最新の観てきた!クチコミ一覧

1-20件 / 157003件中
ヒトミ

ヒトミ

WHO'S TERRACE プロデュース

ワテラスコモンホール(東京都)

2019/02/13 (水) ~ 2019/02/17 (日)公演終了

満足度★★★★★

素敵な舞台でした。一昨年の俳優教室の卒業公演でお気に入りになった菊池くんが、大好きなキャラメルボックスの作品に(企画公演ではあるけれど)出演するなんて、こんなに嬉しいことはありません。観れて良かったです。菊池くん演じる大友は、誠実。健気に一途にヒトミを支える姿が好印象でした。彼の人の良さかしら?よく現れていたように感じます。
ヒトミ役の大滝さんも、等身大の演技をなされていてとても良かったです。あつこさん、素敵なおばあさま。佐久間はとても人間性の溢れる方で、強い女性だなと感じました。朝比奈はとても面白くしっかりと役をこなしていて好印象。若杉ちゃんはとても緊張していたのでしょうか、早口すぎて聞き取れない部分があり少し残念でした。
反対チームに、同期の高村さんが若杉役で出ていらしたようですが、日程的に観れずとても残念です。

台所太平記~KITCHEN  WARS~

台所太平記~KITCHEN WARS~

劇団ドガドガプラス

浅草東洋館(東京都)

2019/02/16 (土) ~ 2019/02/25 (月)上演中

予約受付中

満足度★★★★

鑑賞日2019/02/19 (火) 19:00

レビュー、ショー、吉本新喜劇的な要素が強い、大衆喜劇的な芝居。その中で、役者さん、特に女優さんの個性や魅力がいっぱい詰まっている。歌あり、ダンスありのエンターテイメント。楽しい時間を過ごせた。客入れ前から、キッチリ盛り上げてくれるのも好印象。

幕が上がるなら

幕が上がるなら

演劇商店 若櫻

ひつじ座(東京都)

2019/02/16 (土) ~ 2019/02/21 (木)上演中

予約受付中

満足度★★★★

あー楽しかったなって。 ワーワーぶつけ合ってバタバタ走り回って、ギリギリ追い込まれて ”万歳” から絞り出して、ゴールがわからなくて悩み迷いながら・・・だから、終わってみたら初めてあーなんか楽しかったなって。 楽しんでもらおうという熱が生み出した結晶をいま見せてもらっていたんだなって。

カーテンを閉じたまま

カーテンを閉じたまま

Ammo

シアター風姿花伝(東京都)

2019/02/14 (木) ~ 2019/02/19 (火)公演終了

支配者が周りを洗脳させていく、テレビで見たオウムの映像が頭のなかを過る。生の舞台でそれをとても感じることができた。ゾッとするような演技の連続で胸が抉られるような二時間。だけど微笑ましいところも所々に仕掛けられていて最高でした。

わかろうとはおもっているけど

わかろうとはおもっているけど

劇団 贅沢貧乏

BUKATSUDO HALL(神奈川県)

2019/02/13 (水) ~ 2019/02/17 (日)公演終了

満足度★★★

贅沢貧乏さんは初観劇。
とても重たい内容を軽やかに笑いも交えて。
メンタルの不調も相俟って自分でも気づいてなかった感情がじわっと滲み出てきた感じ。
ジェンダーなんて言葉一般的では無かったしね。
まあ、結局は性別だけではなく個体差なのだろうけど。
「話は聞くから」という言葉に闇を見ましたよ。
これは誰がということではなく、可愛い島田桃子ちゃんが発しても同じだった。
まさにタイトルの『わかろうとはおもっているけど』なんだよね。
これからの時代、個々が尊重されて生きやすいことを祈るよ。←自分も含めてね。
メイド二人の存在が唐突すぎて面白い。彼女たちは何かのメタファーなのかな?
女優陣が激しく好み。英語字幕があるからなのか、珍しく場内が国際色豊かだった。
上演中に携帯のバイブが鳴ったのは残念。仕事帰りにさくっと観られるボリュームも好印象。上演時間約70分。

「あつまれ!『くろねこちゃんとベージュねこちゃん』まつり」

「あつまれ!『くろねこちゃんとベージュねこちゃん』まつり」

DULL-COLORED POP

サンモールスタジオ(東京都)

2019/02/14 (木) ~ 2019/02/24 (日)上演中

予約受付中

満足度★★★★

鑑賞日2019/02/18 (月) 15:30

【百花チーム・2ステージ目】
谷さんによれば「狂っている」、モビルスーツ/モビルアーマーに喩えればザクレロだという百花チーム、ファンシーでポップなねこちゃんパートが物語のビターさを緩和しているといったところか。

ネタバレBOX

オペブースからの「はっじまっるよー!」な掛け声から始まるミラーボールで星がきらめく冒頭部は思い切りポップでファンシー。
で、ねこちゃんパートの「救い」は本編の夫を喪った「母」の哀しみの緩和とリンクしている感覚、そこが巧い。
あと、場毎にねこちゃんがボクシングなどのラウンドガールのように、これから始まる場の内容を示す一言が書かれたスケッチブックを客席に見せるのも親切と言うか何と言うか……。
幕が上がるなら

幕が上がるなら

演劇商店 若櫻

ひつじ座(東京都)

2019/02/16 (土) ~ 2019/02/21 (木)上演中

予約受付中

満足度★★★★

役者のキャラが濃すぎて、面白い展開でした。

ネタバレBOX

小劇場の芝居づくりに励む劇団の情熱、奮闘があり、まさに実話であるかのようなリアルな感じがとても伝わってきたので、とても興味が高まり、引き込まれていくのです。セリフのひとつひとつが声量が大きく、感情がこもっていて、重いので、すごく見応えがありました。途中は、ドタバタで展開していきますが、ラストのまとまり方はいいですよね。
花火鳴らそか ひらひら振ろか

花火鳴らそか ひらひら振ろか

劇団銅鑼

あうるすぽっと(東京都)

2019/02/15 (金) ~ 2019/02/21 (木)上演中

予約受付中

満足度★★★★★

なぜ今のこの時期にやるの? 真冬でなく、お盆に観たい。そんな穏やかな気持ちにさせてくれる芝居でした。舞台上にも余計な物がなく、サッパリしていて美しい。何よりも俳優が上手い。松本祐子の台本・演出も冴えています。安心して観ることが出来ました。

あの頃私は、スマートだった。

あの頃私は、スマートだった。

シタチノ

アトリエヘリコプター(東京都)

2019/02/08 (金) ~ 2019/02/11 (月)公演終了

満足度★★★★

鑑賞日2019/02/10 (日) 19:00

若松春奈さんを通してシタチノの存在を知りました!旗揚げ公演という新たな劇団の始まりをこの目にすることができて、そして、シタチノに出会えて、本当に幸せだ!っと思える作品でした☆
過去の自分から、今の自分へ…そして、未来の自分へと繋がる、スマートな思い。大切にしないといけないものは何なのか…心から素直に、笑顔になれる作品でした!

ボーダーライン

ボーダーライン

ジャグリング・ユニット・フラトレス

大阪市立芸術創造館(大阪府)

2019/02/16 (土) ~ 2019/02/17 (日)公演終了

満足度★★★★★

普段はあまり観劇はしないのですが、ジャグリング繋がりで観に行くことにしました。
あっと驚くパフォーマンスショーの舞台という感じではなく、ジャグリングを知らない方でも楽しめる内容でした。

〜感想〜
1つ1つの動作・セリフ・感情・情景をとても上手くジャグリングで表現していて感動しました。(この言い方が正しいかはわかりませんが)
私はシガーボックスが好きなので、今回の公演でもシガーボックスに注目していました。他では見れないような動きの美しさがありとても良かったと思います。

何度かこの団体の公演を観ていますが特に今回は1つ1つのセリフが心に残るというか余韻が残りました。

公演後1つの場面を取り上げて感想を友達と話すと、個々で身振りや表情等々気づいたところがあり
そう言った話をするのも楽しかったです。

これからも公演があれば必ず観に行きたいと思います。

花火鳴らそか ひらひら振ろか

花火鳴らそか ひらひら振ろか

劇団銅鑼

あうるすぽっと(東京都)

2019/02/15 (金) ~ 2019/02/21 (木)上演中

予約受付中

本当、人は死んだらどうなるのでしょう。どこへ行くのでしょうね。

花火鳴らそか ひらひら振ろか

花火鳴らそか ひらひら振ろか

劇団銅鑼

あうるすぽっと(東京都)

2019/02/15 (金) ~ 2019/02/21 (木)上演中

予約受付中

良かったあー。
幸せな気分になれます。
おすすめです。

花火鳴らそか ひらひら振ろか

花火鳴らそか ひらひら振ろか

劇団銅鑼

あうるすぽっと(東京都)

2019/02/15 (金) ~ 2019/02/21 (木)上演中

予約受付中

満足度★★★★

鑑賞日2019/02/19 (火) 19:00

座席1階

お盆に、亡くなった家族が帰ってくる。おじいちゃんの親友(故人)の孫が離れに住んでいるという設定。話はややこしく、それ故のドタバタ劇もあるが、涙も誘う物語だ。
お盆の時だけ帰ってくるとされる故人たちだが、この世に残っている人たちにとってはお盆の間だけでいいから話したいと切に願う。もし、話すことができたらこんなこともあるかな、という話が次々に出てくる。認知症のおじいちゃんの存在は、光っている。久しぶりに帰って来た息子が認知症の妄想だと考えて施設に放り込もうとする展開はあり得ると思ったが、息子の無理解の描き方はちょっと度を超している。
ドタバタ劇かと思いきやの感動舞台だった。真冬の今でなく、お盆の夏に見たい舞台だ。

AFTER塩原JUNCTION

AFTER塩原JUNCTION

塩原俊之自主企画興行

イズモギャラリー(東京都)

2019/02/15 (金) ~ 2019/02/19 (火)公演終了

満足度★★★★

アガリスクエンターテイメントを休団中の塩原俊之氏による個人興行。
3本のオムニバスで、すべて再演。
「笑いの太字」を除く初見の2本は「雰囲気を楽しむ」感じで重さがなかったのが残念。
どちらか1本はもっと示唆に富んだり、胸を抉られるようなものだったりして欲しかったかな。

ネタバレBOX

「笑いの太字」(塩原俊之/淺越岳人)

三谷幸喜「笑いの大学」を題材にしたアガリスクの屁理屈演劇。
初演では熊谷/前田の女性コンビで見たので、キャストとしては初見。
男性だけにパワフル。飛び散る汗その他。
約50分まくしたてまくる演目なので、よく覚えられるなー、という気も。
見ていて、「どういうオチだったっけ?」って忘れてたけど、見ながら思い出す感じで。
元々キレイに纏まってスッキリ、という感じのお話ではないです。

「天気予報を見ない派」(塩原俊之/松本みゆき)

再演だけど初見。
同窓会と偽られて、元・彼女宅に呼び出された元・彼氏。
そこで過ごすしばらくの間のお話。
タイトルは、途中で買い物に出た彼女が雨に降られ、彼氏に「天気予報で雨降るって言ってたじゃん」に
対する応答から。
彼女はちょっと不思議ちゃんというか、無軌道な発言・態度・振る舞いが目立つ。
彼女は別れた後、結婚して、離婚したらしい。
「私たち、ヨリ戻そうか?」
「いや、やっぱり良い。あなたは寂しさを処理できる人だから」
「気が向いたら会う。そういう関係が良いんじゃないかな?」
どうしたいんだろう。
アフタートークで、「傷付きたくない、自信がない」みたいな話が出ていたけど、
タイトルからは、「かっちりしたことが苦手で、遊びがあるのが好きなのかな」と思った。
天気予報を見るような生き方はつまらない。たまに荒天に見舞われ、たまに望外の晴天に恵まれ、そういう風に生きていきたいのかな、と。

「いまこそわかれめ」(塩原俊之/大和田あずさ)

こちらも再演だけど初見。
喫茶店で先に待つ制服姿の女の子。そこに現れる制服姿の男の子。
どうやら高校の卒業式の後らしい。
二人は「仰げば尊し」の歌詞の意味を論じつつ過ごす。
最後に、「卒業」がテーマに。どうやら、彼女はもう生きていない存在のようだ。
お互いがお互いに依存しているからこそ、会えなくなることが惜しいからこそ、もう1年、もう1年と会うことに。
「だから卒業しよう?」と、別れる。

劇中のセリフでは何も具体的には語られていない。
後から、メニューが渡されるのも男の子だけ、注文するのも、飲み物が置かれるのも男の子の方だけ。
女の子が注文したコーヒーも男の子が女の子の前に移動させる。
そうか、そういうことか。と気づく。
そんなお話。

女の子が去った後、男の子が「そんな苦汁みてーなもん」と表現した、女の子が注文したコーヒーを飲んで、「俺、コーヒー飲んでる」と呟くのだが……
花火鳴らそか ひらひら振ろか

花火鳴らそか ひらひら振ろか

劇団銅鑼

あうるすぽっと(東京都)

2019/02/15 (金) ~ 2019/02/21 (木)上演中

予約受付中

銅鑼らしくない(!?)ふわふわした作品でした。

AFTER塩原JUNCTION

AFTER塩原JUNCTION

塩原俊之自主企画興行

イズモギャラリー(東京都)

2019/02/15 (金) ~ 2019/02/19 (火)公演終了

満足度★★★★★

鑑賞日2019/02/19 (火)

小さな劇場ならでわの醍醐味を味わってきました☆ とても良かったです☆

ネタバレBOX

「天気予報を見ない派」、なかなか今まで経験したことのないタイプのお芝居。とにかく演技が自然でリアル! 途中停電になるシーンは本当に真っ暗だし! すごく良かったです☆
新国立劇場演劇研修所「るつぼ」

新国立劇場演劇研修所「るつぼ」

新国立劇場演劇研修所

新国立劇場 小劇場 THE PIT(東京都)

2019/02/08 (金) ~ 2019/02/13 (水)公演終了

満足度★★★★★

「セールスマンの死」のアーサー・ミラーによる隠れた?名戯曲(少し前まで私はT.ウィリアムズ作と勘違い)。2012年の新国立劇場主催・池内博之主演の「るつぼ」は評判を耳にしたが、演出は今回と同じ宮田慶子(前芸術監督)。魔女裁判という日本になじみの薄い題材だが、現代の日本での上演に耐える作品である事が今回の上演でも証明された。最近やたらコールをしたがる風習に「右に倣へ」な雰囲気(長い拍手で役者を呼び出す理由は「そうしたほうが良い」空気だけ。みたいな。)を感ずるが、この舞台の役者らの奮闘には引っ張り出してでも拍手で応えたくなった。3時間超えの「るつぼ」を演じる俳優は俳優修業の成果発表にとどまらない鬼気迫る空気があった。
今の日本に置き換えるなら痴漢冤罪の被害(若い女性の心無い告発で無罪男性が服役した事例は一つに留まらないという)を連想させたが、真実は何によって明らかにされるものなのか、誤謬からやがて捏造された事実が真実となるこの芝居のような悪夢は今の日本と無縁の事柄とは思えない。
理不尽な状況の中でただ信仰厚く気高く死を受け入れる女性、高尚な死など似合わないと嘆きながら最後には自らの採るべき道を決断する男、彼の「心」に最後まで寄り添り彼の選択に心から安堵した妻・・一方で言いようのない愚かさを描きながら、一方で誇り高き生(死)を選んだ者らも群像として刻印した事がこの戯曲の名作たる所以である。千秋楽、この物語を「生きた」演者たちも誇らしく立っていた。

ドキュメンタリー

ドキュメンタリー

劇団チョコレートケーキ

ぽんプラザホール(福岡県)

2019/02/15 (金) ~ 2019/02/17 (日)公演終了

満足度★★★★

「キビるフェス2019」(福岡きびる舞台芸術祭)のチラシで劇団チョコレートケーキの公演が来るのを知り、すでに観た『遺産』に続いて観に行くことにした。

-その感染経路の一つは『薬』。-

1985年、後天性免疫不全症候群いわゆるAIDSの脅威が
日本の水面下に拡大しつつあった。とある製薬会社の社員の一人がジャーナリストに内部告発を行う。そしてジャーナリストと社員は日本医学界の深い闇を知る・・・(パンフより)

たった3人の役者で、歴史の中に埋もれた社会悪を描く力技とも思える手法だが、次第に解明される謎に、どきどきしながら食い入るように観た。フリージャーナリストの彼が聞き取り取材のために、調べておいた経緯をテープに吹き込む設定が、説明台詞を感じさせず、状況を上手く観客に伝えてくれる。
内部告発を決心した社員の動機に当事者にならないと、人の気持ちは揺れ動かないのだと気づかされる。
いかにも人の良さそうな小児科医を岡本篤が演じる。元製薬会社役員であり、戦時に人体実験を繰り返した医師である。
「人は医者の言うことは、信じますからね。」という台詞に愕然とした。信じなければ治療のために自分の体を委ねることができないではないか。真理の究明のためには人間は材料だ、なんて思われいるとしたら・・・。
怖くて医者にはかかれない。
3000人もの人体実験をした人間の手に、私たちの身体は委ねられてきたのだろうか。

闇を蒔く~屍と書物と悪辣異端審問官~

闇を蒔く~屍と書物と悪辣異端審問官~

虚飾集団廻天百眼

ザムザ阿佐谷(東京都)

2019/02/03 (日) ~ 2019/02/11 (月)公演終了

満足度★★★

鑑賞日2019/02/05 (火) 19:00

エログロ少な目、怪物大決戦多め、そして血糊噴出は超多め。
前説の時は劇場を出ており、血糊の件を聞いておらず、いつもは安心・快適な3列目中央寄りに着席。
しかし、お陰様で2列目の方と私の隣の方がバッチリと被弾してくれて、被害は最小限で済みました。
お2人とも、とんでもないことになっていましたが。
でも、顔にちょっと被弾した血糊がなかなか取れなくて、駅のトイレでは苦戦しましたが。

テッサリアの修道院内のヒェーラルキーがちょっと見えづらく、冒頭からすっと入って行けなくて、やや難儀しました。ラストのどんでん返しは、見事でした。けれど、登場人物の思惑や立場をもう少し整理されたら、よろしかったのでは。

稽古場公演2019「野鴨」

稽古場公演2019「野鴨」

無名塾

無名塾 仲代劇堂(東京都)

2019/02/08 (金) ~ 2019/02/17 (日)公演終了

満足度★★★★

鑑賞日2019/02/16 (土) 13:00

仲代劇堂の地図はちょっと判りづらいので、初めての方は時間に十分余裕を持って行ってくださいね。

「野鴨」の舞台を観るのはこれで2回目だが、やはり演出の仕方でかなり違う印象を受けるものだ。
実のところ、前回の舞台では、グレーゲルスとヤルマールの印象だけが強く残っており、他の登場人物はまるで舞台装置のように、物語を進める上での存在でしかないように感じた。ヘドウィックの死さえ、この2人に振り回された不条理なものに思われ、釈然としない気持ちのまま終劇を迎えたと記憶している。
グレーゲルスとヤルマール双方に、嫌ーな苦々しい思いを抱いた。

しかし、今回の舞台は、登場人物個々が非常に際立っており、登場人物全てにある種の純粋さが存在していることに胸を打たれる。ヘドウィックの死も、野鴨よりも大事なものを代償にするといった清廉さをもって受け取れる。そして、暗示される最後のヴェルレの行為にも。
グレーゲルスの理想追及にも、青年期の稚拙さや無謬性が感じられ、偽善や自己正当化を感じることなく、ラストの悲劇を際立たせていたように思う。
よくできた舞台だった。


このページのQRコードです。

拡大