最新の観てきた!クチコミ一覧

41-60件 / 152995件中
となりの事件

となりの事件

シアターノーチラス

OFF OFFシアター(東京都)

2018/10/10 (水) ~ 2018/10/14 (日)公演終了

満足度★★★★

いろいろ考えさせられる面白い作品でした。

ネタバレBOX

どこにでもあるごくありふれた日常の家族の生活を淡々と描きながら、ひょとしたら自分の身の回りでも起きているかもしれない、
幸せと不幸は背中合わせ、いつもと違った視線、角度から物事を捉えたり、考え方ひとつでまるっきり違う世界が見えてくる、
そんなことをなにげなく気づかせてくれる作品でした。
夜を、徘徊。

夜を、徘徊。

ものづくり計画

萬劇場(東京都)

2018/10/10 (水) ~ 2018/10/14 (日)公演終了

満足度★★★★

とても面白かったです。

ネタバレBOX

同級生の結婚式の余興の打ち合わせで、仲良し?「だった」4人が居酒屋での再会から
回想的に、4人の私生活を赤裸々に巧みに織り交ぜながら、女優や映画の世界の現実の厳しさ、
いくつもの挫折や不満、妬み、それぞれが抱える悩みや葛藤を繊細に心理状態が描かれ、
お互いの本音をぶつけ合い自分を見直し、負の感情から開放され素直な気持ちになって皆の決意と希望がみえる
これからの未来に向かっていこうと感じさせられるラストシーン、とても良かったです。
役者みなさんのそれぞれの役柄をしっかりとこなす演技力も素晴らしかったです。
クロノライセンス(東京公演)

クロノライセンス(東京公演)

劇団1mg

シアターKASSAI(東京都)

2018/10/10 (水) ~ 2018/10/14 (日)公演終了

満足度★★★★

心が温かくなるファンタジーな世界、良かったです。

ネタバレBOX

序盤のハイテンションでドタバタな展開に、どうなってしまうのかと思って観ていましたが、
プロローグの伏線が感動的なエピローグへと繋がっていく構成、とても良かったです。
 死神達で語られたそれぞれの想いや生前の妻の記憶、魂を取らなくてはいけない1000人目の衝撃(奇跡)的な事実
だんだんと死の世界と生の世界が繋がりが明らかになるにつれて、どんどん引き込まれていきました。
 愛おしい幸せな時間を噛みしめながら過ごし、他の死神と協力して想いを伝えて皆の心が温かくなるような
ファンタジーなラストシーンに胸が熱くなりました。
役者みなさんの演技もとても良かったです。
天国街へ連れてって

天国街へ連れてって

梅雨前線六月族

北とぴあ ペガサスホール(東京都)

2018/10/14 (日) ~ 2018/10/14 (日)公演終了

満足度★★★★

劇場全体(客席や出入口)を使った演出が、凝っていました。特に、劇場外の景色は、ここのホールの特長を上手く利用しましたね! 脚本を書く時から、演出を意識して作ったのではと思いました。
話は、ファンタジーも含まれましたが、社会派を目指しているように感じられました。素人が書くと中途半端になり勝ちですが、頑張りは伝わってきたので、さらに挑戦してもらいたいです!

夢途切相駆彼岸

夢途切相駆彼岸

明橋文学

荻窪小劇場(東京都)

2018/10/13 (土) ~ 2018/10/14 (日)公演終了

満足度★★★

それはどこまでも彼であって、彼ではない感覚。 そこは彼の夢の中で、彼の制御及ばぬ ”世界” 。 でも彼は ”世界” を択べる、より身軽に、よりリアルに・・・そんな時代感覚。 無数の彼が重なり合う現実に目覚める前、取り戻せそうで叶わない大事に出会う前・・・ いじけて斬り捨てる若さがいじらしく疼く。

クロノライセンス(東京公演)

クロノライセンス(東京公演)

劇団1mg

シアターKASSAI(東京都)

2018/10/10 (水) ~ 2018/10/14 (日)公演終了

満足度★★★★★

ダンス素晴らしかったです。
面白いお話しでちょつと笑いがあって、とても楽しい時間が過ごせました。

となりの事件

となりの事件

シアターノーチラス

OFF OFFシアター(東京都)

2018/10/10 (水) ~ 2018/10/14 (日)公演終了

満足度★★★★★

初見でしたが、最後まで惹きつけられて大満足です。今回は事件のあったおとなりさんのお話でしたが、口コミをみて、当事者、その周囲の人のお話も、観てみたいなと思いました。

クロノライセンス(東京公演)

クロノライセンス(東京公演)

劇団1mg

シアターKASSAI(東京都)

2018/10/10 (水) ~ 2018/10/14 (日)公演終了

満足度★★★★★

ダンスもきれっきれっで、笑いもあって、ほっこりして、大満足です。

夢途切相駆彼岸

夢途切相駆彼岸

明橋文学

荻窪小劇場(東京都)

2018/10/13 (土) ~ 2018/10/14 (日)公演終了

満足度★★

夢と現の世界をまたぎ紡ぐ作品だったのでしょうが 境目が分かりづらくなかなか難解な作品でした。

夜を、徘徊。

夜を、徘徊。

ものづくり計画

萬劇場(東京都)

2018/10/10 (水) ~ 2018/10/14 (日)公演終了

満足度★★★★

タイトルから感じていた内容とは違っていました。彼女たちの人生の紆余曲折が綴られていて共感する部分が多々ありました。なかなかいい作品に出合えたと思いました。

クロノライセンス(東京公演)

クロノライセンス(東京公演)

劇団1mg

シアターKASSAI(東京都)

2018/10/10 (水) ~ 2018/10/14 (日)公演終了

満足度★★★

私が想像していた死神とはイメージが違ったが 死神にも人間同様いろいろな性格の者がいるんだろうな~と思いながらみました。

となりの事件

となりの事件

シアターノーチラス

OFF OFFシアター(東京都)

2018/10/10 (水) ~ 2018/10/14 (日)公演終了

満足度★★★★

出てくる人達が人が亡くなった話を普通に話し隣の娘が淡々と事件当日の話をする怖さ。
でも現実なんてこんな感じなんですよね。過ぎてしまえば他人事で現在の問題のほうが重要という。
今回も色々と考えさせらせました。

「Syng til måne」

「Syng til måne」

劇団わたあめ工場

d-倉庫(東京都)

2018/10/13 (土) ~ 2018/10/21 (日)上演中

満足度★★★★

 太陽と月を操る人々と狼族との攻防を描いたダークファンタジー。(追記2018.10.17 02時 華4つ☆)

ネタバレBOX

衣装が中々豪華で、カッコイイ役者が多い作品だが、ギリシャ悲劇の傑作を想起させるシーンも出てきて内容的にも深いものがある。
 物語は、盲目のトゥルーバドール(トゥルーベールでも良い、どだい学問的な違いを言うよりイメージとしてここでは用いる)が子供達の下にやってくる所から始まる。彼はオルフェウスの竪琴のような楽器を弾きながら古い叙事詩を伝える。その頭の部分は人口に膾炙した部分で子供達も良く知っているのだが、冒頭以外は、子供達には知り得なかった、そしておそらく今では大人達の殆どが知らない、或いは隠された真実であった。その核心は、光が失われた原因に纏わるものである。丁度、彼の目から光が失われたように。
 こう書けば、ギリシャ悲劇に通じた人々はハハンと思うかも知れない。正解である。分からない人は、もう少し本を読みたまえ。或る程度世界文学に通じていなければ、様々な戯曲に何がどのように籠められているのかについての認識も持てない。解釈も自ずから違ってくるのである。
 かつて、この国は太陽を操る者、月を操る者、二人のリーダーによって統率されていた。然し狼族が、彼らの生存を賭けて挑んでくる。その力は侮りがたく一族は存亡の危機に直面する。その攻防の央、月を支配する長の甥・ソラは、狼族の女王の息子・スエークリンとの奇縁から親友の契りを結び狼族の襲来情報や何故彼らが襲うのか。また彼らの弱点などを自然に知るようになった。一方、太陽を司る長は、狼族の殲滅を画策し、その為にスエークリンを拘束、ソラを通じてその撃滅法を探ろうとしていた。ソラはアンヴィヴァレンツに引き裂かれる。親友は裏切れない、然し、妹が言うように父は狼族に襲われ、ソラを護る為に食い殺された。父が殺害されたことで、母は子供達の為に最も嫌っていた太陽を支配するリーダーとの再婚に同意し、現在彼はソラの「父」そこで、彼はリーダー達に提案した。後は観てのお楽しみだ。
永久のコントラクト

永久のコントラクト

劇団AceAndJoker

北池袋 新生館シアター(東京都)

2018/10/11 (木) ~ 2018/10/14 (日)公演終了

満足度★★★★

永遠をテーマにしたファンタジーで、ストーリーも雰囲気も楽しめました。本筋に入るまでの時間が長く感じましたが、どんどん惹き込まれました。暗転部分が多く、その時間が長いのが気になりましたが、妖しい雰囲気も感じられ、アクションも観応えがあり、一生懸命さが伝わってくるような良い舞台でした。

となりの事件

となりの事件

シアターノーチラス

OFF OFFシアター(東京都)

2018/10/10 (水) ~ 2018/10/14 (日)公演終了

満足度★★★★

気まずい会話のオンパレード。見るのも嫌な状況ですが皆さん何とか会話を続けて先に進めてしまうので、いつも逃げている私は「ありがとう」と言いたくなりました。

となりの娘さんの事件当日の行動が暴かれるところは、見え見えだけどツボを突かれたなあと白旗です。

色々な意味でチープ感漂う舞台ですが奇妙な味わいがストライクゾーンをかすめて行きました。

子守詩

子守詩

前納依里子

シアターバビロンの流れのほとりにて(東京都)

2018/10/12 (金) ~ 2018/10/14 (日)公演終了

満足度★★★★★

小屋に息合う無言の饒舌さがハッとするほど濃厚に映し出す、従順でしなやかな強さを巡る影燈籠。 違和感なくつながり、でも明らかに擦れ合う童謡を、いつしか静かに、前向きに受け留める子守詩。 風雪を堪え、死生に震撼し、彼我を見つめて来たであろう見事な枝振と重なった。礼賛に値する衝撃。

リミット・オブ・タイムラグ

リミット・オブ・タイムラグ

RINCO PRODUCE STAGE

CBGKシブゲキ!!(東京都)

2018/10/05 (金) ~ 2018/10/14 (日)公演終了

満足度★★

面白いギミックと個性が際立ったキャストが織り成すコメディ。
前評判がかなり笑えるということだったので期待値を上げてしまったのが失敗だったかもしれない。
ハマる人にはハマるのだろうが、自分的にはイマイチだった。

どうにも「ドタバタしている内に終わってしまった」という印象が否めない。
例えるなら同じ大きさのビー玉が勢いよく流れていく感じ。
キャスト一人一人の見せ場が満遍なくあるのはファンにとっては嬉しいものだろう。
しかし満遍なく見せ場があることにより、物語を均してしまい大きな起伏が無い物になってしまった気がする。
笑ってバタバタして・・・・・・・・で? みたいなことになっている印象を受けた。

要所要所に訴えるものは感じるが全体を通して何を伝えたいのか。
確固たるメッセージ性が無いように感じて、結局観終わった後に何も残らない気がする。

ギミックとキャストと脚本の歯車が微妙に噛み合っていないような気さえした。
キャスト一人一人のキャラクター性は立っているのでそこは問題が無いと思う。
舞台の題材に限らず、開演時間やCFのリターンにも面白い試みが見えるので勿体無いと感じた。

ネタバレBOX

根本を否定する形になってしまうかもしれないが、この「時間」を用いたギミックは裏での苦労が分からないと楽しめない物では無いだろうか。
自分が初見の時に感じたのだが、正直時間や時計を気にしている暇など無く物語を追うので精一杯ということだ。
ぶっちゃけ時間というギミックは設定でしか無く、見ている方からしたらストーリーが追えればどうでもいい。
凄いことをしているのだとは思うが、その凄さが観客に伝わらないのがこのギミックのネックかと思う。
こういう調整をして○時○分までに台詞を間に合わせている、○時○分に間に合わない場合は台詞をカットしている、など
そういった努力が見えてこそ面白くなるものでは無いだろうか。
これがリピート(もしくは上演台本を購入)しないと分からないというのは難点だ。
「成功ルート」が分からないと急遽セリフをカットしていることもトラブルが起こっていることも初見の観客には分からない。
これをどう「凄い」と思わせるか、もしくはリピートさせてそれを分からせるかが課題では無いだろうか。
次があるならばここを解消させるプロデューサーや制作の手腕が見たいものである。

物語の具体的な部分についてだが、『オーコネ』が具体的にどんな物であるか。
この説明は早い段階で欲しかった。
前頭と横背後が何者でそこに居ない芹田が何者なのかさっぱり分からないまま話を追うのは少し辛かった。
徐々に紐解かれるものの根塚が語るような内容を序盤に聞きたかった。

あとはテレビ局をジャックしたという内容だが、地方局を細菌ウイルス(でしたっけ?)で攻撃するとは余りに突飛だ。
それに対して要求が安すぎる。すぐに内部に犯人人が居るのでは無いかと疑ってしまう。
せめて誰かを人質にとった程度にしておけば良かったのでは無いか。
もしくは地方局でなく、もっと大きな局にするなど。
先の展開が読めてしまうような違和感を感じる設定だったので少し残念だった。

直接公演の内容には関係無いが物販で気になった点を記載するが、
パンフレットにキャストの所属、経歴が記載されていないのが残念だった。
ネットで調べれば良いのかもしれないが、初めて知った方も居たので過去の経歴は知りたかった。
あとはランダム物の販売。
ブロマイドは種類が多すぎだしゲネプロ写真はどんな写真が何種類あるかも分からず購入まで至らなかった。
あとはアンケート用紙が無いのも気になった。
今ではSNSに匿名性はほぼなくなっている。
紙のアンケートはまだ必要なツールだと思っているので用意して欲しかった。
(もしくはネットで入力できる形にするなど)

演劇界で今までに無いことをしよう!という心意気は感じるし、そこに期待したい部分もある。
もし次回があるなら楽しみにしています。
「Syng til måne」

「Syng til måne」

劇団わたあめ工場

d-倉庫(東京都)

2018/10/13 (土) ~ 2018/10/21 (日)上演中

満足度★★★★

ヒト族とオオカミ族との抗争を友情との板挟みに苦しむ主人公を軸に描く伝奇的内容、受付や客入れから世界観を作る凝りっぷりと、オリジナルの音楽や歌が見事、ただストレートな展開なのに休憩無し2時間40分はもう少し短くした方がすっきりするかも。

シャンパンタワーが立てられない

シャンパンタワーが立てられない

THEATER the ROCKETS

ザ・ポケット(東京都)

2018/10/03 (水) ~ 2018/10/14 (日)公演終了

満足度★★★★

ロケッツさん得意のドタバタコメディが、今回のホストクラブと言う舞台でもしっかり発揮されていて面白かったです♪
後半に向けた伏線となるセリフやアイテムが、何となく散りばめられていて、再度観ても凝っていて楽しめました!
ただ、『優しい嘘』というテーマが(個人差あると思いますが)、それほどしっくりせず、『パンプキン』の方が的を得ていると思います(笑)!
後はあえていうと、時計に合わせた進行のため、少しセリフが急ぎすぎたかな?という印象でした。

セイラム

セイラム

sortie

新宿眼科画廊(東京都)

2018/10/12 (金) ~ 2018/10/16 (火)公演終了

満足度★★★★

鑑賞日2018/10/15 (月) 15:00

価格2,000円

同じ団体の複数の作品で語られるのみにとどまらず複数の団体が語ることで構築されてゆく「田瓶市サーガ」、また1ページ明かされる過去の記録。
おそらくはあて書きであろう人物を演者が「的確」以上に演じる相乗効果によってキャラ合戦の様相。(笑)
そうして語られるのは「怪奇物」(当日パンフレットなどでの「自称」)というよりは「奇譚」のオモムキだが、時の経過の表現で壁掛け時計の針を回す動作が次第に何かの儀式のように思えてくるのがいかにも田瓶市サーガ。
いやしかし、新宿眼科画廊・スペース地下ってば、2公演連続で「ドラマは会議室で起こってるんだ」とは……。
終盤に出てくる劇中作の形容がそのまま本作にも当てはまるクラインの壺的なツクリも好み♪

ネタバレBOX

劇中で清田洞爺の作品に対して「メタでフィクショナル」と形容されるが、本作もまさにメタでフィクショナル。
ある意味「え、ここで終わり?」な部分で作中人物が「これでこの話は終わります」と告げるのもメタでフィクショナルと言えよう。
こういうの、好きなんだなぁ。

このページのQRコードです。

拡大