最新の観てきた!クチコミ一覧

1-20件 / 148007件中
怪奇幻想歌劇「笑う吸血鬼」

怪奇幻想歌劇「笑う吸血鬼」

怪奇幻想歌劇「笑う吸血鬼」製作委員会

全労済ホール/スペース・ゼロ(東京都)

2018/04/19 (木) ~ 2018/04/22 (日)上演中

満足度★★

なんでこれを舞台に載せたかね・・・。セット中央の思わせぶりが良かったので★ひとつおまけ。私個人の好み、趣味嗜好の観点ですが。

ネタバレBOX

暴力、強姦、殺人満載で全然楽しくない。道徳とは関係なくとは言えこれが耽美と言えるんだろうか。カーテンコールで大原君が「希望とか絶望とか色々感じていただけると思います」と言ってましたが、どこに希望があったんだろう。ラストでマコトが赤ん坊の命を選んでくれたら少しは美しかったのに。
いつもはチラシとチケットをファイルに入れるのですが、今回は捨ててしまいたい。
さようなら

さようなら

オパンポン創造社

花まる学習会王子小劇場(東京都)

2018/04/19 (木) ~ 2018/04/22 (日)上演中

予約受付中

満足度★★★★★

上演時間80分、+アフタートークで10分程度。

関西でも観て、動画配信サービスの「観劇三昧」でも観ている作品ですが、
何度観ても面白いです。
役者さんたちの細かい表情や
それによって動く劇場内の空気など、
「ナマだからこそ楽しめる」要素にみちみちているお芝居だからです。

淡路島のネジ工場を物語の舞台にしていますが、
淡路島行ったことない私にも見覚えのあるような登場人物たちだらけです。
こういう人達、いるよなぁ…と思わせるのに、
記号化されていない「人間」らしい人達なのは
脚本・野村さんの緻密な人間観察の結果と
役者さん各々の演技力のすごさなんだろうなぁと思います。

「小さな世界の、繰り返す日常」を、
退屈させないように、
そしてちょっと笑えるように描く手法など
見事でした。

最後まで観終えて、
タイトルの『さようなら』が各登場人物、そして自分の胸に落ちていく感じがしました。

ネタバレBOX

「変わろう」としている彼女と
「変わること」を嘲笑った彼とが鏡のようになる
雨の中のシーンが好きです。

あと、柴田が感情が先走って言葉にならなかったであろう部分を
別のシーンで社長が宮崎に伝えたところも
「付き合いの長さと年の功だなぁ」と
しみじみ感じ、年を重ねることを好ましく思いました。
(ここで社長があの殿村さんだからいいんだよな、とも)

「東京に出れば変われる」という思いから
行動に出た彼女を、
同じことを考えて上京して
いま東京で暮らしている地方出身者の人達は
客席でどう思っているんだろうなぁ…
そんなことも考えました。

ラストシーンの一瞬でひっくり返すところで、
「さすがオパンポン創造社作品!」と
いつも心の中で拍手してしまいます。
あの結末、大好きです。
歌姫、ネバーダイ!

歌姫、ネバーダイ!

ライオン・パーマ

上野ストアハウス(東京都)

2018/04/19 (木) ~ 2018/04/22 (日)上演中

予約受付中

満足度★★★★★

 タイムマシンものなのだが、タイムパラドクスなどの理屈を捏ねることが野暮と感じられるほど、良く人間の情緒を丁寧に描いた秀作。前作とは毛色の全く異なる作品でもこれだけ質の高い作品を創りだす劇団の実力に感嘆することしきりである。(追記後送)

リチャード三世

リチャード三世

芸術集団れんこんきすた

アトリエファンファーレ高円寺(東京都)

2018/04/19 (木) ~ 2018/04/22 (日)上演中

予約受付中

満足度★★★★★

 今作、最大の特徴は、「時の娘」を埋め込んでいることだろう。(追記後送)華5つ☆

ネタバレBOX

「時の娘」と言われてピンとくる方はそう多くあるまいが、シャイクスピアが、今作を書くに当たって資料とした文献は、勝者ヘンリー7世を正当化する史家のものしたものである。つまりチューダー家のプロパガンダとして書かれた史書をベースにしているとして、これに反した解釈を述べた本のタイトルが「時の娘」なのである。
 残っている歴史というのは、勝者の歴史に過ぎない、との歴史見解があるが、それを地で行った書物ということが出来よう。
 脚本家の奥村氏は「時の娘」のエッセンスを要約すると同時に自分自身の批評を込めてラストの科白を創作しているが、この科白によってシェイクスピアの傑作、「リチャード3世」という大作をひっくり返してもいる。詳細は追記するが、流石というしかあるまい。
 役者で気に入ったのは主宰の中川さんの、死神のようなイメージから「時の娘」に描かれたもう一人のリチャードの荘厳な佇まいに至る演技は無論のこと、リチャードの妻・アンを演じた木村さん(受け身で緊張を強いられる難しい立場を見事に演じた)、王女のエリザベス役を演じた佐瀬さんは、作品としての「時の娘」を体現してみせた。更に爽やかで聡明なエドワード王子を演じた中村さんも聡明故に己の位置を正確に知る王子の覚悟を演じて見事であった。
R老人の終末の御予定

R老人の終末の御予定

ポップンマッシュルームチキン野郎

シアターKASSAI(東京都)

2018/04/18 (水) ~ 2018/04/23 (月)上演中

予約受付中

満足度★★★★★

人間が滅びた後、ロボットは人間に限りなく近づいていくのか。
“ロボットのアダムとイブ”となったカップルのいきさつが秀逸。
それにしても被り物もここまで来れば怖いものなし。
私が好きなのはブレーカーです。
(後ほど追記します)

「ハムレットマシーン」フェスティバル

「ハムレットマシーン」フェスティバル

die pratze

d-倉庫(東京都)

2018/04/04 (水) ~ 2018/04/22 (日)上演中

満足度★★★★

同じ原作とは思えないくらい各団体で違う。訳が分からないものに対していつも通りを貫くことでそれぞれの個性が出ていた。フェスティバルとしてはいいテーマだ。もっともあっていたのは風蝕異人街、最も似合わなかったのが初期型。

リチャード三世

リチャード三世

芸術集団れんこんきすた

アトリエファンファーレ高円寺(東京都)

2018/04/19 (木) ~ 2018/04/22 (日)上演中

予約受付中

満足度★★★★

書きたいことはほとんど GREAT CHIBA さんが書いてくださいました。追記も同感です(微笑)

舞台の形式も物語の展開法も素晴らしく、俳優さんの演技もダイナミックで星5つです。その一方で20日14:00の公演でもセリフの噛みは伝染病のように連鎖します。これでは星1つ減点です。長ゼリフ頻発の休憩なし2時間半だということは分かりますが…。

昨年、東京芸術劇場で行われたシルヴィウ・プルカレーテ(演出)、佐々木蔵之介(主演)の「リチャード三世」はとにかく場面毎のビジュアルが命でした。上級者が対象だったのでしょう、私には断片的なストーリーの視覚イメージ以外何も残りませんでした。今回の舞台のおかげでようやく物語の全貌のイメージが取得できました。対面の登場人物控え場所と(ここには分不相応なほど)豪華な衣装の力が大きいと思います。

*座席はいくら何でも詰めすぎでしょう(怒)

ネタバレBOX


原作では殺し屋はよくしゃべる二人組で、プルカレーテ版ではビジュアル的にもかなり重要な役割を負っていましたが、この公演では殺し屋に別の設定を置いています。今回の演出との整合性を考えると原作の設定は捨てざるを得ず、この解は確かにありだと少しだけ演出の意図が分かった気がしました。
1984

1984

新国立劇場

新国立劇場 小劇場 THE PIT(東京都)

2018/04/12 (木) ~ 2018/05/13 (日)上演中

満足度★★★★

二十世紀文学の代表作の近未来SF、多くのデストピア小説の元祖的な作品である。この小説、イギリスでは、誰でも知っているが誰も読み通せないという小説だそうで(文庫解説)なるほど、仕掛けがたくさんあってムツカシイ。しかし、この劇化にあたっては、そこをうまく利用して舞台化、世情がきな臭いこともあって、イギリスで大当たり、ついでアメリカでも当たったと言う事で急ぎ、政情不安、小説そっくりの北朝鮮もみじかにある我が国での上演となった。
原作は1946年に書かれて、ほぼ四半世紀後のデストピアを描いている。今は2018年。小説の世界は固定しているから、かつて未来であった世界は今となっては過去、SFの世界が時代劇の世界になっているという奇妙なことになってしまった。もちろん舞台設定の時代を過去にして未来のデストピアとしても芝居は作れるが、この作品は一ひねり。小説の最後でさらに未来を予測してそこで使われる言葉(全体主義のための二重思考の言語、ニュースピーク)の解説が書かれているが、さらに未来にその言葉によって、この1984年という本を、人々が学習する、と言う枠を作っている。これで、SF的な物語の構造が落ち着いた。
この枠の中で、かなり忠実に手際よく原作の物語が進行する。しかし、映画でもないからデストピア社会を大セットで組むわけにもいかず、原作の全体主義管理社会の中で出会う男女のラブスト-リーが、ほとんどノーセットの舞台で演じられる。
演出は今秋から芸術監督になる小川絵梨子。せっかく時宜タイミングよく、全体主義志向の政府下の公演(それで英米でも話題を呼んだ)なのに文化庁官僚への忖度か小劇場風に小ぎれいにまとめている。時代感覚がないから客席もわかない。これでは井上芳雄ファン以外に客は広がらない。秋からのラインアップも発表されているが、エエッツと言う小粒な作品が並んで、全方位的な抱負は殆ど反映していない。官制劇場のヒラメ監督でなく、国民の方を向いてくれないと、公務員だけが観客ではあるまいし、先が思いやられる。

ネタバレBOX

この公演の演劇としての脚色の工夫は、この男女の人間回復の試みが暴露され、主人公がフツーの真人間になるよう拷問されるところに作品の主点をおいたことで、外側からでなく、内側からの全体主義の抑制がコワイと言う原作の主張を舞台で見せる。こういう肉体的な表現は確かに、小説、映画よりも劇場向きで、ニューヨーク公演では、拷問表現の強烈さに失神する観客が続出したという。ネット情報だが、写真を見ると国立小劇場の倍はある劇場でここで失神させるのは容易なことではないだろう。
日本の公演は、前半話はさらさらと進んで、管理社会描写もさして表現にならない。ビッグブラザーと言う独裁者がすべての国民を管理しているというのがキャッチフレーズなのだが、独裁者の政党のマークは出てくるがビッグブラザーの顔は出てこない。独裁者も、その反対者も抽象的存在としているので、具体的なものは邪魔になると考えたのかもしれないが、こういうものは、バカバカしくても顔を出すとついていきやすくなるのだが、控えたために、実際に社会を管理する管理者(大杉漣の代役)の役割が、芝居だけだとわかりづらい。管理社会の中で辛く生きている主人公たちがもっと描かれていないと後半の拷問シーンが生きてこないし、折角の懐メロの郷愁もただのオセンチになるだけだ。この主人公二人、商業演劇では悪くないのに、ここでは商業演劇っぽさがマイナスになっている。管理社会の中でギリギリに生きているという感じがないし、枠の中と外の演技に変化がないので、単純に話が分かりづらい。
この公演、せっかくの珍しくタイミングのいい新国の企画だったのに惜しいことをした。
R老人の終末の御予定

R老人の終末の御予定

ポップンマッシュルームチキン野郎

シアターKASSAI(東京都)

2018/04/18 (水) ~ 2018/04/23 (月)上演中

予約受付中

満足度★★★★★

鑑賞日2018/04/19 (木) 19:00

毎回期待を裏切らない劇団さんです。
笑って泣いて、家電とご老人夫婦の愛にやられました。
脚本が本当に凄い!演者さんも素晴らしい方ばかりで心を奪われる110分でした。

新宿コントレックスVol.19

新宿コントレックスVol.19

Aga-risk Entertainment

新宿シアター・ミラクル(東京都)

2018/04/20 (金) ~ 2018/04/21 (土)上演中

満足度★★

鑑賞日2018/04/20 (金) 19:30

座席1階2列

Aga-risk Entertainment『新宿コントレックスVol.19』新宿シアター・ミラクル

今回も色んな劇団さんが観られてお得イベントでした。楽しかったです。

上演時間は95分

ネタバレBOX

一番好みだったのは『角度の授業』かな
『ななめ島』の壁ドンが面白かった。
『キミはボクの光くん。』は意表を突く構成でした。
笑いは好みがあるので何ともいえませんが、今日は客席の温度差が大きかった気がします。
最後の炎

最後の炎

文学座

文学座アトリエ(東京都)

2018/04/14 (土) ~ 2018/04/28 (土)上演中

満足度★★★★

文学座はこれで3回目の鑑賞。

アトリエは初めて。
まず、素晴らしい空間に驚く。

あとはネタバレに

ネタバレBOX

舞台装置が抽象的な木が一本のみ。

小道具はいくつかあったにしろ、家具などの出道具はなし。
テンポ感と想像力を出したい演出家の意図が汲み取れる。

演出家と俳優陣がテキストにまっすぐ伝わったのがよく分かった。

男性陣も良かったが、特に女性陣が良かった。

ただ中盤、単調になるところが多々あり、年齢が上になるにつれて寝ている人が多かった。
忘却論

忘却論

華凛

ワーサルシアター(東京都)

2018/04/18 (水) ~ 2018/04/22 (日)上演中

満足度★★★★

演者さんがキレイ!ダンスがキレっキレっ!とても激しいお芝居で 吸い込まれました。良かったです!

Life pathfinder 4th WALL

Life pathfinder 4th WALL

パスファインダ制作室

吉祥寺シアター(東京都)

2018/04/20 (金) ~ 2018/04/22 (日)上演中

予約受付中

満足度★★★★

オフ・ブロードウェイの香りがする観客も一緒に参加意識型の公演。
『主役』は何と1名の観客代表。(事前に公募されていた様です)
『主役』は参加意識のみならず正真正銘舞台上に立ち(というか可動式特製椅子に座り)作中に取り込まれます。
結構いじられつつも、普通一生こんな事無いくらいの臨場感最大MAXのステージを体験する『主役』を我々は見守る様な形態でもありました。

吉祥寺シアターの会場はいつもの段々席が一切合切撤去され、まるでバレーコート1面分くらいの広さの体育館の様。
「模索」をテーマにしたストーリー(?)とミュージックナンバーは『主役』や外周を取り囲む客席に、もろダイレクトに向けられ、これは小劇場でしかあり得ない親近感と迫力。
役者さんと目が合う度にドキドキします。(『主役』のドキドキ感は一体これの何倍なんだろうか)
できれば「模索」する対象が自分にとって、もっと身近なものであれば、より強く入り込みやすかったかも。

さようなら

さようなら

オパンポン創造社

花まる学習会王子小劇場(東京都)

2018/04/19 (木) ~ 2018/04/22 (日)上演中

予約受付中

満足度★★★★★

やっと生で見れた公演!
生で見ると全くの別物、泣いて笑ってハラハラして…
先の展開は知ってるはずなのに…
セットは、椅子だけ。なのに様々な空間が場面転換によって現れるのは、役者さんの表現力だと思います!

ネタバレBOX

私は、柴田に共感です。
どこか諦めてる。変わりたいと思っている人を冷めた目で見ながらも、でもちょっと羨ましい。
そして、色んなことをやらされる。笑
さようなら

さようなら

オパンポン創造社

花まる学習会王子小劇場(東京都)

2018/04/19 (木) ~ 2018/04/22 (日)上演中

予約受付中

満足度★★★★★

舞台は映像で観るより生で観たほうが100倍面白いを実現してる舞台。

始まり方からラストまであっという間に終わってしまったように感じた。

役者が全員素晴らしすぎて誰がいいとか言えない。

観れば観るほど楽しめる舞台でした。

さようなら

さようなら

オパンポン創造社

花まる学習会王子小劇場(東京都)

2018/04/19 (木) ~ 2018/04/22 (日)上演中

予約受付中

満足度★★★★★

鑑賞日2018/04/20 (金) 15:00

会話や場転のテンポが凄い!
見ていて、気持ち良かった!!

そして、人間関係や距離感が現実味があり面白い。
共感できる部分や疑問に思う部分が出てくると思いますが、それは現実に限りなく近いからだと思います!

まだ、観てない人は是非見に行って欲しい!!
舞台の面白さが、いっぱい詰まっています!!

青春超特急

青春超特急

20歳の国

サンモールスタジオ(東京都)

2018/04/19 (木) ~ 2018/04/29 (日)上演中

予約受付中

満足度★★★★★

鑑賞日2018/04/19 (木) 19:30

価格3,000円

卒業公演と銘打つだけにラグビー大会とか文化祭とかの個別行事ではなく「これが20歳の国的3年間の高校生活だ」と言わんばかりの内容で、冒頭からアオさとアツさ満載、青春真っ盛りな様子に胸がアツくなる。
以降、そんなコトあったな、あんなコトあれば良かったな、と観客に思わせたり、過去公演を想起させたりする行事が話題に出てくるのはズルい……もとい巧いし、劇中でも演劇同好会のメンバーが「卒業公演」について話すので本作とのリンクまで感じるんだな。
あと、学校用の机と椅子の組み合わせでいろんな場を表現する美術もステキ。
卒業、おめでとう!
さて、次回以降はどんな作品を見せてくれるのかしら?それもまた楽しみ♪

地底妖精

地底妖精

Q

早稲田小劇場どらま館(東京都)

2018/04/20 (金) ~ 2018/04/23 (月)上演中

すごく刺激的で面白かったです。目に見えていないものは存在していないのと同じ。人間の目には見えない(はずの)妖精と、目がないもぐらが登場して、私たちがあえて見ないようにしていること、見えてない振り(演技)をしていることを、乱暴に炙り出していきます。

青春超特急

青春超特急

20歳の国

サンモールスタジオ(東京都)

2018/04/19 (木) ~ 2018/04/29 (日)上演中

予約受付中

満足度★★★★★

自分としては、まず「え~、サンモールスタジオでやるのかよ~、天井高の空間を活かせるハコでの演出が売りなのにィ。」と始まる前からテンションが下がっていたけど、その辺を差し引いてもやっぱり良いです。
早速普段演劇とは馴染みが無い、職場の同僚に勧めまくってます。

R老人の終末の御予定

R老人の終末の御予定

ポップンマッシュルームチキン野郎

シアターKASSAI(東京都)

2018/04/18 (水) ~ 2018/04/23 (月)上演中

予約受付中

満足度★★★★★

鑑賞日2018/04/20 (金)

老人を演じた三人が素晴らしかった☆ あと 久しぶりに復活した本編前の 寸劇が良かったです☆

ネタバレBOX

本編前の寸劇は 他では見れません。あれがあってこそのポップンだと思います。 そしてクオリティも高い! 今回はアンパンマンのパロディでしたが、 正直、本編よりも良かったくらい最高でした! 吹原さんは短編が得意なのだと思います。
本編の方ですが、 自分としては 元ネタの短編のほうが好きでした。 付け足したストーリーは なんだか薄っぺらで 間延びしちゃった感じもするし、 無理に被り物キャラをだしたり、笑いを取らなくてもいいのにな~と思います。 ただ、役者さんは 一人二役、三役やっていて、大変でしたね!
最後、ギターの被り物姿の野口オリジナルさんが 汗だくで 物販の紹介をしていました!
お疲れさまでした☆

このページのQRコードです。

拡大