最新の観てきた!クチコミ一覧

81-100件 / 180627件中
生きる為には君が邪魔だった

生きる為には君が邪魔だった

劇団水色革命

新宿スターフィールド(東京都)

2024/04/10 (水) ~ 2024/04/14 (日)公演終了

実演鑑賞

満足度★★★★

とてもデリケートで難しい内容を題材しており、大変だったと思います。家族愛や友情を中心に上手まとめられてるなと感じました。面白かったと思います。皆さん熱演でしたね

生きる為には君が邪魔だった

生きる為には君が邪魔だった

劇団水色革命

新宿スターフィールド(東京都)

2024/04/10 (水) ~ 2024/04/14 (日)公演終了

実演鑑賞

満足度★★★★★

重いテーマだが、面白い場面が多く(山賊とか)アクションも切れていてよかったです。
タイトルの意味は最後に「そっちかぁ」となり考えされられました。

ハナコトバ -朗- for spring

ハナコトバ -朗- for spring

Daisy times produce

アトリエファンファーレ東新宿(東京都)

2024/04/10 (水) ~ 2024/04/14 (日)公演終了

実演鑑賞

満足度★★★★★

Bチーム千秋楽拝見しました。朗読劇は何度か拝見してますが、感情のこもった、情景が見えるようなお芝居でとてもよかったです。内容も上手くできていましたね。高3に出会ったことで病気は治まっていたと言うことなのかな思いながら見てました。皆さん感情豊かでとても個性的で可愛らしく、本当に心に響く舞台でした。いい時間を過ごせました。

世迷子とカンタータ

世迷子とカンタータ

9-States

駅前劇場(東京都)

2024/04/10 (水) ~ 2024/04/14 (日)公演終了

実演鑑賞

満足度★★★★

相変わらずグッとくる9-Statesらしいヒューマンドラマですね。いつもながら、何が正解かは分かりませんが。

ハナコトバ -朗- for spring

ハナコトバ -朗- for spring

Daisy times produce

アトリエファンファーレ東新宿(東京都)

2024/04/10 (水) ~ 2024/04/14 (日)公演終了

実演鑑賞

満足度★★★★

Bteamを観劇。きちんとした朗読劇ですね。聴き取りやすいし、ストーリーもおっと思わせる展開。じっくりと楽しめました。

エアスイミング

エアスイミング

カリンカ

小劇場 楽園(東京都)

2024/02/28 (水) ~ 2024/03/03 (日)公演終了

実演鑑賞

初日と前楽を観劇。
大好きな俳優二人ががっぷり四つに組んで火花を散らす。いや、違うな。決して戦っているわけではない。可愛らしさも、可笑しさも、激しさもぶつけ合っているけれど、相手を倒すわけでも、やり込めるわけでもない。それぞれが持ちうるスキルと感情を、これでもかと惜しみなく披露して、それが互いを刺激して、高め合う熱情がうねりのように遠心力を増して空間を飲み込んでいく。物凄いモノを観てしまったなという思いを客席が共有した。
ストーリーは二度見ても掴めなかった。理解しようとする程に混乱した。でもきっとそれが正解のような気もしている。なぜなら彼女たちは精神に異常をきたしているという話なのだから。終演後の腑に落ちなさは、まんまとしてやられたのかもしれない。

世迷子とカンタータ

世迷子とカンタータ

9-States

駅前劇場(東京都)

2024/04/10 (水) ~ 2024/04/14 (日)公演終了

実演鑑賞

満足度★★★★★

よかったです。クリエイティブな仕事をしている人にはかなり刺さるセリフがありました。

朗読劇「Aiと命」

朗読劇「Aiと命」

WizArt

Art Live Space 「Special Colors」(東京都)

2024/04/13 (土) ~ 2024/04/14 (日)公演終了

実演鑑賞

面白かったです。

将棋無双・第30番 ~神局のヴァンパイア~

将棋無双・第30番 ~神局のヴァンパイア~

E-Stage Topia

上野ストアハウス(東京都)

2024/04/10 (水) ~ 2024/04/14 (日)公演終了

実演鑑賞

満足度★★★★

「将棋無双・第30番」

昨年観劇した前作「将棋図巧・煙詰」で、真田林佳さん演じる伊藤看寿のセリフ「わが兄 伊藤宗看の将棋無双だって・・・」というのがあって、気になっていました。そして今回はその「将棋無双・第30番」。待ってました。

自分は昔いろいろ調べたことがあって、詰将棋の作問ルールやその難しさについては詳しい方だと思います。セリフに出てくる「不完全作」の意味も分かります。よくあるのが「余詰」と呼ばれるもので、別解があるものは不完全とされます。

完全作かどうかは作問ルールの範囲ですが、それを満たすだけでもけっこう大変なのです。しかも詰将棋はそれだけではなく、「問題として面白いかどうか」が重視されます。言い換えれば芸術的な価値です。

この「将棋無双・第30番」は手順を予習して臨みました。詰将棋としてすごい作品ですね。詰め上がり=最終形が「曲詰」と言われる、意味のある形になるものです。なんでも「神局」と言われているとか。これが江戸時代に作られたというのが驚きです。

ネタバレBOX

以前観劇した「煙詰」では伊藤看寿として出演されていた真田林佳さん。今回は5一の桂馬としての出演。看寿のときと同様の迫力あるお声は期待どおりでした。
そのペアとなる5三の成桂の中井杏奈さんとはまったく違う雰囲気なのが良かったと思いました。ペアを似たようなキャラで表現する舞台がけっこうあるのですが、遠目だとどっちがどっちか分からなくなってしまうので、はっきり違いがあるほうが好きです。
その桂馬と成桂は最初から最後まで動かないので話にどう絡むのか想像できませんでしたが、いろんな意味で絡んでました。

前作の煙詰ではギャグシーンは無かったのですが今回はテイストが変わって、遠慮なく笑ってよいシーンがたくさんありました。
前作にも出演された政田圭敬さんの「と金の精」にはびっくりしました。大笑いでした。
馬鋸でどう時間を使うかに注目していたところ、総動員でスピードアップして、これまた大笑いでした。
金将の出番が終わるシーン、まさか玉将が食べてしまうとは。飛び散る血の花が鮮やかでした。
何度も出てくる「反逆の逆十字」という言葉が詰め上がりを指していることは分かってましたが、最後に反転させるとは。その手がありましたか。

詰将棋を知らない人がどれだけ楽しめたかは分かりませんが、少なくとも、楽しめるように工夫されていたと思います。是非シリーズ化して欲しいです。
5月文楽公演「通し狂言 妹背山婦女庭訓」

5月文楽公演「通し狂言 妹背山婦女庭訓」

国立劇場

国立劇場 小劇場(東京都)

2019/05/11 (土) ~ 2019/05/27 (月)公演終了

実演鑑賞

満足度★★★★

 国立劇場で『妹背山婦女庭訓』を通しで観た。人生初の10時間半観劇である(3年前に京都で観た『繻子の靴』を超えた)。前回2004年の通し以来2度目だが、その時が初の文楽鑑賞だったこともあり退屈してしまい途中で席を立ってしまった苦い思い出がある。

ネタバレBOX

 第一部は歌舞伎ですら観たことのない段が観られてよかった。98年ぶりの上演となる大序「大内の段」は荘厳。二段目「芝六住家」はまるで忠臣蔵「六段目」のような筋と感じる。歌舞伎では1996年以来上演されていない。貴重な体験である。

 第二部の「山の段」「御殿」はこれまで見取りで何度か観ているが、前段を観ているためにより理解が深まるうえ歌舞伎との比較もあり面白い。「山の段」はアクロバティックで特に定高が感動的。何度も観ている「御殿」では求馬の冷酷打算ぶりに怒りを感じ、お三輪の哀愁が染みた。

 通して観ることで「国造りと抵抗」「喪失と和解」「自己犠牲と純愛」のような普遍的なテーマを強く感じられた。くわえて『妹背山』は天皇制支持者に市政の人々が巻き込まれていく物語であり、巻き込まれた人たちが死んだり家族と引き離されたりはするものの最後は嬉しそうであるという点が悲劇的と感じた。
八月花形歌舞伎

八月花形歌舞伎

松竹

歌舞伎座(東京都)

2020/08/01 (土) ~ 2020/08/26 (水)公演終了

実演鑑賞

 5ヶ月ぶりに開場した歌舞伎座の初日に勘九郎巳之助の「棒しばり」を観た。

ネタバレBOX

 入口で消毒・検温を済ませ自分でチケットをもぎったのちロビーに入ると、平時であれば売店の掛声や弁当・甘味の香りが漂うが、今はほぼ全て休店しているため閑散としていた。同様に客席も前後左右がつぶされた仕様でアナウンスに従い皆話し声も立てない。長いことこの劇場に通って初めて目にした異様な光景ではあるが、観客のマナーの良さを感じないではいられない。左右の桟敷をつぶし後方の扉から換気をしているのが目につく。

 開幕前にアナウンスで勘九郎が口上を述べると、本来は嵐のような大向こうがかかるところではあるが代わりに観客は拍手で応える。いよいよ幕開き。勘九郎の次郎冠者は棒指南の豪快さ、両手を棒で縛られてから酒をくむ手際のよさ、終盤の全身を使って舞台を駆け回る様と大したものである。巳之助の太郎冠者は輝くような顔つき、安定した発声がまず印象的。中盤の下半身中心の踊りのキレが良く、勘九郎とピッタリイキが合っている。この二人の亡父・十八代目勘三郎、十代目三津五郎の名コンビは対照的な身体性で魅せたが、この若いコンビは身体がよく動くのが身上。扇雀の大名が安定しており舞台を締める。

 まだ手探りの日々は続くだろうがなにはともあれ開場はめでたい。このまま無事に興業が続くことを願う。
夢の泪

夢の泪

こまつ座

紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYA(東京都)

2024/04/06 (土) ~ 2024/04/29 (月)上演中

実演鑑賞

満足度★★★★

井上ひさしの「東京裁判三部作」の二作目、2003年初演。音楽は宇野誠一郎(&クルト・ヴァイル=ドイツの『三文オペラ』の作曲家)だが、かなり狙ったマニアックな曲調。歌い辛そう。あえてそれをやっている感覚がある。今作では朴勝哲(パク・スンチョル)氏が独り軽快にピアノを奏でてくれる。

瀬戸さおりさんはここ数年、井上ひさし作品のヒロインを背負って立つ貫禄。彼女が象徴する気高き精神性が井上ひさし作品を別格とする拠り所となる。今作も最高だった。
MVPは秋山菜津子さんだろう。何でも出来るんだなあ。歌もずば抜けていた。本物。
藤谷理子さん(28歳)と張り合う、板垣桃子さん(50歳)、いや全く気付かなかった。この配役がズバリ。才能のある連中を集めた上で更に捻りを入れている。贅沢に面白いことやってんな。

戦後すぐの昭和21年(1946年)、新橋駅近くに法律事務所を持つラサール石井氏と秋山菜津子さん弁護士夫妻。秋山菜津子さんの連れ子で8歳の時に義理の娘となった瀬戸さおりさん。だがラサール石井氏の女癖が悪く夫婦は崩壊寸前に。
GHQの将校クラブで歌う歌手、藤谷理子さんと板垣桃子さんはそれぞれの夫が自分の為に作ってくれたオリジナル曲を巡って大喧嘩。音楽出版権を争う事に。
秋山菜津子さんには東京裁判にて、A級戦犯・松岡洋右元外務大臣の補佐弁護人の依頼が。占領国であるアメリカが裁く日本という国の罪、一体敗戦国にどんな弁護が可能なのか?

テーマは『戦争(歴史)を誰がどう裁くべきか?』。
演出家の栗山民也氏が稽古中、「今、こんな戯曲は何処にもないよ。」とポツリ。確かにもう誰も書かないし、書けもしない。
けれど本当の日本の歴史を誰かが紡いでいかないと。嘘ではなく、“本当”の歴史を。
かなり面白い、是非観に行って頂きたい。

ネタバレBOX

劇団チョコレートケーキの『帰還不能点』を観ていると、非常に判り易い。それは日本が何処で道を間違えたのか、そのギリギリのポイントを探る話だった。
1931年の満州事変(どさくさに紛れて満州を占領)を国際連盟に非難されたことを受け、1933年国際連盟を脱退。1940年日独伊三国軍事同盟、1941年日ソ中立条約を締結。(欧州へのアメリカの介入を阻止する為)。その中心人物となったのが松岡洋右。1929年に批准したパリ不戦条約(国際紛争解決の為の戦争放棄)が一つの論点に。

秋山菜津子さんは日本を弁護する為に、世界に通用する論理を模索する。それには交わされた法律(契約書)だけが頼り。今後の国際秩序の礎として、「平和に対する罪」「人道に対する罪」が戦争の抑止力と成り得るのか?

GHQの日系二世、土屋佑壱氏が自身の半生を語る。移民としてカリフォルニアで必死に暮らしてきた日本人、日系人は太平洋戦争開戦により敵性外国人として強制収容所に送られた。腕一本で築き上げた財産を全て没収された父親は夜毎うなされて泪を流す。青年だった土屋佑壱氏達は合衆国憲法を楯に取り、所長に抗議を繰り返し続ける。ならばと、文句を言った日系人達は軍隊に入隊させられて一番危険な戦場に送り込まれた。

在日朝鮮人の前田旺志郎氏はこの世界の仕組みについて気付いてしまう。「単純なことだった。世界に見捨てられただけなんだ。」見捨てられた者達にも人生は続く。さあ、見捨てられた自分はこれからどう生きてやるものか。

瀬戸さおりさんは土屋佑壱氏の話を聞いてショックを受ける。何も持たない弱者が国家の横暴と渡り合う最後の命綱が法律であることを知る。この契約書だけが生きていく為の頼り。法律を学び、世界と向き合う覚悟を決める。

作品はまあいつも通り何か中途半端な構成にも感じるが、このアイディアは凄い。これを語ろうとしただけで評価する。普通はそもそも語ろうとはしない。

「丘の桜(丘の上の桜の木)」の歌、この歌詞が物語に密接に絡まっていれば最高だった。
世迷子とカンタータ

世迷子とカンタータ

9-States

駅前劇場(東京都)

2024/04/10 (水) ~ 2024/04/14 (日)公演終了

実演鑑賞

満足度★★★★

舞台は説明の中であった
寂れた温泉街の旅館=湯鳥(ゆとり)のホールが設定
閑古鳥の鳴く街を人気の小説で舞台になってるとして
聖地巡礼で盛り上げようとして
様々な人々が旅館を舞台に繰り広げる
群像劇=主軸は小説関連=です
なかなか重厚だった
2時間5分の長丁場作品

ネタバレBOX

点と線のオブリビオンの舞台セットと同じだよなぁ と感想
デジャビュー

ラストにチラッと出てきた
湯鳥の温泉手ぬぐいがリアルでした=我感動

あいかわらずの
暗転+してのモニターでの台詞流しで
視線誘導して舞台から意識を逸らさせる手段は
ナインステイツ独自で良いなぁと感心デス
私を殺して...

私を殺して...

東京ハイビーム

地中海料理&ワイン Showレストラン「ガルロチ」(東京都)

2024/04/05 (金) ~ 2024/04/12 (金)公演終了

実演鑑賞

満足度★★★

テーブルに囲まれた舞台での
客いじりなどしつつ~の
テーブルトーク舞台といった感じでしょうか
韓国での舞台は普通に劇場での上演スタイルなのかしら?

ピアノの生演奏もあり
主役の汗だくの熱演も評価できるが
自分的には大ヒット~という感じはしなかったかな
いろいろと趣向を凝らしていてるんだけどね

東京の恋

東京の恋

劇団道学先生

新宿シアタートップス(東京都)

2024/04/09 (火) ~ 2024/04/15 (月)公演終了

実演鑑賞

満足度★★★★

公演名の東京・恋云々は中身にあまり関係ないように思われるが何か意図があったのだろうか。
3本それぞれ面白い。3本目の深井作は、突っ込み処には目をつぶったとして公演名に反してなかなかロマンチック。2本目の別役作品は、こんな手法で不条理な心の闇を表すとは・・・

ハナコトバ -朗- for spring

ハナコトバ -朗- for spring

Daisy times produce

アトリエファンファーレ東新宿(東京都)

2024/04/10 (水) ~ 2024/04/14 (日)公演終了

実演鑑賞

満足度★★★★

とても情感に溢れ、抒情的な朗読劇。
役者(女優)陣の朗読力は勿論のこと、全体の雰囲気作り‐‐‐音響・音楽、照明が物語の情景を巧く表現していた。少しネタバレするが、物語はチラシ説明(裏面)にあるように「青春カルペディエム forラナンキュラス」と「魔女のお茶会 forスノーフレーク」の2話から成る。この2つの物語は時間軸を隔てて関係している。何故 時間軸を違えて2話なのか、といったところが公演の肝。

「青春カルペディエム forラナンキュラス」は、高校3年の時の話であることから瑞々しい印象、一方 「魔女のお茶会 forスノーフレーク」はしっとりとした雰囲気を漂わす。役者が一部入れ替わることから、話し方や雰囲気が異なるのは 当たり前だが、2つの物語に共通した優しさは変わらない。そして それぞれの花言葉に込められた思いを紡ぐようでもある。

上演前から せせらぎを思わせる水音、そして朗読中にも水音や微風・涼風をイメージさせる効果的な音響。また情景を優しく包むかのように流れるピアノ音楽。照明は時間を表す、例えば 夕方(夕日)は茜色といった色彩。時々の照明の諧調が情景を、役者へのスポットライトは心情を見事に表す。
マイクを使った朗読であるが、聴き取りやすく しっかり物語の世界観に浸れる心地良さ。余韻と印象付けを意識したような演出に思える。
(上演時間1時間15分) 【Aチーム】

ネタバレBOX

朗読劇として横並びに椅子とマイクが4組。
「青春カルペディエム forラナンキュラス」と「魔女のお茶会 forスノーフレーク」の2話は、20年という時を経ている。「青春カルペディエム forラナンキュラス」は高校3年生の時に転校してきた南野ベルシアと地元の森宮咲胡の純真 繊細な友情を抒情的に描いている。「魔女のお茶会 forスノーフレーク」は2人が卒業して20年の時を経て邂逅するような展開かと思っていたが、実は違う人物。しかし この設定のほうが心に響く。

ベルシアは 父親の転勤のたびに転校を繰り返し、友達が出来ても すぐ別れてしまう。その淋しく虚しいを思いをしないため、敢えて友達作りをしない。しかし咲胡は、ベルシアのそんな気持を知らず、彼女に関心を示す。そして いつしか2人は親しくなり卒業を迎える。ベルシアは父の元へ、咲胡は刺激を求めて東京へ それぞれ違う所へ行く。

それから20年の時が過ぎ、咲胡は地元へ戻ってきて 魔女と呼ばれるようになる。毎日決まって行く喫茶店、そこへ(修学)旅行でやってきた福原という少女と親しくなる。彼女はベルシアの娘で、母は亡くなったという。携帯電話に親しい人の連絡先を登録しておいたが、壊れてしまい…。その後悔と謝罪の気持を伝えることを娘に託したようだ。咲胡は解離性同一症に悩んでおり、実は高校3年生の時はベルシアだけではなく、彼女自身も救われていた。

咲胡が、ウサギ(ぴょんきち)に話しかけていたのは、喫茶店オーナーで高校の飼育係の後輩としてなのか、またはウサギを擬人化させて独り言を呟いていたのか判然としないが、結末としては上手くまとめていた。それぞれの物語は単独でも味わい深いが、2つを繋げることで 人の情感や関係がより鮮明に描き出され 深みと幅が増していた。
次回公演も楽しみにしております。
SWITCH

SWITCH

ステージタイガー

松原市文化会館(大阪府)

2024/03/23 (土) ~ 2024/03/23 (土)公演終了

実演鑑賞

満足度★★★★★

奥様と二人で観劇。

生徒の安全の為とクレーマーに屈服し続ける先生。
批評に傷ついた部長と協調性欠く部員に振り回される演劇部。

忙しさにかまけ性急に結論を出したがる大人と、思った以上に敏感に感じとり傷つく子供達の融和の物語!

思わぬ結末に感動💓
タイガースイッチ泣けた😢💦

アルバート、はなして

アルバート、はなして

彗星マジック

in→dependent theatre 1st(大阪府)

2024/03/20 (水) ~ 2024/03/20 (水)公演終了

実演鑑賞

満足度★★★★

ベクトルチーム観劇。
私が観劇し始めた頃の彗星さんの匂いがプンプン(良い意味で)して堪らなく好み😍
なのに普段と違う雰囲気…
いつも拝見してる学生劇団の方🥰が多数、フレッシュで個性豊か、これはこれで有り、良かった👍

2020年版のアルバートを見逃し残念に思っていましたが、そういえば2013年版のDVDを買って観ていなかったのを思い出しました。早速、拝見しよう!

ノゾミのない

ノゾミのない

プテラノドン

シアター711(東京都)

2024/04/10 (水) ~ 2024/04/14 (日)公演終了

実演鑑賞

満足度★★★★★

素敵なお芝居でした。無意識にしていそうなことを感じながら拝見していました。友達と家族の大切さも伝わりました。皆さんの演技も素晴らしかったです。心が暖かくなる優しい時間ありがとうございました。

この話、したっけ?

この話、したっけ?

劇団伽羅倶梨

KARAKURIスタジオ(大阪府)

2024/03/16 (土) ~ 2024/03/17 (日)公演終了

実演鑑賞

満足度★★★★★

リーディング公演、楽日観劇。
超~頑固親爺に振り回される家族、親爺が逝って清々した筈が…

個々の家族のエピソードの出し方が上手い🤩
とんでもない親爺だと思ってたが、最後、心を掴まれ、涙が溢れた😢
家族の絆👨‍👩‍👧‍👦の物語、良いボイスシアターだった🥰Good Job👍
次回も楽しみ😍

このページのQRコードです。

拡大