firefly 公演情報
観たい!クチコミをする

公演地:福岡県

観たい!

公演地:福岡県

firefly

演劇創作館 椿楼(福岡県)

公演に携わっているメンバー:5人

団体紹介
市民劇団解散に伴い、所属していた中高生の活動の場として2002年12月に旗揚げ。旗揚げ当時の団員の平均年齢は14.8歳だった。
それから約1年半の練習期間を経て、2004年8月に初めての公演を行い、続いて2005年12月に旗揚げ公演を行う。
毎年のように学生が入団するため、平均年齢がなかなか上がらず、長らく18歳を割り込んでいたが、2010年にようやく18歳を越えた。現在も20代の若手が中心だが、今まで一度も活動を休止することなく上演を続けており、福岡でも長寿劇団の一つに数えられる。
 
作品は会話劇が中心。「若手だからと若さと勢いに甘えず、丁寧に作る」ことが旗揚げ当時からのコンセプトであり、上演戯曲は九州戯曲賞最終候補に二度選出されている。
新体制となった2014年からは集客が急激に上昇し、前作『マッチ箱に架かる月』は劇団最多動員記録を更新。旗揚げ15年目を迎える今年は更なる飛躍が期待されている。
応募公演への意気込み
住民が去り、地図から消えた街に今も住み続ける男。自らの命を絶つためにその地を訪れた女。
やがて二人の間で静かに語られ始める、「心の罪」――
 
本作は「生と死と再生」をテーマに、2013年1月に上演した作品です。
シリアスなテーマ性からか初回の集客は今ひとつだったものの、翌日リピーターが殺到し、後に九州戯曲賞の最終候補にも選ばれました。
活動15年目を迎えた椿楼が過去作品の再演を企画するにあたり、飛び抜けて高いリピート率を記録した本作が候補に挙がったのはその点もあってのことですが、何より2017年の今だからこそ再演する意味を持つ作品である、と考えたことが最も大きな理由でした。
 
一言一句、一挙一動を丁寧に作っております。
演出も脚本も、演技面も、初演から大きくブラッシュアップされています。
「会話劇の椿楼」の真骨頂、とのお声もいただいた一作です。福岡でしか見られません。
今の椿楼を、『firefly』を、どうぞご覧下さいませ。
将来のビジョン
椿楼は、もともと演劇部のない中学高校に通う学生が集まって結成した劇団です。そのため、「いずれば東京で」という希望も特にありませんでした。
創作へのこだわりも増す中で、より人口の多い都市部での公演も視野に入れてはおりますが、劇団としてはその旗揚げ経緯を考慮し、「より遠方からでも見に来たくなる劇団」を目指しております。
現状、市外のお客様は珍しくなく、県外からのお客様も少数ながら一定数いらっしゃいます。他団体と比較しても特筆すべきプロモーションができていなかった中でこうした状況にあるのは、椿楼の作品の特殊性を物語るものであると思います。
現在は作品内容に頼るのみならず、福岡の地元劇団トップクラスを誇る団員数を活かし、プロモーション範囲を広げて更なるファン層拡大を目指しております。その成果は徐々に出始めており、前作『マッチ箱に架かる月』は劇団の最多動員記録を更新致しました。
当面は「福岡のあらゆる劇場で上演可能な劇団になる」ことが目標です。

公演に携わっているメンバー(5)

180948
ちる
役者・俳優

「firefly」に出演致します。
181536
中野 美春
役者・俳優 歌手

出演させていただきます!
Nophoto member
よつぴ
役者・俳優

役者です。なにとぞ
Nophoto member
mk2
役者・俳優

「firefly」に出演させていただきます。
13628
高橋 克昌
役者・俳優 その他(朗読家) 脚本 演出 演出助手

脚本、演出です。

このページのQRコードです。

拡大