9人の迷える沖縄人 公演情報
観たい!クチコミをする

公演地:沖縄県

観たい!

公演地:沖縄県

9人の迷える沖縄人

劇艶おとな団(沖縄県)

公演に携わっているメンバー:6人

【団体紹介】
劇艶おとな団:結成は2011年、30年振りに同窓会で出会った二人(主宰・団長)を中心に主宰以外舞台経験のない40歳オーバーのメンバーが集い、基礎から叩き上げて旗揚げ公演を実施。地元沖縄にこだわり、セリフの多くを沖縄口(方言)で話し、仏壇など身近な文化・風習を伝承していく作品創作をしている。また「60年」は戦後離れ離れになった許嫁との再会を、「ゴーストライター 〜70年後の体戦記〜」は戦争で生き別れた姉妹の物語など、自分たちの周りで起きている事を元に創作をしてきた。公演は年2回の定期で実施。
(一社)おきなわ芸術文化の箱
アトリエ建設にあたり、2015年に設立。沖縄アーツカウンシルの援助を受け、全国の小劇場やパフォーミングスペース約40箇所を巡り調査研究した。2017年完成したアトリエ銘苅ベースで、劇場関係者・演劇関係者を集め”第一回全国小劇場ネットワーク会議”を開催。地元に根付く環境と作品創作にも尽力し県立博物館・美術館で、地域参加劇「ニシムイ」や、”ゴッホ展”開催期間中に行った、「ゴッホ、兄弟の書簡リーディング」などにも関っている。
【応募公演への意気込み】
2022年、沖縄はアメリカ占領地から日本国に返還され50年の節目を迎える。沖縄で現代演劇に携わってきたカンパニーはこれまでこの復帰を扱った作品創作をしてきた。劇団O.Z.E「72’ライダー」、劇団ビーチロック「オキナワシンデレラブルース」、劇艶おとな団「9人の迷える沖縄人」、TEAM SPOT JUMBLE「SELECT!」いずれも沖縄が翻弄されながら今をどう生きるか!を問いかけた作品だ。この節目の年に、”沖縄復帰”がなんだったのか。芝居を通して改めて問う必要があると考え、那覇市との共同主催「沖縄・復帰50年沖縄現代演劇集inなはーと」を5月4日から14日に開催する。上演が決まったのは「オキナワシンデレラブルース」「72’ライダー」「9人の迷える沖縄人」の3作品。
エントリー作品は「9人の迷える沖縄人」
1972年沖縄の本土復帰を目前に、有識者から主婦、戦争を体験した老婆、沖縄へ移住した本土人などがひとつの部屋に集められた。「でも貴方、日本がもし、もし万が一、攻めこまれた場合、戦争はしませんって言っていられると思いますか?」「本土化するってのはどういうことなんだ!」「私も胸を張って基地はいらないと言いたいです」語られるそれぞれの沖縄に対する想い、日本への想い、そして戦争、恒久平和への想い、いろいろな想いが交差する…
実は、これは2021年のある劇団の稽古風景である。復帰を題材にした作品と向き合うなか、劇団員の中にも、復帰当時を知っている人、知らない人、復帰や基地問題に無関心な人、今もなお生活に「復帰」が深く影響している人、など様々な立場や状況が浮き彫りにされていく。
「劇中劇で描かれる過去」と「現在」を行き交いながら、過去と現在の人々の思いが複雑に交差していく。
この作品をぜひ観ていただきたいと思い、エントリーしました。
【将来のビジョン】
全国との繋がりを活用し、沖縄生まれの作品をツアーで巡演できるようになシステムを作る。
アトリエ銘苅ベースの拠点を活かし、作品創作をする。
アトリエ銘苅ベースに本土から沢山のカンパニーを迎え、県内の演劇人と交流の場にする。
そこで生まれた関係で、新たな作品創作をする。
伝統芸能とコラボレーションした作品創作をする。
観光コンテンツの一つとして、沖縄現代演劇を扱ってもらう。

公演に携わっているメンバー(6)

Nophoto member
tomo
役者・俳優

「9人の迷える沖縄人」に携わっているメンバーです。
228745
ひがゆうこ
その他(スタッフ)

「9人の迷える沖縄人」に携わっているメンバーです。
228184
新垣七奈
演出 制作

「9人の迷える沖縄人」に携わっているメンバーです。
Nophoto member
gaku
脚本 演出助手

「9人の迷える沖縄人」に携わっているメンバーです。
Nophoto member
キー
制作

「9人の迷える沖縄人」に携わっているメンバーです。
Nophoto member
ショウ
役者・俳優 演出

「9人の迷える沖縄人」演出をしております、どうおぞよろしくお願いいたします。今年、沖縄はアメリカ占領から解放され50年の節目を迎えます、復帰前後の沖縄をどうぞご覧ください。

このページのQRコードです。

拡大