最新の観てきた!クチコミ一覧

1-20件 / 160364件中
トライアウト公演「Ukiyo Hotel」

トライアウト公演「Ukiyo Hotel」

Ukiyo Hotel Project

ラゾーナ川崎プラザソル(神奈川県)

2019/05/24 (金) ~ 2019/05/26 (日)公演終了

満足度★★★★

トライアウト公演ということで失礼ながらあまり期待はしていなかったのですが、良い意味で裏切られました。
出演者の皆さんのエネルギッシュな演技にどんどん引き込まれてしまいました。
ぜひ本公演にも足を運びたいです。

夜のジオラマ

夜のジオラマ

SPIRAL MOON

「劇」小劇場(東京都)

2019/06/12 (水) ~ 2019/06/16 (日)公演終了

満足度★★★★★

様々な時間軸で繰り広げられるストーリーにとても引き込まれました。
シンプルなセットで次々と起こる出来事に息つく間もなくあっというまの2時間でした。
次回公演も気になります""

Rock Opera『R&J』

Rock Opera『R&J』

ネルケプランニング

日本青年館ホール(東京都)

2019/06/14 (金) ~ 2019/06/23 (日)上演中

満足度★★★★

鑑賞日2019/06/19 (水) 13:00

 『ロミオとジュリエット』をロック・オペラにするという試みを、鈴木勝秀の脚本と演出というので、観に行った。かなり面白かった。時代を近未来にして、2つの家の対立を、不良と警察(国家権力)という構造にしたことで、現代的な解釈も加わった。主人公の2人、ロミオとジュリエットの性格が、通常のものとは大分異なっているけど、そこが逆にロック・オペラというスタイルに合ってる。若手も頑張っているが、陣内孝則・コング桑田などのベテラン勢の存在感と活躍も嬉しい。

機械と音楽

機械と音楽

serial number(風琴工房改め)

吉祥寺シアター(東京都)

2019/06/12 (水) ~ 2019/06/18 (火)公演終了

満足度★★★★

鑑賞日2019/06/17 (月) 14:00

座席1階B列

 「機械と音楽」という題名
説明を読むと「生活の機械化(共産主義化)」と書いてあり、これが題名の由来なのかな。
ただ、「機械」とは、言うまでもなくル・コルビュジェが提唱した「住宅」の意だと解していた。この舞台でも、彼の名が出てくるし、建築のモダニズムにおける比喩としては当然だと思ったし。ただ、「音楽」とは何だったのだろう。イワンが、図面を引く時に音楽が聞こえる、というようなセリフを言うのだが、そこに意味があるのかな。音楽の持つリズム、メロディー、ハーモニー、彼の理想を奏でる設計図といったような。パンフレットを読んで解題を試みようとしたけれど、、、、

この作品を観る大きな動機となったのは、ロシア・アバンギャルド、特に美術部門に関心がったので。(隆盛期のポスターデザインは幾何学的な構成とコラージュが斬新)
3度目の公演だという。この時期でも斬新だけれども、2005年でも斬新だ。(かなり改訂がなされたみたいだけれど)

この舞台で成功しているな、あるいは凄いなと感じた点が2つ。
1.ロシア革命期の高揚と、その後のスターリン体制での後退あるいは幻滅が空気として見事に表現されていたこと。
2.建築家あるいは建築というものを、舞台上に再現するのではなく、図面の存在とセリフ 
  を通じて表現できていること。

1については、イワンとオルガのシーンの数回の挿入や、イワンが自身の描く集合住宅についてニーナに説明するシーンなどと、ヴェスニンとギンスブルグの葛藤や、ブリークの登場シーンなどとの対比で、時系列を交錯させながら描いている。

2については、建築物を残せなかったレオニドフであるからこそ、図面(補足的に模型も含め)を舞台装置の中心に置き、それについてセリフを交わすということで建築家とは、建設とは、を描き切ることに成功している。(欲を言えば、うまくいくかどうかは?として、現存するメーリニコフやギンスブルグらの建造物を、最近はやりのスクリーンで見せてくれると、より理解は深まったかもしれない。「構成主義」という言葉自体がわかりづらいので)

登場人物たちは、理想と政治体制、創造と抑圧、愛情と理念の間でひたすら葛藤しており、
舞台の空気は終始重い。スターン体制の元で押しつぶされていく何とも救いのない話だが、ヴェスニンとギンスブルグの沈黙、ニコライの明るさ、ブリークの悔恨が声なき抵抗に思えて辛くもあり救いにもなっている。

ただ、レオニドフとは友達になれそうにはないなあ。ニーナの気持ち、ニコライの気持ち、ギンスブルグの気持ち、解らないのかな。あまりにも子供過ぎないか。周り傷つけていないか。

詩森さんは、2019年だからこそ、この舞台を理解してもらえるのではないか、とパンフに書いているけれど、私にはおれを切り離しても十分面白かった。

オフィス上の空プロデュース・トルツメの蜃気楼

オフィス上の空プロデュース・トルツメの蜃気楼

オフィス上の空

ザ・ポケット(東京都)

2019/06/19 (水) ~ 2019/06/23 (日)上演中

予約受付中

満足度★★★★★

 痛切な哀しみに満ちた作品。(追記後送 華5つ☆)

ネタバレBOX

観る者の社会観察に基づいて受け取る内容は大いに異なるだろう。その痛切の度合いや、不可逆性に対する認識の差が決定的に解釈の深みを左右する極めてデリケートな作品である。
 ドリアン・グレイの名を出す必要は無いかも知れない。が、生き物である人間の美や可愛らしさといった魅力、容色というものは、老いには決して勝てない、というのが未だ簡単にはIP細胞を用いて肉体を好きなようには改造できない我ら人間の現実である。そして、アイドルを目指す人々は、この容色の衰えと必死に戦ってきた。この事実は“風姿花伝”にも如実に描かれているし、観阿弥、世阿弥父子が絶世の美男であったことは良く知られた事実である。今作でアイドルを目指すのは女性であるが、女性アイドルの場合も容色に関する本質は同様であると言わねばなるまい。但し、アイドルを目指す少女、憧れる少女の絶対数は男の子の比ではないし、売れる才能を持ち、それで食ってゆける者の数もまた氷山の一角であるからその競争率はいやが上にも高くなる。一方、旬の時期は余りに短い為志願者たちは短期間に大きな勝負やリスキーな「仕事」にも飛び込まざるを得ず、飛び込んだ先で罠が四方に張り巡らされているのは常識、たらし込んで金蔓にしようと虎視眈々と狙うハゲタカの群れも常に狙っているのだから、その末路は実に哀れなケースが多いというのが、前提になっている条件であろう。こんな実情を知ってか知らずか、今日も火に飛び込んで生きながら己が身を焼き滅ぼす蛾のように少女達は一見煌びやかなライトに照らされるアイドル界に飛び込んでゆく。丁度、今作で飛び降り自殺をしてしまったユリの親友アヤのように。
 板上は、舞台壁面の三方に沿って高低差を設け、センター奥上手が最も高く積まれた構築物で構成されており、手前、奥と二重になっている箇所に出捌けが設けられている他、机とセットになった椅子が計4か所、歪な長方形の各コーナーに設置されている。
「蛇姫様~我が心の奈蛇~」 

「蛇姫様~我が心の奈蛇~」 

新宿梁山泊

新宿花園神社 特設テント(東京都)

2019/06/15 (土) ~ 2019/06/24 (月)上演中

満足度★★★★

「本公演は休憩2回を挟んで約2時間50分を予定しております」の告知にどよめく会場(笑)
一足早い「夏」を感じてきました。
今年も花園神社で熱~い空気を全身で感じる事ができて良かった!

化かされているかの様な極彩色の妖しい女達のお色気。
あの少年探偵団の小林少年も成年になって登場・・・脳内では別モノと判定していますが(笑)
ケレン味ヤバ味たっぷり新宿梁山泊さんの世界を理屈抜きで楽しめる様になったのは、何だか“通”になったよう(なったような錯覚)で嬉しい。

五右衛門

五右衛門

弌陣の風

テアトルBONBON(東京都)

2019/06/12 (水) ~ 2019/06/16 (日)公演終了

満足度★★★★

楽しめました
特に秀吉の悪役ぶりが良かったです

オフィス上の空プロデュース・トルツメの蜃気楼

オフィス上の空プロデュース・トルツメの蜃気楼

オフィス上の空

ザ・ポケット(東京都)

2019/06/19 (水) ~ 2019/06/23 (日)上演中

予約受付中

満足度★★★★

何者にもなれない私でも生きている。心折れても生きていかなくちゃ。
故郷の山々に守られている気がしていた。進学で心ならずも上京したわけですが、久しぶりに帰ると山々は私の前に立ちはだかっている気がしたものでした。

「遮光器土偶デス・エクソダス VS夜明けの令和」

「遮光器土偶デス・エクソダス VS夜明けの令和」

駄目なたすいち

Geki地下Liberty(東京都)

2019/06/19 (水) ~ 2019/06/23 (日)上演中

予約受付中

満足度★★★★

鑑賞日2019/06/19 (水)

19日19時半開演回(2時間強)を拝見。

前回公演の『ギロチン伯爵と七つの秘宝』も大風呂敷だったが、今回は時空を超えての大風呂敷!
個々のエピソードでも、充分、公演1つ分は賄えたであろう『遮光器土偶デス・エクソダス』『夜明けの令和』の1時間モノ2本同時上演はお得感が半端なく、さらにいえば、自分にはほぼ全員が顔と名前の一致する役者さん達による、真面目に笑いを取りに来る勢いというか熱気に、チケット代のもとが取れ…いや、チケット代以上の満足感を得ることができた。
私以外の客席の反応も、笑いの総量は申し分なく、実に素敵なコメディーだった。

演じ手に関しては、黙って立っているだけで二枚目な中田暁良さんの…(以下、ネタバレにつき自粛)…が、クールな表情とのコントラストも鮮やかで、登場の度に笑いがこみ上げて仕方なかった。助演男優賞モノだと思う。

ネタバレBOX

【配役】
『遮光器土偶デス・エクソダス』
香取トウゴ(兄)…林弦太a.k.a.鈍色刃さん
香取サキネ(妹)…二宮咲さん
風上ミトリ(殉死?)…中野亜美さん(ごく普通のお嬢さんなのに凄く舞台映えする方)
本城コトミ(トウゴの彼女)…中村桃子さん(派手さのない役どころながら山椒のようにピリッと光る演技)
鳥ノ内剛(父。集落の長)…中田暁良さん(良い意味で、筆舌に尽くしがたく…)
鳥ノ内トキオ(息子)…大平智之さん
飯沼ホイ(サキネの先輩)…星澤美緒さん
三上ジュン(学校の先生)…中西みなみさん(『おさなごころのきみ』以来)
六道カゲチヨ(呪術師)…永渕沙弥さん
剣持教授…布施知哉さん
譲原ユキ(剣持の助手)…北川理恵さん

『夜明けの令和』
平 成…菊池泰生さん(川口知夏さんとの12月公演がますます楽しみに!)
渡チコ/篠田リコ…坪和あさ美さん(やっぱ凄い役者さんだわ!)
野島須磨子…白井肉丸さん(落ち着いた声質がストーリーテラーな役柄にピッタリ!)
髑髏崎…加藤和子さん
餅前田剛健…須藤大輔さん
菅(官房長官とその影武者)…小太刀賢さん
田村崎…柴田淳さん(小劇場の舞台ではひさしぶりに拝見!)
アリス・マチムラ…田邉美保さん(可愛・格好いい)
平目洋平…村松ママンスキーさん
リーファ…細田こはるさん
THE NUMBER

THE NUMBER

演劇企画集団THE・ガジラ

ワーサルシアター(東京都)

2019/06/18 (火) ~ 2019/06/23 (日)上演中

満足度★★★★★

2時間越えの長い作品であるが、独特の世界に引き込んでくれる。「1984年」とか「ガタカ」とかを連想させる原作、体言止めの独特なセリフ、少々意味のわからない箇所もあるが、そんなことは全然気にならずに非日常の演劇世界を楽しめた。劇場が都心からちょっと遠いか。

アインシュタインの休日

アインシュタインの休日

演劇集団円

シアターX(カイ)(東京都)

2019/06/14 (金) ~ 2019/06/23 (日)上演中

満足度★★★★

狙いのよくわからない公演だ。新劇団の円が小劇場の青★組の吉田小夏を作演出に招く。これは新劇団はどこでもやっていることで、少しキャリア不足かな、とは思うが納得できる。だが、この戯曲(新作)で行く、とした理由がわからない。
関東大震災直前の東京下町の、職人も、学生下宿人も一緒に暮らすパン屋一家の秋から冬。ちょうどその時期に世界漫遊中のアインシュタインが日本にいた、というわけでこのタイトルがあるのだが、なぜ粒立たないその時代を取り上げたかがわからない。百年前と言うのか、あるいは直後の大震災を前の小春日和時代が今に似ているというのか、どちらにせよ、だからどうということもない。
パンフを読むとその時代にも庶民の哀歓はあって、今に通じる、と言うが、それは無理だろう。全編を通す大きな筋(ドラマ)はなく、庶民の哀歓と言えばその通りのエピソードがつづられていく群像劇だ。昔の明治座か、演舞場の新派公演の一番目狂言のような筋立てで、中身は格別目新しくもない。劇団公演だから人数は出ていて、15名。二時間の芝居で、それぞれ役を書き分けてそれなりの見せ場を作る。そこはご都合主義ながら、こまごまとよく出来ていて、小劇場で劇団員に書き分けていた経験は生きている。
しかし、円が一時期劇場を持っていた縁で、浅草を舞台にしたという割には、舞台に下町らしさがほとんどない。作者は東京育ちらしいが、昭和30年代までは、東京でも下町と山の手ははっきりしていたから、現在70歳以上の人は実体験がある。
劇団長老もいるだろう。まず、言葉から入らないとリアリティを欠く。これは少し方言指導者を探せばできるはずで、最近でも、チョコレートケーキが「60sエレジー」という芝居で下町の蚊帳屋を舞台に昭和30年代ものをやったが、見事に東京方言になっていた。やればできるはずだ。もちろんこの芝居の大正12年の設定で生きている人は少ないだろうが、これだけ言葉が下町らしくないと、劇場が両国だけにしらけてしまう。
大劇団と小劇場の交流は、お互い役に立つことはあるはずで、これに懲りずに交流を深めてほしいが、その狙いはもっと明確に絞った方がいいと思う。それは円だけのことではない。



THE NUMBER

THE NUMBER

演劇企画集団THE・ガジラ

ワーサルシアター(東京都)

2019/06/18 (火) ~ 2019/06/23 (日)上演中

満足度★★★★

導入部分が判りにくいので、入り口が見つからずに周囲をうろうろする感じ。
だが一旦入り込めば、途切れない緊張感と迫力が素晴らしい。
自由と引き換えに「幸福」を手にしたはずの集団「われら」の中に
少しずつ疑問を抱くものが現れ、周囲に影響を及ぼしていく。
その葛藤と疑心暗鬼が強い緊張感を呼ぶ。
田村真帆さん、ステージごとに疲労困憊じゃないかというほどの熱演。
緩急自在の千葉哲也さん、およそ管理社会に不似合いな
得体のしれない男にドンピシャでハマりすぎ。
(後ほど追記します)

カウントダウン

カウントダウン

coconkukanunity

吉祥寺シアター(東京都)

2019/06/07 (金) ~ 2019/06/09 (日)公演終了

満足度★★★★★

鑑賞日2019/06/07 (金) 14:00

座席H列14番

価格4,000円

ある児童書に巡りあった女性教師に持ち主の老人はその作者のことを語り始め……とはいえ、中心となるのは児童書の中の物語という三層構造。
その中心部分、望みを叶えるために「迷いの森(だっけ?)」を通り抜けようとする少年たちと彼らの邪魔をする三人組……という冒険もの児童文学の王道的な物語は懐かしく、劇団四季のこどもミュージカルに通ずるような雰囲気も。(ピーター・パンや青い鳥も連想)
また、悪役トリオがドロンジョ一味のように憎めないキャラなのも好み。
あと、マイム表現も良かった。

ネタバレBOX

ピーター・パンと言えば、本作にも「大人になりたくない」というモチーフが出てくるが、終盤でその理由を質し、「どんな大人になるか」が大切だと説くのに感服。
暁の帝〜朱鳥の乱編〜

暁の帝〜朱鳥の乱編〜

Nemeton

シアターグリーン BIG TREE THEATER(東京都)

2019/06/13 (木) ~ 2019/06/23 (日)上演中

予約受付中

満足度★★★★

「朱」チームを観劇

素晴らしい完成度だった。NHKの大河ドラマかシェークスピアの悲劇、歴史劇を観ているようだ。もっともNHKの大河ドラマにはこの時代を題材にとったものはない。歴史考証が難しいのだろうか。そこを逆手にこの舞台は結構やりたい放題だ。蘇我安麻呂は「何で俺がこんな悪役に」とあの世で嘆いていることだろう。

場面転換は完全暗転せずスピーディーに、また白い移動式の幕をうまく使って、単調にならないよう工夫されている。映画もそうだが、日本には漫画という超強力な表現手段があるのでそれらに対抗しようということなのだろう。そのうち、里中満智子『天上の虹』を読んでみようと思う。

天皇の即位の儀式そして葬儀をもう少し重々しくやってほしい。こういうところがメリハリを付けるチャンスなのに。また和歌を読み上げるときにも工夫が必要だ。本格的に詠うと浮いてしまうけれど、ここもメリハリを付けるチャンスなのに。全員で斉唱するときはもっと感動的にできるはずだ。

数人の俳優さんのセリフがたどたどしい。いろいろ事情があるのだろうが精鋭を揃えたシングルキャスト上演が観たいものだ。

*星5つの気持ちで書き始めたのだが、だんだん粗が見つかって来て星4つになってしまった。

「蛇姫様~我が心の奈蛇~」 

「蛇姫様~我が心の奈蛇~」 

新宿梁山泊

新宿花園神社 特設テント(東京都)

2019/06/15 (土) ~ 2019/06/24 (月)上演中

満足度★★★★★

鑑賞日2019/06/19 (水) 19:00

座席1階

唐十郎のテント舞台を、時を超えて新宿梁山泊が再現した。いや、当時の舞台はもう見られないのだから再現かどうかは分からない。金守珍がきっと大胆に練り上げたと思われる。
2回の休憩を挟んで3時間の舞台もあっという間に過ぎた。息をつく間もなく次々に出てくる大立ち回り。役者の熱量をこれほどまでに浴びることが出来る舞台は他にはない。
蛇姫を演じた水島カンナは、特に力がこもっていたのではないか。ちょっと鼻声だったが、よく通る歌唱も心を射た。唐十郎の血を引く大鶴義丹はアングラ演劇をも引っ張る存在に進化した。大久保鷹の怪演もお約束。今日は長ゼリフも多かったのに、年齢をも吹き飛ばす勢いだ。
なんといってもラストがすごい。これを見るために花園神社に通う価値がある。

ネタバレBOX

定番の水かぶりだが、今回は舞台前の自由席だけでなくその後ろ2列の指定席にも水よけシートが配られた。タチションの水鉄砲も油断ならない。
vivid Blue

vivid Blue

劇団1mg

OVAL THEATER & GALLERY (旧・ロクソドンタブラック)(大阪府)

2019/06/19 (水) ~ 2019/06/24 (月)上演中

予約受付中

満足度★★★★★

内容はベタでしたが、さすが1mg。泣かせて頂きました。仕事帰りでしたが、疲れが吹っ飛んだ感じです。明日も頑張れ💥👊😃そうです。良かったです。

オフィス上の空プロデュース・トルツメの蜃気楼

オフィス上の空プロデュース・トルツメの蜃気楼

オフィス上の空

ザ・ポケット(東京都)

2019/06/19 (水) ~ 2019/06/23 (日)上演中

予約受付中

満足度★★★★

心が折れても人生は続く。負けてから始まることだってある。良い言葉だなーと思いました。いつもラッキーなことばかりではありません。でも・・・・。

正しいホシの見つけ方

正しいホシの見つけ方

ウィークエンドシアター

ARISE 舞の館(東京都)

2019/06/08 (土) ~ 2019/06/22 (土)上演中

満足度★★★★

会場をうまく使った脚本、笑いのあるステージ、楽しかったです!

疫病流行記

疫病流行記

吉野翼企画

北千住BUoY(東京都)

2019/06/13 (木) ~ 2019/06/16 (日)公演終了

満足度★★★★

鑑賞日2019/06/14 (金) 15:00

開場から、まあ、ドキドキ感が横溢。
暗い通路を歩いていると、別の観客とあわや接触?と思いきや、上半身裸で血の染みた包帯を巻く役者さんにビックリ。音楽流れる中、ビニール袋に閉じ込められた女性たちと、先のように徘徊する男性たち。女性たちは「いらっしゃいませ。娼館パゴパゴへようこそ。お待ちしておりましたわ。」(別の方が書かれているように「ショウセン」かも。)と繰り替えす。

舞台が始まると、疫病者のいる家は釘付けにされ、キャバレーというか娼館というかパゴパゴを舞台に話が展開しはじめる。パゴパゴの過去と自らの過去を探る刑事、あるいは北のない羅針盤で、ひたすら南の島を目指す2人の男。

どうやら、パゴパゴは、元は野戦病院と称した疫病をまき散らすための疫病患者製造所だったらしい。しかし、終戦とともにその患者たちは放擲され、疫病が蔓延しはじめる。疫病は静まったのか。果たして生存者は?
ほのめかされる神の存在。神は降臨するのか。

とにかく観てみなさいよ、という意味で「お薦め」

地下の音響設備のない劇場ということで、音楽の圧がすごい。
特に、序盤の疫病名をメロディに流すところから、しばらくセリフも聞き取れないのには、ちょっと困ったものだったけれど。

ネタバレBOX

メタ芝居としての舞台。「疫病流行記」という芝居を終えて、役者たちは家路につくのだった。また彼らは、どこかで「演じる」ことを宣言しながら。そうか、「疫病」とは「芝居」のことだったのかな。
いざ、生徒総会

いざ、生徒総会

filamentz

新宿シアター・ミラクル(東京都)

2019/06/11 (火) ~ 2019/06/17 (月)公演終了

満足度★★★★★

大満足の作品。笑いあり涙あり、青春がたくさん詰まった最高の2時間でした。特に2話。最後の川口さんの台詞に、自然と涙が。しっかりと笑わせ、考えさせられ、川口さんの魅力が存分に発揮された構成でした。堀ノ内さんも素敵で、二人の最後の掛け合いはもう一度見たいほど。会場全員が二人を温かく見守っていた。3話の監査の大和田さん、素敵な演技でした。竹田くんはズルい。4話はずっと笑わせられました。見米さんの学ラン、似合っていたなぁ。岡田さんの演技のメリハリが凄い。小柄なのにエネルギー量が凄い。岡田ー!見米ー!で抱き合うシーンは吹き出してしまった。大中くんもいい味出してる。波多野さん、お顔が素敵。2話と4話で別人のよう。野崎さんも、素の美人さん。2話の川口さん、野崎さん、波多野さんがバランスが良くて見やすい。いたいた、こういうグループ。
生徒会長さんは最後まであまり好きになれなかったが、そういう演技なのかなと。監査は同情できたが、生徒会長は出来ませんでした。だからあのエピローグなのかもしれないし、冨坂さんの狙いなのか分かりませんが、良く出来た脚本でした。是非再演してほしいです。

このページのQRコードです。

拡大