口として、舞台の床に近い部分から出てくるシーンがあるのですが、
そこは2回とも見えませんでした。なんとなくそういう這い出てくる芝居をしているんだな~っていう雰囲気を感じ取るだけ(;・∀・)
あと、上手の舞台端に座ってのシーンは5列目くらいでも覗き込むようにしないと見えない(2回目は全滅)
なので、上手のお芝居も見たい方はなるべく前の方に詰めたほうがよさげな印象です。

さて、そんな外れ席からでも山中さんの力強い演技
あわさんの秘めた一途さと強さがみなぎる演技は見応えがありました。
演技力とか芝居の面に関しては、特に語らんでもいいやろって感じです。
お芝居全体・音響・照明は問題ないです!
ただ、席の場所を失敗すると悲しみが深いです。

旗揚げ公演から2回目なので~場内案内などの残念な部分はこれからなのかなあと思いました。
『その森の奥』『カガクするココロ』『北限の猿』

『その森の奥』『カガクするココロ』『北限の猿』

青年団国際演劇交流プロジェクト

こまばアゴラ劇場(東京都)

2019/07/05 (金) ~ 2019/07/28 (日)上演中

満足度★★★★

以前同じアゴラで観たはずだが印象は随分違う。横長に設えた客席からは役者の肌の具合も見える。「この森の奥」はこの作品の姉妹編(国際バージョン?)という所。「猿・類人猿」ウンチクがやはり面白く、3作品の中で最もバランスの良い脚本、そのせいか演者も伸び伸びと演じていると見受けた。割と核に据わる役に坊薗女史、これがダブルでもう一組では川隅女史、こちらも観てみたいが。
この作品を書いたきっかけが前年に出版された立花隆著『サル学の現在』という。
人間とは何なのか・・この問いを別角度から投げる類人猿研究の、20年後の現在は?

あるジーサンに線香を

あるジーサンに線香を

ワンワークス

三越劇場(東京都)

2012/04/20 (金) ~ 2012/04/26 (木)公演終了

満足度★★★★

森田涼花さん出演。
チラシなどにはコメディとされてましたが、実際は泣ける話でした。少なくとも私は感動しました。
山本陽子さんの集客力はすごかったです。三越劇場の広い客席は、ご年配の方がとても多かったです。
森田涼花さん、とても良かったです。

ネタバレBOX

森田涼花さんは、若返った主人公モト冬樹さんと付き合います。歳が戻っていく主人公に振られることになります。「遊びだったわけね」のセリフ。そんな役をやるようになったんだな、と複雑な気持ちでした。15歳から見てる身としては。。。
アリスインデッドリースクール オルタナティブ

アリスインデッドリースクール オルタナティブ

アリスインプロジェクト

六行会ホール(東京都)

2013/03/20 (水) ~ 2013/03/24 (日)公演終了

満足度★★★

加藤沙耶香さん出演。
今では定番になった人気演目のアリスインデッドリースクール。このオルタナティブで初観劇でした。
噛まれたら感染してゾンビになるというよくあるシステムなのですが、この演目で初見だったのでよく分かっていませんでした。
出演者の高校生役の中で飛び抜けて歳上の加藤さん。やはり役柄も飛び抜けた感じでした。勇ましくて良かったです。

ネタバレBOX

屋上が舞台。どんどん人が死んでいき、一部の人たちが脱出する。その人たちがどうなったかは分からない。主人公はひとり残る。いいですね。
この公演ではまだでしたが、その後の再演でどんどん引き込まれました。
無伴奏~消えたチェリスト

無伴奏~消えたチェリスト

劇団東京イボンヌ

サンモールスタジオ(東京都)

2019/07/17 (水) ~ 2019/07/21 (日)上演中

予約受付中

満足度★★★★★

久し振りに洒落たオトナの演劇を楽しんだ
途中からどういう結末になるかと興味津々で観ていたが、ハッピーエンドになった(もう一話は違うのかな)
音楽とセット(特に窓の向こう)が印象的だった
貴子の表情豊かな演技が記憶に残った

勝小吉伝

勝小吉伝

明治座

明治座(東京都)

2019/07/06 (土) ~ 2019/07/31 (水)上演中

満足度★★★★★

誰にでも分かりやすい笑えるお芝居、懐かしい曲が並ぶコンサート。試食し放題のロビー(気が弱くて買わせられそうになるのであまり食べないけど)、親切なスタッフさん。なんの文句がありましょうか・・・
でも、チケット高いのが難ですよね。3階席でも6000円。新橋演舞場なら3000円だったような(演目によって違うのかも)。しかも狭い。席自体はそうでもないのですが席の前がとにかく狭い。男性なら膝が前の壁にぶつかるんでは?と思うくらい。なので通ろうとするとおば様に睨まれる。明治座さん、なんとかなりませんか?
それでも舞台は楽しかったのでした。

「緋眼王女のアリステア」

「緋眼王女のアリステア」

the CRAZY ANGEL COMPANY

北沢タウンホール(北沢区民会館)(東京都)

2019/07/14 (日) ~ 2019/07/15 (月)公演終了

満足度★★★★

初めてのセリフ有りの舞台とのことでしたが、そのせいか演奏とセリフが重なると聞き取りにくくなるのが残念でした。ブラスにフラッグにダンスとで、戦いの場面を見せたりするのは面白かったですが、ストーリーが弱かったかなと思いました。王女が緋眼であることの意味や、せっかくのカラコンもよく分かりませんでした。
でも、ブラスの演奏やフラッグは楽しかったです。

新・七夕伝説「煌星★天女」

新・七夕伝説「煌星★天女」

WHATCOLOR

シアターグリーン BIG TREE THEATER(東京都)

2012/03/01 (木) ~ 2012/03/05 (月)公演終了

満足度★★★

フォンチーさん出演。
煌星チーム。主演がフォンチーさんの回。
東京で8公演、その収益を元に仙台で無料の8公演。東京のチケット代には事実上の寄付金も入っていることなります。こういうの良いと思いました。
フォンチーさんは精力的に舞台出演されているころでした。

アシュラ

アシュラ

平熱43度

ワーサルシアター(東京都)

2019/07/03 (水) ~ 2019/07/15 (月)公演終了

満足度★★

一人二役、転換スピード0秒の意味は分かりました。瞬時に入れ替わる人物の表現は見事でした。女の子はとても特徴的な身振りをするので、いまどちらなのかがはっきり分かって良かったですが、現実の女の子があんな身振りをするのを見たことはありません。
何故、超能力者となった”新生人種”が反政府組織として大規模なテロ行為を行うことになったのか分かりませんでしたが、そんなピリピリとしたシーンが続く中で、なんでわざわざ笑いを取るような演出をするのか?それだけだと観客が疲れてしまうだろうという配慮なのか(私には要りませんが)。多少はいいとしても、終盤のキムさんの一人ディズニーはうんざりしました。「私帰りますから」と舞台に声をかけて帰ろうかと思ったくらいです。あれの意図を説明してください。

明日ー1945年8月8日・長崎

明日ー1945年8月8日・長崎

劇団青年座

東京芸術劇場 シアターイースト(東京都)

2019/07/10 (水) ~ 2019/07/17 (水)公演終了

満足度★★★

当時の女学生のような衣装の女の子二人の生演奏が良かったです。
この日この時間に何があったか知っていることが前提のような作りでした。

このページのQRコードです。

拡大