fallpileの観てきた!クチコミ一覧

1-20件 / 22件中
蝋老楼

蝋老楼

モジリ兄とヘミング

テアトルBONBON(東京都)

2020/02/29 (土) ~ 2020/03/08 (日)公演終了

満足度★★★★★

巧い! 笑えて泣けて、いいもの観た~

KUNIO15「グリークス」

KUNIO15「グリークス」

KUNIO

神奈川芸術劇場・大スタジオ(神奈川県)

2019/11/21 (木) ~ 2019/11/30 (土)公演終了

満足度★★★★★

会場が遠いので、三部作1日通しで観て来ました。
能舞台を連想させる白っぽい舞台と、奈良の大仏か!と思う神々の顔や、衝撃のアポロンが出て来ますが、コロスがラップだったり、音楽がかっこいい。
惨劇が繰り返されるけど、笑えるシーンも多くて、長かったけど通しで観てよかった。逆に通しでないと半端に終わった感じがしそうな気も。
安藤玉恵さんがほんと好き!

パズルの行方

パズルの行方

劇団なのぐらむ

シアターグリーン BIG TREE THEATER(東京都)

2019/11/21 (木) ~ 2019/11/24 (日)公演終了

満足度★★

自然で全く違和感のない上手な方も数名いるけど、全体的に台詞自体が浮いた感じがしました。聞き慣れない言葉遣いのせいなのか。
話自体は前半は登場人物紹介のようにどんどん新しい人物が出て来て、後半に狂気の怨念娘が出て来るとぐっと面白みが増す。後半の狂気の部分を緊迫したコメディにした方が良かったんじゃないか。

8人の女たち

8人の女たち

T-PROJECT

あうるすぽっと(東京都)

2019/11/13 (水) ~ 2019/11/17 (日)公演終了

満足度★★★★

サスペンスでコメディで、キャラクターがしっかりしていて、とにかく楽しかった!

調和と服毒

調和と服毒

Ammo

上野ストアハウス(東京都)

2019/10/17 (木) ~ 2019/10/22 (火)公演終了

満足度★★★★

議論好きな工房の話。よく喋る。
イタリア・ルネサンスの時代背景と信仰、ラファエロのライバルを知ってると、面白味が増すかも。知識がなくても全然問題ないけど。
嫉妬の世界なんだけど、討論で解決してしまうのか個々人の関係性はやや希薄な感じ。ラファエロ工房の話だけど、主役はラファエロではない。

衝撃の絵画技法は実在するのが観劇後の衝撃。はわわ

じゅうごの春

じゅうごの春

やみ・あがりシアター

アトリエファンファーレ東池袋(東京都)

2019/10/17 (木) ~ 2019/10/20 (日)公演終了

満足度★★★★

初めての劇団、会場。最初、うわぁ、こういう人いるよなぁと引き気味で観ていて(とにかくうざい)、時代を限定するJK登場に吹き出しそうになり、どやどや登場する人物にこの家、何人住んでんの?と思って観ていたら、じわじわ明かされる現実。
多分物語は悲劇的なんだけど、音楽が暢気で暗くなり過ぎないで、シュールな幕引き。
とにかく構成の巧さに拍手。最初、唖然としてたけど、帰り道に内容を反芻していてそう思いました。

小さい会場で、役者さんたちの発声がよくて時々かなり耳に響く。生声で耳が痛いって初めての経験でした。
開場待ちの間に雨が降って来て、傘を用意してくれていたり、会場内ではブランケットの用意もされていて心遣いが素晴らしかったです。前説も面白かった。

海底0.02マイル〜東京ver〜

海底0.02マイル〜東京ver〜

タッタタ探検組合

劇場HOPE(東京都)

2019/10/10 (木) ~ 2019/10/14 (月)公演終了

満足度★★★

最前列の隅の席だったのでOPの映像部分がよく見えなくて、首が疲れました。コメディだったので、敢えて人力で布張るとかして、もう少し後ろに引いたらよかったかも。

舞台は龍宮城だったので、魚介が、魚介のリアルな事情とともに暮らしており、ファンタジー全開だけどなんだか人間界と似たような問題もあり、まるで人間が魚介のような…そういえば地下の会場へ向かう途中にも水深が書かれてたり、凝ってた。

マトリックスな動きが面白かったです。よく歌って縦横無尽によく動く。
たまに舞台が近過ぎて何が起きてるのかよく見えなかったので、動きが大きい割に舞台が狭かったのかな。

治天ノ君

治天ノ君

劇団チョコレートケーキ

東京芸術劇場 シアターイースト(東京都)

2019/10/03 (木) ~ 2019/10/14 (月)公演終了

満足度★★★★★

構成も役者も巧かった。
あまり知らないでいた時代に興味を持つだけの説得力がありました。
大正天皇の時代に変わったことが多くて、観終わっていろいろ調べたくなる。

劇ではなく会場の話ですが、遅れて途中入場される方とか、2時間超と長いので仕方ないかもしれないけど、途中で出入りする方が結構いて、会場で後ろの方の席だったせいでかなりうるさかったです。
シアターイーストの床はきしむし靴音響くし、椅子も簡易的なものなので、結構ちょっとした動きがすべて音を伴う。
どうにかならんものか。

受取人不明 ADDRESS UNKNOWN

受取人不明 ADDRESS UNKNOWN

アン・ラト(unrato)

サンモールスタジオ(東京都)

2019/10/03 (木) ~ 2019/10/14 (月)公演終了

満足度★★★★

手紙のやり取りを通じて、海を隔てた国の内外で状況が全く違うことを、観客は把握できているけれど、あの通信に時間のかかる時代の当事者はどうだったのか。別社会に身を置いたがために、長い歳月をかけて友情を築いて来た2人の関係が短期間で崩壊していくさまは、なかなかの狂気でした。
役者が違えば、随分雰囲気も違うだろうな。素直すぎるマックスとか、どっしりしすぎのマルティンとか、見比べられたら面白そう。

「海につくまで」

「海につくまで」

津あけぼの座

こまばアゴラ劇場(東京都)

2019/09/28 (土) ~ 2019/09/30 (月)公演終了

満足度★★★★

舞台上の仕掛けはシンプル。80分間隙のない大人の悪ふざけの奇妙な臨場感と、面白さと巧さが汗だくで海まで連れて行ってくれます。二人で何役こなしたのか。
アフタートークも楽しかった! アフタートークは29日が山田百次さん、30日が広田淳一さんがゲストです。

あつい胸さわぎ

あつい胸さわぎ

iaku

こまばアゴラ劇場(東京都)

2019/09/13 (金) ~ 2019/09/23 (月)公演終了

満足度★★★★★

予備知識なく初めてのiakuの舞台。会話にリアリティがあって、笑えるし、泣けるし。会話が中心で、人物の生活像はほぼ描かれていないけど、会話が本当に丁寧。紅い毛糸がぐるぐる張り巡らされた階段状のセットも、いろいろ考えられて秀逸。これもキャスト変えちゃうと雰囲気がらっと変わっちゃうだろうな。

愛と哀しみのシャーロック・ホームズ

愛と哀しみのシャーロック・ホームズ

ホリプロ

世田谷パブリックシアター(東京都)

2019/09/01 (日) ~ 2019/09/29 (日)公演終了

満足度★★★

微妙だった。カード対決の推理の過程とか、推理していく掛け合いとか所々面白かったし、佐藤二朗は舞台がいいな、と思ったし、見所もあるのだけど。
役者がどうとかいうより、なんか違うという落ち着かなさ。
シャーロック好きには通じる暗喩めいたものは沢山あって、そこはそれなんだけど。
シャーロックがエキセントリックさが振り切れてないところとか、マイクロフトが嫌な奴という感じで描かれているところかな。なんか不完全燃焼。カッコいいシャーロック柿澤勇人とマイクロフト横田栄司を観に行ったつもりですが…主役ワトソンじゃん? 佐藤二朗じゃなかったら台無しじゃん? て、感想になっちゃう。

半ライスのタテマエ

半ライスのタテマエ

Sky Theater PROJECT

「劇」小劇場(東京都)

2019/09/11 (水) ~ 2019/09/17 (火)公演終了

満足度★★★★★

歪な環境にあって鬱屈したキャラも出て来るけど、笑えるシーンも多くて、明るさと優しさにも溢れていて、好い家族でいい友達だなぁと。教頭先生と住職の関係、最高。いい舞台でした。

発表せよ!大本営!

発表せよ!大本営!

Aga-risk Entertainment

駅前劇場(東京都)

2019/08/15 (木) ~ 2019/08/20 (火)公演終了

満足度★★★★

他劇団のアフタートークに冨坂さんが登場して宣伝されていたのがきっかけでアガリスク初観劇。
初日のせいなのか、結構噛んでたのが惜しいけど、無理なく面白かったです。うっかり手を叩いて笑ってしまったら、会場から拍手が起きて目立たずに済んだ。背後の席の笑い上戸な方の笑い声が大き過ぎて時々台詞が聞こえなくて、そこは不運だったな。でもそのくらい笑えました。

KAIDAN

KAIDAN

劇団カンタービレ

ウッディシアター中目黒(東京都)

2019/08/14 (水) ~ 2019/08/18 (日)公演終了

満足度★★★★

カンタービレ初観劇。L字型の舞台で場面転換。今まで観ていたコメディともちょっと違うコメディなので新鮮でした。私は大家さんになりたい。楽しそう。
役者さんがよく動き回る所為なのか、劇場が寒すぎてちょっと辛かった。

第一部『1961年:夜に昇る太陽』 第二部『1986年:メビウスの輪』 第三部『2011年:語られたがる言葉たち』

第一部『1961年:夜に昇る太陽』 第二部『1986年:メビウスの輪』 第三部『2011年:語られたがる言葉たち』

DULL-COLORED POP

東京芸術劇場 シアターイースト(東京都)

2019/08/08 (木) ~ 2019/08/28 (水)公演終了

満足度★★★★

ダルカラ初観劇。第二部「1986年:メビウスの輪』を観て来ました。
丁寧な取材と調査の上で組み立てられていて、パンフレットもアフタートークも含めて面白かったです。そして物語は悲劇的でない。
印象に残っているのは谷さんに「もう東京では風化している原発事故の話」と言われて、そんな風に感じているのかと。自分はそうではないし、少なくとも作品を観ようとしている人はそうでもないと思うけど。第一部と第三部も観たい。

ナツ。キタル。ホタル。

ナツ。キタル。ホタル。

tYphoon一家 (たいふーんいっか)

ザムザ阿佐谷(東京都)

2019/08/01 (木) ~ 2019/08/04 (日)公演終了

満足度★★★

オムニバス的に4つの話があって、2つは面白いなぁと思ったけど、2つが台詞がちょっと言い足りないのかなと。もう少し台詞練って不自然さと不思議さを区別して、繋ぎ巧くしたら、いい感じになりそう。

ネタバレBOX

冒頭の作家と編集長の関係とかにリアリティがなくて、照明屋さんの話、不自然な所が不自然なまま話が進むのが「?」という感じで、不安しかなかったのだけど、その後の海の家の話は笑えて、花火の話は泣けて、劇全体をまとめると面白かったのだけど、もやっとしました。
NDT(ネザーランド・ダンス・シアター)

NDT(ネザーランド・ダンス・シアター)

愛知県芸術劇場

神奈川県民ホール(神奈川県)

2019/07/05 (金) ~ 2019/07/06 (土)公演終了

満足度★★★★★

4作品すべて全く違う雰囲気で、最初から最後まで目が離せない。

命、ギガ長ス

命、ギガ長ス

東京成人演劇部

ザ・スズナリ(東京都)

2019/07/04 (木) ~ 2019/07/21 (日)公演終了

満足度★★★★

いろいろ無茶苦茶で、アナウンスから既にネタ。何処かでお会いしたような誰かが、この間観てたテレビの話みたいに、テーマ重そうで、いや違うのか? 重くないような気もして来た感じの会話をしている。
笑った衝撃で記憶がない…(セリフ飛んだのは憶えてる)。
スズナリの近さはよいわ~

10分間2019~タイムリープが止まらない~【ご来場ありがとうございました】

10分間2019~タイムリープが止まらない~【ご来場ありがとうございました】

中野劇団

こまばアゴラ劇場(東京都)

2019/05/24 (金) ~ 2019/05/26 (日)公演終了

満足度★★★★★

巧い!冴えててほんと面白い!

このページのQRコードです。

拡大