最新の観てきた!クチコミ一覧

1-20件 / 151242件中
あなたも知らない舞台裏

あなたも知らない舞台裏

バードランドミュージックエンタテインメント

新宿村LIVE(東京都)

2018/08/15 (水) ~ 2018/08/19 (日)上演中

満足度★★★

主人公呉原の過剰なやさしさにイライラさせられたり、A(役名失念)の怖さにビビらされたり、B(役名失念)の色仕掛けのリアルさに固唾を飲んだりで、役者さんと個々の場面には楽しませてもらいました。

しかし全体としては既視感溢れる芸能ゴシップでした。全編にわたる嫌悪感と後味の悪さを楽しむものかとも思うのですが、それも中途半端で何がやりたいのか分かりませんでした。

ネタバレBOX

やりたかったのは本来のアレをメタのアレで代替したことなのでしょうか。
あなたも知らない舞台裏

あなたも知らない舞台裏

バードランドミュージックエンタテインメント

新宿村LIVE(東京都)

2018/08/15 (水) ~ 2018/08/19 (日)上演中

満足度★★★★★

華やかなテレビ、映画等の芸能界と隣接する2.5次元舞台制作内部にスポットを当てた作品。
小劇場演出家からプロデューサーに抜擢された青年のトンデモ奮闘記みたいな出だしから突然、えっそんな言い方しちゃっていいの?!・・・最近の2.5次元舞台に向けての辛辣な表現が飛び出し「ど~もこの舞台は只者ではないぞ」という予感が。
案の定、本作で描かれるショービジネスの世界は、メーカー脳の私にとって、希望、欲望、侮辱、打算、色んな思考が公然と渦巻いて、もう魔性の世界としか言いようがない。
段々何が正しくて何が悪なのかという単純な事すら混沌としてくるのですが、同時に非常に奥深く吸引力のある世界観に魅了されてしまいます。

遊び心ある攻めの演出で業界内部、というかそこで生きる人々の内部に踏み込んだ描写力が、ガツンと胸に響きまくり、初プロデューサー青年をはじめとする多くの舞台人、そして崖っぷち女優の生き様にグッときます。
こんな清濁合わせ持った業界だからこそ、時にはとんでもない名作を生み出し、時には全て裏目の失敗作を輩出する場合もあり得る事なのかと思わず納得。

今回のテーマである2.5次元舞台はこちらの新宿村LIVEでも多数公演されており、実際今回の観客にはファンの方も大勢いらしていたのではないかと思うのですが、本作を観てどんな感想を持たれたのかを想像すると、何だかザワザワしてきます。
恐らくキラキラした2.5の世界観に憧れる中高生ファンにとっては大人の事情がスーパー生々しくエグイ内容。
終演後、呆然と席を立つ姿が浮かんできます。
しかし大人の観客となると、こうした闇の匂いも薄々感じ取っていた部分もあるのではないかと。
闇があって、より輝く光の世界。
そりゃ舞台に魔物が棲むのも当然と思えてきます。

ネタバレBOX

カーテンコールが無かった事で、これまた独特の余韻が・・・
どっちの方が良いのかは自分には分かりませんが、初日にして長い拍手喝采の中「本公演は終了しました」の無常なるアナウンス。
ある意味カッケーと思うし、目の前の役者さんに拍手したかったとも思う。
マナナン・マクリルの羅針盤 2018

マナナン・マクリルの羅針盤 2018

劇団ショウダウン

シアター風姿花伝(東京都)

2018/08/11 (土) ~ 2018/08/16 (木)上演中

満足度★★★★★

再び航海に出るために観劇。
本当に鳥肌もの。

以下、ネタバレBOXにて。

ネタバレBOX

実在した海賊、"ブラックサム"ベラミーこと
サミュエル・ベラミーの短くも数奇な大冒険を描いたファンタジー活劇。

初演観れなくて、その半年後の再演観て打ち震えた。

一人芝居だよね・・・何だろうこれは。
同じ作品を複数人の芝居でやったとしても
同じ感動が得られるのだろうか。

語り手(終盤にある登場人物であることが判明)から
主人公のベラミーを始め、もう何人も入り乱れての演じ分けが凄い。
時には十数人、百人規模のモブの登場人物すら
舞台上に浮かんで出てくるような、感じだった。

作品としてももちろん面白い。
実在する海賊とフィクションの設定を上手く散りばめているし、
ファンタジーであるが故の設定もいいと思う。

2幕が始まって間もなくの閑話休題のシーンがいい。
マラソンでエイドステーションに入ったランナーを見るようで
自分もランナーをやってるときと同じ気持ちになれるところだったし。
本当に過酷だからこのシーンが本編を損なわないところも凄い。


もう少し上演の数を絞っても良かったのではないかなと感じた。
流石にちょっと林さんへの負担が大きすぎるなと思ってしまう。
ベストな状態で観れる以上のことはないだろうし、
一方ではその時間しか観に来れないお客様もいらっしゃるから
容易には言えないけど、ちょっと劇団側ももう少し調整できたら
良かったかなと。

もちろんこれは個人的な思いだけど、
林遊眠さんをこれからももっと観たいので、
お身体だけは大切にされて
今後の活動も、またもう一度くらい本作が
観れることを願っています。
マナナン・マクリルの羅針盤 2018

マナナン・マクリルの羅針盤 2018

劇団ショウダウン

シアター風姿花伝(東京都)

2018/08/11 (土) ~ 2018/08/16 (木)上演中

満足度★★★★

鑑賞日2018/08/15 (水)

『マナナン・マクリルの羅針盤』…東京では2度目のリバイバル公演となる「2014年 池袋演劇祭 大賞受賞作」、シアターグリーン BASE THEATERでの凱旋公演で初めて観て以来、3年ぶりに拝見(15日ソワレ)。

ネタバレBOX

劇団の看板女優・林遊眠(りん・ゆうみん)さんが多様な登場人物を全て演じ切る2時間(途中休憩有)の一人芝居、今宵は1日3公演の最終回ゆえか、開演直後、喉の具合が明らかに悪く、かなりハラハラさせられた。が、最初の戦闘シーン、林さんの額や首筋に汗が浮かんだ辺りから、ガラガラ声ながらもエンジンがかかり出し、結局は最後まで無事完走。今回もまた、舞台上に無数の人物が実在するような錯覚にとらわれる、3D冒険活劇、堪能させてもらった。さすがは林遊眠!といったところか。

ただ、公演上…というか興行的にやむを得ない事情があるのだろうが、まるで一人のピッチャーに甲子園の第一試合から第三試合まで全試合とも完投させるような、今のままの起用法だと、林遊眠さんが潰れてしまいはせぬかと、劇場からの帰路、僭越ではあるが、危惧を抱いたことも付記しておく。

それにしても、ベストコンディションの林遊眠さんで聴きたかった・観たかったなぁ、『マナナン・マクリルの羅針盤 』!
ローリング・ソング

ローリング・ソング

サードステージ

紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYA(東京都)

2018/08/11 (土) ~ 2018/09/02 (日)上演中

満足度★★★★★

初めて見る中山君は遠目にもかわいかった(とは言え双眼鏡持って行けば良かった(笑))のですが、松岡さんの納豆屋さんが衝撃的で目が離せなくなってしまいました。中村さんと久野さんのデュエットをはじめとする楽曲も、お話に込められた想いも良かったです。

ネタバレBOX

ラストの雅生の告白もそれを補足する久美子の話も、本当なのかあの場を切り抜けるために必要な嘘だったのか分からずじまいでしたが、まあそれは今後の彼らのお話と言うことで。良雅のお母さんの嘘は、彼女の夢でもあったのでしょうね。
ナイゲン(2018年版)

ナイゲン(2018年版)

feblaboプロデュース

新宿シアター・ミラクル(東京都)

2018/08/10 (金) ~ 2018/08/20 (月)上演中

予約受付中

満足度★★★★★

今年で3回目の観劇、何度観てもほんと楽しい。掛合いのあのスピード感は流石!ひっくり返すあの感覚に病み付きになりそう。
いろんなところにツボが転がってて、尺を全く感じさせません。逆にもっと観てたいっ!
めっちゃ面白かったー!

マナナン・マクリルの羅針盤 2018

マナナン・マクリルの羅針盤 2018

劇団ショウダウン

シアター風姿花伝(東京都)

2018/08/11 (土) ~ 2018/08/16 (木)上演中

満足度★★★★

4年ぶりに観たマナナン・マクリルの羅針盤。以前も2時間一人芝居のパワーに驚きましたが、更にパワーアップしていました。振り?動作と言葉で作り上げる舞台は、あの腹筋 善之介さんを思い起こさせる。パワーマイムではないんですけど、林遊民の表現力が無いもの、いない人を見せて、一度に何人もの人物になり切る。ホントに人に勧めたくなる舞台です。

ネタバレBOX

初日と2日目の3ステ目を観劇しました。
3ステ目は屋や発声が苦しいかなと思うと同時に、インターミッション(給水、給食、エチュードタイム)に疲れが見えました。あれだけのことをしているのだから当然ですが、1日休みはあるものの、また3ステ、千秋楽2ステと乗り切れるのかな。しんぱいです。

ロリコンのすべて

ロリコンのすべて

NICE STALKER

ザ・スズナリ(東京都)

2018/08/15 (水) ~ 2018/08/19 (日)上演中

予約受付中

満足度★★★

面白い場面も多いけど、全体的にはまとまりに弱く、ちょっと不満足。「女子と算数」や「量子的な彼女」の方が良い出来上がりに感じました。

『首無し乙女は万事快調と笑う』&『漂流ラクダよ、また会おう』

『首無し乙女は万事快調と笑う』&『漂流ラクダよ、また会おう』

ポップンマッシュルームチキン野郎

シアターサンモール(東京都)

2018/08/10 (金) ~ 2018/08/15 (水)公演終了

満足度★★★★

鑑賞日2018/08/15 (水) 15:00

『首無し乙女は万事快調と笑う』の方を観劇しました。第二次大戦時のドイツ、ある科学者に降りかかる悲劇。あれだけエグい表現をできるのは小劇場ならでは、それでいてしっかり笑いどころもあり、バランスも良く感じました。ただいろんな知識があるとより楽しめる作品な感じなので、あまり面白く感じない人もいるかも。

ネタバレBOX

どうしようもないことかもしれないが若い方のメイドの役の芝居が浮いていたように思える。
売春捜査官-熱海殺人事件-

売春捜査官-熱海殺人事件-

稲村梓プロデュース

サンモールスタジオ(東京都)

2018/08/07 (火) ~ 2018/08/12 (日)公演終了

満足度★★★★

鑑賞日2018/08/08 (水) 19:00

役者・稲村梓がつかこうへいの『売春捜査官』に出会い、プロデュース公演を初めて今回が5回目だとのこと。今回自分はコリッチのチケットプレゼントに当たって招待券で観ることになったのだが,前回の公演も観ており、2年連続で稲村のこの作品の舞台を観ることとなった、前回とは演出も共演者も異なる今年の公演で、稲村が役者としてどのように変化したかを確認したかった。

舞台の粗筋は、今回は省略する。毎年どこかの劇団が上演しているほど、このつかこうへいの作品は彼の代表作の一つと言える。

この作品の見所としては、2点挙げられるだろう。一つは、前半に見せる、木村部長刑事(稲村梓)が部下でゲイでもある万平(及川せいぞう)と転任してきた熊田刑事(田谷野亮)に突っ込まれてボケをかまして観客に笑いを起こさせるシーンと、二つ目は中盤から始まる熱海殺人事件の三人の関係者、リー先輩(及川の二役)、殺人犯の大山(小中文太)、殺されたアイ子(稲村の二役)の大山が殺人を犯すまでの三人のやりとりの緊迫感だろう。対称的な役柄を如何に稲村と及川が演じるかがポイントだったのだが、今回は前回公演よりもその対比が明確になっていたように思う。その明確さを創り出したのは、及川と小中の熱演であった。その二人に引っ張られて稲村も前回を上回る役者としてのパワーを見せた。ただ、張り切り過ぎて台詞を大声でがなり立て、台詞が明瞭に聞き取れない瞬間があったのが悔やまれる。その責任は、演出家に帰する問題であろう。
それにしても、稲村がプロデューサーとして選んだ役者達の質の高さには驚かされる。彼女はこの作品の上演を自分のライフワークと言い切っている。来年も上演するのだろうが、どのような役者達と演じてくれるか、今から楽しみである。

マナナン・マクリルの羅針盤 2018

マナナン・マクリルの羅針盤 2018

劇団ショウダウン

シアター風姿花伝(東京都)

2018/08/11 (土) ~ 2018/08/16 (木)上演中

満足度★★★★★

再演時に拝見したときよりも今回の観劇でもっと作品の世界が好きになり,カッコ良いシーンをたくさん見せて頂いたステキで凄い一人芝居です。オススメ。

ネタバレBOX

スティードがホントに一人ではなく、別の役者さんがいるのかと錯覚するほどでしたし、終盤の立ち回りの見せ場は見事しか言いようがなかったです。英語字幕を観ながら観劇していたら、あのシーンでladyではなくgirlなのかと分かった瞬間、突然関係性やキャラクターが見えてきて、初めて英語字幕で泣いてしまいました。素晴らしい取組に感謝です。
真空家族

真空家族

Nana Produce

ザ・ポケット(東京都)

2018/08/08 (水) ~ 2018/08/19 (日)上演中

予約受付中

満足度★★★★

見応えがあり、レベルの高い公演でした。でも私には少し難しい内容ではありました。ストーリーは怖いのですが、舞台を創っている皆さんのエネルギーに引き込まれてしまう2時間でした。

『首無し乙女は万事快調と笑う』&『漂流ラクダよ、また会おう』

『首無し乙女は万事快調と笑う』&『漂流ラクダよ、また会おう』

ポップンマッシュルームチキン野郎

シアターサンモール(東京都)

2018/08/10 (金) ~ 2018/08/15 (水)公演終了

満足度★★★

鑑賞日2018/08/15 (水)

「首無し~」を観てきました! なんだかポップンらしくない 真面目なシーンの多いお芝居でした! もちろんバカもやってるんだけど、あまりに落差が激しすぎて ちょっとついていけなかった。。

アイスとけるとヤバイ

アイスとけるとヤバイ

オフィス上の空

ブディストホール(東京都)

2018/08/08 (水) ~ 2018/08/12 (日)公演終了

劇中劇をぶっ壊した時は「いいぞッ!」「面白くなりそうだ!」と思ったのですが、あそこがピークだったみたい。
私はそんなに良いとは思いませんでした。
少なくとも過去に見た上の空プロデュースの2作品に比べると落ちるかなあと。

マナナン・マクリルの羅針盤 2018

マナナン・マクリルの羅針盤 2018

劇団ショウダウン

シアター風姿花伝(東京都)

2018/08/11 (土) ~ 2018/08/16 (木)上演中

「蒼のトーテム」の方を見ました。
下手だった。学生演劇みたいだと思いました。

ネタバレBOX

インスパイアド・バイ「ソフィーの世界」でしょうか?
涼風至る

涼風至る

Minami Produce

ギャラリーしあん(東京都)

2018/08/04 (土) ~ 2018/08/12 (日)公演終了

満足度★★★★

鑑賞日2018/08/11 (土)

夏祭り編 観賞♪
観劇というより観賞の方があっている感じがするのであえて。
3つのお噺はどれも知っているのだけれど、こうして立体的にみるとまた面白い。
衣裳のセンスも好き。古民家とマッチしていて、ちょうど降って来た雨音も良いBGMに。
夏の粋を感じました。

その頬、熱線に焼かれ

その頬、熱線に焼かれ

On7

東京芸術劇場 シアターウエスト(東京都)

2018/08/09 (木) ~ 2018/08/12 (日)公演終了

満足度★★★★

鑑賞日2018/08/10 (金)

アゴラ劇場での初演を観ていたので、会場が大きくなりどのように変わるのかとても興味深かった。それはまた別物として観劇できた。分かり易かったかもしれない。訴えどころが違っていた様にも感じている。

ネタバレBOX

特殊メイクもすごくて、「ひゃぁ~」って思いました。
排気口

排気口

イデビアン・クルー

世田谷パブリックシアター(東京都)

2018/08/09 (木) ~ 2018/08/12 (日)公演終了

満足度★★★★

井手茂太氏による「演劇」舞台以外の、つまり舞踊での(という事はイデビアンクルーの)舞台は初めて。
表現された形(シニフィアン)がどの意味(シニフィエ)に対応するかが測りかねるというのは舞踊鑑賞では「ごく普通」だが、今回はある面で判りやすく、ある面で判りにくい・・その塩梅に特徴があるなとまず思った。
舞台は日本旅館の広い四角い一室、そこをメインに、スケルトンで左右・奥へ広がる空間が「黒」の中に浮かび上っている。要はそこが「旅館」であるのは間違いはなく、登場する人らの衣裳の殆どが着物。これらも旅館の仲居、小間使い、芸者、番頭といった風なキャラ分けがあり、着物以外を逗留者とするなら三、四人といったところ。
「何が起っているか」は具さに判らないがニュアンス的なものはしっかりと存在している。「音」が隙なく空間を埋めており(音響:島猛)、全体に流れていた音楽が一ヵ所に絞られ、ラジオから流れ出る音に収まるといった、空間を意識させる技から、小さなノイズのようだが明らかに意図的に出していると分かる「音」など、照明共々空間の解像度を密にする。これに見合う身体パフォーマンスになっているか、という風に見ている瞬間があった。
旅館での様々な人間模様が、描かれているに違いない。ただそれら一つ一つの「出来事」よりは人間観察の眼差しの行き着く先が、表現したいもののように思われる。ただそれが何かも判らない。判らないが終りに向かうにつれて、輪郭と呼べるものが見えてきそうな予感のようなもの、があった。
目に入ってくるものは「意味」を意識させるものがある(これが井手氏の振付が演劇向きな理由か)、が実際のところ「逐語的」意味は目的ではない。技術的に高度なのかどうかも私には判らない。だが快い瞬間は多々ある。身体パフォーマンスの快感に素直に浸れないのは「意味」がチラついてそれを読み取ろうとしてしまうからだが、終局、そうした「意味」の片鱗は全体の中に溶け込んで、「意味」を成しえないものとしての人間の風景を見た、という具合になったかと思う。時折見えた人物の表情や何やが、「見た」実感を支えている。
観劇の大きな要因の一つは宮下今日子の名を出演者に見出した事で、私の目にはこの人の実在感が半端でなかったが、他にも印象的な存在があり、全員が恐らくキャラを担って旅館での「物語」を構成しているだろう事は、判る。残影は群像劇の躍動より、そのバラバラ感にあり、哀しげであるのだが。

「天守物語」〜夜叉ケ池編2018〜

「天守物語」〜夜叉ケ池編2018〜

椿組

花園神社(東京都)

2018/07/11 (水) ~ 2018/07/22 (日)公演終了

満足度★★★

鑑賞日2018/07/12 (木) 19:00

入場してまず気付いたのは夏恒例の花園神社野外劇としては異例の(私見)きっちりとした装置。確かに天守閣だかの設定とはいえテント芝居には不似合いというか終盤で後方の明治通りを借景にする演出は?などと余計な心配をしてしまう。
で、中心となる天守物語は2008年10月にアサヒアートスクエアでCOLLOL、2010年7月にテアトロ・ド・ソーニョ(現・シアターノルン)で舞活道 自由童子によるものを観ていたのだが、今回も含めてその内容ゆえ(?)独特な演出が多いな、などと思いながら観ていると、しっかりした装置は罠(笑)であり、クライマックスの屋台崩しで明治通りの借景は健在、やっぱりそうでなくちゃね。(笑)

ただ、ラストの布での水の表現(それはそれで見事だったが)に「せっかくのテント芝居なのだから本水を使えば良いのに」という声があるのも理解。装置と併せてどちらかと言えば一般の劇場での上演に近かったのはちょっと残念。

なお、紀保さんの登場時に大向う(?)から「高麗屋ァ!」と声が飛ぶのは想定内だったが、田渕さんの時に「たこ焼き屋ァ!」と飛んだのは予想のはるか外でワロタ。

マナナン・マクリルの羅針盤 2018

マナナン・マクリルの羅針盤 2018

劇団ショウダウン

シアター風姿花伝(東京都)

2018/08/11 (土) ~ 2018/08/16 (木)上演中

満足度★★★★

「蒼のトーテム」観劇。
竹内敦子さんの一人芝居。ショウダウンさん独特の一人芝居を継承していて、そのポテンシャルの高さが窺えます。ただ、ナツメさんの脚本は大変好きなのですが、今回は私には難解で正直良く分かりませんでした。演出は、良い意味で林遊眠さんに良く似ている部分も多く大変楽しめるのですが、少し似すぎているなとも思いました。(同劇団なので当然かもしれませんが)
音響、照明とも相変わらず素晴らしく、また良く竹内さんの動きにリンクしていました。
今回は脚本が難解ではありましたが、竹内敦子さんの一人芝居をまた観てみたいと思いました。

このページのQRコードです。

拡大