最新の観てきた!クチコミ一覧

1-20件 / 146162件中
夜、ナク、鳥

夜、ナク、鳥

オフィスコットーネ

吉祥寺シアター(東京都)

2018/02/17 (土) ~ 2018/02/24 (土)上演中

満足度★★★★★

実際に報道された事件の輪郭からはうかがい知れない、一人の人間が犯罪者となる過程と心理が巧みに描かれ闇の世界に引き込まれる。
いつも包み隠し表に出ることの無い邪悪な表情は、かえって女性の冷たい美しさを引き立てるよう。松永玲子さん、髙橋由美子さん、松本紀保さん、安藤玉恵さん、それぞれが背負ってきた人生の陰なのか演技なのか。
終演後の挨拶の表情も見逃せない。

ネタバレBOX

セットはほぼソファとテーブル、電話だけ。
正方形の舞台に四方の闇から現れ、そして消える登場人物。
照明だけで情景と心理を表現してゆく巧みな演出と鬼気迫る役者の表現に惹きこまれる。
人間の内なる憎悪、嫉妬、敵意。些細なことの積み重ねと、それを操る甘言で人はより楽な道を辿り逝くのかと思うと切なさも残る。
劇中で夫に手をかける安藤玉恵さんの鬼気迫る姿と、最後の一手を人に託す心内、息を呑む表情が今もよみがえる。
観るものに深いつめ跡を残す作品でした。
卒業式、実行

卒業式、実行

Aga-risk Entertainment

サンモールスタジオ(東京都)

2018/02/17 (土) ~ 2018/02/25 (日)上演中

予約受付中

満足度★★★★★

鑑賞日2018/02/20 (火) 19:30

価格3,800円

面白い。よくこれだけの本が書けるなと感嘆するしかない。作・演出の冨坂氏の頭の構造は一体どうなっているのだろう。重い題材を、こうも見事にコメディに昇華させる手腕は他の追随を許さない。
毎回、役者陣が良いのは言うに及ばず、今回は主役・榎並さんの輝きぶりは半端ない。

夜、ナク、鳥

夜、ナク、鳥

オフィスコットーネ

吉祥寺シアター(東京都)

2018/02/17 (土) ~ 2018/02/24 (土)上演中

満足度★★★★★

セリフが衝撃的で力強い!!同感です。闇を心にもって帰りました。後半は悲しいのか感動しているのか、よくわからないまま目がウルウル、胸が一杯に。今でも高橋由美子さんの表情が脳裏に焼き付き、床につくのが怖い。ホラーでもサスペンスでもない。不完全な 献身と利己、善と悪、夫と妻、面倒をみるものとみられるもの、親心と子心。。。消化できない矛盾の心地よさ・やるせなさ、現実の事件をベースにした新タイプの不条理劇か。照明だけで広がりを持たせた舞台も秀逸でした。期待通りの瀬戸山美咲演出作品でした。

舞台『想咲の結』(そらのむすび)

舞台『想咲の結』(そらのむすび)

ヒエロマネジメント

ウッディシアター中目黒(東京都)

2018/02/20 (火) ~ 2018/02/25 (日)上演中

満足度★★★★

父親と長女の視点で描かれた“家族”の物語り。
ありふれた家庭の生活から、秘められた事実が次々と明らかになり物語りは進んでゆく。
物語りに少々出来過ぎな感があり展開も読めてしまうのですが、構成が巧みで役者の好演もあり惹きつけられた舞台でした。



岸 リトラル

岸 リトラル

世田谷パブリックシアター

シアタートラム(東京都)

2018/02/20 (火) ~ 2018/03/11 (日)上演中

世田谷パブリックシアター「岸 リトラル」3時間半、休憩15分込み。父の遺体を埋蔵するために海を超えた青年の超珍道中。映画の撮影現場と妄想炸裂の脳内が混在するカオス!生々しく、荒々しく、コミカルで挑発的な上村聡史演出に全身で応える俳優陣に敬意を。高低と奥行きを活かし世界を表した抽象美術も素晴らしい。景色も意味も心もくっきり伝わる佐川和正さんの演技が好み。パッと見で誰かわからないのもいい。

ネタバレBOX

父は無数の人名が書かれた電話帳を重しに海に埋蔵され、番人になる。
鵺的トライアルvol.2『天はすべて許し給う』

鵺的トライアルvol.2『天はすべて許し給う』

鵺的(ぬえてき)

コフレリオ新宿シアター(東京都)

2018/02/07 (水) ~ 2018/02/13 (火)公演終了

満足度★★★★★

鑑賞日2018/02/07 (水) 19:30

座席C列5番

価格3,900円

3人のストーカーと彼らのそれぞれの対象となった女性、そしてそれに関わった人物たちの顛末……。
端的に言えば「面白かった」、勝手にキャッチピーを付ければ「頬を弛ませながら見る(他人の)悪夢」。 様々な要素が集められていて喩えればちらし寿司?
いろんな意味の「コワい」といろんな理由での「笑っちゃう」が同時に存在するアンビバレンツ、とも言えるか。
いかにも実際にありそうな部分も多々ありつつ同時にどこか異世界の出来事というか絵空事のように思われてしまうのは精神的な防御本能によるものか?

ストーカー3人がそれぞれ違うタイプの「狂い方」だったり、女性側の何人かも闇(病み?)を抱いていたりするのがまた巧みだし、まさしく鵺的×elePHANTMoonな味わい。また、アレやソレな演出や舞台面が傾いているような錯覚を呼び起こす舞台美術も面白い。
面白いと言えばその「場」の小道具類を出演者自ら配置・撤去する(例えばテーブルクロスを自分でかけて場が終わるとそれをポケットに収めたり)場転のしかたや小さな赤い玉を使った血の表現方法も面白かった。

親告罪は被害者が告訴しなければ……というのは知っていたが、さらにそういうことにもなるのか、と教わったし。(謎)

そう言えば実在の人物名や劇場名が出てきたが大丈夫か?(笑)
劇中の架空の劇団名(元ネタがよくわかってニヤリ)に覚えがあり、終演後に高木さんに尋ねてみたら「フォトジェニック」でも使った名称だそうで、そうか、そうだったか、と納得。

それにしてもストーカーって、する側が身を持ち崩すのは当然としても、される被害者側もあれこれ喪うというのが理不尽、とも改めて。

あと、白石晃士監督の映画「不能犯」同様、落ち込み気味の方は観ない方が身のためか?などとも思った。

袋とじ「根本宗子」

袋とじ「根本宗子」

東葛スポーツ

3331アーツ千代田/スーパーデラックス(東京都)

2018/02/16 (金) ~ 2018/02/27 (火)上演中

満足度★★★★

根本さんファンの為のお芝居という感じの部分はありましたが、面白かったです。
1人芝居ですが全然飽きませんでした。

ネタバレBOX

ちょいちょい入っている政治ネタというか社会ネタがうざかったです。
見よ、飛行機の高く飛べるを

見よ、飛行機の高く飛べるを

ことのはbox

シアターグリーン BOX in BOX THEATER(東京都)

2018/02/14 (水) ~ 2018/02/18 (日)公演終了

満足度★★★★★

良かったです。
ストーリーがいいだけでなく、舞台セットや衣装も良かったです。
役者も上手くて良かったです。
ネットで有名な春名風花さんも上手かったです。

メビウス‐201802-

メビウス‐201802-

リンクスプロデュース

船場サザンシアター(大阪府)

2018/02/16 (金) ~ 2018/02/21 (水)上演中

予約受付中

満足度★★★★★

3回目のメビウス。前の2回は結構前でストーリーも細かい部分は覚えてない状態で観てきた。

とても素敵な舞台だった。まず冒頭のアンドロイドの描写が素晴らしかった。途中で演技に若干のぎこちなさを感じる瞬間もあったけど、変に笑いに走らず美しいストーリーに真正面からぶつかって行く演出で感情を揺さぶられた。

僕が観た中で、一二を争うメビウスやった。
(て、3回目やん、、、)

ホフマン物語

ホフマン物語

新国立劇場

新国立劇場 オペラ劇場(東京都)

2018/02/09 (金) ~ 2018/02/11 (日)公演終了

満足度★★★★★

鑑賞日2018/02/09 (金)

今回はゲネプロが当たったので、そちらも拝見させていただきました。

初日キャストでした。

ハンブルクバレエ団の公演も重なり、残念ながら菅野ホフマンの日はあきらめ、9日(金)ソワレと11日(日)マチネを観ました。



この物語は、男性が主役で、3幕の舞台で主役ホフマンとホフマンを陥れる悪魔の化身の敵役はほぼ出ずっぱりです。

どっちも技量、体力、演技力を要するすごく難しい役です。

まずは、とても素晴らしかったのが悪魔の化身リンドルフの中家正博くんです。

3日間彼を観ましたが、とても素晴らしかった!!!

プロローグでの紳士はただ座っているだけでも、すごい存在感があります。一幕の人形師のサイケデリックな博士(?)のコミカルで、人を陥れるような卑怯な雰囲気は、最高!表情も豊かで、踊りのキレキレ具合もすごい!!!二幕の魔術師のよう医者では、黒いもやもやオーラが背後にただよってました。無言の支配・・・怖かった~。

三幕の中東系の怪しげな男は猥雑な色気があり、辺りを睥睨するさま、ホフマンを誘惑するさまは悪党そのものでした。

こんな毒キャラ、強烈キャラも演じ、踊り、ノーブルな王子様も踊れるという中家くん、よくぞ新国立劇場バレエ団に入ってくれましたクラッカー

彼のダンスはとても美しく、キレキレで、雄大くんとのダンスは見ごたえがありました。ブラボ~!と、心の中で叫んでおりました。

次回は、中家くんのホフマンも観てみたいです。



雄大ホフマンは、結構一生懸命生きてきたんだけどなぁな感じがして、ホントお気の毒って感じがしました。

安定のダンスは観ていて、とても気持がいいです。

私は三幕の白髪交じりのホフマンが惑わされていく・・・の雄大くんがとても良かったです。

井澤ホフマンの一幕のピンクの上着と白タイツは、ザ・王子キラキラ

二人とも初演の時よりも、とても深くホフマンの存在を感じさせました。とくに年老いたホフマンの解釈が、しっくり来たものがあります。

この後の彼の人生はどうなって、どう終るのかなぁと思いました

沈黙の音

沈黙の音

演劇企画アクタージュ

参宮橋TRANCE MISSION(東京都)

2018/02/15 (木) ~ 2018/02/18 (日)公演終了

満足度★★★★★

久々に観劇させてもらったのだが、舞台の面白さを堪能できる作品だった。

ほぼ止まらない会話劇。腹を探り合い、怒鳴り、けなし、敵味方に分かれて緊迫した話が進んでいく。悲哀のこもったラストは音と相まって非常に印象的。
テレビドラマと違って舞台の中で表現される「沈黙」と「音」が想像を掻き立て、一瞬たりとも見逃せない作品でした。

『売春捜査官』『熱海殺人事件~友よ、いま君は風に吹かれて~』

『売春捜査官』『熱海殺人事件~友よ、いま君は風に吹かれて~』

★☆北区AKT STAGE

北区AKTSTAGEアトリエ(東京都)

2018/01/20 (土) ~ 2018/02/18 (日)公演終了

満足度★★★

A。

ネタバレBOX

木村(峰ひかる)…小柄ながら声が通るしアクションも小さくまとまってない感じが好印象。表情も豊か。
熊田(此村太志)…一番安定してた。
大山(深沢研一)…いい表情するし、パワフルさもある。よだれとか鼻水ってぬぐっちゃダメなのかな。浜辺のシーンのいいトコで気になってしょうがなかった。
鳥居(山口将也)…なんか迫ってくる感がなく、凡とした感じ。

演技が悪いワケでないけど、舞台としての魅力があんまり感じられなかった。一体感とかの問題?
「みんなの捨てる家。」

「みんなの捨てる家。」

アナログスイッチ

シアター711(東京都)

2018/02/15 (木) ~ 2018/02/25 (日)上演中

予約受付中

満足度★★★★

もっと生々しいシリアスな話かと思ってたんだけど、九十九神や幽霊が出てくるファンタジー。たまには、こういう普通にいい話も悪くないかも。

ハンブルク・バレエ団『椿姫』

ハンブルク・バレエ団『椿姫』

公益財団法人日本舞台芸術振興会

東京文化会館 大ホール(東京都)

2018/02/02 (金) ~ 2018/02/04 (日)公演終了

満足度★★★★★

産休明けのアリーナ・コジョカルさんとアレクサンドル・トルーシュくんです。



私のお目当ては、劇中劇で「マノン」でのデ・グリューを演じるアレクサンドル・リアブコさんですキラキラドキドキ



この演目はこちらが本家ですが、パリオペのものを来日公演とDVDで観ていました。同じようで、まったくの別物・・・そんな感じがしました。

パリオペのはとても華やかで、享楽的な社交界をすごく感じたし、なにより美しい!これは、これで大好きです。

ハンブルクのは、とてもシンプルに二人の感情が伝わってきました。

とても感情表現が豊かな振り付けなんだと、あらためて感心しました。



マルグリットのコジョカルさんは、ちょっとふっくらされて、柔らかな雰囲気が出てました。包み込むような優しさも感じました。



トルーシュくんが素晴らしくて、今回は彼の心情にどっぷりとつかりました。世俗の垢にまみれてない真っ直ぐさ、強引なまでの愛、彼なら生活にお金の要ることを察することの出来ない無知さが理解出来ます。

そして、マルグリットに捨てられたと思い込んだ彼の非情なマルグリットへの態度は、愛憎入り混じってつらい!えーん

狂おしいまでにマルグリットを想っているのが、伝わってきます。

だから、彼がたびたび気を失っちゃうのもとても自然。

表現力あふれるダンスは、心を打ちました。



この二人の心情を深め、舞台を深めたのが、シルヴィア・アッツォーニさんとリアブコさんのマノンとデ・グリューのダンスです。劇場場面では華やかに、マルグリットとアルマンの心情にそった場面ではその存在が深い闇や愛を与えて、素晴らしかったです。



ピアノ演奏は、ミハイル・ビアルクさんとオンドレイ・ドチェンコさんでした。感動でした。

この日の拍手は、実に見事でピアノの一音の響きが終わってからでした。



観たい、観たいと思っていた本家の「椿姫」、とても素晴らしかったです。

ありがとうございました。


卒業式、実行

卒業式、実行

Aga-risk Entertainment

サンモールスタジオ(東京都)

2018/02/17 (土) ~ 2018/02/25 (日)上演中

予約受付中

満足度★★★★★

全力疾走の2時間。主義主張を掘り下げないところがこの団体の喜劇への矜持だ。

F/B/R ご自由に。

F/B/R ご自由に。

おやすみ世界

桜美林大学・町田キャンパス 徳望館小劇場(東京都)

2018/02/18 (日) ~ 2018/02/20 (火)公演終了

満足度★★★★

どこへ向かうのかふわふわしていて、うっかすると崩れやすいところが、きちんと作品になっていた。

ある日、ぼくらは夢の中で出会う

ある日、ぼくらは夢の中で出会う

劇団6番シード

シアターKASSAI(東京都)

2018/02/15 (木) ~ 2018/02/18 (日)公演終了

満足度★★★

正直、難解でした。

不条理劇というジャンルで、もしかしたら答えが無いのが正解なのかな、とも思いますが。
演者の4名は、本当に誰も彼もが魅力的で、流石の皆さまでした。
ドンドン現実がどこにあるのか、誰の言葉を追えば良いのか分からなくなる世界で、
それでも全員が求心力のある演技を続けられていて、惹き付けられ続けました。

回転舞台で、新たな魅せ方なども模索されていて、
またガヤなどが全くお互いの言葉を遮っていなくて、本当に上手だなと終始感心していました。

見よ、飛行機の高く飛べるを

見よ、飛行機の高く飛べるを

ことのはbox

シアターグリーン BOX in BOX THEATER(東京都)

2018/02/14 (水) ~ 2018/02/18 (日)公演終了

満足度★★★★★

非常に上質な作品で、正直とても驚きました。
2時間30分は確かに短くはなかったですが、それだけの時間をかける価値が十分ある、
例えるなら朝の連続テレビ小説を1シーズン分ぐらい丸々観ているほどの満足感がありました。

明治時代の抑圧された女学生達の心情、葛藤などがヒシヒシと伝わる様で、
当時と現在のズレもコミカルに描かれていて、とても楽しめました。

主演の春名風花さんの演技もまた、目の前にいらっしゃるのに100年前の世界を生きているかの様で、
とても自然で素直に世界観に入る込む事が出来ました。

川、くらめくくらい遠のく

川、くらめくくらい遠のく

ムニ

新宿眼科画廊(東京都)

2018/02/16 (金) ~ 2018/02/18 (日)公演終了

満足度★★

チラシには、川を見ている人よりも、3つの川の見え方がある…そんなことを信じてやっていきたいと書かれている。
本公演は何を伝えたかったのか、観せたかったのか最後まで解らなかった。60分という短編にも関わらず冗長に感じてしまい残念に思う。
(上演時間1時間)

ネタバレBOX

素舞台、白線の囲いの中で役者3人が、ほぼ同じような演技を坦々と繰り返し、台詞も皆同じように朴訥とした口調でテンポもメリハリも感じられない。3人(1人何役も担い、何人の登場人物がいたのか分からない)が住んでいる街、暮らしと生活空間の紹介を長い時間軸をかけて説明しているが、その割りに街のイメージが浮き上がってこない。

先に書いた、川を見ている人=観客よりも、3つの川の見え方=表現を優先したような感じである。作・演出の宮崎莉々香女史は、「ぐらつきのなかで、浮かび上がってくること『見える』というささやかさについて表現しました」とあるが、それが観客にも伝わること(内容)が必要ではないだろうか?3人の間での会話らしい会話がなく、あくまで一方通行のような説明では舞台としての立体化がなく飽きてしまうと思う。

もちろん芝居は観る人の感性によって受け止め方が違う。全ての観客を満足させることが出来れば、それに越したことはないが、そのために作者が自分自身を見失ってはならない。その意味で、”こう表現したい”という思いは持っているようなので、もう少し観(魅)せる公演を期待しております。
search and destroy

search and destroy

うんなま(劇団うんこなまず改め)

花まる学習会王子小劇場(東京都)

2018/02/17 (土) ~ 2018/02/18 (日)公演終了

満足度★★★

公演の内容は、”結論”めいたものがあるような、もしくは観えるようであるが、実際は終わらない創作過程の思索面を描いている、そんな印象を受けた。深い理屈の世界、観客の思考を強く刺激するものであるが、その表現はコミカルなショートコントを織り込む手法で飽きさせない工夫をしているが…。
それでも自分は、もっと気軽に観て楽しめる公演が好みである。もちろん喜劇であり悲劇であっても何らかの”モノ”が自分に残れば満足である。その意味で、本公演は自分には合わなかった。
(上演時間1時間20分)後日追記

このページのQRコードです。

拡大