最新の観てきた!クチコミ一覧

1-20件 / 156908件中
アルキミコ

アルキミコ

u-you.company

シアターグリーン BIG TREE THEATER(東京都)

2019/02/15 (金) ~ 2019/02/17 (日)上演中

予約受付中

満足度★★★★★

楽しいだけに切ない。

初回と前回を見てきて、何度も思うのは前半がとっても楽しくて、あっと言う間。そして楽しかっただけに舞台全体は凄く切なく心に染みます。今回は舞台が広くなったせいか、スケールも少しバージョンアップされた感じがして、今回は後ろの方の席で見たのですが、より一層それを感じました。ちなみにプログラムもデカくなってました。

歴史の裏側で、アルキミコ達のように、時に楽しくも運命を受け止めながら懸命に生きた女性達はいたんじゃないかって思いました。

そして、次の「新訳真田十勇士」を見たくなりましたー。

ひとつ、お願いが。CoRichのチラシ欄にチラシ画像を載せてもらえると嬉しいな。画像サイズが難しいのかな。古い傷ついたフィルムのような・・・お気に入りに登録したいですー。

ネタバレBOX

小松姫が孫を見にきた昌幸の入城を拒否し、後で昌幸に孫を見せようと訪ねたエピソードが実際にあるのですね。このエピソードの裏には本当にアルキミコたちのような命を賭した活躍があったのかもしれない、って思いました。
今回も真田家が別れてしまった後の萩佳が竹林院に叱るシーンで泣きました。あと、珠杏は家族がいないんだけど小松姫に「家族って仲良くしなくちゃいけないんんじゃないか」って言うシーンも好き。
一吹は相変わらず嫌な感じ(役としていい意味で)でカッコ良かった。
今回の華月役(三浦理恵さん)も良かったです。
海老沢さんと高瀬さんのコンビは鉄板ですね。
Hocus Corpse―ホーカスコープス―

Hocus Corpse―ホーカスコープス―

90年会

TORII HALL(大阪府)

2019/01/11 (金) ~ 2019/01/13 (日)公演終了

満足度★★★★

波瀾万丈の旗上げ公演を乗り越えてこられた90年会さんの第2話『Hocus Corpse 〜ホーカスコープス〜』を観劇。

偽のバンパイアハンターとその助手が引き起こすドタバタ劇!
そのドタバタに、
本物のバンパイアと本物のバンパイアハンターが、
訳あり警官と高飛車娘が、
巻き込まれ…。

おじさんの恥じらい…癖になりそうです。

そしてアフターイベント『おにょドンのデゴン汁』も愉しかった。

忘れちまった生きものが、

忘れちまった生きものが、

劇団不労社

浄土宗應典院 本堂(大阪府)

2019/01/12 (土) ~ 2019/01/14 (月)公演終了

満足度★★★★

劇団不労社さん、前々作の『生きてんだか死んでんだか』も不気味なのに大笑いでしたが…

今回も少し不気味で、少しグロくて、アナーキーなのに…
笑いが込み上げてくるのは何故?

宗教、エンジェル様、そして村八分、DEEPな世界でした!

(少し、観客を選ぶ舞台かもしれませんが…)
村田さんのツッコミ、雀野さん、石井さんのボケ具合、ツボでした。
愉しかった。

TABOO【遠征割・高校生以下無料フォーム】

TABOO【遠征割・高校生以下無料フォーム】

壱劇屋

森ノ宮ピロティホール(大阪府)

2019/01/12 (土) ~ 2019/01/12 (土)公演終了

満足度★★★★

壱劇屋さんの『TABOO』初日に伺いました。

野田作品なんだけど、完全に壱劇屋ワールドでした。
そう!台詞の一つ一つは野田秀樹すんだけど、動きや音楽や殺陣やらが壱劇屋さん。
壱劇屋さんなりに租借された、分かりやすい内容なのに、摩訶不思議な香りがして、背中がゾクゾク、ゾワゾワっと。
衣装、照明、舞台美術も美麗で、良かった。

十周年、おめでとうございます。

メトロポリス

メトロポリス

演劇ユニット 南極ゴジラ

神戸アートビレッジセンター(兵庫県)

2019/01/06 (日) ~ 2019/01/07 (月)公演終了

満足度★★★★

演劇ユニット 南極ゴジラさんの最後の一撃!
大博打公演『メトロポリス』千秋楽を観劇しました。

南極ゴジラさんらしからぬ、大きな小屋でしたが、南極ゴジラさんらしさは健在!
いつもながらに、役者さん一人一人の個性が豊か。
それら個人の力が合わさって、一つの舞台になってました。

友と親子の物語、とても愉しかった。

南極ゴジラさんの最後の公演を、しっかりと拝見しました。
次は、卒業公演ですね。
こちらも伺いますよ!

河童ライダー

河童ライダー

かしこしばい

ウイングフィールド(大阪府)

2019/01/06 (日) ~ 2019/01/07 (月)公演終了

満足度★★★★

2度目の『かしこしばい』さん、旗上げ公演では「怪物に誘拐させる」という不思議な公演でしたが…
今回の『河童ライダー』さんも不思議さは健在。

役者さんの表情が豊かで、細やかな感情が伝わってきました。
おばあちゃんの我が儘で無責任な、だけど絶対的な愛情。
自己中な孫の後悔。
何故か河童、だけど河童。
何か優しく、何か愉しく、何か懐かしい。

フワッと独特な感性、不思議な公演でしたが、良かった。

ビョードロ

ビョードロ

おぼんろ

新宿FACE(東京都)

2019/02/14 (木) ~ 2019/02/17 (日)上演中

満足度★★★★★

今日は今まで見ていない方向から観劇。見る回を重ねるごとにムーブメントアクターさんたちの存在感と重要性を感じます。

ネタバレBOX

ジョウキゲンの誕生シーン、ジョウキゲンによって死に絶える人々、ビョードロの秘密の地下室に描かれた絵画、タクムの夢のなかの楽しいひととき。どれも素晴らしいです。
の箱舟

の箱舟

アナグマの脱却座

イカロスの森(兵庫県)

2019/01/05 (土) ~ 2019/01/06 (日)公演終了

満足度★★★★★

アナグマの脱却座さんの旗揚げ公演『の方舟』が今年の観劇初めでした。

学園での共同生活を舞台にした静かな会話劇ですが、
もし神様がいたら…
キリストがいたら…
方舟があったら…
こんな世界もありかも、
等と想像が膨らむ、楽しい公演。

神様って何だろう?
背筋がゾワゾワっとするようなラストでした。

世界観や設定が絶妙で、役者さんも落ち着いた演技で、とても面白かった!

スーパーセル

スーパーセル

オフワンズ

花まる学習会王子小劇場(東京都)

2019/02/14 (木) ~ 2019/02/17 (日)上演中

満足度★★★★

学校ものでありながら若年者だけでなく幅広い層に伝わる内容で、いい感性で性格付けされていた。今後も楽しみだ。推敲すると2時間に収まったのではないだろうか。

西の遊のキッコ

西の遊のキッコ

よしもとクリエイティブ・エージェンシー

AI・HALL(兵庫県)

2018/12/27 (木) ~ 2018/12/28 (金)公演終了

満足度★★★★

年の瀬、この前の週の12/24で観劇納めのつもりでしたが…
12/28の仕事納めが正かの大阪出張に!
その帰りに…
石原正一ショーさんの『西の遊のキッコ』を観劇できました。
ラッキーです!

何も考えず、ただただ楽しめる。
同世代のアニメ好きには堪らない、サービス精神満載の公演でした。
主演4人さん含め、若い役者の皆さんが弾けてました!

愉しかった。

舞禅

舞禅

鉄秀

ザ・スズナリ(東京都)

2019/02/14 (木) ~ 2019/02/17 (日)上演中

予約受付中

満足度★★★★

川村美紀子の回を鑑賞。台風一過の様相だ。

エントリーシート

エントリーシート

エントリーシート

アートスタジオ(明治大学猿楽町第2校舎1F) (東京都)

2019/02/15 (金) ~ 2019/02/17 (日)上演中

予約受付中

満足度★★★★

鑑賞日2019/02/16 (土) 18:30

女の子が頑張る真面目な話を予想してたのですが、見事に大外れ。ナンセンスな不条理劇でした。でも、ユニークなキャラクターが多数登場して屁理屈をこねくり回す楽しい1時間半でした。

最期の作戦行動

最期の作戦行動

有機事務所 / 劇団有機座

阿佐ヶ谷アートスペース・プロット(東京都)

2019/02/15 (金) ~ 2019/02/17 (日)上演中

満足度★★★★

鑑賞日2019/02/16 (土) 14:00

1977年設立の老舗ならではの、重い歴史を感じさせるステージでした。30数年前の日本を描いたものですが、あの頃は親戚が集まると、ひとりかふたりは従軍経験のあるおじいちゃんがいて、いろいろ話を聞かせてくれました。最近の若い連中は精神がたるんどるとよく叱られましたが、今の戦争を知らない中高年とは違い、戦後の民主主義や生活水準の向上、平和の悪口を言う人はひとりもいませんでした。そんなことを思い出しながら見ました。アンケートでは辛口の批評をとのことなのですが、私はそういう見方はしないので、ダメ出しを求められても困ってしまうのですが、強いて言うなら、真っ暗闇の時間を半分に減らしてよってことですか。私も終演後に琵琶の生演奏を聞けてびっくり。人生初でした。

カーテンを閉じたまま

カーテンを閉じたまま

Ammo

シアター風姿花伝(東京都)

2019/02/14 (木) ~ 2019/02/19 (火)上演中

予約受付中

満足度★★★★★

鑑賞日2019/02/14 (木) 19:30

価格3,200円

1952年・パリ、フランス領インドシナからの留学生たちが新入生歓迎のために演劇の稽古をしていた。その演出を担当するのは後にポル・ポトを名乗ることになるサロト・サルで……な事実に基づくフィクション。
途中の「5分でワカるリア王」のダイジェストぶりに感心してニヤニヤしていたが、それ以降は手に汗握る、というか身も凍る、というか圧巻。

サロト・サルら中心メンバーは演劇の稽古を通して反対意見を持つ一派を分断・封殺する手法を試しており、終盤では彼らにオルグされる“反対派”の弱さも描かれてコワいコワい。

なお、プロローグ(2006年だったか?)でのイム・ソテア(演・前園あかり)の「老い」の表現もお見事。

ネタバレBOX

前年5月の<火遊び>「焔の命 -女優の卵がテロリストになった理由」を観ていたので両者に通ずる、あるいは表裏を成す関係性が感じられてゾクゾク。
「焔の命」は革命を目指した若者たち(=連合赤軍)の顛末を劇団の稽古に落とし込んだもので「カーテン……」は革命を目指した若者たちがそのための手法を演劇の稽古を通じて試す話、と言えないだろうか?

そして、このテの話だといつも思う「あの頃の若者は(それが正しいかどうかは別として)祖国の行く末を真剣に案じていたのだな」というのは幕末の志士たちも同様だな、とも。
カーテンを閉じたまま

カーテンを閉じたまま

Ammo

シアター風姿花伝(東京都)

2019/02/14 (木) ~ 2019/02/19 (火)上演中

予約受付中

満足度★★★★★

鑑賞日2019/02/16 (土) 19:00

** 超絶オススメの舞台です **  上演時間は2時間強ですが... アッと言う間でした。1951年のパリを舞台に、恐ろしいほどに強くて弱く「空気」に支配されながら考えることを放棄していく若者たち...。開演 15分ぐらいで「トンデモナイ舞台を観ているんだ、オレ」とハッキリ自覚し、そのまま終演まで一直線に持ってかれました。

のちに多くがカンボジアの指導者となった実在の登場人物たちを演じる役者さんも実力者揃い。フィクションではあるけれど綿密な取材に基づいた主宰・南 慎介さんの脚本も秀逸です。 ホント、すごい。語彙が足りない自分が腹立たしい...

タイム・フライズ

タイム・フライズ

ミュージカル座

光が丘IMAホール(東京都)

2019/02/16 (土) ~ 2019/02/19 (火)上演中

満足度★★★★★

今回は脚本家さんに脱帽です。親父は涙ウルウル、若い人にも熱い気持ちがわかってもらえたんじゃないのですか。

カーテンを閉じたまま

カーテンを閉じたまま

Ammo

シアター風姿花伝(東京都)

2019/02/14 (木) ~ 2019/02/19 (火)上演中

予約受付中

満足度★★★★★

ポル・ポトという人物を描くのにパリ留学時代のリア王上演準備に舞台を設定した台本の巧みさに唸らされる。雰囲気がどこか連合赤軍事件を連想させるところがあった。

MONSTER MATES

MONSTER MATES

TEAM NACS

EX THEATER ROPPONGI(東京都)

2019/02/08 (金) ~ 2019/02/13 (水)公演終了

満足度★★★★★

テンポ良く楽しめる作品。
やってみたい事も入れたのかな?と思いました。

ネタバレBOX

戸次さんが客演で出られた趣味の部屋が好きな人は好きな構成だと思いました。
血糊系が少しでもNGとか急な音に驚く人はもしかしたらキツイかも。
この海のそばに

この海のそばに

えにし

「劇」小劇場(東京都)

2019/02/05 (火) ~ 2019/02/10 (日)公演終了

満足度★★★★

主人公のバックボーンは、なかなかヘビーなものもありますが、母子のあいだには、多かれ少なかれ同じような想いのすれ違いがあるように思います。
共感とはがゆさを感じられた舞台でした。

最期の作戦行動

最期の作戦行動

有機事務所 / 劇団有機座

阿佐ヶ谷アートスペース・プロット(東京都)

2019/02/15 (金) ~ 2019/02/17 (日)上演中

満足度★★★

1時間45分のお芝居でした。役者さんの中にはセリフを覚えるのがやっとで表現力が足りない人もいて演技力にも差がありました。最初から最後まで喫茶店での会話劇少し飽き飽きしました。終始流れる音楽も疲れました。もう少し工夫ができたらと思います

このページのQRコードです。

拡大