なにごともなかったかのように再び始まるまで 公演情報
観たい!クチコミをする

公演地:兵庫県

観たい!

公演地:兵庫県

なにごともなかったかのように再び始まるまで

(大阪府)

公演に携わっているメンバー:7人

団体紹介
【階】は劇作家・演出家である久野那美の演劇作品上演ユニットです。公演の都度、参加者を募りその度に階を更新、毎回公演終了後に解散します。1997年の【箱の階】から始まり、1999年【船の階】、2000年【山羊の階】として公演を重ね、2000年から14年間の休止期間を経て、2014年に活動を本格的に再開。今回は【Fの階】。2018年5月、劇作家の久野那美、企画制作者の松村綾子を中心に立ち上げた、兵庫、大阪、京都、東京の俳優・スタッフによる演劇ユニット「階」の2018年verです。スタッフ・出演者共に世代を固定せず、幅広い年齢層で座組みが構成されます(Fの階は20歳~48歳)。また、スタッフ陣も外注としてではなく、座組の一員として作品作りに参加するのが階の特徴です。
上演される久野の作品は「詩的で美しい台詞と、解釈の幅の広い多重構造の物語」が特徴で、作品づくりは、『演劇は<関係性>を表現する媒体である』という考えにもとづき、日常生活ではあまり取りざたされない、見えない<関係性>を日常生活の延長線上に描き出すことをモットーにしています。
応募公演への意気込み
本公演は、複合文化施設である神戸アートビレッジセンターのホールではなく、”町の映画館”として多くの人に親しまれているKAVCシアターとシアターがある地下フロア全体が物語の舞台となり、作品が上演されます。地下への階段に脚を踏み出した瞬間から、劇の登場人物の一人として、「新開地に出現した架空の映画館」に訪れたかのように楽しんでもらえるよう、劇場の扉の外の空間演出へも力を注ぎます。普段映画を観に来る方にはいつもと少し違う芸術に触れてもらう、普段演劇を見に来る方には映画館としてのKAVCを知ってもらう機会となればと思っています。
 また、記録された”映画”を上映するためのシアターで、生身の俳優が演劇という手法で「映画」を描く事で、演劇の「その時その場所にしかない」、映画の「同じものが時間も国も超えてどこにでも存在し、永く残る」というそれぞれの美しさと切なさに迫っていきます。
将来のビジョン
これまで関西のみで単独公演を行ってきましたが、関西以外での公演も視野に入れて活動していこうと考えています。
できるだけ小回りの利くグループと作品で、全国各地への遠征をしたいです。
離れた場所で一連の公演をすることで描き出せる物語があるような気がしています。例えば、2つ、3つの会場で劇を上演することで、誰かの過去と現在を描き出せるような作品。「それを誰が見ているのか?」ということを含めて作品であるような物語を創りたいです。あるいは、全く同じ作品を条件の異なる別々の場所で上演することで、全く違った意味を持って生まれ変わるような物語を。
階の特徴でもありますが、今後も世代やメンバーを固定せず、常に新しいメンバー・若いメンバーが加入している座組で活動していきたいです。長く続けて、たくさんの場所でたくさんの思いがけない出会いをしたいと思っています。
脱「物語」には興味がありません。あくまでも、物語のより新しいより豊かな可能性を求めて、演劇創作を続けていきたいです。

公演に携わっているメンバー(7)

Nophoto member
以優
役者・俳優

Fの階、俳優です。
185822
プリン松
役者・俳優 脚本 演出 演出助手 制作

「なにごともなかったかのように再び始まるまで」に携わっているメンバーです。
Nophoto member
イエーイささき
役者・俳優

B役です
194097
k_mitamura
役者・俳優

「なにごともなかったかのように再び始まるまで」に携わっているメンバーです。俳優として参加。
170192
練間 沙
役者・俳優

Fの階、俳優です。
162215
久野那美
脚本 演出

脚本と演出で参加しています
162556
竹内桃子
ダンサー 制作 当日運営

「なにごともなかったかのように再び始まるまで」に携わっているメンバーです。

このページのQRコードです。

拡大