CoRich舞台芸術アワード!2019

「さようなら」への投票一覧

1-8件 / 8件中

※投票内容を「非公表」に設定しているメンバーは表示されません。

投票者 もらったコメント
naisen424naisen424(1207)

1位に投票

オパンポンは今年の一番の収穫でした。
昔15mmで観た気もしますが、その時の印象はうすい。

私には完全に面白かったです。この人すげぇ気合が入ってるなと思った人が、主宰の人でした。

こんぺい糖こんぺい糖(750)

1位に投票

同じ芝居を繰り返し観る事はしないのですが
この作品は別です。
何度も何度も観たくなる大好きな作品です。

kaznet888kaznet888(675)

9位に投票

変わりたい!と思っていた時期だったと脚本家が回想するように、底辺に流れる必死の思いが伝わってくる感じ。熱演でスピード感もあり、オパンポンがメジャーにのし上がっていく勢いを感じました。頑張って下さい!

ろくさんろくさん(1510)

2位に投票

流石といった感じです。良かったです。テンポ、内容その他全てが感動でした。東京でも頑張ってください。

コナンコナン(932)

1位に投票

人は健康で定職があって食うに不自由していないのであれば幸せと思わなければいけないのかもしれない・・・しかし幸せと思えないものは思えない。これはどうしようもない事。

そこに暮らす人間描写の鮮やかさに自然と笑ってしまいながらも同時に襲ってくるのは圧倒的な閉塞感。
楽しい事なんてひとつも無く愚痴ばかりが蔓延する生活には、いい加減前向きな気持ちも萎え萎えになってしまうのは容易に想像できるし「こんな狭苦しい地方からは出ていきたい!」と考えてしまう気持ちは自分にも身に覚えがあります。

ただ共感とはまた違う・・・ここまで呆れた人間環境に身を置いたことがないし、自分と似たタイプの登場人物が登場しているわけでもない。
それでもただの傍観者としてニヤニヤしていられないのは、舞台の生々しい世界へと引きずり込んでしまう役者さん達の力量に他ならないと思います。
そして追い打ちをかける様に強く心揺さぶられるのは「こんな現状から抜け出したい」「今の自分からサヨナラしたい」そんな時代を思い起こさせるからかもしれない。

にしてもサヨウナラの手段が、隠し金の横領って・・・絶対間違ってるし(笑)
間違っていても この状況この人達ではさもありなん、もう止まらないし止められないし、あぁもうどうなっても知らね~し(笑)

事が上手くいったかはさておき、兵どもが夢の跡・・・様々な想いが拡散していき、それぞれの人生に思いが巡ります。
とりわけ常々気の毒だと気にかけていた青年の心の内,落ち着く先を見届けたときには、他人の本音は表面を取っ払ってみないと本当に読めないものだなぁと単純ではない個の違いを思い知りました。
つくづく感慨深いです。


大納得のCoRich舞台芸術まつりグランプリ受賞作品。
どんなに書き連ねてもこの公演の素晴らしさを表現しきれなくて非常にもどかしいのですが、う~ん何故に空席が存在するのか?
公演はほんの数日すぐに終わってしまうのに・・・早く、どうにか情報伝達力っ!

KOMAKOMA(93)

1位に投票

出演者全員の言葉が胸にグサグサ刺さって、
フォークで滅多刺しされてる気分でした。

今はもう観れない悲しさで打ちのめされてます_(┐「﹃゚。)__

観に行った方がいい舞台ではなく、観に行くべき舞台。

リリウムリリウム(52)

3位に投票

こりっち舞台芸術まつり2018グランプリ受賞作品の再演!

去年より、テンポが良くて、でもコメディに走り過ぎてなくて、絶妙なバランスだと感じました。

出演者6人のアフタートークで、今朝の細かい修正がウケたという話が出ました。3年で30回近く上演しても、最後まで手直しを続けているから、ブラッシュアップできているのですね~

残るは5/20(土)18時、5/21(日)13時 17時の3回!
このメンバーでは最後の再演なので、ちょっとでも気になっている方はぜひ!
いや、池袋に行ける方はぜひ!心の底からオススメします!

あさりパクパク、時々しじみあさりパクパク、時々しじみ(2128)

6位に投票

この団体の観劇は今回で二回目。
流石の2018春グランプリ記念公演と銘打つだけは有る。
以前観たものよりも二段跳びの面白さ。
早速職場の同僚に勧めまくっています。

このページのQRコードです。

拡大