北と東の狭間 公演情報 北と東の狭間」の観てきた!クチコミ一覧

満足度の平均 4.2
1-20件 / 36件中
  • 満足度★★★★★

    デートにオススメ。
    こんなにドラマチックな会話劇を観たのは初めてです。映画的な派手さもあり、ライヴ感もたっぷりとあり。中国人ホステス役の女優さん達が皆小悪魔的で愛らしく、その媚薬のような空気に眩暈さえ感じます。女性陣のみならず男性陣も悪人ばかりですが、外伝まで観るとみんな愛おしく思えてくるから不思議。

    中村さんの脚本・演出は初めて観るのですが、ラブストーリーとはいえとても硬派でキナ臭さが漂っていました。ひどい恋愛ばかりなのに、見終わった後は濾過された愛の美しさにうっとり。そんな純愛物語。大人が楽しめる演劇として、デートにもオススメです。素敵なラブシーンのおかげで、二人の仲が深まること請け合いです☆

    ネタバレBOX

    外伝の加藤と野村には爆笑。加藤、お母さんに電話してて可愛いし。野村、中島みゆき歌い切ってるしw ネーミングも「バーカウンターとボトル棚の狭間」「空と君の狭間」(タイトル合ってますか?)とか、もう(笑) 長澤もひどい男ですよねぇ。あそこまで一貫性があると、逆に単純で可愛いです。実際にいたら間違いなく往復ビンタですがw
  • 満足度★★★★★

    細やかな実存感が牙をむく
    舞台から醸し出される、
    色とりどりの細やかな実存感が
    終盤しっかりと武器になって
    観る側を凌駕していく・・・。

    終ってみればこの作品、がっつりと見応えがありました。

    ネタバレBOX

    描かれる人物たちの解像度の高さがそのまま舞台の力になっていていました。

    中国人女性たちには
    ぞくっと目を見張るほどのリアリティと存在感があって。
    かたことの日本語や響きをしっかりと持った中国語に留まらず、
    小さな仕草から表情のうごき、
    さらには言動までしっかり作り上げられていて。

    やくざのどこか枠をはずれたような存在感、
    偽装結婚相手の男たちから滲み出してくる喪失感、
    店の女性に取り込まれていく男や
    やくざのしかけた蟻地獄にはまっていくバーテンが醸し出す
    はまり込み感。

    それぞれが役者達の演技に支えられ
    しなやかで細密なテンションを舞台に作り上げる。
    それも、混ざり合って舞台をひと色に塗りこめるような感じではなく、
    登場人物それぞれの色がそのまま重なる感じで
    観る側を巻き込んでいくのです。

    その重なりに物語から発せられた光が当たり
    キャラクターたちがが抱くロジックというか
    もくろみや価値観のシルエットが浮かび上がります。
    中国人の女性たち、日本人の社長、
    偽装結婚の相手、やくざ、刑事、その店にかかわる男たちと
    さらにその周りまで・・。
    したたかな手法でシルエットの形状がくっきりと描きこまれた上で、
    それらが次第に積み重なり、かかわりあい、
    崩れていく姿が舞台上に築き上げられていきます。

    中国語や演出的な作りこみで、
    観る側へ届く言葉と隠される言葉が組み合わされ、
    物語に切れと深さが醸成される。
    したたかなつながりや示唆、
    見せて伝えるものと見せずに伝わるもののモザイクから、
    物語の広がりや奥行き、
    さらにはためらいを失ったようなスピード感がうまれて。

    様々なもくろみや想い達がメルトダウンしていくような終盤が圧巻。
    追い詰められていくバーテンや
    婚約者を奪われた女性、
    さらには店に火をかける男の狂気に違和感がないことに息を呑む。

    その中で、
    もくろみで餃子を作った女となにも疑わずに美味しいといった男。
    バブル崩壊の吹き溜まったような、荒みざらついた空気が満ちるなか、
    掛け違ったまま近づくふたりの想いの細やかな実存感が、
    そのまま武器となって観る側に襲いかかってきます。
    もくろみの箍がはずれ、
    座標を失った男女からあふれる不器用で生々しい愛憎のゆらぎに
    ひたすら圧倒される。

    閉塞し、荒んで、汚れきった物語の
    終わりからからやってくる、
    濃密で息が詰まるほどに純粋な愛情の瑞々しさに驚嘆し、
    その質感に一気に浸潤されました。

    この作品、かなり凄いです。
    また、しっかりと余韻が残る作品でもありました。

    ★★☆☆
  • 満足度★★★★★

    観劇

  • 満足度★★★★★

    ”間”
    「(PPTでも語られていたが )緻密に計算された”間”」が、このJACROWの売りであることを改めて感じさせる作品だった。
    (勝手なイメージだが)本編・外伝ともに”間”(という風船)を各々の役者が作り、弾けさせて、濃密な空気を漂わせているように感じられた。

    演劇鑑賞にハマるきっかけとなったのが、JACROW(明けない夜)であったことはホントに良かった♪

  • 満足度★★★★★

    是非とも観てもらいたい
    ディティールの細かさがJACROWの魅力であると思う。
    本当に濃密。
    外伝も含めて、もっともっと多くの人に観てもらいたいと思える作品でした。
    平日に空席があったのが歯がゆい。
    おそらく絶対終盤は混むだろうから。

  • 満足度★★★★★

    JACROWが贈る美しい純愛ドラマ!
    いつもながら舞台装置の隅々にまでリアリティを感じる。JACROWの芝居はリアリティが売りだ。そして店の奥が窓のように切り取られており、そこから店の外が見える。ここら辺の演出が憎い。

    偽装結婚をテーマにしているが、見終わった後の感じは純愛ドラマ。そしてラストシーンがとても美しかった。これは外伝も見ずにはいられない。

  • 満足度★★★★★

    外伝!~それぞれの事情
    本編を観ればいいや。なんて考えてるとヤラレル。つまりこの外伝こそがオモチロ可笑しいからだ。だから毎回、この外伝を楽しみにしている感もある。
    今回の外伝のヒットは文句なしにヤクザ・加藤の「カウンターとボトルの狭間」だった。コメディそのもの!大笑い!

    以下はネタばれBOXにて。。

    ネタバレBOX

    どうして本編ではこうしたか?みたいな解説演技をみせる外伝。本編で解らなかった部分を外伝で描写する。本編でうやむやにされた、レイと加藤は死んだのか?という疑問はここで解消される。

    つまり霧がかった物語を更に透明にする役割の外伝では角度の違った芝居を演じる。だから、それぞれのキャストが実は・・・みたいな人間関係をも露呈される。

    野村の哀愁的カラオケは抜群だったし、岡田刑事のもう一つの隠された顔もよかった。極めつけの加藤は野村に刺された横腹が痛いとおかあちゃん(妻)に電話をかける。(苦笑!)  ついでに「昨日、おかあちゃんに貼ってもらったサロンパスのところにナイフが刺さったから、そんなに傷は深くない。」と甘える。笑
    とことんな奴だがとことん可愛い。そんなサロンパスヤクザの外伝は全てがコメディだった!一見の価値あり!
  • 満足度★★★★★

    ありそな風景
    何が素晴らしいかってキャストの演技力に尽きる。特に野村秀次役の谷仲恵輔が素晴らしいです。う~~ん。。と唸るほど気負いがない。更に本の内容も素直にドカン!と胸に入ってくる内容。ストレートプレイだからこその突き抜け感が堪らない。そうして前列に座ると女優のパンちらも堪らない。笑

    以下はネタばれBOXにて。。

    ネタバレBOX

    中国人スナック「クラブ牡丹」ではチャイニーズママと二人のチャイニーズホステス、ボーイが働く。チャイニーズホステスは就労の為にビザが欲しい。社長・志垣の愛人のチカは社長の半ば命令によって遠藤との偽装結婚をさせられ、一緒に住むことになる。遠藤は社長への借財のかたに戸籍を売った形だ。ついでに生命保険をかけさせられた遠藤をジワジワと殺すために、食事に毒を入れろとチカに指示する社長。

    そんな中、遠藤のチカに対する誠実さにチカは少しずつほだされていくのだった。

    一方で「クラブ牡丹」を仕切ってるヤクザ・加藤はボーイの野村から借金という肩書でアクドク利子金をせしめとことんしゃぶり尽くす。そのアコギな醜態は留まることを知らず、ママの夫の借金もママに支払わせる。そんな夫に愛想を尽かしたママは夫の食事に毒を混ぜてジワジワと殺すことにする。

    登場人物は借金を抱える男、ホステスに溺れる男、金の為に働くホステス、そうしてこれらを餌に食らいつくスッポンの様な輩。闇に住むものはどこまでいっても闇からは逃れられない鬱積した世界だ。詐欺と暴力とが渦巻くなかでチカと遠藤の物悲しい愛が光る。

    終盤、チカと遠藤が絡むシーンがあるが、今までの遠藤が気弱で誠実なキャラクターだったのが、いきなり少し強引さが増したキャラに変貌していた。ライブ的カオスなシーンだ。この部分は二人のキャストに任せたらしいが、ワタクシにはすこーしだけ違和感があった。それにしても・・さ迷えるチャイニーズホステスらの感情が胸を打ち、言いしれぬ感情がわいた。同情とも違う。二胡という楽器の調べを聞いた時の様な感覚だ。更に導入音楽も素晴らしかった。
  • 満足度★★★★★

    芯の通ったリアルさと吸引力に満ちた力作
     これまで多くの人が「観てきた!」コメントを書かれていらっしゃるので、私は、まず端的にJACROWの素晴らしさを記しておきたい。

     それは、芯の通ったリアルさと吸引力に満ちていて、観る人を、その作品の世界の中に誘(いざな)ってくれることだ。

     もう少し詳しく言えば……これをネタバレに書かせて頂きます。

    ネタバレBOX

     既に、この物語の筋は何人かの方が書いていらっしゃるので、今回は、私がJACROWに惹かれる点を何点かにわたって記しておきます。

    ①芯の通ったリアルさがある
     これは、ムダな要素を寄せ集めで表現するようなことがなく、作品のテーマをストレートに投げかけてくれることだ。つまり「幕の内弁当」ではないということ。
     ともすると、観る側へのサービスなのか、作り手側の好みや方程式のようなものなのか、「えっ、ここでこうするの?」という疑問を感じたり、いろんな要素を無理やり詰め込んだな、って感じる芝居が少なくないのだが、JACROWは明らかに違う。このリアルでストレートな空気感の濃さが大きな魅力なのだ。

    ②吸引力がある
     これは、JACROWの芝居を観れば、そのまま体感できるはずだ。スピード感がある。言い換えれば、テンポが実に良いのだ。これは「サスペンスであれ、シリアスであれ、コメディであれ、生の舞台芸術では絶対に必要なこと」と、若手の養成にも力を入れていらっしゃり、私も大好きな加藤健一さんから直接伺った一言だが、それをJACROWの芝居は堪能できるのだ。

    ③役者陣が脚本・演出の魅力を一段と高める技量を身につけている
     どんなに素晴らしい脚本・演出でも、実際にそれを生で表現する役者陣の技量が欠けていては、作品としてはやはり駄作になってしまうものだ。でも、JACROWは違う。
     今回の作品も、この作品の空気感が常に保たれていたのは、クラブ牡丹のママ役を見事に演じた蒻崎今日子さんの名演に負うところが大きい。また、ダルカラから客演のチカ役の清水那保さんをはじめ、各出演陣が皆、本当に役割の味を存分に出していたから、印象に残り、実存感に満たされるのだと思うのだ。

    ④舞台セット、音響などのスタッフワークが決して出しゃばることなく、作品のイメージを見事に醸し出している
     これについても、よく音響がやたら大きい音で迫力を出そうと(私からすれば、目立とうと)する芝居が少なくないが、肝心の台詞が聞こえにくくなったりしてしまえば、それは本末転倒なのだ。ライブやコンサートに行っているのではない。芝居を観に来ているのだから。そこが実に心地よく、物語の世界に誘因してくれるのがJACROWの芝居。この部門も本当に素晴らしいと感じるのだ。

     まあ、ざっと挙げても、こうした総合力に秀でている。だから作品に魅力がある。吸引力がある。私も「次も観たい!」と感じる一人なのだ。

     偉そうに書いてしまいましたが、正直、私がJACROWに強く感じていることなのです。
  • 満足度★★★★★

    濃密
    とにかく終始しびれっぱなしでした。満足!

    ネタバレBOX

    個人的意見ですが、少し女優さんがキレイ過ぎて、バブル崩壊後を生き抜いている感がなかったかなと思います。
  • 満足度★★★★

    続いて外伝
    前作の外伝は「基本形」で今回は「応用編」といった印象。ボーナストラックあるいはDVDの特典映像の「カットされたシーン」的な内容をシリアスからコミカル(これが愉快なんだ!)まで幅広く取り揃えて様々なスタイルの一人芝居で見せ、本編がさらに立体的に浮かび上がる感覚。

    ネタバレBOX

    また、本編にちなんで各編のタイトルが「*と*の間」で、それも「いかにも!」なものから「そっちかい!」なものまであるアイデアに感心。
  • 満足度★★★★

    迷った末
    ここでの評判が高かったので、予定が末詰まっていたが、見に行った。中身は濃く役者さんの演技もすばらしかった。JACROWさんのは初見であるが、今後も期待できる。

  • 満足度★★★★

    リアルな物語
    ホステスたちのスナックでの振舞い、客との会話、そして犯罪はなかなかリアルに描けていたと思います。
    ホステス役の女優陣の中国語もなかなかでした。(完全に発音があってるかどうかは微妙ですが)

    ネタバレBOX

    ただ、ラストの展開はちょっと早すぎというか、描ききれてない(省略しすぎ?)ような感じを受けました。
    店で人が刺され、しかも刑事がその場面を見ていたのに、何事も無かったように話が進んでいったのはどうなんだろうでした。
    (刺されたのも完全に致命傷じゃなかった感じだし)
    特に刑事の目の前で事件が起こってるので、間違いなく騒ぎ(事件)になってるはずだし。
    もし刑事がもみ消し(とういか見なかったこと)を行うのであらば、それまでにそういう刑事だなというのを印象付けないと。
    (職務に忠実っぽい感じにしか描かれてなかったし)
    また、ラスト偽装結婚した2人が店で愛を確認しあってるのはいいが、燃えてる事に気付かないのはちょっと?かな。
    (愛を確認しあってるのは別の場所なのか?)
  • 満足度★★★★

    初・JACROW
    気がついたらガッツリ向き合って観ていたように、充分楽しませて頂けたのは勿論なのですが…なんか終演すぐフワ~っと帰れちゃったんですよね、なんだろ、うまく言えないんですが。「引き込んではもらえたけど、すぐ出れた」良いとか悪いとかではなくそういう印象です。なんでそうなったのかはよくわかりませんが。

    外国の方を演じるというのは、一歩間違うととんでもなくチープになってしまう危険があると思います…。そんな中、中国人役の皆さんがとても魅力的に‘外国人’を演じてらっしゃいました、お見事です。

    最近舞台上での‘キス’や‘水かけ’を多く見る気がするのは、僕のたまたまなのかそれともそういう舞台芸術が増えているのか…。

    今回のお芝居では、あんまり暴力シーンが痛くなさそうなのがチョット気になりました。こういう気質作品ならもうちょっとやってもいいんじゃないかなぁ…とか。とかなんとか言っておいて、ホントに痛そうだと今度は「引いた」とか「やりすぎでは」言い出してしまうかもわかりませんが(苦笑)

    とりあえず、観て損のない作品だとは思います。

  • 満足度★★★★

    遅いけれど
    緊張感漂う舞台でした。ラストのシーンは圧巻でした。

  • 満足度★★★★

    ラブストーリー
    時代設定もあるが、ちょっと懐かしさを感じるストーリー。
    最前列、かぶりついて観て正解。
    外伝があるとはいえ、90分は物足りないかな。
    仗桐安、たるんだ腹とエエ声なヤクザがいい感じ。
    清水那保、エキセントリックに走り過ぎず、女の可愛らしさを覗かせる。
    まだまだ底を見せない女優っぷり。

    ネタバレBOX

    終盤、駆け足な展開。
    突然の刃傷沙汰もコミカルな印象。意図的か?
    もっとじっくりやってほしい。
    切ない、哀しい、美しいラストの男女の情交は見もの。
  • 満足度★★★★

    遅くなりましたが
    とても良かったです。今この瞬間、ああいう目に合っている人たちが一杯いるはずです、東京には。

  • 満足度★★★★

    漆塗りの艶。
    橋本恵一郎さんを観るのが久しぶりなので弱々しい役柄を楽しみにしていた。物腰柔らかでも真が揺るがない強い男を演じていて、口元がふっと緩む様に大粒の涙が勝手に落ちる。JACROWでは一度もウトウトしたことがないのだけど、客の緊張感を保たせる秘訣があるのだろうな。女優陣も秒単位でコロコロ変わる秋空の猫みたいで良かったと思う。外伝観たかったけど別の日に改めて行くのは難しく・・・それが心残り。

  • 満足度★★★★

    息が詰まるほどのラヴストーリー
    シリアスな展開ながら笑い処もあり面白く観劇しました。不器用でどうしようもない人達ながら何処か憎みきれない感じを受ける。優しさを感じたり、元々優しい感情が戻りつつあってフッと見せる笑顔に救いを感じる。

  • 満足度★★★★

    根津さんこんな芝居もするんですね
    外伝が必見なつくりなのは、いかがなものか。「おまけ」ではないよなぁ。

このページのQRコードです。

拡大