たらいの観てきた!クチコミ一覧

1-20件 / 276件中
私たちは全力でホラーに挑みます!

私たちは全力でホラーに挑みます!

ライオン・パーマ

駅前劇場(東京都)

2020/09/23 (水) ~ 2020/09/27 (日)公演終了

満足度★★★★★

楽しく笑えてちょっぴり怖いお芝居をありがとうございました。何かとうまく回らなくて困ったことが続くこの時期、勇気づけられる思いがしました。

スーパーロボットミュージカル

スーパーロボットミュージカル

宇宙論☆講座

江古田 ギャラリー古籐(西武池袋線「江古田」駅南口徒歩6分/西武有楽町線「新桜台」駅2番出口徒歩7分/大江戸線「新江古田」駅A2出口徒歩10分)(東京都)

2020/07/24 (金) ~ 2020/08/10 (月)公演終了

鑑賞日2020/08/01 (土) 19:00

土曜日の夜、観てきました。
前回観たときのはすっかり忘れていたので、観ながら、ああそういえばと思い出していきました。
最初から変な感じで、ずっとその感じが続くのがちょっと。飽きてくる。
説明が多いので飽きてくるというか。
最初はもっと穏やかな感じで入るとか、途中でペースを変えるとか、丁寧に演じてくれればなあと思ったり。
といっても毎回前説が変わるのだから、こんなコメントはあんまり意味ないですね。
狙って予約した人が交代になったのが残念でした。

MASKED HEROES

MASKED HEROES

藤原たまえプロデュース

小劇場B1(東京都)

2020/06/30 (火) ~ 2020/07/05 (日)公演終了

満足度★★★★★

この時期こんなふうに劇場で観劇出来てそれだけで感激でした。
マスクがテーマ(?)の四作品。バラエティーショー的。上演の順番に妙があった。
最後の男三人の野郎芝居に笑ったし和んだし、その前のミステリーもよかったし、その前の二人芝居もよかった。最初の家族芝居のナンセンスな感じもよかったです。

肩に隠るる小さき君は

肩に隠るる小さき君は

椿組

ザ・スズナリ(東京都)

2020/02/26 (水) ~ 2020/03/03 (火)公演終了

昨日の夜は冷え込んでいた。会場もちょっと寒かったけど、観ていて心があったかになったのでちょうどよかったかも。全体としてみればハートウォーミングなドラマというわけではないけど、役者さんたち一人一人を観ているとその演技はあったかな感じがしたというか。

Pickaroon!<再演>

Pickaroon!<再演>

壱劇屋

DDD AOYAMA CROSS THEATER(東京都)

2020/02/25 (火) ~ 2020/03/01 (日)公演終了

こんなに走り回る芝居を一日二回もやるとは。それだけでも凄いなあと思ってしまう。
音がド迫力で、光と影の演出も美しく、殺陣も鮮やかでした。

十二人の怒れる男 -Twelve Angry Men-

十二人の怒れる男 -Twelve Angry Men-

feblaboプロデュース

新宿シアター・ミラクル(東京都)

2020/01/10 (金) ~ 2020/01/20 (月)公演終了

満足度★★★★★

『十二人の怒れる男』はいままで映画でも芝居でも観たことはなく、今回が初めて。充実の二時間。ぴりぴり感がたまりませんでした。
客席が囲いだと、退屈したとき観客ウォッチングしたりするけど、そういう余裕はなく。最初から最後まで(まさに始まった瞬間から終わりの暗転の瞬間まで)劇中に釘付けでした。
これはお薦め。観るべし。

ネタバレBOX

少年が逮捕されたとき階段を突き落とされたとあった。それが最後のどんでん返しで出てくるのかな、出てくるとすればどういう形で関わってくるんだろうかと考えながら観ていた。でもストーリーとは特に関係なかったよう。あの情報はどうして必要だったんだろうか?
逮捕される際、少年が警官たちに邪険に扱われたとかいうことなのかな?
わからない。考え中。
────────
わかった。警官が少年を階段から突き落とすイメージと、陪審員たちが少年を有罪に突き落とすイメージをだぶらせているということですね? 階段から突き落とした警官もひどいけど、おれたちも同じようなこと(もっとひどいこと)をしようとしている、そんなのひどいじゃないか、みたいな。八番の陪審員が発する情報ですものね。
そういう意味では、「突き落とされた」っていうときの台詞は、「ひどいよ!」っていうニュアンスをもっと含めるべきだったのかなとも。ぼくが鈍感で見逃していただけかもしれないけど。
ものすごい覚せい剤

ものすごい覚せい剤

宇宙論☆講座

JOYJOYSTATION(東京都)

2019/12/28 (土) ~ 2020/01/01 (水)公演終了

満足度★★★★★

体調不良で急遽(?)代役になってしまったのが残念でした。
SMAPといえば、ぼくがはじめて宇宙論☆講座をみたのが『世界で一人だけの草なぎ』だったなあ、あのとき一緒に観にいった人とは別れてもう会ってないんだなあとしみじみ。音がいいなあと思ったけど、気のせい?

大晦日の昼間の回にもう一度。飲んだり食ったりしながら観劇。
二度目のせいかお話もよくわかった(ような気がしないでもなく)。一回目よりずいぶん楽しめた。いや、一度目も楽しかったんだけどね。宇宙論☆講座は二度観るのがおすすめかも。
次回は炭火焼肉ミュージカルですか。炭火焼肉なんて可能なんだろうか。

ネタバレBOX

進行が止まって、「おい、お前とお前、らりった演技やってみろよ。できんのかよ」的な感じになって冷たい空気が張りつめたときが、じつはいちばん面白かったかも。その前のシーンが退屈で眠たくなりかけていたので、冷たい空気になって目が覚めた。もうちょっと長くらりった演技を順番にやって、会場を凍りつかせてほしかった。
それ以外のシーンは正直いって何をやってたのかわかりませんでした。龍角散で咽喉がなおったとか、そういうのはわかったんだけど。結局六つ子はどうなった?
バラッド または、地平線の上で呼吸する旅人の話

バラッド または、地平線の上で呼吸する旅人の話

劇団テアトルジュンヌ

立教大学 池袋キャンパス・ウィリアムズホール(東京都)

2019/12/18 (水) ~ 2019/12/22 (日)公演終了

満足度★★★★

 芝居のタイトルは、『バラッドまたは、地平線の上で呼吸する旅人の話』という、一度では覚えられず、覚えてもすぐに忘れてしまうような長いもの。

 タイトルのイメージから、地平線の見える雄大な風景を連想し、スナフキンみたいな旅人が登場するのかなと思っていたらそうでもなく。タイトルと芝居の内容が、合致しなかった。芝居のほうは中盤のいざこざが始まったあたりからがぜん興味をそそられる展開になった。でも結末の演出はわかりづらかった。

ネタバレBOX

 仲よしの学生のグループなのかな。ひとりは食堂を経営していて、ひとりはライター志望。もうひとりは小説家。もうひとりは演出家? もうひとりは宗教にはまってしまう、みたいな。それぞれ成功や失敗や挫折を経験したり盗作や犯罪なんかに走ってしまい、傲慢になったり喧嘩したり争ったり陰口叩いたりを経過して、そのうち姿を消す人は姿を消して、残る人は残っている、みたいな物語。

 途中から、あれはなんでしょう? 超越した人がひとり現れて、語り手(主人公?)に話しかける。他のことに気を取られていて台詞を聞き逃したらしく、あの人が誰なのかわからなかったんです。ばかですね。そして最初の仲のよかったときの場面が再現される。あの場面はなんだろう? ノスタルジー的なものを狙ったのかな。


 バンクシーの絵についての件が最初と最後のほうに出てくるけど、あれはどういう意味だったんだろう。バンクシーの模造を50万で購入。でも落として額のガラスを割ってしまうの?  最後にもう一度話題になり、買った、買わないの話になり、「どうしてあるんだろう」みたいなことを言ってた? ごめんなさい、よく覚えてないんだけど、どういう意味なのか、お話とどう関係するのか理解できませんでした。あ、わかった。いや、わかんないけど、タイトルの旅とバンクシーの「屋外、路上」みたいなものを掛けてるのかな。ごめん、やっぱりわかりません。

 歩行のシーンが出てくるんですが、みなさん歩行がぎこちなくてびっくり。そのぎこちなさが逆に面白くてそっちのほうに目が行って、台詞が耳に入ってこないという、、、面白かったけど、歩行はやっぱりもうちょっと訓練してスムースに歩けるようにしたほうがいいと思う。
 あと、ぼくが気になったのは、みなさん姿勢が悪いんじゃないかということ。台詞をいうときみなさん前のめりになって、背中がまるまり、あんまりかっこよくない。

 絵の入った紙袋やジョッキやドーナツの箱。そういった小道具は必要なくなったら片付けてしまうものだけど、それをずっと残しているのが斬新だなあと。思い出が積み重なっていくっていう感じを表現したかったんですかね?

 声を大きく出したり身振りを大袈裟にしたい人は、早稲田で(芝居)やればいいのに、みたいなギャグがあったけど、そうなんですかね? へへ。

 ごあいさつのペーパーを見ると、いろんな参考、引用作品が列挙されていたが、全然わかりませんでした。わが町がどうのこうのって言ってるのは聞いたような気がするので、『わが町』はわかったといえばわかったのかもしれない。でもその他はまったく。それが哀しい。
埋める日

埋める日

スポンジ

OFF OFFシアター(東京都)

2019/12/19 (木) ~ 2019/12/23 (月)公演終了

満足度★★★★

皆さん面白かったですが、特にちょい役の叔父さん(?)が出てくると、舞台上が急に活気づくようでした。その変化が面白く。

ネタバレBOX

姉妹はもっとやりあってほしかった。やりあってやりあって、そのすったもんだの先に漸くまた同じ鞘に収まる、みたいな。あれだと真ん中がすっぽり抜け落ちすぎてて。空白が大きすぎるというか。そういうのを狙ってるんですかね?
家具に巻きついた枝? 壁のカーネーション。いろんな意味に捉えることが可能なんだろうけど、なんというか、いまいちわかりづらいというか。
死に際を見極めろ!Final

死に際を見極めろ!Final

ライオン・パーマ

駅前劇場(東京都)

2019/12/11 (水) ~ 2019/12/15 (日)公演終了

満足度★★★★

シュールでした。妹がよかった。あれ? 誰の妹だっけ。

マクベス

マクベス

DULL-COLORED POP

神奈川芸術劇場・大スタジオ(神奈川県)

2019/12/12 (木) ~ 2019/12/22 (日)公演終了

途中まではすんごく面白かったけど。

ネタバレBOX

最後のあれはちょっと。正直がっかりしました。それまで積み上げてきた芝居を自らちゃらにしてしまった。
あれが「どうしても必要と思われた翻案」なんですか?薄っぺらいわー。
あれがやりたくて、マクベスも現代のスーツで携帯使ってたということですか。
そういうの持ち込まないでほしかった。

「動く森」を見せるのになにか趣向があるのかしらと思ってみていたが、特に無く、頭にちっちゃな葉っぱをつけてるだけで、それも走ってるあいだに落ちてしまった。その印象のせいもあるのかもしれないけど、政治の話になった途端、芝居のスケールが一気に小さくなってしまった。急にせせこましい話になってしまったというか。スペクタクルのはずが、急に新聞の風刺漫画になってしまったというか。

いきなり現実に引き戻された感が強すぎて、見終わった後の余韻はなく。なにも残らず。なにしに来たんだろうと思いながら関内まで歩くことに。


チェーホフ讃歌~熊と結婚申し込み~

チェーホフ讃歌~熊と結婚申し込み~

Art-Loving

APOCシアター(東京都)

2019/12/05 (木) ~ 2019/12/08 (日)公演終了

現代日本だと相手方のお父さんのほうに、結婚の許しを得るため挨拶に行きますよね。ぼくの場合はなかなか結婚の話を切り出せずに、向こうのお父さんと雑談を長々と重ねてしまったことを思い出しました。
熱演、面白かったです。チェーホフ愛を感じました。

瘋癲老人日記

瘋癲老人日記

劇団印象-indian elephant-

小劇場B1(東京都)

2019/10/02 (水) ~ 2019/10/06 (日)公演終了

会場にはいると客席が二面あって、二面あるということは特に正面というのが設定されてなくてどっから見てもいいんだろうなと思って端に坐ったら、正面を結構意識した演出になっていてちょっぴり裏切られた気分に。これから見に行く人は、正面的な客席のほうに坐ったほうがいいかもしれません。
ぼくが抱く「瘋癲老人」のイメージと舞台の上の「瘋癲老人」とはちょっと違ったけれども、それは仕方ないんでしょうね。小説に抱くイメージは人それぞれですからね。

ネタバレBOX

すべてが演出どおりに進行していくこのスキの無さは素晴らしいし、出演しているみなさんも素晴らしいと思うのですが、このアドリブなどすこしも入る余地の無いギューっとした感じに、逆に息苦しさを感じないこともなく。
ぼくとしては、老人に確信的なマゾっけが足りないような気がしました。
それから基本的に老人のひとり芝居で、その他の出演者は盛りたて役、添え物でしかない感があって、それが残念だったかなと。
日付が変わるたびに、老人の感情がリセットされてましたが、それでいいんですか? リセットされるたびに、なんとなくガッカリする気持ちに。え?さっきまでの感情の昂ぶりはなんだったの?っていう感じ。
白に横ジマのパンツで水着を連想させるというのが面白かったです。颯子チーム、看護婦チームなどのチームとしてのパフォーマンスも面白かった。
八月のモンスター

八月のモンスター

甲斐ファクトリー

シアターグリーン BASE THEATER(東京都)

2019/09/19 (木) ~ 2019/09/23 (月)公演終了

満足度★★★

同じ部屋にドアが三つ。どこから入るかで、部屋が変わる。単純だけど、演劇的な面白い仕掛け。
芝居のほうはというと逆に、映画のカットを積み重ねていくような手法(といってもいいのかな)。ひと言だけで暗転するような場面もあり。

ネタバレBOX

「モンスターは私です」と、あの人がいうのは、現場から逃げて世間から隠れちゃっていたからということなんですかね?
参加者のくらーい状況と、若いセミナースタッフのかるーい恋愛やセックスが対比されている? でも、対比という感じでもなく、無関係などたばたが挟まっているという印象でした。
対比という意味でいえば、セミナースタッフの服の色と、セミナー参加者の服の色は、逆なんじゃないのかなあと思ったり。スタッフはかるーい人たちで、参加者はどっちかというとくらーい人たちだから。その関係が最後に逆転するというともなかったような気がするし。
スーパーロボットミュージカル(旧)

スーパーロボットミュージカル(旧)

宇宙論☆講座

練馬区某所(予約者にお伝えします)(東京都)

2019/09/21 (土) ~ 2019/09/23 (月)公演終了

満足度★★★

だまされた! いろんな意味で。金返せ! あ、金払ってないか。スーパーロボット(?)が踊って歌ってました。

ネタバレBOX

普通は前説の担当者名なんか書かないからなあ、そういうことかなあと思っていたら、そういうことでした。フェイクのアクシデントなども、だいたいパターンは掴めた!
リアリティーで攻めるのではなく、「こういうことがあった、ああいうことがあった」と言い張るカンジで攻めるタイプ。それはそれでいいのかもしれないけれども。
次回期待してます。
「笑顔の砦」RE-CREATION

「笑顔の砦」RE-CREATION

庭劇団ペニノ

神奈川芸術劇場・大スタジオ(神奈川県)

2019/09/19 (木) ~ 2019/09/23 (月)公演終了

満足度★★★★★

他では味わえない演劇体験。演劇を「観る」んじゃなくて、「体験する」っていう感じ。

ネタバレBOX

最後の男ふたりの会話が、なんともいいですよね。予想をはずされたというか。
暗転するとき、部屋が二つに割れたようで、「おお、すごい」と思ったが、明転するとくっついてた、、、あれは何だったんだろうか。まぼろし?

この星にさよならを

この星にさよならを

華凛

studio BLANZ(東京都)

2019/09/12 (木) ~ 2019/09/16 (月)公演終了

満足度★★★

深刻な舞台のあとの役者のみなさんの挨拶。笑顔がよかったなあと。救われた感じ。

さよならはめざめのあとに

さよならはめざめのあとに

劇団ハッピータイム

北池袋 新生館シアター(東京都)

2019/08/22 (木) ~ 2019/08/25 (日)公演終了

満足度★★★★

見どころはなんといっても殺陣でしょうか。狭くてちっちゃい舞台をはみ出す勢いが。
展開もスピーディー。(女性陣の)テンション高めの演技にもすぐに慣れて、世界を楽しめました。

真・恋愛漫画

真・恋愛漫画

ライオン・パーマ

シアターKASSAI(東京都)

2019/07/31 (水) ~ 2019/08/04 (日)公演終了

満足度★★★★★

初日、観劇させていただきました。ギャグ満載で、最後はうるっと。コメディの王道っていうんですかね、きっちりその真ん中をいってました。よくあんなくだらないこと思いつくなー。あ、いや、褒めてます。

ネタバレBOX

いつものオスカルが、オスカルじゃなかったので、それも新鮮でした。わたくし、オスカルしか観たことがなかったような気がするもので。
途中で、収束の方向が徐々に見えてきて、その期待通りに収束していくというのも、漫画的かなと。
口火きる、パトス

口火きる、パトス

コロブチカ

live space anima【2020年4月をもって閉店】(東京都)

2019/07/13 (土) ~ 2019/07/18 (木)公演終了

満足度★★★★★

熱演でした。アフタートークも面白かった。ボールを持ったポーズがかっこよすぎる、なんてまったく気にしなかったな。

ネタバレBOX

相手はどんな女の子だったんだろう。サッカー部のマネージャーということは、髪型もボーイッシュな感じで、活発な感じだっただろうか。いや、ちがうな。柳が恋するのは、、、、(以下、省略)

このページのQRコードです。

拡大