Crossing,Christmas,Clearance.クロッシング クリスマス クリアランス 公演情報 Crossing,Christmas,Clearance.クロッシング クリスマス クリアランス」の観てきた!クチコミ一覧

満足度の平均 4.3
1-20件 / 33件中
  • 満足度★★★★★

    クリスマスの時期にぴったり
    バンタムらしくギャング達の駆け引きや抗争があって、バンタムらしくないおもちゃ達のファンタジー、本筋の親子や兄弟の関係性にそれぞれの成長。バランス良く観やすかったです。クリスマスの装飾に溢れる12月のこの時期によく似合う作品だなと思いました。何度も観ると分かったり気づくことが今回も沢山あり、番外編も併せて観ることでより登場人物のキャラクターや心情を推測ることができたのがよかったです。思い返してみればみる程、各登場人物に思い入れがわくのは役者さん達の腕でしょうか。あまり外で泣くようなことは無いのに、2度も泣かされました。最後は綺麗にまとめすぎかなと感じたり、番外はぐだぐだなとこもありましたが、観客を意識したからこそのサービスかと思います。東京に進出第一弾として色んな人に受け入れられやすいものという面もあったのではとも。実際バンタムを初めて観る友人を連れて行きましたが、楽しめたようです。拘りや信念はそのままにどんどん新しい面にも挑戦していってほしいなと思います。すこし気になったのが、パンフレットの文字組やレイアウトがきちんとしていないこと。座談会ページ、どう読んでいいのか迷子になりました。パンフレットまで買うのはその作品や劇団に共感や興味を持った人達だと思います。それなのに読みにくいのでは適切な情報伝達が出来ていない。もったいないです。無料で配られた相関図が劇中に関わるアイテムになってるなどは素敵だなと思いました。些細なことかもしれませんが、他にも制作陣の皆様にはもう少し頑張ってより良い公演にしていってほしいと思います。

  • 満足度★★★★

    狂ったクリスマス
    いつもより若干バンタム度低めではありましたが、バンタム初見には易しい内容かなと思います。
    大人になりたい子供たち、大人になりきれてない大人たち、喋る人形たち、兄と弟の隠し事、あらゆる事情が絡み合ってこの物語のクリスマスは出来上がる。今回はわりと救われたお話の印象です。
    相変わらずトチ狂った人物がいますね、ああいうキャラクターは大好きです。完璧とは言いがたくも、物語はかなり作りこまれていると思います。もちろんまだまだどうにかなったろうというところもあります。
    演出も大変いいのですが、強いて言えば指定席なのに舞台上の人物が見えないことが多々あるのは今後改善していただきたいなと思うところです。客席からの見晴らしを確認してもらえると、椅子の窮屈さ以前に前列の方の頭で見えないということが確認できるでしょう。バンタムさんの作品はよく人が撃たれて倒れるし、見えるか見えないかは大きいです。
    番外公演は個人的にはとても楽しみました、千秋楽だからこそあのお遊びができたとも思います。ただ、仕掛ける側の技量に共演者が追いついていないような印象も。諸々の事情はお察ししますが、結果的に作りこみの甘さが目立ちました。せっかくの二本立てでしたし笑いに笑ったものの、コメディをやるからには笑わずに笑わせる練習も必要かと思います。コメディは是非また挑戦していただきたいので、今度はきちんと作りこまれたものを期待しています。
    満足度は★3つ以上4つ未満、という具合です。

  • 満足度★★★★

    物語に引き込まれる
    本編、番外ともに2回観ました。
    番外は最初は探り探りな印象を受けましたが、2回目は役者さんたちも吹っ切れた感が見えました。
    ただやはり70分とボリュームが少ないのでさらっと終わってしまった印象は拭えません。もう少しはっちゃけてくれてもよかったかなと思います。

    本編は120分という時間の長さを感じないくらい、特に後半は、物語に引きこまれてしまいました。自然と登場人物に感情移入してしまい、自分でも気が付かないうちに泣いていました。

    贅沢を言うと、少しきれいにまとめすぎたかなーと思わなくもないです。もうすこし毒が強くても良かったとか、もっと余韻を残すような終わり方も出来たんじゃないかとか思います。最後のサンタの件は、蛇足感がありましたし。(まぁ、あそこは脚本の細川さんのどーしても言いたいことだったのかなとも思いますが。)

    舞台内容と関係ないところですが、初回ならまぁしかたがないと思えますが、開演時間が遅れるのはあまりよくないですね。
    それと、パンフレットの文字組がひどいので、もっとちゃんとしたほうがよいです。読む気なくします。

    力のある劇団さんだと思うので、細かいところにも気を遣って、がんばっていってほしいです。

  • 満足度★★★★★

    泣けました
    番外編を見てから本編を見ました。
    番外編は千秋楽ということもあり、役者さんが笑いを多いにはさんでくるのでとても面白かったです。
    内容がしっかりしてるので、最後まで引き込まれて観れました。

    本編は気付けば泣いてました。最高でした。
    内容が深く、役者さんが全員役にぴったりで、一人も違和感を感じさせなかったので一瞬も飽きることなく、この世界にのめり込めました。話の展開も面白いし、セリフがぐっとくるものが多かったです。
    とても心に残るいい舞台だと思います!!番外編と本編の絡みも楽しめました。

  • 満足度★★★★★

    心に残る
    最終日2公演を観劇しました。バンタムさん初めてでしたが、私にとっては、素直に感情移入ができる作品。家族を守る覚悟が、ズシンと胸に残りました。1回だけでは回収できなかった伏線もあるので、2回観て良かった!個性的な役者・キャラ設定・ストーリー、色んなスピンオフを作れそうな面白さを持っていると感じました。最終日は「マナー」がなかったのが残念!観たかった~。

  • 満足度★★★★

    大人向けファンタジー。
    『Crossing,Christmas,Clearance』を観劇。非常に完成度の高い作品でした。正攻法な作風でほぼ素舞台、しかも長尺(130分)ながら全く飽きさせない巧みなストーリー展開と役者陣の演技、見事でした。

    ただ個人的な好みで言ってしまうと、やや整然とし過ぎな印象も…。どちらかと言うと荒さが残るほうが好きなので。きっと短篇と合わせて観ると印象も違ったんだろうなぁ。

  • 満足度★★★

    人柄だけでは
    「Crossing,Christmas,Clearance」を観ました。
    設定は1960年代とのことですが、なにやら古めかしく、もっと昔のような感じです(禁酒法時代を描きたかったのか?と思ってしまった)。時代考証が曖昧なため、どうもしっくりきません。加えて、うまく雰囲気を作れない役者さんが多く、表面的な芝居になっているのが残念でした。
    ただ、この舞台の関係者の人柄は良いのだろうということはわかりました。

    ネタバレBOX

    役者さんの力量にバラツキがあり、未熟な役者さんが目立ってしまったのはどうかと思います。そこは演出側でカバーすべき部分であろうと思います。
    例えば、酔っ払いの演技が非常に表面的で、酔っ払っているようには見えません。単に巻き舌でセリフを言っているだけで、体が酔っ払いの動きではなく、違和感があります。そうした点は演出で指摘すべきであろうと思います。

    日本人が外国人を演じる時の違和感がとても出てしまっています。欧米人的な身振り・手振り、翻訳調の言い回しなど、なぜこうしてしまったのか?と思わずにはいられません。翻訳劇ではなくオリジナルの台本であるにもかかわらず、です。

    演技については粗さが目立ちましたが、銃器の効果だけは特筆すべきものがありました。マズル・フラッシュと銃声・薬莢のSEをどうやって同期させているのか、知りたいものです。
  • 満足度★★★★

    初バンタム
    番外編からだったので1人1人の関係、どのように出会ったのか想像しながら仕込まれたネタに笑い、楽しく拝見しました。
    そして本編を拝見し関係性に納得。どんどん変わっていく生活、成長していく子供達、裏切り者は誰なのか・・・過ちと真実。緊張感に痺れました。

  • 『C.C.C.』&『マナー』
    本編と番外編の両方観させていただきました。

    本編は、色んな想いが正にクロスした作品で、それぞれがそれぞれを想うんだけど行き違いもあり、それでも最後には心が温かくなるような素敵な作品でした。感動しました!

    番外編はずっと笑いっぱなしで、役者さんたちの本気のお遊びが楽しかったです。

    客席のぎゅうぎゅう詰めが少々しんどかったですが、舞台そのものは素晴らしかったと思います。

  • 満足度★★★★

    面白かったです♪
    短編「クロッシング・マナー」、本編「C.C.C.」共に2回ずつ観劇しました。
    どちらも面白かったですが、最初に観た短編が意外な展開で印象的だったこともあり、特に好きです♪ただ、内容は独立しているものの短編はやはりボリュームが少ないですし、本編への伏線もあるので、やっぱりセットでの観劇がベストだと思います。
    そして短編・本編を観た後での本編2回目は、違った角度から観ることができましたし新たに気付いたこともあって、より楽しむことができました♪再度観て本当によかったなと思える作品です。
    登場人物もみんなとても個性があって魅力的で大好きです。

    あと、今回の公演では全10回にゲストを含めたアフタートークがありました。
    初めて今作を観劇したゲストからの率直な感想や鋭い突っ込み、厳しい意見もあり、同意できる部分も。個人的に大好きな方のゲスト出演があったり、いろんな感想も聞けて面白かったです。

  • 満足度★★★★

    『クロッシング・マナー』観劇
    バタ臭さが似合っていました。

    ネタバレBOX

    レニーに足を洗わせるために伯父さんが中心となって仕組んだ大きな罠。殺人者として疑われたことに恐れおののいて逃げ出すかと思ったら真相には辿りつけなかったものの、脳天気なレニーは何となく解決し、またやくざな日々に戻るという、血は流れたけれど人は死なず、伯父の心甥知らずの60分の小編。

    実力があった上での淡々としたアドリブは見応えありました。

    それにしても、当劇団の舞台を一日3本も観る遠征者と思しき女性が多数、大多数と言っていいくらいいるのには驚きました。
  • 満足度★★★★

    初心者から観た感想。
    番外編と本編との二本立て。一回観ただけでは頭が追い付かない部分があったけれど、二回目でようやく二つのお話の繋がりが見えました。
    番外編クロッシング・マナーはあらすじの通り笑いありの内容で、所々笑いました。初日と千秋楽を観たのですが、一回見たはずなのに、初日にはなかったネタが千秋楽に現れたりと先の展開を知っていても笑われずにはいられませんでした。ですが、少々やりすぎたのか、役者さんたちも笑いをこらえきれず台詞を噛み、ぐだぐだな状態になってしまったのは少し残念です。
    本編C.C.Cは番外編とは打って変わってシリアスな内容。重々しい雰囲気でありつつ、キャラ一人一人の個性がしっかりとしていて最後まで目が離せれませんでした。特におもちゃの人形の三人組が可愛くて、暗い雰囲気を吹っ飛ばしてくれる三人の遣り取りが好きでした。
    バンタムの舞台初めて観ましたが、面白かったのでまた機会があれば観に行きたいです。

    ただ、気を付けていただきたいことは開場・開演時間の遅れ。
    初日は仕方ないかなと思いましたが、、三日目にしても改善されてなかったので今後はできるだけスムーズにいくようにしてほしいです。

  • 満足度★★★★★

    泣けました。
    初日の6日に観に行きました。
    最初は番外編の「クロッシング•マナー」からだったので、時代設定と役名しかパンフレットからは分からなかったのでドキドキしましたが、ストーリーもしっかりしていたし。何よりキャストの皆さんが一体となってギャグを織り交ぜてラストへと繋げて行っていたのが良かったです!夜からは「C.C.C」本編を観させていただきました。先に番外編を観たので受け入れられるかと不安もありましたが、先に番外編だったからこそ本編のストーリーやキャラクターが生きて来て、ストーリーも切なくバンタムさんならではのガンアクションもあり、ラストは大泣きしました。心が暖まる内容だったと思います。初日故の間の取り方とかは、ん?となる場面もありましたが、次回公演も楽しみにしています。以下はネタバレへ。

    ネタバレBOX

    番外編の私のツボはやはりカルロでしょう!キャラクターに反しての笑いの取り方!涙が出ました。あとはヒューズをいじるレニーですかね、ここぞとばかりにいじめていたように思います(笑)本編ではオモチャのコーエン、リリエンタール、ジェシカ。3人の掛け合いが親子、そして兄弟の悲哀を引き立てているような気がしました。レニーを取り巻く環境が徐々に悪くなるのを感じながら、ラストはどうなるのかとハラハラしました。ニールとセシルの親子も、悲しかった。そこから記者さんとの繋がりへと発展しているのかと思うと鳥肌が立ちました。深い物語だと感じました。
  • 満足度★★★★★

    東京移転第一弾の意気込み
    大阪本拠最終公演で見せた「新しいバンタム」とはまた異質の「新しいバンタム」を見せてくれたと思う。
    細川さんの引き出しの多さに感嘆すると同時に、これまでのバンタムもまた見たい、そんな思いを抱いた。次回公演は再演なのでとても楽しみ。今は、息の詰まるバンタムクラスステージのらしさを早く味わいたいと欲している。(公演が終わったばかりなのに!)
    今公演も息の詰まる瞬間が幾度もあった。舞台の上を走る緊張が客席のすみずみにまで届いていた。その緊張の和らげ方が様々で、時に笑わせられ、時に涙を誘い。クライマックス近くはあっという間。やりきれない思いで舞台を見つめることになる。
    お話が良いだけでなく、実にこだわった見せ方を作り上げてくれるので、いつどこを切り取っても美しい舞台になるバンタムさん。今公演も同じくでした。素敵な公演でした。満足度を最初は4にしてましたが、やっぱり5です。アンサンブル無し・全員がなにかしら印象の残る役だったり、音楽によるテンションの変化や語気を変えることで起こる笑いなどなど、脚本演出の細川さん、本当におつかれさまでした!


    内容が良いだけに、受付対応や列対応などもう少しやりようがあったかなという点は次回以降の宿題かなと思います。贔屓目で甘くなってしまうのですけれど。制作陣の皆様、がんばってください。。

    ネタバレBOX

    シアターKASSAIの舞台に浮かび上がったのは男ばかりの家族の物語。物言わぬ父親、年の離れた弟の無垢を守ろうとする長男、父と兄に育てられたためか二人との隔たりを感じはやく“二人に認められる大人になりたい”と願う次男。隔たりは確実に存在する、それを観客にゆっくりと丁寧に悟らせる手腕はさすがです。なんとなく予想のつくそれが明らかになるのは終盤で、そこからはあっという間。三者の思いは崩れる。しかし長男のもとには新しい家族があり、次男もまた気持ちの整理をつけてのラスト。美しい舞台でした。

    本編は暗転せずに始まるので最初はびっくりしましたが、それもまた挑戦であり効果。死体が歩いてはけるのはどうか、というコメントを見ましたがわたしは好きです、良い効果だと思いました。一度目は主人公がどう受け止めたかというシーンかなと感じ、二度目は殺したほう殺されたほうどちらの感情もよくあらわしているような。ほんの10秒にも満たない視線の絡みが見ているほうにもたらす感情というのがあったと思います。

    知っていたけれど、あらためて。場面を美しく作ってもらえるととってもひきこまれるなと感じました。
  • 満足度★★★★

    観てきました
    本編のバンタムらしさ、番外編の珍しくコミカルな感じ、どちらも面白かったです。
    どちらも2回ずつ観たのですが、本編は登場人物の関係性が分かった2回目は1回目に聞き流していたようなシンプルな台詞にこめられた感情がより伝わってきました。
    1回だけ観るのと、複数回観るのでは感想がだいぶ変わりそうなストーリー。

    前列は小さな椅子という案内は聞いていたのでそれはいいのですが、初日夜はあまりに横との間隔がなく、最初は隣の方とがっつり触れ合ってしまう状態でした。
    東京拠点初のお芝居をより多くの人に観てもらいたいという気持ちは分かるのですが、開演から終演まで気持ちよく観れてこそのいいお芝居だと思うので、もう少し収容人数に気を使って頂ければなと思いました。

  • 満足度★★★

    短編「クロッシング・マナー」を観劇。
    短編「クロッシング・マナー」を観劇。

    当然かもしれないが、長編に比べると物語に深みなく、演技演出にも特段の味付けもない。

    わざわざ短篇を設定しているからには、長編では決して観られぬ「ええーーーっ」という部分があってほしかった。


    両方観終わって、私は正直なところ、長編だけ観れば、短篇の方は観なくてもよかった、という気持ちになった。

    私が観た時は、この演目の千秋楽、ということもあって、出演者が笑いを取るための悪戯?があった。


    客席のギャル客らへのサービスなのだろう。彼女たちには受けていて、ま、それでいいのだろうが、他の大人の客はひいていたと思う。

    私も、率直に言って苦々しく感じた。

    以下、ネタばれ。

    ネタバレBOX

    今回、客席のギャル比率が高くなっているのに、驚いた。
    少なくとも東京公演では、以前はこんな雰囲気ではなかったと思うが。

    観客動員数の増加は、大いに喜ばしいことだが、くれぐれもアイドル劇団にならないで欲しいと思う(笑)。

    もちろん、そんなことにはならないとは思うが、この日の、あのシーンを観て、ちょっと心配になった。
  • 満足度★★★

    濃厚な物語
    密度の高い物語を丁寧に描いていました。
    いろいろと物足りない部分もありましたが、濃厚な時間であったことは確かかと。
    演出等は好みでしたし、役者さんも素敵な方がたくさんいらっしゃいました。
    椅子とテーブルくらいしかない舞台上に、その場面の情景を鮮明に思い浮かべさせてくれるような音響や照明も凄く良かったと思います。

    ネタバレBOX

    本編から見て番外を2度挟み本編、というように2回ずつ観ましたが、個人的にはこれが一番ベストな観方だったように思います。1960年台のボストンと言われて、当時の時代背景がすぐに理解できない程度の知識力なので、何度か観ないと難しいところがあり…。そういう意味では、あまり親切な物語ではないのかな、と。

    本編のストーリーに関しては「こうだったらもっと好みだったのに」と思う部分がいくつかあったり、あとはやはり少々長めに感じました。超満員のKASSIだったので暑いし息苦しい…。
    ハードボイルドかファンタジーかに絞った方が案外良かったのでは…?

    番外に関してはおふざけなコメディということで、私はこちらの方が好きです。本編を観ることを前提にしていると思うのでこちらだけだとどうなのかという気にはなりますが、両方観ていればそのギャップを楽しむことが出来ます。特にイタリアンギャングのボス・カルロ。本編の通りカッコいいんだけれども…笑 他の出演者の方まで笑ってしまったのは少々頂けないけれども…。
    本編の世界観を残したまま、そのギャップを楽しむものだと思うのでもっとおふざけでも良いかと思います。

    あとは他の方も書かれているような、客入れや物販対応に少々疑問が合ったのも確かです。
    作品自体は良かったのに…となってしまうのは悲しいです。

    東京拠点第一弾ということでしたが、今後の東京での活動も楽しみにしています。
  • 満足度★★★★★

    一層腕によりをかけ念入りにつくられた極上の一品。
    長編作品『Crossing,Christmas,Clearance.』を観劇。

    いやー、素晴らしい作品でした。



    私は、こちらの劇団の東京公演はこれまでいくつか拝見し、大ファンになったのだが、今回作品はこれまで以上の完成度、深み、演出演技のバランスのよさ、があったと思う。

    愚考するに、東京本格進出ということで、細川シェフはいつもより一層腕によりをかけ念入りに、極上の一品を創り上げた、とおぼしい(笑)。


    何よりも、結末まで観客をハラハラさせずにおかないサスペンスフルなクライム・ストーリィと、少年の成長物語とを、見事に調和統合させた点が素晴らしい。

    荒々しく殺伐とした時代。だが、それだけに人間たちがいきいきと生きたさまが、鮮やかに描かれていたと思う。




    以下、ネタばれ。

    ネタバレBOX


    ラスト、実は本当の黒幕は自分の父親だった、という結末は、ベタなよくあるパターンなのだが、私はそこまで推理出来なかった(^^;。

    悔しい(笑)。

    が、これは父親役に上杉逸平という俳優を配した、演出の腕、そして上杉氏自身の演技力の賜物だろう。

    彼は、そんな(黒幕だという)気配を、微塵も感じさせなかった(笑)。


    他の出演者の中では、以前、salty rockの芝居に出演していた宮澤さくらが、少年役で好演していた。

    何より、演技が「的確」なのがよかった。



  • 満足度★★★★

    メリークリスマス!
    7日に本編と番外編を観劇しました。
    家族を愛する者たちの、切なくも暖かい物語です。
    兄弟がいる人は、自分の兄や弟の事を思い出すのではないでしょうか
    瞬きする間も惜しく、最初から最後まで目が離せない作品です。



  • 満足度★★★★

    薬莢…「C.C.C.」本編
    大切な家族を守ろうとして男がとった行動は、思いがけない真実に辿り着く。
    1960年代、移民が生き抜くための知恵とはいえ
    イタリアンギャングとアイリッシュギャングの抗争が続くボストンを舞台に
    あるユダヤ人一家の歴史を紐解いていく緻密な脚本が見事。
    バンタムらしい豪快な銃声が響く一方、家族への情愛や仲間への信頼が
    細やかに描かれて切ないストーリーになっている。
    銃声の後、薬莢が転がる乾いた音がたまらない。
    “やっちまった”感と何とも言えない“撃つ者の痛み”が残る音だ。

    ネタバレBOX

    玩具屋から身を起してビデオゲームメーカーCEOになったアルフレッドが
    廃墟となった倉庫で自分の半生をルポライターに語るところから始まる。
    虐げられたユダヤ移民の一家を守るために自分の父がやったこと
    それを許せなくて兄がとった行動、それを見ていた子どもだった自分。
    全ては、一家を取り巻く容赦ない“歴史の日陰”で起こった出来事だった・・・。

    サスペンスだから詳細は語らないが
    登場人物がとても上手く整理されていて洋物特有の(名前とか)わかりにくさがない。
    客席には人物相関図が配られているから良く分かるが、
    それが無くても充分把握できる。
    暗転せずに整然と行われる場転(と言ってもパイプ椅子と折りたたみテーブル)
    のおかげで複数の場所・過去と未来が自在に切り替わる。
    このスピーディーさも“映画のよう”と評される所以だろうか。

    登場人物がとても魅力的。
    ある決意を持ってギャングの世界に足を踏み入れて行く
    兄レナード(福地教光)の、明るい屈託のなさと悲壮な決意が同居する人物像が立体的。
    レナードのキャラが、事の明暗とリンクして結末の救いにもなっている。
    この人が泣く場面は説得力があって、追いつめられた人間の苦悩が浮かび上がる。

    弟のアルフレッド役の栞菜さん、兄に憧れ誇りに思う少年らしさが素晴らしい。
    小柄なせいかいっそうリアルで可愛らしい。
    イタリアンギャングのボス、スタイリッシュで冷静なカルロを演じた
    松木賢三さん、一瞬見せた狂気が弾けていて素晴らしかった。
    その手下の殺し屋カレンダー役斉藤厚さんのたたずまい、立ち姿、帽子の被り方、
    舞台上いつどこにいてもきれいな姿勢にはほれぼれした。
    アイリッシュギャングの酒場を仕切るヒューズのキャラも素晴らしい。
    演じるドヰタイジさんの声と、度胸の良いキャラがぴったり。
    殺陣師でもあるというドヰタイジさんの別の顔も観てみたくなった。

    おもちゃが喋るという設定は、クリスマスファンタジーらしい展開で
    暗くハードな世界とセットになって一層切なさが増すのかもしれないが、
    私の好みからすると少し緩くなって物足りなさも感じる。
    あの、もっと死ねばいいとかバンバン撃てとかそういうことじゃなくて…。
    例えば「ルルドの森」の(これしか観てないので比較対象はこれのみ)
    犯罪心理に迫る分析とか、わかっていながら傾いていく人間の弱さとか
    そういう展開に息詰る“暗い緊迫感”があった。
    あれが他に無い新鮮さだった。
    基本あの感じを突き詰めて欲しいというのが個人的な好み。

    レナードが持つ少し細身のあの銃は
    コルト○○とかワルサー○○とか名前があるんだろうか?
    ガンマニアじゃないのでよく分からないが、そんな情報も
    史実に沿って教えてもらえたら面白いと思う。

    個性的で完成度の高い劇団が東京に来てくれて、楽しみが増えた。
    次に暗闇で薬莢の音が響くのは来年3月、待遠しいなぁ。

このページのQRコードです。

拡大