キャンベラに哭く 公演情報 キャンベラに哭く」の観てきた!クチコミ一覧

満足度の平均 3.5
1-19件 / 19件中
  • 満足度★★★★

    今後.....
    良い意味でも悪い意味でも「若さ」を感じたステージでした。 屈折やコンプレックスを秘めた登場人物の設定等、今後どんな作品を作っていくのか楽しみな部分も感じられました。

  • 満足度★★★

    何だか切ない
    普通に笑わせる芝居かと思っていると、笑いが不条理な方向に向かい、不条理な切なさ、不条理な日常、普通の日常、等、いろいろな要素が入り交じって最後は少し切なく終わる。惜しむらくは、やや冗長かな、と。個別のエピソードを整理したり、収束をスッキリさせたりして、100分の芝居だったら、とても良い感じになるのだろうという気がしてしまった。メインの長井短は19歳らしいけれど、ヴィジュアルも含めた存在感は強い。

  • 満足度★★★★★

    面白かった。
    とても面白かったです。役者さんたちがとにかく魅力にあふれていました。特に主役の兄妹のインパクトはすごかった。もう上手い下手とかそういうことじゃないみたいな。ずっと笑って観れました。個人的にはすごくまともな演劇をみたという感じがしました。皆で歌う歌のスタッカートが効きすぎているのがつぼでした。また次も観に行きたいと思います。

  • 満足度★★★★

    やられた
    本と演出のぶっとびかたも、役者の振りきり具合もよかった。長井短さんが特ににツボだった。そして、静かめのキャラではあったが堂本佳世さんの丁寧さが素敵で大好き。

  • 満足度★★★

    千秋楽を観劇。。。
    重いテーマを扱いつつも全体的にはぶっとんだコメディ。面白いんだけど、いろんな要素を盛り込みすぎたせいか、物語の主題がどれなのか判り辛かった。


    ネタバレBOX

    歌(合唱)は必要だったのかなぁ? ゴメン、狙いが今ひとつ理解出来ませんでした…。
  • 満足度★★★★

    ガツンとヤられる
    何年か前の柿喰う客を想起させる不道徳さの漂う群像劇がやがてブッ跳び方向に転じフルスロットルになったところで終幕という構成にガツンとヤられる。
    また、各キャラが見事にハマっており、説得力があると言うか何と言うか。(笑)
    某団体(敢えてドコとは言いませんが)の持ち味を洗練させたような印象も。

  • 満足度★★★★

    よかったです
    無茶苦茶やってますが、何か胸にグサッとくるようで惹かれますね。作者にシンパシーを感じるのかな。

  • 満足度★★★★

    トマホーク
    面白い。120分。

    ネタバレBOX

    ヌル(長井短)…女子高生。とり人間コンテストに出たい。オダヤマに体育館裏でヤラレタ。
    マサオ(森崎健吾)…ヌルの兄。ヌルに乳首をなめられて、ヌルじゃないと勃起しない。終盤でヌルを犯す。
    サブロウ(野沢ハモン)…ヌルの父。妻が沼で死んで、沼の存続を願う。
    冬子(力徳朋)…根暗な女子高生。ヌルと相撲をとって、ちょっと打ち解ける。
    カスミ(菊川朝子)…冬子の母。姉のサクラを殺したキジマの罪を問う。
    スミレ(堂本佳世)…カスミの妹。サクラ死亡後、離れていたがオーストラリアの鳥の顔がキジマに似てて舞い戻る。キジマを恨む。
    トマ子(日高ボブ美)…ロンスカでパワフルな女子高生。なんだかんだいって物事に一番理解がある。
    キミドリ(津和野諒)…ムコウジマらの友人。マサオが好き。ツッコミが冴えてた。
    ムコウジマ(糸山和則)…成績優秀な高校生。勉強だけでなく筋肉質で飛んだり跳ねたり。
    オダヤマ(野田慈伸)…粗野っぽい高校生。
    キジマ(成瀬正太郎)…ヌルらの教師。元苛められっこで、サクラを殺し首を切断する。
    カイバラ(渡邉晋)…用務員。ブルマの収集に励む。

    片親、セックス、いじめ、ひきこもりなど、思春期っぽい材料がぶっこまれた作品。歌とか、派手めなアクションとか、かなり強引な作品運びで、ストーリー的なうんぬんは掴みにくいが、潔いパワフルさがいい。描き方が十分かはわからないけど、群像劇的な意味で、各人のエピソードの絡まり方やバランスは良いと思う。

    下ネタが多いが、笑える箇所も多いのもいい。20分くらい短めにしてさらに加速度上げた舞台だどなお良かった。独白なとこはカットでも良い気もするし。ヌルが終盤でトリになって産卵するシーンは、折角の見せ場?なのに、落ちた卵が見えにくいのが残念。
  • 満足度★★★★

    みました。
    取り立てていやな感じのところはなくむしろ面白かったんですが、なぜか長く感じてしまいました。
    春渡家の人々はよかった。小道具と衣装は凝り過ぎでは?

    ネタバレBOX

    継続的ないじめへの突発的反撃としての犯行ならば一時的心神喪失のため無罪でいいんじゃないでしょうか。
  • 満足度★★

    困りました
    この手の舞台正直苦手で、本当に言いたいことが何なのか、私には伝わってこないのである。
    何でこのタイミングでこれ?このシーン必要?、この場面こんなに長いの?
    タイトルは?
    という疑問符がでてきてしまう。

  • 満足度★★★

    消費する人生
    タブーを犯さないと存在が出来ない様な閉塞感。チラシの公演説明と写真に惹かれて見に行きましたが、予想以上にはちゃめちゃで、途中、何度も見たことも無いような変で突き抜けてるシーンがあって、それは見れて満足でした。物語に共感というより、こういう作品を創る人の想いに共感、というか興味があるなと思いました。

    ネタバレBOX

    とにかく全般通して、ネタフリに全力で突っ込む感じが爽快でした。安心して笑えます。半裸で走り回ったり、最後に産卵するのも、意味なんかなくても、下世話な気持ちで楽しめました。全般通してサービス精神満載なので、それだけで十分満足。でも、観劇して感じるのは強い「諦め」の感情で。こんなに突き抜けて、バカバカしいことしてるのに、腹の底から登場人物たちは生きている事を楽しんでないように感じる。それは、創り手の野田さんの感じる現実への視点なのかなと邪推してしまう。そうした現実社会への強い諦めの感情と、それでも演劇をしないといけない衝動の一致点が今回の作品だとすると、共感しつつも、寂しく思える。明るくて正しくて前向きな物語なんか見たくないけど、諦めてしまう物語は個人的にはあまり好きじゃないです。
  • 満足度★★★

    なんか雰囲気はあった
    上演の内容はというと。とほほ。ぼくにはさっぱりわかりませんでした。何やってんだろう、この人達っていう思いが。結局、最初から最後まで。

    いちばん面白かったのは、用務員のおじさんかな。最初のほうでボクシンググローブつけてたような気がするんだけど、気のせい?
    またその格好で登場するのかなと思ってたら、そういうことはなく。
    なんかこう、固太りで、身体のフォルムというか、シルエットというか、お腹の出具合とか、そういうのが面白いなあと思ったなり、用務員のおじさん。
    おいしい役だったのかなあ。あんまり出番はなかったけど。
    他のひとは作りすぎ。あるいは無理しすぎ。(ほんとか?)

    ネタバレBOX

    ギャグで笑かそうとしてて失敗してた。
    演技で笑かそうとしたほうがいいと思うよ。(わ~、偉そう)

    最後、股間から卵が落ちてきて、それからローションなんかもタラタラ~。
    汚い。ひいた。卵、もったいない。

    殺して、首ちょんして、木の洞に隠す。昔の酒鬼薔薇なんとか事件を思い出しました。
    あの犯人が少年院を出て、教師になったら、どんなだろうと、観ながら想像した。
    「いま舞台で観ているような感じとはちょっと違うだろうなあ」
    では、どんな感じなのか?と問われても、うまくは言えないんだけどね。

    被害者の妹。教師に向かって「死ね」とか言ってた?
    いつか許す気持ちにならないと、心の平穏はずっと訪れないよね。

    いいお姉さんがセーラー服とか着ちゃってさ。お兄さん連中も学生服。なんかなあ。
    似合ってたのは、一人だけですぜ、セーラー服。赤いヘッドフォンの。ふう。そういう意味でもきつかった。
    てへへ。ごめんなさい。
  • 満足度★★

    うん。
    訳がわからないよ!笑。 なんか放送事故をずっと見ているような感じでした。笑。 あと、これは公開セクハラか何か?笑。 役者の方々それぞれの面白さは突出しているのですが、全体としてはそれが活かしきれてないように思いました。 ネタが過激で面白いのはいいのですが、そのせいでかメインのストーリー?が陳腐に見えてしまったような気がしないでもありません。 それに、どこまでが真面目でどこまでがネタなのかもはっきりせず、どっちつかずのような感じがしてしまいました。。 もう少し収束する感じがあればもうちょっと楽しめたかも。 スイマセン。。 ラストの後味もちょっとよくなかったかなぁ。。 演技の上でのこととはいえ、メインの女性の方が可哀想にしか見えませんでした。。ハハ。。



  • 満足度★★★★

    長井短の個性をうまく生かしている。
    桃尻犬の公演は、私は初めての観劇。昨今の若手劇団に共通したテイストが漂う印象。

    しかし、分かりやすさと分かりにくさのバランスの匙加減がとてもよく、観客を最後まで惹きつける面白さはあったと思う。



    出演者の中では、長井短の個性が光っていて、とてもよかった。

    彼女の出演作は、以前『問フ』を観ているが、その時より数段素晴らしい。

    今回は、彼女の「どこか不幸な感じ」というキャラを生かしてあて書きしたのだと思うが。



    以下、ネタばれ。

    ネタバレBOX

    ストーリーはいくつかの話が混在し、絡まって進む。だが、話の筋はさして重要ではない。

    一言でいえば、現代の生きづらさ、鬱屈感みたいなものを演劇化したのだろう。

    最近、若い劇団で、この種のテーマを扱う芝居が多い。

    登場人物は、誰もがどこか神経症的で、決まって近親相姦的な話が出てくる。

    その意味では今回の芝居も多分に類型的といえる。

    だが、オーストラリアの絶滅寸前の鳥のイメージ等ディテールが面白い。そこに個性が感じられ、楽しく観ることができた。



  • 満足度★★★

    シナリオ
     芝居には様々な要素があるが、最も大切な物に脚本があるのは今更言うまでも無い。今作の脚本の弱さは、小さな地方集落の濃密な空気や厭らしい人間関係の煩わしさが、伝わってこず、本来、その空気と対比されるハズだった諸外国の本質も伝わってこない点にある。人気TV番組の真似が何度も出てくるのだが、舞台関係者がTVを真似てどうするつもりだろう? ギャグセンスもこのレベルでは、地方の持つ閉塞感も描けない。結果、苛めの果ての殺人事件や、その後、閉鎖的社会内部での精神的葛藤や鳥への憧れに、リアリティーや裏打ちする強度が無いのだ。せめて演出が作家と別であったら、こういった不備を指摘出来たのかも知れないが。更に、異文化の捉え方も、通り一遍の机上の論理を述べるに留まり、異質な物との葛藤やその先の深い理解が無い為に、身体化されておらず、単に知のツールに堕している。
     以上のようなことが重なった結果、役者が役作りをするに当たっても苦労しただろうと考える。

  • 満足度★★★★

    面白かったけど、ちょっと長かったかな・・
    役者全員に見せ場があって、
    とても見応えがあったです。

    ただ、全員に十分に見せ場を与えすぎたせいか
    ちょっと全体を見ると長くなってしまった印象が出てしまったのが残念かも。

    久々に菊川氏を観た気がするけれど、
    落ち着いて舞台の上で遊んでいる感じが
    とても印象に残った(笑

    もうちょっとだけ短ければ、
    エンターテインメント小劇場作品として誰にでも勧められるのになぁ・・(苦笑

    まぁ、自分が前夜ライブに行って12時近くまではしゃいで飛び跳ねてたので
    体力不足だったというのもある鴨なんですけど・・(苦笑

    ネタバレBOX

    歌うときさりげなく登場人物全員と肩を並べるように後ろに配置される
    タヌキの置物がなぜかとてもリアルだった(笑

    真剣な対話シーンのようでも
    さりげなく後ろでアホな男子高生が死にかけてたり、
    全般的に舞台の上で瀕死の人間が多く(笑
    役者たちはさぞかし瀕死の特訓を受けたのではないかと思ったり。
  • 満足度★★★★

    飛んでいて、面白い!
    展開のぶっ飛び具合もとても面白かった。
    飛びながらも、きちんと中心のテーマらしきものがあるのも良かった。

    演劇的な嘘を全面に出しつつ、その嘘に役者自らツッコミを入れながら物語を進める演出もとても面白かった。

    作・演出の野田慈伸さんが、役者さんでもあるということで、とても役者の魅力を活かすのが上手い脚本と演出だったと思います。
    それにより、役者さん達の演技もとてもよかった。

    ネタバレBOX

    演技・演出の質や表面的なものは全然違うので、影響は受けていないかもしれないが、ある部分では、とても唐十郎さんの舞台に近いものを感じた。

    それは、まずは、物語の飛び具合。イメージが様々に飛んで行くが中心軸はきちんとあるという点。それはとても刺激的で面白かった。

    そして、役者の演技が脚本を食い破ってくる点(唐さんで言えば、特権的肉体ということになるのかもしれない)。脚本ありきで舞台ができているように見えないのだ。役者の演技を面白くするために脚本があるようにもみえる。当て書き、もしくは当てて書き加えた部分などの多かったのでは?そして、舞台を作りながら、かなり本も変えていったのではないか?
    とても面白い脚本・演出だった。

    たぶん、唐さんに似ていると思ったのは、作・演出の野田慈伸さんが御自身で役者やられていて、出演もされているということと関わりがあるような気がする。舞台を舞台の外側から見ているという感じがしない。舞台の面白さは役者の中にあるということをよく知っているという感じがした。


    また、設定に無理がある部分も多々あったが、そもそもリアリズム演劇では全くない(演劇的嘘に自分でツッコミを入れながら物語が進んだりもする)ので、そのご都合主義もそれほど気にならなかった。
    ただ、少年時代に殺人を犯した人間が、地元で教師になっているという設定だけは、その部分が、この物語の中で最もシリアスな場面と関わるところだったので、そこだけはちょっと気になった。あそこは真面目なシーンだったので、嘘っぽい設定には見えない方がよかったと思う。殺人を犯した人間が、その場所で教師をしていくことはあり得ないので。(笑いの部分だったら、それ位の設定はこの作品においては全く気にならないのだが。)

    下ネタの描写は、私はそれほど嫌とは思わなかったが、ことさら下ネタだから面白いとか、下ネタであることにより一般的な倫理観を挑発しているという感じでも無かったので、これだけ面白い作・演出ができるのだったら、あえて下ネタをこれほど大々的にやらなくても良かったように思う。下ネタに頼る「にぎやかし」の作家だと思われては損なのではないか。

    物語が縦横無尽に飛んでいくイメージはとても面白かったが、作品が問いかけてきているものも、同様に散漫になっていたようにも感じた。観終わった後、心に残るものが少なかったので。

    と、厳しいことも書きましたが、とても面白かったです。

    役者さん達がとにかく活きていてよかった。

    主演の長井短さんは、その独特の存在感がとても魅力的でした。
    日高ボブ美さんもエネルギーに満ちてとても魅力的でした。
    津和野諒さんのちょっと空回っている感じも面白かったです。
    森崎健吾さん、糸山和則さんもとてもよかった。
    言い出したらきりがないですが・・・・全員、それぞれに、とても魅力的でした。
  • 満足度★★★

    明確
    描きたいことは明確でした。
    露骨さが出ていることで
    余計に際立っていたと思います。
    ヌルとその兄とムコウジマ役は見事に
    演じてたと思います。

    ネタバレBOX

    産卵は驚いた。
  • 満足度★★★★

    溌溂と性春倒錯!!
    多少とっちらかった感じですが、各々の役者が存在感を発揮しており、元気でシュールな笑いを楽しみました (*゚▽゚*)

このページのQRコードです。

拡大