富士山とヒツジの観てきた!クチコミ一覧

1-3件 / 3件中
川村美紀子『或る女』/ 佐々木敦『paper song』

川村美紀子『或る女』/ 佐々木敦『paper song』

OM-2

d-倉庫(東京都)

2017/10/10 (火) ~ 2017/10/11 (水)公演終了

満足度★★★★

鑑賞日2017/10/11 (水) 19:30

座席1階2列

観てきた!コメントをしたいけれども、一言で言い表せない。感想として書きたいことに、ネタバレもたくさんあるので、ネタバレしても大丈夫な方、ネタバレboxへ。。。

ネタバレBOX

今回の舞台は、佐々木 敦さんのpaper song、その後、川村 美紀子さんの或る女。
佐々木さんの描きたいこと、かなり心にずしっとくる事で、これは観る人を選ぶと思いました。多分、この、孤独や内包する狂気・内なる声や爆発あたりを理解できる人は、自身も豊富な孤独経験のある人。いじめとか、そんな事だけでは、もはや、ない。いや、いじめを簡単に考えているのではありません。社会というものに、自分だけが置き去りにされていく、それも長い長い間。もう抜け出たのか、それとも抜け出ていないのか、いつ抜け出せばいいのか、そのきっかけさえ掴めない、そういう人は、佐々木さんの表現を理解できると思います。でも、でもですよ、そういう人が見たら、一発でやられます。息が苦しくなっちゃうと思う。だから、観る人はそれなりに覚悟が必要な舞台だったな、と遅ればせながら思いました。

川村さんは、昭和29年と現代との、時空を超えた文通から露呈されていくものの表現。かたや、身体的な病いを抱えながらも乗り越えようとする、ただ、表面上は明るくしていてもその実、もがき苦しんでいる女性。もう片方は、現代の、モヤモヤしながらも答えを見つけ出そうとする、いや、本当の答えはどこかにあって、それは自分の内なるところにこそあって、それについては本当は、非常に早くから認識しているのに、汚い世界に身を投じて自分も汚いものになって、それでもまだもがいている。でも、汚くない。自分は汚いのがわかってここにいる。だから汚くない。そういう女性。

両者とも、表現方法、ダンス(無骨な佐々木さんと、しなやかな川村さん)、鬼気迫るような気迫、、、色々共通しているけれど、全て、空虚・無・そして死を連想させます。
わざとらしくは感じません。
ただ、連想される死の後に、また新たな生を感じる。
でも、清々しいとかなんとかではなく、ただただ、生と性の輪廻を繰り返す。

この2つの作品は、演出でも大量に使われた、paperでつながっている。
つながってはいるが、ただの紙でつながっているのではない。

paperは、レッテル。社会からのレッテルの意味もある。
紙やすりも。ヒリヒリと削る、紙やすり。
そして、名目だけで、実体や実質を伴わないモノもさすんだ。
paper song。実体のない歌。

そんなことを考えながら劇場を後にしました。
ダグー伯爵夫人のサロンPartⅡ

ダグー伯爵夫人のサロンPartⅡ

DGC/NGO 国連クラシックライブ協会

東京文化会館 小ホール(東京都)

2013/08/31 (土) ~ 2013/08/31 (土)公演終了

満足度★★★★★

リストの超絶技巧!
ショパンが素晴らしかった!
しかしショパンもさることながら、リストの超絶技巧練習曲が生で聴けると思わず、びっくりしました。
また、お芝居が間に挟まることで、マリー・ダグーの生涯は本当に華やかでドラマチックだったこと、不倫横行の時代にあっても愛人の子を出産するなどということはなかなか珍しかったのに、リストの子を3人も出産したこと、また一番びっくりしたのは、リストとショパンとドブォルザークとワグナー?は同い年だったらしいことなど、色々勉強にもなりました。また機会があれば伺いたいです。皆さんにもお勧めです。

千夜一夜物語アルフ・ライラ・ワ・ライラ -蒼き精霊の冒険譚-

千夜一夜物語アルフ・ライラ・ワ・ライラ -蒼き精霊の冒険譚-

劇団やぶさか

シルクロード舞踏館(神奈川県)

2012/04/28 (土) ~ 2012/04/30 (月)公演終了

満足度★★★★★

もう、いいのなんのって(号泣)
GW明けの投稿になっちゃってすみません(汗)
本当は、すごくすごくすごくすごく感動したことを
素晴らしいよ~って吠えつくしたまま
投稿したかったのでやんす(号泣)

さて、もう、ほんとすごいね。
この劇団は。
ツレは男の子だったもんで、感想を聞いてみたけど
女性ばかりの劇団という割には
構成が男性っぽかったっていう。

いや、たしかに舞監さん、違う劇団の男性だったのよね。
それにしても、本当に本当に、やぶさかってすごい劇団だよ。

こんなに大道具ないのに
いや、もちろん小道具もないし
周囲に絵があるわけでもないのに

小細工と
衣装と照明と音楽と
それに言葉づかい?躍動感?だけで

どうしてこんなにすごいんだよ。。。(泣)

次回も絶対見に行くから!
絶対絶対行くから(泣)!!

初めて見た劇団で、こんなに感動したのって
実は四季以来なんだよぉぉぉぉぉぉぉぉ(泣)

いや、四季は装置も大がかりだし
お値段もそんじょそこらのミュージカルより高いし
それに比べたらこの劇団さんは
小劇団の小劇団らしい良さがあるんだよってことなんですけど
ほんと、感動した。。。
感激したよ。。。

ありがとう!!
ありがとう、やぶさかさん!!!

このページのQRコードです。

拡大