最新の観てきた!クチコミ一覧

41-60件 / 163423件中
黒い砂礫

黒い砂礫

オレンヂスタ

七ツ寺共同スタジオ(愛知県)

2020/03/14 (土) ~ 2020/03/22 (日)公演終了

満足度★★★★

女性登山家によるK2無酸素登頂の顛末、周囲の人々の心模様を描きながら、彼女の挑戦の根底にあった思いをあぶり出す意欲的なエンターテインメント作品。ドラマティックで緊張感を途切らすことのない場面展開、演出で、特に段差をつかったシンプルなセット、白線、俳優の演技のみで山の厳しさを表現した終盤には見応えがありました。
また、主人公のサポート役をつとめる登山家役の松竹亭ごみ箱さんの奥行きのある存在感も印象に残っています。

主人公のモデルとなった登山家は男性で、がむしゃらで無謀ともいえる挑戦がしばしば批判された人物です。この作品ではそれを女性に置き換え、現代社会における女性のあり方への問いを山への挑戦と重ねて見せていました。

大学の登山サークルでの飲み会や訓練シーンのホモソーシャル感、マネジメント会社の社長が体現する(感動)搾取の構造などは、登山という特殊なテーマを背負ってはいるものの、現代女性の前に立ちはだかる壁としてもビビッドに機能していたと思います(一般の企業などでも、歴史があり規模も大きい組織ならそうした意識は残っているかもしれません)。また、田舎に住む妹をはじめ、立場や考えの異なる女性の登場人物を複数配したことも、より視野を高くする試みとして好感を持ちました。


ネタバレBOX

とはいえ、壁の大きさと、周囲の期待に応えようというプレッシャーの大きさ、それをも覚悟したうえでの挑戦への熱意が、最終的に払われた犠牲(胎児も含めた遭難死)やそれを引き起こした無謀さをすべて許容するほどなのかというと、現実においても劇中においても、疑問を拭い去るほどではなかったかもしれません。

当日パンフレットには、多くの資料を漁りつつ書かれた戯曲であること、そして「演出の都合上、ルートや装備など数々の省略を行っています」との断りもありました。山のリアルを描くのではなく、「山を見つめた人々」を描きたいという想いは十分納得できるものですし、そうした省略のセンスこそが、演劇の、この作品の面白さでもあるでしょう。ただ、その一方で、もし、もう一歩踏み込んだ取材、ディテールの多角的な検討、あるいはドラマターグの起用があれば、より効果的に、確信犯的にフィクションの力を発動させることもでき、彼女の生き様に共感できるような仕掛けをつくる可能性もあったのではないかという気もしています。
『スーパープレミアムソフトWバニラリッチ』国内ツアー

『スーパープレミアムソフトWバニラリッチ』国内ツアー

チェルフィッチュ

神奈川芸術劇場・大スタジオ(神奈川県)

2014/12/12 (金) ~ 2014/12/21 (日)公演終了

メル・リルルの花火

メル・リルルの花火

おぼんろ

新宿FACE(東京都)

2020/04/17 (金) ~ 2020/04/26 (日)公演終了

満足度★★★★

メル・リルルの花火千秋楽。
こう言う形でも上演してくれたことに感謝します。ここ何年か、観劇体質になっているので何の予定もない日々は耐え難く、体調崩したりしていたのでしたがメルリルが始まってから取り戻せました。YouTubeを始めとして、いろんなところでお芝居の配信はありますが、上演予定通りに毎日(休演日もありました)予定通りの時間に開演されるのがとても良かったです。自宅の座席に座って観劇することができました。自宅なのでお茶やらお菓子やらをお供にできると言うおまけ付き。自分だけの空間をクルパジムン仕様にできるのも楽しかったです。
上演後のメイキング映像を見ていたら、サテライト上演も見たくなったし、もちろん劇場で語り部さんや幽霊さんたちともお会いしたいです。ぜひ劇場での再演を希望します。

ネタバレBOX

一見ラジオドラマではあったのですが、ラジオドラマとはいきません。ラジオ放送初期のラジオドラマに生放送があったかもしれませんが、あくまでもみんな同じ場所にいて効果音とかやる人がいてと言う形かと思います。メイキングを見たのですが今回は効果音も自前でした。足音、倒れる音、など自分でやっていたようです。そうですよね。目の前にいない人に効果音は出せないですよね。送信受信のネット環境や機械操作の腕前(?)の差か、時々音量が不安定になったり聞き取りにくかったりしました。台本もラジオドラマとしては無理があったのではないかと思われるところもありました。今回がおぼんろ初参加という方がいらしたら、感想を聞いてみたいです。
ゆうめいの座標軸

ゆうめいの座標軸

ゆうめい

こまばアゴラ劇場(東京都)

2020/03/04 (水) ~ 2020/03/16 (月)公演終了

満足度★★★★★

もう、凄い今更の感想なんですけど、
ずっと観たかったゆうめい、
ようやく観ました。
3本予約したけど、2本しか観れず、
もっと観たくてWS公演も観ました。
「弟兄」が良かった。

あと余談ですが 劇団の方達が
感じが良かったですww
(結構大事)

『シェリングフォード・ホームズの論理的推論~第三楽章a study in crimson~』

『シェリングフォード・ホームズの論理的推論~第三楽章a study in crimson~』

黒雪構想

APOCシアター(東京都)

2019/06/26 (水) ~ 2019/06/30 (日)公演終了

満足度★★★

《雰囲気が良く出ていた》という表現になるだろうか。

そもそも劇場がAPOCシアターだというのを分かっていたので、
そんなにド派手な事は出来ないと思っていたので、
むしろ登場人物達の衣装やセットなどから作り出す雰囲気は、
想像以上に良く作り込まれていた気がした。

ただ志が高そうな分、残念ながら登場人物達の動きが制限されていて、
右から出てきて、左から出てきて…という平面の動きは、
立体的な作品と言うより平面の画面をずっと観ていてみたいな感じで、
残念ながら臨場感みたいな感じは味わえなかった。

何となく血の通っていない無機質な感じが淡々と続く様な、
だからこそ冒頭の《雰囲気が良く出ていた》になるのだが、
全員が《何となくこんな感じですよね》と進んでいる様に見えた。

事前の期待値は十分に満たしていて、楽しめた作品ではありました。

月の谷 赤い石

月の谷 赤い石

秦組

d-倉庫(東京都)

2019/02/06 (水) ~ 2019/02/17 (日)公演終了

満足度★★★★

『月の谷』→『赤い石』の順で観劇

秦組さんは『らん』で拝見した時に、その華やかだけじゃない泥臭さ、
人間の汗の臭いや、自然界の埃の舞う様な空気感とかを感じれましたが、
この2作品でも同様の味わいがありました。

主演というか前に出る人だけじゃなく、脇役とも言えるベテランの方々も、
見事にその味を出していて多くの魅せ場を見る事が出来ました。

大男と戦う新垣里沙さんが普通に吹っ飛ばされるところとか、
片方の作品ではホンのチョイ役で出ている贅沢さとかも味わえて満足度は高かったです。

劇場がd倉庫の為に、客席の中央の通路から出てくる場面などを含め、
少し動きに制約があったのが作品のスケール的には残念でしたが、
ある意味であの規模感だからこそ味わえる臨場感は見応えタップリでした。

楽しめる2作品でした。

365000の空に浮かぶ月

365000の空に浮かぶ月

演劇UNIT 乱 run

本多劇場(東京都)

2014/12/31 (水) ~ 2015/01/06 (火)公演終了

満足度★★★★

新型コロナウイルスによる自粛中に期間限定で公開されたYouTube動画で観劇させていただいた。確かにリアルの劇場の臨場感は味わえないが、映像もカメラアングルとカットもきれいなのでとても観やすく、ストーリー構成も巧みで、役者たちの絶妙な間で普通に画面の前で笑い、面白かった。
こういう機会に、日ごろ演劇に触れてこなかった人たちが、この世界の魅力を感じてもらえるきっかけになってくれたら嬉しいですね。

BLACK SMITH【開催見送り】

BLACK SMITH【開催見送り】

壱劇屋

大阪ビジネスパーク円形ホール(大阪府)

2020/04/24 (金) ~ 2020/04/26 (日)公演終了

開催見送りは残念ですが今の状況では致し方ない事だと思います★「命を一番大事に」という劇団の英断に敬意を表しますm(_ _)m
一日も早く事態が終息してこの作品が安心して観れる日が来る事を願って止みませんm(_ _)m

舞台「オトナインデッドリースクール」

舞台「オトナインデッドリースクール」

松扇アリス

シアターKASSAI(東京都)

2019/10/03 (木) ~ 2019/10/08 (火)公演終了

満足度★★★

デッドリーシリーズの外伝的な存在。

学校が役所に場面を移し、登場人物達もそれに合わせての立場(職業)変更。
個人的にはあまりに幼い役者さんも多い最近のアリスさんの公演の中で、
これだけ落ち着いたメンバーがしっかりと魅せてくれるのは安心して観られてとても楽しめた。

プロ歌手で歌唱指導もされてるSetsukoさんを中心としたアカペラなどの歌の面でも、
これまでに無いクオリティでとても楽しめる作品だった。
企画もの的な側面もあったとは言え、十分に楽しく拝見出来た。

アリスインデッドリースクール 楽園

アリスインデッドリースクール 楽園

アリスインプロジェクト

シアターKASSAI(東京都)

2018/08/08 (水) ~ 2018/08/19 (日)公演終了

満足度★★★

アリスインプロジェクトさんの代表作と言って良い作品。

今回は遠藤瑠香さんと石川凜果さんのW主演。
八坂さんと長橋さんの日替わりゲスト回で、両チーム観劇。
栗生みなさんが流石の存在感でした。

石川凜果さんが元々持つキャラじゃなさそうなだけに本人も大変そうでしたが、
その相手を務めた遠藤瑠香さんの頑張りには素直に拍手を送り(贈り)たいです。
言葉に言葉を重ねて怒涛のセリフ回し、座組と作品を引っ張っていたと思います。

Paranoia Papers

Paranoia Papers

Voyantroupe

サンモールスタジオ(東京都)

2017/05/31 (水) ~ 2017/06/06 (火)公演終了

満足度★★★

両方の章を観劇。
なんとも禍々しい、剥き出しの舞台を観た感じ。
作品自体が媚薬の様な、妙な薬を気化させて劇場中に散布してるんじゃないかと思うほど、
途中から頭がトランス状態と言うか、軽く感覚を痙攣させられてるみたいな気分で観てました。

人が確かにそこにいるのに人形の様な扱い、無機質な物の様にそこに有る、演出などを含めて、
両章で6時間くらいの、非日常を味わえました。

ただ好きか?と問われると好んで観たいテイストではなく爽快感を味わえる訳でもないので、
この雰囲気の作品は本当にたまに観るくらいが丁度良いと思います。

共骨

共骨

オフィス上の空

彩の国さいたま芸術劇場 小ホール(埼玉県)

2020/03/07 (土) ~ 2020/03/15 (日)公演終了

満足度★★★

松澤くれはさんの作品はいつも魅力がある。
気持ちを惹かれるテーマが一本通っていて、必ず心に触れ引っ掛かるものがある。

新垣里沙さんや佃井皆美さんや岩井七世さんなどのメインどころの女優陣、
そして谷口さんなどの俳優陣も魅力も実力もタップリ。
高橋明日香さんなど器用な役者も非常に多く、そして贅沢に使われていた。
劇場も広く照明の使い方やセットの意外な使い方も興味深かった。

それだけに勿体ない…惜しい気がしてしまった作品。

もっとやれたのではないか(期間とかではなく、内面に踏み込めたのではないか、の意味)とか、
そんな気がしてならなかった…。

個人的には、母を私が29歳の時に亡くしており、共鳴する部分も少なくなかった。
テーマもグッと惹かれたし、他ではなかなか味わえない独特の空間と空気感はお見事だった。

期待値が高過ぎたのかも知れないけど、今一歩の気持ちが残ってしまった…

トゥーランドット[新制作]

トゥーランドット[新制作]

新国立劇場

新国立劇場 オペラ劇場(東京都)

2019/07/18 (木) ~ 2019/07/22 (月)公演終了

レディ・ア・ゴーゴー!! 2018

レディ・ア・ゴーゴー!! 2018

LIVEDOG

新宿村LIVE(東京都)

2018/02/17 (土) ~ 2018/02/25 (日)公演終了

満足度

【TeamMacaron】サイドを拝見。

2019年バージョンも観ましたが、本当に申し訳ないですがこの作品の楽しみ方が私には分からないのです…
キャッチコピーの「WOMANは愛と覚悟でLADYになる」も「…ん?」って思ってしまったし、
「限界までゴーゴー!!」もそうですが、かなり無理してテンションを高めにしてるのも分かるのですが、
どうにも感情の起伏が良く分からずでした…

申し訳ないのですが、私の好みではありませんでした。

最後の1フィート

最後の1フィート

犀の穴プロデュース

犀の穴(東京都)

2018/03/21 (水) ~ 2018/03/25 (日)公演終了

満足度★★★★

チャレンジングな作品だと感心しました。
観劇後の後味はとても良いモノでした。

パンフレットなどにもある通り、短編の映画を観ている様な気持ちになりました。
あの劇場に必要最小限のセットなのに、役者さん達の力で、なんと言うか背景が見える様でした。

客席にいてもいつの間にか物語の中に入り込んでいる様な、そんな錯覚を覚えた瞬間もありました。
恐らく良い意味で長編向きではなく、ピリッとした味のある短編の連作と言う感じは緩急もあり楽しめました。

黒女

黒女

赤い猫

ステージカフェ下北沢亭(東京都)

2020/03/18 (水) ~ 2020/03/22 (日)公演終了

満足度★★★

いやぁ〜凄かった…

あの狭い下北沢亭を逆に利用して、もはや客席も巻き込まれてのホラー劇場でした。
主演の高橋茉琴さんの身体が乗っ取られたかの様な怪演。
声も表情もオドロオドロしく、鬼気迫る迫真の演技はエネルギーに溢れてました。

実際にあった怪事件?をモチーフによくあそこまでの張り詰めた緊張感ある作品を作れたモノでした。
お見事でした…たった1度だけでも観終わったらヘロヘロになったので、
アレを毎公演やってた演者さん達はお見事の一言でした。

少しだけ短編でしたので3点満点の3点にします。

未開の議場-オンライン版-

未開の議場-オンライン版-

未開の議場-オンライン版-

YouTubeLive(東京都)

2020/04/17 (金) ~ 2020/04/19 (日)公演終了

満足度★★★★★

ゲネ版を視ていれば親族知己にも紹介できたのにナ..と後悔が掠めた秀作。ONLINE版、と聴いて「動画サイトで芝居を観る」発想しかなかった。近々予定の町のイベントのための会議、というのがこの作品の中身であるが、設定を新型コロナの自粛ムードの現在(気分的には3月上旬あたりか)に置き換え、スカイプか何かで画面に顔を出して会議をする。この模様を視聴者がそのまま共有するというスタイルだ。視聴フリーのカンパ制というのもこの状況ならでは。
5年前の初演でも良く書かれた脚本という印象だったが、オンライン形式でも十分引き込む力があった(デバイスの条件で大分変わるだろうけれど)。少なくとも舞台を映像で見るのと違い、言わばリアルな現場を0ミリの距離で目撃するに等しく、ライヴ配信だから役者と同じ「場」で同じ時間を共有する「演劇」の条件にも合致している。
この「観劇」体験は100%再現可能につき、この時期、ライヴではなくなってしまうが再「上映」をカンパ制で行って下さるなら多くの人に(演劇に疎い人にも)勧めたい。

七月の涙 夕月夜の花束

七月の涙 夕月夜の花束

劇団Яeality

山王FOREST 大森theater スタジオ&小劇場(東京都)

2020/02/20 (木) ~ 2020/03/01 (日)公演終了

満足度★★★

月組を鑑賞
それぞれ3つを観ていない為、なんともいえない。。
劇団Яealityさんは、演劇について色々考えているのが印象的なので、応援したい

ネタバレBOX

序盤中盤がちょっと長く感じた。。
戯れ、ゴト。

戯れ、ゴト。

演劇プロジェクトroute.©︎

王子スタジオ1(東京都)

2020/02/18 (火) ~ 2020/02/23 (日)公演終了

満足度★★★★

お疲れ様でした。

ネタバレBOX

二回観劇

この作品の後の話にあたるAnswerを観たが、その時出てきた「黒」とその人生を変えた少女との物語。。
この団体は、役者の思いや苦しみを魅せるのが
本当に上手い印象。
観てる側は、毎回心を抉られる。。

一度目観た時、たまたま救急車が劇場近くを通ったが、舞台と合わさって、凄い調和していた。。。!本来なら、外部の音が聞こえるという欠陥を舞台の強みにしたのが、本当に凄かった。。。
二度目は、最後の最後のトラブルがあったのか、スタッフさんが慌てているのがもったいなかった。
寓話のゴーグル

寓話のゴーグル

Pave the Way

劇場MOMO(東京都)

2020/01/13 (月) ~ 2020/01/19 (日)公演終了

満足度★★★★★

Bチームを観劇しました。最初は、照明の明かりが最新だなぁって印象が強かった。
そこから、ネズミやカメや魔女をしていた人があんな風になっていたのが驚いた。。
また、それに対する主人公の迷いや苦悩、どうすればいいかを不器用に懸命に取り組んでいる姿が愛に溢れていた。。

このページのQRコードです。

拡大