yuta1009の観てきた!クチコミ一覧

1-20件 / 31件中
ま・ん・だ・ら

ま・ん・だ・ら

劇団肋骨蜜柑同好会

花まる学習会王子小劇場(東京都)

2013/09/19 (木) ~ 2013/09/23 (月)公演終了

満足度★★★★

行き場のない想い
三遊亭園朝の落語、真景累ヶ淵を原案とした怪談。
現代風にアレンジされている為、言葉遣いや服装などは現代のものとなっている。

豊志賀の呪いが話の中心であるのだが、
呪った本人には結局呪いは届かない。
また会話についても、新吉本人には届かないことが多く、
コミュニケーション不全な場面が多く見られた。
行き場のない豊志賀の呪いの言葉、やり場のない思いが、
想いを理解できない客席に向かっているように感じた。

役者が複数の役柄を演じているので、
登場人物の関係性が理解しづらい場合が多かったので、
原作を読んでからこの舞台に望めば良かったと感じた。

排他的論理和の否定 - eXclusive Not OR -

排他的論理和の否定 - eXclusive Not OR -

まごころ18番勝負

花まる学習会王子小劇場(東京都)

2013/08/28 (水) ~ 2013/09/01 (日)公演終了

満足度★★★★★

フェアでストイック
9/1に、TT、FFの両方を観劇。
舞台上できちんと殺人の方法を見せるフェアでストイックな舞台。
観客の疑問点についても、作演、役者陣が丁寧に回答してくれるところも
好印象。

前回王子で公演した
「錯惑の機序、或いはn質点系の自由度 The Slight Light Like Sleight of Hand.」
とは違い、今回は大仕掛や複雑なトリックはなく、
登場人物の心情や動機に焦点が当たっている印象を受けました。

焦点の当て方も、TTとFFでは違い、
TTは一般的ではない動機にゾクゾクし、
FFはより万人受けする内容でグッときました。
両方観ることで、より今回の舞台の奥域を感じることができたと思います。

王子ではまごころ18番勝負は、ミステリィを中心にやるとのことなので、
次回も自分が想像もつかないような物語を見せてくれることを
期待しています。

ネタバレBOX

少し気になった点としては、探偵が遅れて登場することで、
それまでの事件の経過を説明する必要があるのですが、
そこが何度も観劇すると、冗長に感じました。
(前回の王子での公演では、探偵も見ている前で事件が起こった)
観客がもう一度反芻して内容を確認し、推理する時間にはなりますが、
話の展開はそれほどないので、若干ダレる気がしました。

後、劇団員の方々のレベルアップで舞台のベースがアップすると思うので、
劇団員の方々のさらなる成長に期待しています。

また、まごころ18番勝負初見だった方々で疑問などある方は
若干の解説もあるこちらのまとめをご覧いただければと思います。
http://togetter.com/li/558354

劇作家女子会!

劇作家女子会!

劇作家女子会×時間堂presents

花まる学習会王子小劇場(東京都)

2013/06/13 (木) ~ 2013/06/16 (日)公演終了

満足度★★★★

火花散る女子会。
今更ながら感想を。

4人の劇作家女子によるオムニバス。
会場はおしゃれなカフェ風。
劇作家女子による手作りお菓子や、ドリンクも楽しめるようになっている。
女子ならではの繊細でおしゃれな空間にだいぶ気後れしつつ観劇。

それぞれ、空間とは裏腹に濃い内容でした。
作家さんのプライドがぶつかり合うようでした。
どれもそれぞれの作家さんの普段の作風とはちょっと違うみたいでしたが、
とても楽しめて、普段の作品も見てみたいなと思いました。

個人的に一番好きだったのは、オノマリコさんの「Compassion」。
奔放な女性とそれに振り回されつつも惹かれる男性。
阿波屋鮎美さん演じる女性がとても魅力的でした。
不条理ギリギリな話が個人的には好みでした。

今後もみなさん忙しいとは思いますが、
オムニバスで他の作家さんを意識したからこそ
生まれる作品もあると思いますので、
この劇作家女子会の活動は続けて行ってほしいなと思いました。
レギュラー作家以外にゲスト作家なんかを迎えると面白いかもしれませんね。

ネタバレBOX

坂本鈴さんの「親指姫」は、とても面白くはあったのですが、
小指侍が神のみぞ知るセカイの主人公をオマージュしたもの
だったことがちょっと気になってしまいました。
そこからネタ持ってくるかーと。
小劇場観に来る方々はアニメとか漫画とか見ないから
あのキャラをそのまま受け入れて面白いと言ってるのか、
それとも知ってて面白いと言ってるのか個人的には気になりました。
ティーチャー

ティーチャー

保木本真也がプロデュース

シアターグリーン BIG TREE THEATER(東京都)

2013/07/19 (金) ~ 2013/07/28 (日)公演終了

満足度★★★★

これぞコメディ
これぞコメディと思わせてくれるようなスカッとした舞台でした。
何も考えずに楽しむことができるので、演劇をあまり観たことない方でも
思いっきり楽しむことができる舞台だと思います。
自分はコメディとはあまり相性良くないと思っていたのですが、
話のテンポや会話のキレも良く、とても楽しむことができました。

ネタバレBOX

最初の方に出てきたものが、きちんと後の話に活かされていたりして、
意外にも脚本が緻密で驚きました。
役者の方々も、ドタバタ劇なので、
あちこちぶつかったりアクシデントも多い中、
みなさん集中して熱演されていて素晴らしかったです。

チャドさんは飛び道具枠だと思うのですが、
笑いをとるのに使いすぎていなくて個人的には好感が持てました。

初舞台の中原さんは、初舞台とは思えない演技でとても良かったです。
スラっとしている方なので、舞台映えがするので、どんどん舞台に
出てほしいなと個人的には思いました。
ココロに花を

ココロに花を

ピンク地底人

花まる学習会王子小劇場(東京都)

2013/05/31 (金) ~ 2013/06/02 (日)公演終了

満足度★★★★★

独特な緊張感
環境音や効果音などをその時の場面にいない役者が担当する
という手法の為か見ているうちに緊張感がどんどん高まっていく印象
を毎回受けます。少しの揺らぎで舞台が崩れてしまいそうな感じ。
見ていて本当に息が詰まります。でも、そこがとても好きです。

人に対する引け目、負い目、不安感、どうしようもないやるせなさが
舞台上に充満していて、見ていてとても苦しくなりました。
客入れ、客出しでかかっている某バンドが好きな人はきっとハマると思います。

いのちだいじに【全6ステージ終了しました!】

いのちだいじに【全6ステージ終了しました!】

駄目なダーウィン舎

アートスタジオ(明治大学猿楽町第2校舎1F) (東京都)

2013/05/09 (木) ~ 2013/05/12 (日)公演終了

満足度★★★★

今後が楽しみ。
この作品を観る数日前に他の学生演劇を観て、
自分には理解できないものだったので、
ちょっとビビりながら観に行ったのですが、それは杞憂に終わりました。

やりたいことは多々あったのかもしれないのですが、
それをうまく取捨選択して、分かりやすく観客に観せているように感じました。
お客さんに迎合しすぎず、やりたいことをやり、
それでいて、とても面白かったということが個人的には驚きでした。

今後の活動も楽しみにしています。

focus. 神話

focus. 神話

ミームの心臓

花まる学習会王子小劇場(東京都)

2013/05/02 (木) ~ 2013/05/08 (水)公演終了

満足度★★★

よくわからない。
自分の受け取る力が足りなかったのかなと思った一日でした。
学生の演劇ってこういうふうによく分からないものなのかなーと危うくトラウマになるところでした。

「ハイブリッドハイジ座」
最初の方は面白いかもと思ってみていましたが、
途中で置いていかれてしまいました。
場面場面で面白い箇所はあるけれど、最後まで見終わった後は、
「?」しか残りませんでした。

「ミームの心臓」
描写は綺麗だと思いました。がそれだけな印象。
自分には合わない世界観だと思いました。
小林依通子さんはとても気になる存在でした。
他の舞台でも観てみたいなと思いました。

「四次元ボックス」
個人的には一番面白いと感じました。
一番お客さん寄りで分かりやすい内容だったと思います。
シリアスな部分、笑える部分のバランスが良かったと思います。
朝戸さん演じる役によって、全体が締まっていた印象を受けました。
四次元ボックスは今後の公演も観てみたいです。

SHOOTING PAIN

SHOOTING PAIN

コロブチカ

横浜美術館レクチャーホール(神奈川県)

2013/05/04 (土) ~ 2013/05/06 (月)公演終了

満足度★★★★★

素晴らしかった。
最初は面白おかしくでも少しずつ面白さが痛みや悲しみに変わっていって、
笑っていたはずが、最後には泣いていました。
池亀三太氏の脚本がとても良く、ぬいぐるみハンターや、踊れ場など
彼の作品にもっと触れてみたくなりました。

ネタバレBOX

ひとつ気になったのはコラボの部分。
自分が観たのは、ミコーズの回だったのだけど、
やはり組み込むのはちょっと厳しかったと思います。
舞台の流れがあそこで乱れてしまったような気がしました。
ゲストを呼ぶのは良いのですが、組み込み方は再考した方が良いと思います。

あなたに会えてよかった

あなたに会えてよかった

東京ジャンケン

ザ・ポケット(東京都)

2013/05/02 (木) ~ 2013/05/06 (月)公演終了

満足度★★★★

旗揚げ
旗揚げ公演ということで楽しみにしていましたが、
期待を上回る面白さだったと思います。
おそらく初めて舞台観る人でも楽しめたのではないかと思います。
脚本は既存のものということで、

本線はとても面白く、ラストの展開もとてもぐっときました。
ただ、個人的には、時折挟まれる笑いの部分は少し冗長に感じました。
もう少し少ない方が、コンパクトで良かったのではないかと思います。

個人的には、舞台装置などは特に豪華でなくとも良いので、
ドタバタしていない、少人数の会話劇などが見てみたいです。

最後にひとつだけ。
配役は書かなくとも、出演者や裏方さんの名前が入った
パンフレットのようなものが欲しかったです。
紙一枚でも良いので、そういうものがあると、
それぞれの役者さんや、スタッフの方との縁が繋がっていくと思います。

オーラルメソッド3

オーラルメソッド3

シンクロ少女

阿佐ヶ谷アルシェ(東京都)

2013/05/01 (水) ~ 2013/05/06 (月)公演終了

満足度★★★★

一日中堪能。
5/3の全公演を観劇。

「極私的エロス」は基本的にリーディングなのだが、時折演劇的な要素が入る。
内容としては名嘉さん得意の?本当かどうか分からない、私的っぽいお話。
ああいうちょっと生々しい感じは個人的には好き。
あまりリーディングとか観たことないので、リーディングの技術的なところはどうなのかなーとちょっと気になったりも。
最後の展開はとても好きだった。だから、台本が本になってないのね、と。
この後の離婚後のお話もまた観てみたい。

「性的人間」
作家とその妻と妻の愛人のお話。
横手さん演じる作家がとても良かった。
横手さんの演じるダメな感じの男はとても好き。
妻の浮気は許せないけど、好奇心に勝てないというところが
とても面白かった。

「ダージリン急行」
オーラルメソッド2でも観たけど、ちょっと長いバージョン。
他の作品は男女の恋愛がメインだけど、この話だけ、
男女の恋愛も絡むけど、親子愛とかそういうのが強い感じ。
シンクロ少女としては異色だけど、短編の中ではかなり好きな方。
会場が広くなって、より旅に出ている感じが出ていたと思います。
他の役者さんが演じるところも観てみたいです。

「愛についてのシンクロ・レポート」
新作。前回の「オーラルメソッド」とは違って、
コミカルな演習がされた、名嘉さん中心の恋愛のお話。
男が愛について考えて彷徨っていて語り尽くす姿が
こんなに滑稽なものなのかとちょっと怖くなりました(笑)。
個人的には、生々しい方が好きです。

偽典・地獄変

偽典・地獄変

鳥の血に悲しめど、魚の血に悲しまず

pit北/区域(東京都)

2013/04/12 (金) ~ 2013/04/14 (日)公演終了

満足度★★★

割と好き。
入場して、出演者がすでに舞台上や、通路などにいて誘導をしていた。
更に、舞台上で雑談をして、お客さんをいじったりしていた。
この時点では、物凄いゆるい雰囲気に不安がかなり募ったのだが、
それは開演し、話が進んでいくにつれ、解消され、最後にはとても納得できた。

殺陣、ダンス、紙芝居などなど要素がてんこ盛りで少し散漫な気がして、
本線があればもっとそっちをしっかりやって欲しかったけど、
まあ、そういうものでもないのかもしれない。

ラストの大嫌いな踊ってごまかして終わるというのをひっくり返して、
そこから怒涛のように混沌としていく感じがとても好きだった。

月の剥がれる

月の剥がれる

アマヤドリ

座・高円寺1(東京都)

2013/03/04 (月) ~ 2013/03/10 (日)公演終了

満足度★★★★

はじめての
初めて広田氏の作品を観劇しました。
正直なところあまり理解できなかったのですが、
なぜだかとても惹きつけられました。
今後も継続して観劇して、もっと広田氏の世界に触れてみたいと思いました。

フェアリーテイルアレゴリー

フェアリーテイルアレゴリー

なば缶

中目黒キンケロ・シアター(東京都)

2013/03/05 (火) ~ 2013/03/10 (日)公演終了

評価できない
一体何がしたかったのか、
何がどこが面白かったのか全くわからなかった。
これを自分が今まで観た舞台と同列に扱うのは憚られるので
評価はできません。

ネタバレBOX

脚本と演出がひどい。特に脚本は酷すぎる。
どんなに古い小ネタを沢山入れても、天丼を多用しても
肝心の本線が面白くなければ面白い芝居にはならない。
この話でゴーサインを出した主催にも問題があるのではないか。
身内だけで楽しくやりたいのであれば、
無理して演劇という形にするのではなくファンイベントなどで良いのでは?

また、主宰、男性陣がこの劇団の主体だと思っているが、
客演の声優の方々にこの内容で失礼だと思わないのだろうか?
仲良しで楽しくやっていればそれで良いのだろうか?
長い時間を拘束して稽古してこの内容で、評価もボロボロで、
申し訳ないと思わないのだろうか?

最後に、声優のファンではなく。普通の演劇を期待して
観に来た人に、声優の出演する演劇はこんなものだと思われることが
とても悔しいです。
気になる舞台があって、もしそこに声優が出演していた場合には、
どうかぜひ足を運んでいただければと思います。
発情ジュリアス・シーザー

発情ジュリアス・シーザー

柿喰う客

青山円形劇場(東京都)

2013/02/21 (木) ~ 2013/03/03 (日)公演終了

満足度★★★

乗りきれず。
初めての柿喰う客。
しかし今回は肌に合わず。
原本を読んでいればまた違った面白さを感じることができたかも。

三番目の恋人

三番目の恋人

b.order

BAR COREDO(東京都)

2013/02/22 (金) ~ 2013/02/24 (日)公演終了

満足度★★★★★

大人のコメディ
舞台は会場と同様にバー。
会場の左右に客席、舞台は客席の間になっていました。
開演の数分前から店長役の島田さんが準備兼前説を始めました。
この前説兼準備によって、場の雰囲気がほぐれ、
また自然とお話の中に誘導されていった気がします。
場を上手く生かした素敵な演出だったと思います。

本編は一組の夫婦と一組のカップルのお話。
テンポよい会話劇で見ていて飽きることなくとても楽しめました。
個人的には夫婦の方のビターな感じがとても印象に残りました。
もう終わったかなと思った後の、意外なオチも良かったと思います。

今後の活動についてはどうなるのか自分にはわかりませんが、
また公演があればぜひ観てみたいと思います。

ブライトスター

ブライトスター

演劇集団チキンラン

南大塚ホール(東京都)

2013/02/09 (土) ~ 2013/02/10 (日)公演終了

満足度★★★★

朗読劇+演劇
舞台の上手と下手にマイク。
演者はマイク前を移動し、セリフを喋る。
重要なシーンはマイクなしで体全体を使った演技を行う。
そして時折、舞台後方のスクリーンに絵が映し出される。
今まで観たことのない感じの朗読劇でした。

要素が沢山詰まっており、
話の細かい箇所にはツッコミどころはあるものの、
とても面白かったです。

個人的には、演劇的な箇所の比率がもう少し高かったり、
マイクなしでやっていただけると良いなと思いました。

ネタバレBOX

気になったのは、導入部分。
あそこが早口過ぎて聞き取れなかった。
あそこって大事なところと絡んでるから大事にした方が良かったんじゃないかなと思いました。
後、自分は演劇に入りこむのに、導入部分が大事だと思ってるから、
上手く入り込めず、ちょっと残念に思いました。
IN HER TWENTIES 2013

IN HER TWENTIES 2013

TOKYO PLAYERS COLLECTION

花まる学習会王子小劇場(東京都)

2013/02/06 (水) ~ 2013/02/11 (月)公演終了

満足度★★★★★

再演希望。
30歳を迎える女性の20代の間を、10人の女優が演じるという内容。
はじめのフルーツバスケットにはちょっと面食らいましたが、
主人公の女性の話になってからは、夢中で見ていました。
場面、年代の入れ替わり、交差がとてもスムーズで、
最後までストレスを感じることなく観ることができました。
この辺りの巧さは上野さんの作品の好きなところです。

ぜひまた観てみたい作品です。
再演があったら良いなあ。

ネタバレBOX

アフターイベントの短編芝居「IN HER THIRTIES ダイジェスト」が、
本編よりもかなりはっちゃけた内容で面白かったです。
笑い方面にちょっと寄ってしまうかもしれませんが、
ロングバージョンも観てみたい気がしました。
黒木さんは、Goodnightの時以来でしたが、
30歳の女性をコミカルに演じられていて素敵でした。

本編では一年毎に濃淡があるので、
出番が少ない女優さんがいるのが少し残念でした。
その中でも初見で特に気になったのが、20歳を演じられた松永渚さん、
24歳を演じられた斉藤麻衣子さん。
お二人とも今後、注目して観て行きたいと思いました。
めくるめくセックス 発酵版

めくるめくセックス 発酵版

シンクロ少女

花まる学習会王子小劇場(東京都)

2013/01/17 (木) ~ 2013/01/21 (月)公演終了

満足度★★★★★

ストロングスタイル
というのが観劇後に出てきた感想。
終盤の対決も含めガチンコを感じられました。
より一層シンクロ少女を好きになった気がします。

すべての夜は朝へと向かう

すべての夜は朝へと向かう

劇団競泳水着

サンモールスタジオ(東京都)

2012/12/12 (水) ~ 2012/12/24 (月)公演終了

満足度★★★★★

上質
冒頭の導入に始まり、場面転換、最後のシーンに至るまで、
とてもスムーズでダレることなく最後まで楽しむことができました。
ちょっと甘酸っぱかったり苦かったりするお話でしたが、
それでも見終わった後の余韻、後味がとても良かったです。

2012年最後にとても良いものが見られてよかったです。

ネタバレBOX

トープレで見た相楽樹さんがやはり素晴らしかったです。
今回は歳相応の高校生役でしたが、力の抜き加減とか
空気感とかダルそうな会話とかすごくリアルでした。
今後も注目していきたい女優さんです。
いつだって可笑しいほど誰もが誰か愛し愛されて第三小学校

いつだって可笑しいほど誰もが誰か愛し愛されて第三小学校

ロロ

新宿眼科画廊(東京都)

2012/12/15 (土) ~ 2012/12/26 (水)公演終了

満足度★★★★

言葉にならない
言葉にするのが難しいのだけど、
わけのわからないままとても感情が揺さぶられた。

このページのQRコードです。

拡大