農家の娘の観てきた!クチコミ一覧

61-80件 / 255件中
青山君よ、家が明けたら夜に帰ろう

青山君よ、家が明けたら夜に帰ろう

コーヒーカップオーケストラ

シアター711(東京都)

2011/08/10 (水) ~ 2011/08/14 (日)公演終了

満足度★★★★

みた
ふざけた話に見えて、作者のロマンチシズムが選曲やせりふ回しにちりばめられていた。笑いを狙ったところよりむしろその辺りが好き。

表情や動きが豊かな役者が何人かいて、彼等彼女等に物語が助けられていたように思う。物語がなんだか惜しい。時間も少し長い。
ただ、自分なりのものを作ろうともがいているように見えて、次回以降がどうなっていくのか気になる。
期待を込めて☆多め。

ネタバレBOX

10年後の青山はもっと早いタイミングで出した方がいいように思った。感情移入の度合いがちがってくる。
【全ステージ無事終了!ご来場ありがとうございました】みきかせプロジェクトvol.3 「流星群アイスクリン」

【全ステージ無事終了!ご来場ありがとうございました】みきかせプロジェクトvol.3 「流星群アイスクリン」

みきかせworks

ワーサルシアター(東京都)

2011/08/03 (水) ~ 2011/08/07 (日)公演終了

満足度★★★★★

両方みた
リーディングが地味でつまらないと感じる人にはラムネを強く勧めたい。
動きがないから退屈と考えるのは間違いで、テキストの面白さとか役者の引出しの多さを純粋に味わえる(試される)見せ方に思う。むしろあちこち動き回られると萎える。
それぞれ面白かったけれども、チャリTが一番うまいことやっていた。

肝っ玉おっ母とその子供たち

肝っ玉おっ母とその子供たち

東京演劇集団風

レパートリーシアターKAZE(東京都)

2011/07/22 (金) ~ 2011/07/26 (火)公演終了

満足度★★

みた
むしろこういう作品が、演劇ってなんか痛いと思わせる温床。中高生に見せちゃ駄目。
それに、戦火のなかで生きる人間の逞しさ、というのは拡大解釈に思う。愚かさだけで充分なのに。

昆虫系[改訂版]

昆虫系[改訂版]

鵺的(ぬえてき)

SPACE 雑遊(東京都)

2011/07/27 (水) ~ 2011/08/01 (月)公演終了

満足度★★★★

みた
実際の事件を基にする物語を演劇で見る意味は?などと考えながらも楽しかった。手加減してないように見えるものが好きなのかもしれない。
いちばん嫌な気持ちになったのは1曲目のあの歌。

パール食堂のマリア

パール食堂のマリア

青☆組

三鷹市芸術文化センター 星のホール(東京都)

2011/07/29 (金) ~ 2011/08/07 (日)公演終了

満足度★★★

みた
何度か見ている側の欲なんだろうとは思いながらも、10年という節目であるとは知りながらも、何かもっとはみ出したものを見たかった。
良くも悪くも安心して見られてしまう。まったく共感できない人間、見ていて負の気分を催される人物が誰もいなくて、優しさの意味について考えさせられる。
あれこれ想像する余地を残しながら、きれいな環を描いてみせるのは誰でもできる技ではないと分かるけれども。

g

g

サスペンデッズ

ザ・スズナリ(東京都)

2011/08/04 (木) ~ 2011/08/07 (日)公演終了

満足度★★★★

みた
いつも違う物語を見せてくれるこの劇団がとても好き。作家の冒険心が嬉しい。
役者も巧みで、科白の肌触りに胸を衝かれる時もある。
いろいろな人に勧めたい。

リタルダンド

リタルダンド

キューブ

PARCO劇場(東京都)

2011/07/15 (金) ~ 2011/07/31 (日)公演終了

満足度★★★

みた
チケットがもっと安ければなあと思った。

ネタバレBOX

人々それぞれの背景はバランスよく描かれているのに、妻だけがぼんやりしている。
だから2曲目で、神様とかこの世は薄っぺらいとか訴えるように歌われても、彼女の悲しみに寄り添えない。
2幕の初めでようやく妻に焦点が当てられるかと思わせて、やっぱりぼんやりしたまま。なぜ夫にそうまで尽くすのか、ゆらぐ時はなかったのか、見えないまま幕は閉じた。高橋由美子演じる部下に感情移入しやすくできている分、なおさら気になった。
黄色い叫び(再演)

黄色い叫び(再演)

中津留章仁Lovers

タイニイアリス(東京都)

2011/07/21 (木) ~ 2011/07/31 (日)公演終了

満足度★★★

みた
前半は臨場感があった。後半に進むにつれ、

ネタバレBOX

人物造型が薄っぺらになっていった気がした。
やたら物分かりがよくなり、解決まで時間がかかりそうな問題が都合よく収まり出し、せりふはプロパガンダ色を強めていった。時間の長さも相まって、最後の主人公のせりふで決定的に萎えた。
前半と後半、同じ人が書いたとは思えないような違和感が残った。
荒野に立つ

荒野に立つ

阿佐ヶ谷スパイダース

シアタートラム(東京都)

2011/07/14 (木) ~ 2011/07/31 (日)公演終了

みた
考えた

ネタバレBOX


導入部の不可思議さや、父親の奔走ぶりに、村上春樹の作品を思い出した。目玉を巡る冒険は、名前(自分自身)を巡る冒険のようだった。

取り戻せる喪失と、取り戻せない喪失とがあって、そのどちらもを引き受けて生きていくという表明を主人公の姿に感じた。上を見て歩くことはできなくとも、前を見て歩き出してみようというような。
サヨナラ【当日券有ります!!】

サヨナラ【当日券有ります!!】

双数姉妹

赤坂RED/THEATER(東京都)

2011/07/07 (木) ~ 2011/07/14 (木)公演終了

満足度★★★★★

みた
自分がいまどんな物語を演劇に求めているのか、そもそも求めているのは物語なのか、分からないまま惰性で劇場に足を向けていた最近の私にとって、宝石のような作品でした。

雨

新国立劇場

新国立劇場 中劇場(東京都)

2011/06/09 (木) ~ 2011/06/29 (水)公演終了

満足度★★★

みた
数十年前に書かれていまなお上演されることはすごいと思う。

ただ、長い。
伏線も因果律も皮肉も、説明過多に思った。
労働のあとに見るには辛かった。

惑星のピクニック

惑星のピクニック

SPIRAL MOON

「劇」小劇場(東京都)

2011/06/15 (水) ~ 2011/06/19 (日)公演終了

満足度★★★

みた
古き良きアメリカと行った雰囲気の舞台美術と照明がとても好みだった。
火星年代記がベースにあったようだけれども、あまりそういう風には感じなかった。

ネタバレBOX

群像劇のように見えて、独り語りが多く、何かちぐはぐな感じを受けた。
自己紹介しては退場していく感じ。
会話の中で浮かび上がる情景がもっと欲しかった。

イナゴが轢かれたら、片足どころでは済まない気がするのだけど、どうだろう。
モリー・スウィーニー

モリー・スウィーニー

世田谷パブリックシアター

シアタートラム(東京都)

2011/06/10 (金) ~ 2011/06/19 (日)公演終了

満足度★★★

みた
科白の背後で音楽を流す芝居はいくつも見てきたけれども、だいたい、ここぞという場面で結構なボリュームで流す。作り手の、映像作品からの影響受けすぎのような気がして私は気持ちが萎えるのだけれども、こんなにもボリュームを絞っている作品は珍しかった。科白と芝居を大事にしている気がした。

小林さんの芝居はエキセントリック。他の二人と随分違う。
なのに、むしろ彼がいてこそのこの舞台劇という気がした。

ネタバレBOX

ユーモラスに喋りまくり動き回るのに、暗転に入る寸前の語り口などはテンポが変わって期待をそそられるし、底が知れないと感じた。またその立ち居振る舞いによって、悲壮感が増したと思う。アナグマの話をするところは、フランクが派手に笑い転げるほど、泣きじゃくっている姿にも見えてくる。

ただ、物語の筋には不満が残った。モノローグで進んでいく形式といい、アルジャーノンがちらついて離れなかった。

また、医師は自らの言動を「裏切り」と呼んで自責の念に駆られるけれども、違和感があった。
名誉欲を求めた理由は切実だし、自分から夫婦に持ちかけた話でもなく、既にモリーは充足していたと見えたにせよ、手術に臨むことは夫婦にとっての通過儀礼のようなものだったと感じた。
労苦が報われる話を望んでいたわけでもないが、あの物語の中で、そこまで責めを負わなければならない者もまたいないと思った。

戯曲の伝えたいことをしっかり受け止められたかは分からないけれども、作家の視点は、人間に対していささか厳しすぎるように見えた。
一輪の、華をはなむけ・手向けることも赦されず★無事終演。ご来場どうもです。

一輪の、華をはなむけ・手向けることも赦されず★無事終演。ご来場どうもです。

劇団ING進行形

タイニイアリス(東京都)

2011/06/09 (木) ~ 2011/06/26 (日)公演終了

満足度★★

みた
戯曲とうんちくは相性が悪いなあと思った。
活字なら読み飛ばせるけれども、科白は早送りできないからくどく感じる。

私には合わなかった。
ただ、演出と演技が変われば、随分違った印象の物語になるのではないかとも思った。

ワールドエンド、スーパースター。

ワールドエンド、スーパースター。

劇団エリザベス

タイニイアリス(東京都)

2011/06/09 (木) ~ 2011/06/26 (日)公演終了

満足度★★★

みた
不条理の最大の敵は、不自然なのかもと思った。


あと、劇団に対してでなく、企画者(劇場?)あての意見として、名前とメアドの記入が投票の条件というのは、投票率の低下にしかならないと思う。
無記名のリスクも想像できるけれども、もっと手軽でなければ(アンケートに書きそびれてしまったので、この場を借ります)

ネタバレBOX

不条理な物語を描こうとするなら、リアルに描くところは徹底してリアルな方が効果的に思う。
盲人は杖も何も携えていないし、説明科白があるだけだった。
また、おたがいの大事なもの(点字の日記、預かりものの赤ん坊)をあっさりと見ず知らずの相手に触れさせる。物理的にも心情的にも不自然に思った。物語を先に進めるために、見落とされてしまったものがある気がした。
また、携帯を指してそれ何?と尋ねられたら、私ならまずキャリアを答える気がする。重箱の隅かも知れないけれども。

それよりも気になったのは、演技の方法で、主役の女の子と眼鏡の男の子がまるで違う芝居をしている。3人芝居なのだから、特にそのあたりの足並みはそろえた方が見ていてすっきりするはず。

得体の知れないもの、というくくりで言うと、先日みたガレキの太鼓の作品と同じ方向を向いている作品。どちらがいいとかわるいとかでなく、表現は様々だなあと思った。
いないいない

いないいない

ガレキの太鼓

アトリエ春風舎(東京都)

2011/06/03 (金) ~ 2011/06/12 (日)公演終了

満足度★★★

みた
アフターイベント前にさっさと帰った男性陣はもったいなかったと思う。

ネタバレBOX

情報を与えすぎないことで、普遍性を獲得している・しようとしているのかなあと思った。
見る側の心理状態で、怖い物語にも寂しい物語にも、なるのかなあって。
ただ、90分がとても長かった。それも狙いなのかなあ。
ALL THAT 飛龍伝「初級革命講座 飛龍伝80‘」

ALL THAT 飛龍伝「初級革命講座 飛龍伝80‘」

北区つかこうへい劇団

紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYA(東京都)

2011/06/01 (水) ~ 2011/06/05 (日)公演終了

満足度★★★★

みた
役者の力の凄みを見せつけられた。
物語としてはくどく思うし、このあとの’90の方が好きだけれども、圧倒されてしまう。

どん底

どん底

演劇企画集団THE・ガジラ

笹塚ファクトリー(東京都)

2011/05/20 (金) ~ 2011/05/29 (日)公演終了

満足度★★

みた
劇場の大きさに比べて、何かと音が大きかった、うるさかったと思う。

ネタバレBOX

効果音だけでなく、声にエコーがかかるし、ものが落ちれば派手な音が響く。
タイミングが合っていればまだしも、結構ずれている。
薄暗い照明が仇となったのだろうか。
大きな劇場なら気にならないかも知れないズレも、目前で見聞きしているから気付いてしまう。
悲鳴は遊園地のお化け屋敷みたいで、こんなんでいいの?って思った。

私が小劇場に感じる魅力は、目前で展開する生々しさ。舞台と客席の境目をいつの間にか見失いそうになること。
ライブ感、というのとは違う。
一見静かなやり取りでも、情念や怒濤を表現しうるし、人間は叫んでばかりではないし、むしろ叫ぶなら、効果音は無用に思う。肉声に託せばいいと思う。
今回は、見ているうちに、世界がどんどん遠ざかって行ってしまった。

演技力にばらつきがあるのはしょうがないことかも知れないけれど、結構重要な役どころが下手だったりして、それが肝心な場面の流れを停滞させていたようにも思う。
散歩する侵略者

散歩する侵略者

イキウメ

シアタートラム(東京都)

2011/05/13 (金) ~ 2011/05/29 (日)公演終了

満足度★★★★

みた
SFというジャンルが苦手な人にも勧められそうな物語だった。序盤からあれこれと文系の話題が押し寄せてくる。

ただ、終盤の展開には違和感が残った。

ネタバレBOX


概念というのは、結局、理屈だと思う。
だから愛の実体(凄み)というのは、概念というより信念や思い込みに近いもので、侵略者と観客を打ちのめしたのは、まさにそれだと感じた。
だから「愛の概念」という言葉、捧げ物には違和感が残る。

また、侵略者は何度か「大切な人だとは知らなかった」と弁解のように言っていたけれども、それは既に愛の概念を知っている者の言葉ではないのかと感じた。
恋愛感情のみを愛というわけでないし、だから、愛という言葉だけで括ろうとするのは少し乱暴ではないかなと思った。

ほとんど終わった関係が、一方が白痴化したことで甦るというのは、素晴らしいことなのか皮肉なのかよく分からない。

夫婦のやりとりより、男二人のやりとりが胸に迫った。
鳥瞰図 ―ちょうかんず―

鳥瞰図 ―ちょうかんず―

新国立劇場

新国立劇場 小劇場 THE PIT(東京都)

2011/05/10 (火) ~ 2011/05/22 (日)公演終了

満足度★★★

みた
会話が楽しい。

ネタバレBOX

後半、渡辺美佐子が独り語りを始めた途端に生じる芝居くささのようなものが苦手だった。『化粧』は見ず仕舞いになってしまったけれども、こういう風だったのかなと思ったりした。
野村佑香は、あまり幅のある演技ではなかった気がして、残念だった。
脇を固める巧みな男性陣に救われていたように思う。

このページのQRコードです。

拡大