最新の観てきた!クチコミ一覧

1-20件 / 139874件中
ナイゲン(2017年版)【8月20日(日)本日14時のみ。予約は完売ですが。当日券若干枚あります!】

ナイゲン(2017年版)【8月20日(日)本日14時のみ。予約は完売ですが。当日券若干枚あります!】

feblaboプロデュース

新宿シアター・ミラクル(東京都)

2017/08/11 (金) ~ 2017/08/21 (月)上演中

予約受付中

満足度★★★★

ナイゲンやったら面白いのは当たり前。という台本を、それでもしっかり演じて笑い所で笑いをとるのは相当大変だと思う。
何しろアガリスクのあの人達この人達、前回公演のあの人達この人達と比べられ、あれここ前回笑い起こってたのに、とかそんなレベルで覚えてる客もいる訳だし、再演である以上全く同じと言うわけにも行かず、でもシェイクスピア並みに変えるわけにもいかず、客の期待に応えるいい塩梅を決めて取り組まなきゃならないわけだから。

面白くてやっていれば毎回観に行きたいのは当たり前として、星一つ減らさせてもらった部分については「2017年版」と言うからには潤色改変レベルに結構アレンジ効いてるのかな、と思うわけだけど、言う程ではなく、キャストが変わって伴って結果それぞれキャラクターも違った、それで「2017年版」は言い過ぎでは、という自分の塩梅とはズレていた点。
他は面白くて当たり前なので観てない人は絶対観て欲しい、マストな本だと思います。

フィクション・モテギモテオ

フィクション・モテギモテオ

ライオン・パーマ

駅前劇場(東京都)

2017/08/17 (木) ~ 2017/08/20 (日)上演中

予約受付中

満足度★★★★★






現在進行形、そしてリングだ、泡沫という名の。

シュールだ。

お笑いだ。


平凡の大人は、観るしかあるまい。

瞬間光年

瞬間光年

FUKAIPRODUCE羽衣

こまばアゴラ劇場(東京都)

2017/08/18 (金) ~ 2017/09/05 (火)上演中

満足度★★★★★

■約110分■
ストレートプレイでは表現不能な世界観を堪能しました!

フィクション・モテギモテオ

フィクション・モテギモテオ

ライオン・パーマ

駅前劇場(東京都)

2017/08/17 (木) ~ 2017/08/20 (日)上演中

予約受付中

満足度★★★★

■120分強■
屈曲したストーリーに『フィクション・モテギモテオ』ってそういう意味かぁ~( ̄∀ ̄;)とニヤリとさせられたものの、屈曲や変調をも織り込んで緻密かつ端整に編まれた脚本はココらしい八方破れな面白さを殺いでおり、私にとっては物足りなさも。小さくまとまっている印象は否めなかったな。
それでもココならではのおふざけは随所に。女優陣の体を張ったギャグには特に笑った。

ネタバレBOX

「女優陣の体を張ったギャグ」とは、二人で「RGJ(竜宮城)」を表現する人文字ギャグ。立っている長身女優の脚の間を小柄な女優がエビ反りながらかいくぐって「J」を表すくだりには、くだらなすぎて笑いくずれた。
私を殺して...【8月専用ページ】

私を殺して...【8月専用ページ】

東京ハイビーム

四谷天窓(東京都)

2017/08/01 (火) ~ 2017/08/31 (木)上演中

予約受付中

満足度★★★★

面白かったです。
特に男役の久下さん。会話のテンポ、間や表現が良くてしっかり笑いを取ってました。
お客さんの使い方とかとても余裕がありました。
状況設定が既に面白く、色々なアレンジが出来そうです。

ネタバレBOX

芸能人の自殺とかいかにも韓国っぽい思うのは偏見かもしれないけど、そういった文脈が分かっていて観るとまた違うのでしょうかね。
他はちょっと歴史がらみがあったくらいで特に韓国っぽいというより、この作品とこの役者さんのこういう舞台なんだなとすんなり観て楽しめました。

個人的にはコメディ部分は良しとして、後から考えるともっとキリキリしたサイコな心理戦やゾッとするような殺意がより早い段階からもっと見え隠れしても良かったのかなと。段々事情が明かされるのだけど、それにつながる女の不自然さとか男が相手を分かって試している感とかいった関係性をそれまであまり感じなかったので。
あと、男の捕まえた後ももっと恨みや復讐心を感じるような演出とか、まだもの足りなく感じたかも。デカいマシュマロみたいなの詰める殺し方もビジュアル的にはあまり表現力なかったのかも。
フィクション・モテギモテオ

フィクション・モテギモテオ

ライオン・パーマ

駅前劇場(東京都)

2017/08/17 (木) ~ 2017/08/20 (日)上演中

予約受付中

満足度★★★★★

120分。

ネタバレBOX

モテない男に疑似恋愛という夢を見せる「モテギモテオワールド」の支配人・モテギモテオ。で疑似恋愛にはまった男が現実に戻ってこれなくり、そのかたき討ちに行った新入社員は返り討ちにあい、モテギモテオ被害者の会の企みは、モテギモテオに一つずつ潰される。おまけにモテギモテオの従業員の女どもは、こぞってモテオに恋し、モテオはそれを颯爽と躱す…。
という話が終盤で、モテオの疑似恋愛だと分かり、まだ疑似を味わっていたいというモテオは延長を申し入れ、女をハベらし車を加速させる…。

いつもの入り組んだ内容よりさっぱりとした構成で、シンプルに楽しめる。ハードボイルドも味わえ、ギャグも堪能でき、満足度は高い。「RGJ」のトコはとてもウケた。
モテオを演じた橋本一郎の演技が安定してたというのもあるけど、全体的に演技は上々な印象。

モテオのラストの疑似にハマっている感も、若干のブラックさを感じさせるいい終わり方と思う。あと、モテオの秘書的な石川幸代が美人と思った。
雨季

雨季

演劇ユニットG.com

花まる学習会王子小劇場(東京都)

2017/08/16 (水) ~ 2017/08/20 (日)上演中

予約受付中

満足度★★★★

壮大な作り物的なところが好きでした。

ネタバレBOX

神童化した子供たちが切り開く新世界に屈した大人たちの話。

壮大な構想に基づくSFの面白さがありました。

遊び(バッファ)のない社会、酒も煙草も必要としない子供たちにとっての合理的な社会、この作品では神童化した子供たちによる主張でしたが、AIに支配された近未来の社会にも当てはまるように思えます。一応正論で取り立てて反対の言えない理屈などは、新興宗教の勧誘手法のような危険性も感じ取れます。
昇天

昇天

U-33project

高田馬場ラビネスト(東京都)

2017/08/18 (金) ~ 2017/08/20 (日)上演中

予約受付中

満足度★★★

95分。チケットプレゼントにて鑑賞。

ネタバレBOX

美貌とか、笑いとか、金とかに執着する5人が、とあるバーで目を覚まし、朝までゲームをすることになる。「笑点」の大喜利的なゲームを進めていくうちに、自分らは死んでてコースター10枚ためた人間だけが生きかえれることがわかる…。

それまでのゆるい感じから、復活をかけた血で血を洗うテイストになるのかななんて想像してたけど、ポジティブなノリで終盤まで駆け抜けてた。ここらへんの心の在りどころを丁寧に描いてもいいかなと思う。それぞれが執着してたものと生死の絡まり方というか。
こういったバーは他にもあって、たまに新人が舞い込んできて、生きかえりのチャンスは何度もあるけど、そのうち消滅しちゃうことを匂わせつつ終幕する。ちょいブラックな感じも持たせてるから、やはり心の底になる黒っぽいとこを、印象深く描いてもらえるとなおよかったかなと。

従業員(樫野日菜多)のニコニコ顔が印象的。
瞬間光年

瞬間光年

FUKAIPRODUCE羽衣

こまばアゴラ劇場(東京都)

2017/08/18 (金) ~ 2017/09/05 (火)上演中

満足度★★★

110分。

ネタバレBOX

一人暮らしっぽい男がリサクルショップのムチムチ奥さんが座ってたイスを買ってきて、それで宇宙へ旅立つという導入と、終盤のパフォーマンスなとこは面白かった。中盤のトコは冗長な感じ。
SUGAR WORKS

SUGAR WORKS

フロアトポロジー

明石スタジオ(東京都)

2017/08/16 (水) ~ 2017/08/20 (日)上演中

予約受付中

満足度★★★★

「愛」と「嘘」と「死」がフロトポの世界を形作っているのだなあという印象が今作でますます強くなった。
いままでの作品はそのバランスの違いによるところかと。
扱うテーマもかなり多岐にわたっていて、それなりに見ごたえはあったのかと思います。
それと、合わない人は本当に合わないだろうなとも。

ネタバレBOX

フロトポは前半にこんなところかなという推論を立てて、後半にその答え合わせをするという感じの観方をしている。かなり推理小説を読むのに近い感じ。

フライヤーのイントロから「実は奥さん死んでないのでは?」くらいのことは予想して行ってみると、当日パンフレットとかなり違うし(笑) さっと中身を見て「バラバラ焼死体は本人でないというのがサスペンスものでよくあるし別人っぽいな」「別人と分からないことはないだろうから、あえて拘置されているといるのはかなり近しい関係の人間なのでは?」「尚人の娘と書いていないから伊平の娘なんだな」「多恵も自殺ではなさそうだな」「寝たきりの母親は娘に殺されそうだな」くらいの予想を。

中身としては、モラハラ、DV、セックスレス、介護、いじめなど負のオンパレード。あと、死人(厳密には殺害を想起させる場面)の多いこと多いこと。2時間ドラマならありえないくらいの人数。過去作の「パラ・オルト・メタ・シティ」よりも多いのでは?序盤の台詞で、先日物議を醸した「ブラ○クボッ○ス展」が頭をよぎる。その辺りがストーリーの着想にあったらそれはそれでアリかという気もふと。そんでもって中盤以降乱交(をにおわせる)話も出てきて、「いや、もうお腹いっぱいです」みたいな感じに。さすがに「パラ・オルト・メタ・シティ」のように生々しいシーンはなかったけれども。
扱うテーマは重めなのだが、ストーリー展開としてはややあっさりとした感じが。脚本家殿は「一見分かりやすいんですけどね」と言ってたのが気になるところ。とりあえずは、自分の死を偽装してまで今の環境から抜け出したかった愛梨がSUGARWORKSにひびを入れ、自分の理想とする環境を整えようとする尚人がその大部分を(殺害という方法で)物理的に破壊したということだと理解。かといって全ての家族がお先真っ暗ということでもなく、なんとなく玄葉家だけは少しは望みが感じられるというのがまだ救いか(荊家は瑠衣がそのうち壊れそうだし、神崎家は母親殺害があるし)。どこか救いがあるように感じられるのは「パラ・オルト・メタ・シティ」に似ているような…。あと、尚人が殺害を重ねていくことで別人になったであろう愛梨に近づいていくという後日談をできなくはないだろうけども、さすがに拘置所に鈍器を持って入って行ったら捕まるか。

ちなみに、自分の中では全ての伏線を回収し切れたという気はない。かといって複数回見ることもできないのだけど。前作の「踊り字のメルヘン」との関連がなんか良く分かっていない。紫織が前作の菜々子なのかな?くらいのボンヤリとしたやつ。まあ、彼女が黒幕というか、愛梨を教唆したのはまず間違いないところなのだけど。ある意味で「笑ゥせぇるすまん」ぽい気がしている。前説兼ねて最初に出てきて、「ドーン」を仕掛けてひっちゃかめっちゃかな状況にし(そのシーンはないが、仕掛けられたのは愛梨)、中盤さらっと出てきて(モンブラン2つの台詞がなかなか・・・)、最後に一言言って去っていくという…。まあ、主宰だけにおいしい役持っていきますな(笑)

今回は「そうか、そうくるのか」的なものがあまりなく(単に自分が気づいていないだけということも十分にありうるが)、やや消化不良。別にストーリーがつまらないということではないのだけれども。こちらの期待値をヒョイヒョイ超えてほしいのに、そこがどうもかみ合わなかったような・・・。

あとは、開演前にミストの量が多いなと思ったけど、推論やストーリーにのめり込んでいてまったく湿度が気になりませんでした。あれ、演出の一つだと思うんですけど効果がなくてごめんなさい。
雨季

雨季

演劇ユニットG.com

花まる学習会王子小劇場(東京都)

2017/08/16 (水) ~ 2017/08/20 (日)上演中

予約受付中

満足度★★★★

鑑賞日2017/08/19 (土) 14:00

えっ!舞台とステージがいつもと反対の位置。席に着いてキョロキョロしてしまった。PAはここに来るんだ!なんて。雨男の雰囲気はなかなかでしたね。

金色夜叉『ゴールデンデビルVSフランケンシュタイン』

金色夜叉『ゴールデンデビルVSフランケンシュタイン』

劇団ドガドガプラス

浅草東洋館(東京都)

2017/08/18 (金) ~ 2017/08/27 (日)上演中

予約受付中

満足度★★★★★

フライヤーに魅かれて
観に行った舞台。
初観劇の劇団さんだったので
観るまで不安でしたが
蓋を開けてみれば
客入れ時から
サービス精神旺盛な役者陣達。
舞台内容も、
歌あり!ダンスあり!笑いあり!
そして、お色気あり!
まさに新訳金色夜叉!
浅草の大衆演劇の良さを
ギュッと詰め込んだような舞台。
めっさ面白かったです。

プレイヤー

プレイヤー

Bunkamura

Bunkamuraシアターコクーン(東京都)

2017/08/04 (金) ~ 2017/08/27 (日)上演中

一幕が終わった時は続きはどうなるのか期待でいっぱいでしたが、二幕は長く感じてしまいました。
終盤、劇中劇と現実が交錯してどちらがどちらかよくわからなくなりましたが、劇中劇にした意味があまりよくわからなかったです。

秋心SUMMER

秋心SUMMER

宰団紡人企画

ザムザ阿佐谷(東京都)

2017/08/17 (木) ~ 2017/08/20 (日)上演中

予約受付中

満足度★★★★

とても面白かったです。
高校生が考えたとか凄いですね。
楽しめましたし気楽に観られてお勧めです。

ネタバレBOX

高校生が書いてブロック大会とか十分凄いです。その上で…

審査員に不謹慎だと言われたと。
けど不謹慎ってのは守るべき建て前の裏に本音があるってことで、そこを表現するのが演劇だし、全然構わないですよね。実際お葬式出ると形だけの焼香とか弔辞とか、ああ死ぬとこんなもんかって思うことはあるし、演劇にして気付かされることもある。でも形だけじゃない家族や友達がいて心が打たれたり。

で、高校生らしくない問題。これはホントかな。理由になるのか。高校生離れってほめ言葉とするべきですよね。

ただ、大会は他校との兼ね合いもあるしこれより良い作品があったかもしれないし分からないですが、面白かったのだけど見終えた後何か考えさせるとか何か考えを変えさせるとか、そういったものが強くないと少ない日程では多すぎる作品の中で評価してもらうのは難しいのかなと思うことがあります。
つまり、ああ面白かった。じゃあ次の面白い別の作品観よう、ではなくて、見終えてその作品を思い出させ、後から考えさせるような何かが強い方が残るみたいな。

自分が死んで、その死んでいる自分をまだ生きている他人が見ていてって状況は、これ自体はそれ程斬新ではないかもしれません。その状況が沢山色々な小ネタには活かされているのだけど、それを通じての大きな本質的気付きとか、新しい仕掛けがあって欲しかったかと思いました。
例えば死んでから知ったことによって生前の不完全な自分が死後に成長するとか、生前ずっと引っかかっていた生きる上での本質とか、周囲の思いとか、生きることの素晴らしさとか。
特に後半何かあるのかなと思ってたんだけど、で、いくつか個人個人ではあったんだけど、ちょっと一人一人バラバラとしてそれが伏線になって何かにまとまるということではなく、大きな転機がハッキリあったわけでもないのに途中までは突っ込んで笑いを誘ってたのに何故か終盤だからしんみりして、普通に運ばれてお終いだった印象。
コメディらしくそれぞれ個性は強いのだけど、一つ何かに向けてのそれぞれの役割としてはハッキリしなかったかも。

なんとなく、というのは自分が死んだという特殊な状況の扱いも、気付き、否定、受容等の段階があると思うのだけど、これもなんとなく流れてしまった。

周囲からはバカな死に方をしてと言われて守った黒猫のぬいぐるみは何かの象徴?
だとして、大切なものなら葬儀の最初バカにされて怒ってもいいし、ヤケで死んでやるとか言ったりして。でも家族の様子を見ているうちに最後はバカな死に方したことを謝ったり、後悔して猫に生き返らせろと迫ったり、とかどうでしょう。

まだまだ色々出来ることがあるし、2時間でもおかしくないネタでもありチケット代でもあるので、更に作り込んで頂きまた是非観たいです。

とにかく面白かったです。
瞬間光年

瞬間光年

FUKAIPRODUCE羽衣

こまばアゴラ劇場(東京都)

2017/08/18 (金) ~ 2017/09/05 (火)上演中

満足度★★★★

今度の妙~ジカルは歌よりも身体表現、この振付はきつそうだ。こういう熱演は好き。

しょうちゃんの一日

しょうちゃんの一日

芝居屋風雷紡

d-倉庫(東京都)

2017/08/16 (水) ~ 2017/08/20 (日)上演中

予約受付中

満足度★★★★★

鑑賞日2017/08/19 (土) 19:00

お芝居に引き込まれました。とても上質なものを観せて頂きました。敢えてお芝居とは言いたくない感じです。二つの家族の対比も時代の変わり目を感じさせました。『家』に囚われる家族、新興の団地に居を構えた『核家族』。いやぁ〜、想像と全く違った『しょうちゃんの一日』でした。いいもの観せて頂きました。ありがとうございました!

紙屋町さくらホテル

紙屋町さくらホテル

演劇集団よろずや

TORII HALL(大阪府)

2017/08/18 (金) ~ 2017/08/21 (月)上演中

満足度★★★

【戦時中】の話なんでどうしても重たくなるんだけど、【移動劇団さくら隊】が作る劇中劇がコミカルに描いてる為とても観やすかったです♪上田泰三さん河口仁さんら魅力的な客演陣が物語により深みを与えてました★竹田朋子さんの役所がムードメーカー的役割を担ってて素敵でした♪♪
この時期にこのお芝居が観れた事に意味があるんです☆

Bar あの夜 Special Edition

Bar あの夜 Special Edition

真紅組

道頓堀ZAZA HOUSE(大阪府)

2017/08/18 (金) ~ 2017/08/20 (日)上演中

予約受付中

満足度★★★

テンポがとても良かった!!引き込まれました!!歴史をもっと勉強すればと悔やまれました…。

まいっちんぐマチコ先生

まいっちんぐマチコ先生

舞台版まいっちんぐマチコ先生実行委員会

ブディストホール(東京都)

2017/08/17 (木) ~ 2017/08/20 (日)上演中

満足度★★★

鑑賞日2017/08/18 (金) 14:00

舞台ではなく、舞台風(?)イベントでした。正直、舞台としては、ストーリーも演技も、中途半端で満足出来ませんでした。ですが、出演している女性陣は魅力的な方が多く、女の私から見ても目が釘付けになるような容姿・・男性陣はたまらないだろうなぁと思いました。楽しく明るい雰囲気は良かったです。マチコ先生、人魚のアリエ、可愛かったです。

フィクション・モテギモテオ

フィクション・モテギモテオ

ライオン・パーマ

駅前劇場(東京都)

2017/08/17 (木) ~ 2017/08/20 (日)上演中

予約受付中

満足度★★★★★

こんなオチが待っているとは・・・めっちゃ面白かった♪

このページのQRコードです。

拡大