スケベの話~オトナのおもちゃ編~

スケベの話~オトナのおもちゃ編~

ブルドッキングヘッドロック(東京都)

公演に携わっているメンバー:8人

団体紹介
「グロテスクな日常にささやかなおかしみを」をモットーに、不安、悪意、狂気といった人間の生き苦しさを描きつつも、それ故に発生してしまう、“おかしみ”に着目した演劇を創出する。また、人間の秘部を覗きこむ緻密な会話劇を特徴とする一方で、大胆な空間表現、各劇場の特徴を生かした柔軟な演出方法で、俳優と空間の特異な融合を提案する。

太宰治作品をモチーフに上演した『おい、キミ失格!』では、終盤で美術装置を解体し、広大な舞台空間を出現させる演出で観客を驚かせ、 昨年上演した『1995』では、激動の1995年に埋もれた無名のアイドルの静かな希望の日々と、2015年に暮らす元アイドルの鬱屈した日々を同じ空間にシームレスに重ね、果てには100年の時空を超える壮大な愛の物語へと昇華してみせた。

昨年で結成15年。作・演出の喜安が主宰に再任し、俳優のためのワークショップ開催や地方での劇作家育成にも積極的に参加している。他にも、音楽を担当する西山宏幸による音楽ワークショップの開催や、上演作品のビデオ上映イベントなど、劇場外の活動も精力的に行っている。
応募公演への意気込み
性欲の観点から人を見つめる“スケベの話シリーズ”最新作。「兵器」と「おもちゃ」を対のモチーフとし、大人たちの歪な欲望を炙り出します。

舞台は、とある将校の邸宅。宴席に集う軍人たちは皆、偏りと企みを忍ばせている。やがて、唯一健全なはずの中堅将校夫婦に、上官から意味深な遠隔スイッチが託される。経歴不詳の妖艶なメイドに誘われるまま、夫婦は宴の奥の妖しい世界へ足を踏み入れていく。スイッチが引き起こすのは、醜い争いか、淫らな戯れか…。

緻密にして執拗。欲望が欲望を生む軍人たちの会話劇。耳をすませば聞こえてくるのは隣国のマーチ?モーターの微音?戦争と性欲の狭間で電動玩具のように振れ動く、大人達のおかしみと哀しみをご堪能ください。

舞台をザ・スズナリの劇場中央に配置し、客席を手前と奥の2面に設置。挟み舞台で様々な角度から心の機微を覗き見していただきます。また、U-18割引、グループ割引などのサービスをご用意して、劇団未見の方のご来場をお待ちしています!
将来のビジョン
今年、ワークショップオーディションを経て準劇団員となった5名の俳優と、制作専任の3名のメンバーを加え、総勢26名となった我々は、組織を拡充させることで、作品の質と量の向上、活動範囲の拡大を目指しています。

具体的には、年2回の劇場公演の開催を維持し、近年定着しつつあるザ・スズナリでの公演を継続しつつも、3年以内に公演数の増加や中劇場への進出を果たし、動員数の倍増を達成させます。その第一歩として、本年は、4月にザ・スズナリでの最長公演期間となる12日間の公演を、11月には、こまばアゴラ劇場にて3週間に及ぶロングラン公演を実施します。

また、来年以降、1)地方公演の開催と継続、2)各地でのワークショップの開催、3)無料公演の実現と継続、を課題に挙げ、制作体制の整備と作品開発を進めます。年間の活動実績を充足させることで、“ささやかなおかしみ”の浸透を図るとともに、観客にとっても作り手にとっても、演劇が日常とともにある環境作りを目指します。

公演に携わっているメンバー(8)

185182
にしやま

脇ばっかり見ちゃいます。チラシ。
23251
キヤス
役者・俳優 脚本 演出

ずいぶんイヤラシイものになるでしょう。オトナですので。ご覧ください。
Nophoto member
山口かほり
役者・俳優

出演はしませんが、スケベにサポートします。
59735
バイシ
役者・俳優

出演します。淡白な方ですが、スケベであることには変わりありません。よろしくお願いします。
163126
halulu

制作として関わらせていただきます。 スケベ以外のなにものでもありません。
13396
ツルサキ
役者・俳優

出演します。おスケベに頑張ります。
12174
肉と飯
役者・俳優 Webサイト

出演します。もちろんスケベです。
162232
あだち
制作

制作です。制作ですがスケベです。

このページのQRコードです。

拡大