フクオカの観てきた!クチコミ一覧

1-19件 / 19件中
大学演劇部合同公演『髑髏城の七人〈アカドクロ〉』

大学演劇部合同公演『髑髏城の七人〈アカドクロ〉』

NPO法人FPAP

ぽんプラザホール(福岡県)

2010/08/20 (金) ~ 2010/08/22 (日)公演終了

満足度★★★★

大学生だから出来ること
まず、特記すべきは公演に関わったであろう人数の多さ。
キャストとスタッフ、総計で50名程度という大所帯。

これだけの大学生が、1つの公演を作るために、一致団結したという事実にまず感動です。

公演内容としては、「これからのスタート」としては、十分な公演になったのではないでしょうか。
「これで終了」ではなく、「これをスタート」にして、頑張ってもらいたいです。
大学生だから「できない」、じゃなくて、大学生だから「出来る」こと、
それを十分達成した良い公演だったのではないのでしょうか。

ネタバレBOX

兵庫役をはじめ、荒武者隊の役者さんたちの演技に、好感が持てた。

殺陣は、自分の主観で見れば、100点満点!
とはいえないが、少なくとも、後半の多人数を斬り続ける殺陣は、見終わった後、自分の心臓の鼓動が早くなっているのを感じました。

照明・音響などのテクニカルも、自分たちに出来ることを、精一杯していたと思う。
これを気に、各大学同士で、もっているスキルの交換などを是非していってほしいです。

何よりも、「あぁ、芝居っていいよなぁ」と自分に思わせてくれた公演でした。
お疲れ様でした!
アームストロング・コンプレックス

アームストロング・コンプレックス

劇団ショーマンシップ

甘棠館show劇場(福岡県)

2010/07/22 (木) ~ 2010/07/29 (木)公演終了

満足度★★★★

最前列でがっつきました。
芝居が始まったあと、最初は、役者が普段「どこに気をつけて演技を行っているのか」ということが気になりました。
なにせメンバーは、それぞれ、普段は別の団体で創作活動を行っています。
クセ、といいますか、それぞれの劇団に色があります。
それが、ゴチャゴチャです。
見ている側としては、とりあえず、持ち帰れるものがあったので、良かったです!

見やすい、分かりやすい、でもコアな人のためのネタも散らしてあって、
楽しかったです!

ネタバレBOX

照明に関しては、談義したい。常に。。
イザナギとイザナミ 古事記一幕

イザナギとイザナミ 古事記一幕

劇団千年王國

ぽんプラザホール(福岡県)

2008/01/12 (土) ~ 2008/01/13 (日)公演終了

満足度★★★★

スタイリッシュ
余分なものが一切ない気がしました。
音楽劇ということで、ミュージカルのようなものかなと思い観にいったら、良い意味で予想を裏切られました。
舞台上での「表現」というものを改めて考えさせられた公演でした。

あめあがり。

あめあがり。

(劇)池田商会

テアトルはこざき(福岡県)

2007/09/29 (土) ~ 2007/09/30 (日)公演終了

満足度★★★

個々の演出家
演出家が違えば、全く違う舞台になる。
それぞれの作品の色を強く感じました。

役者さんにも、好印象。

ネタバレBOX

『あめあがり』という事をキーワードにして、作られた作品達

若干、勢いというか、舞台上から滲み出てくるものが弱い印象を受けました。


しかし、池田商会さんのプチセット。期待通り楽しめました。
最後の後味が良かったのも好印象。

遠州の葬儀屋

遠州の葬儀屋

福岡市文化芸術振興財団

ぽんプラザホール(福岡県)

2007/09/11 (火) ~ 2007/09/16 (日)公演終了

満足度★★★

期待通り
とても、楽しく観劇してきました。
役者の地力を感じました。
キャラがとても立っていて、でも、別にわざとらしい演技ではなくて。
とても見やすかったです。

後、もう一歩で☆5つというかんじ。

ネタバレBOX

舞台装置と、役者だけで、2000円(学生価格)は固いと思いました。
役者間の空気も出来ていたように思います。


しかし……役者のカミは気になりました、残念。
後、期待していた役者の技量が思ったより来なかったのは、残念。
ヘルメット・オン・ザ・ビーチ 〜リーディング・プロモーション〜

ヘルメット・オン・ザ・ビーチ 〜リーディング・プロモーション〜

劇団HallBrothers

あじびホール(福岡県)

2007/09/07 (金) ~ 2007/09/07 (金)公演終了

満足度★★★

静かな空気
過程というよりは、これはこれで一種の作品のような印象を持ちました。時間的にも30分、という長さだったので、心地よく観ることができました。
まず、最初に思った感想は、客観的に、外から物語を観て(聞いて?)いる感じでした。

ネタバレBOX

リアルを描こうとしている脚本のように感じるのですが、やはり役者さんたちが空虚な感じがするのです。
あくまで役者。与えられた役を演じている人々。
地に足がついているのか……そんな印象を持ちました。
後、何だか……平たいのです。生きている厚みを感じない、みたいな。
これは、リーディング公演ゆえなのでしょうか。

そして、それがなんだか妙に『演技』っぽく感じてしまうのです。
そうすると、これはリアルではなく、お芝居なんだなと思ってしまう瞬間が、あるな、と感じてしまい、そうなると一気に、物語との距離が遠のいていってしまいました。結果、中々響いてきませんでした。
脚本はかなり練られると思うので、演出が役者に、その言葉達をどう伝えさせたいのか。
その辺りを練った結果が、11月にはどうなっているのか、楽しみです。
ドライブインカリフォルニア

ドライブインカリフォルニア

九州大学演劇部

ぽんプラザホール(福岡県)

2007/09/01 (土) ~ 2007/09/02 (日)公演終了

満足度★★★★

爽快な感じ
観に行けてよかったなーと思いました。
作品自体にはかなり毒気があるはずなのですが、見終わった後、随分後味がすっきりしているように感じました。
ドロドロした部分が、わりとさらっと、うまく伝わってきたなーって思いました。
大人計画とはまた違った、独自のテイストを目指しているのかな?とは思いました。

ネタバレBOX

2時間半……若干短く感じました。
前売り300円でこの芝居が観れたのは、自分的に良かったなーと思いました。

役者はこの作品をやるには明らかに技量不足ですが、今後に期待です。
若松役の夏樹くんの味は好きでした。
ミロとビーナス

ミロとビーナス

集団あしゃしゃ

ぽんプラザホール(福岡県)

2007/08/28 (火) ~ 2007/08/29 (水)公演終了

満足度★★★★

観にいって良かった
13人もキャストがいれば、個々の役者による技量の差がはっきりと出てしまいます。
結果、セリフがお客側まで届いてこなかったり、観づらかったりするところもありました。

でも、観ていてとても好感触がもてました。
それは、13人が、13人とも自分が出来ることを精一杯やっているからなのかな、と思いました。

ネタバレBOX

高校時代、地区大会で上演された作品を観ているがゆえに、さらに感動が深まりました。

演劇じゃないって言われたあの作品。
今作を見ても、演劇じゃない、とは言わないと私は思いました。
ハルカナ

ハルカナ

ミクロドロップ

西鉄ホール(福岡県)

2007/08/18 (土) ~ 2007/08/19 (日)公演終了

満足度★★★

綺麗
今回も、キレイな仕上がりの作品だなぁ、と思いました。

ネタバレBOX

ですが……あまり心に入ってきませんでした。
心に入ってこないのは、自分が単に感じ取れていないせいなのか、伝え切れていないせいなのかは分かりません。
多分、題材としては、人の、ものすごく怖くて、ものすごく汚い、普段ほとんど目を背け、触れないようにしている部分なはずなのに。

綺麗を使って、汚いを表現することがうまくいかなかったのかな、と思いました。

ラストで感動したのは事実。
ですが、中盤はほとんど記憶に残りませんでした。

無題

無題

劇団ぎゃ。

大博多ホール(福岡県)

2007/08/19 (日) ~ 2007/08/19 (日)公演終了

満足度★★★

豪華
とても豪勢な雰囲気で、心に残るお芝居でした。
ぎゃ。の長編を見たのは実は初めてだったのですが(オムニバスばかり)、また雰囲気が随分違うなーと思いました。

ネタバレBOX

でも、相変わらず、人が亡くなったりしてるのに、暗い感じにならないのは、流石だなぁって思いました。


――この物語の主人公・エフは、完全無欠の鉄仮面少女だった。
そうなんですよね、エフが主人公だったんですよね。
よくよく考えれば伏線はあったはずなのですが、”やられた!”って感じがしました。

夜の姉妹

夜の姉妹

リリパットアーミーⅡ

西鉄ホール(福岡県)

2007/08/04 (土) ~ 2007/08/05 (日)公演終了

満足度★★★★

良かったです
面白かったし、美しかったです。
体感時間は、短く感じました。
関西系のあのノリは、稽古場でバシバシ鍛えられたものなのか
それとも、生活の一部として訓練されてきたものなのか……。
そんなことも、気になりました。

ネタバレBOX

2時間あったことに、終わってから時計を見て驚き。

千秋楽ということで、皆様かなりはじけられていました。
素直に笑うことが出来ました。体張ってるなーと。


男女入れ替え芝居ということで、やっぱり最初は少し、違和感がありました。ですが、観劇が進むにつれて、自分の中の違和感が消えていきました。
それは、単純に慣れなのかもしれませんが、役者の方々の動き方によるものかもしれません。
動きがかなり洗練されていて、男性の方は女性を、女性の方は男性を男性の方は女性を、本当によく観察したのでは? と思いました。
性別が異なるものを演じるって、一番演技しないといけないことだと思うので。

体は入れ物に過ぎない。劇中でもそう語られていましたが、まさにそうなのかも。
HOLD

HOLD

劇団風三等星

甘棠館show劇場(福岡県)

2007/07/27 (金) ~ 2007/07/29 (日)公演終了

満足度★★★★

地力
風三等星さんらしい、いいお芝居でした。
見に行って良かった……そう思います。

ネタバレBOX

2人芝居、約90分程の芝居。
2人の役者で、90分間お客をずっと引き付けられる事に感動。
とってもシンプルで、分かりやすいお芝居でした。
素直に感じ取っても良し、後で思い出して考えても良し。
感動有、笑い有で、心が温まりました。

殺陣も、とても綺麗でした。
ともだちが来た

ともだちが来た

集団あしゃしゃ

青年センター ワンコイン実験シアター(福岡県)

2007/07/20 (金) ~ 2007/07/21 (土)公演終了

満足度★★

番外公演
脚本の力はもの凄いと思います。戯曲大賞受賞作品ということですし。
ですが、それゆえに、役者が若干言葉に振り回されている部分があったような……。

考えさせられるような、良い作品を作ろうとしている。その気持ちは強く伝わってきました。

ネタバレBOX

ですが、青年センターという特殊な小屋を、ほとんど使えていないような……という気もしました。

何故、青年センターで行うのか。
この芝居を甘棠館やぽんプラザではなくあの小屋でやる必然性というものは一体何だったのか。
それが感じられなかったのが、非常に残念です。


若者の生態

若者の生態

劇団HallBrothers

ぽんプラザホール(福岡県)

2007/07/09 (月) ~ 2007/07/13 (金)公演終了

伝えたいこと
今まで、自分があまり見ないタイプの芝居で、序盤から吸い込まれるように観ていました。
社会の写実みたいな部分にはとても共感がもてました。
よく出来た脚本だなぁ……と。凄いです。

ネタバレBOX

ですが、伝えたいことが多すぎて、そして、それが上手く伝わっていない気がしました。2人いて、1人が語る。でもそれはもう1人の役者へじゃなくて、お客さんへ語っている。
そんなスタイルは、有だと思ったのですが。

個人的に思ったのは、社会を写実しているのに、それを表現する役者さん達が写実的いや、現実的ではない、みたいな。
早送りのようにして進んだシーンの後に、強烈な独白が来ても、どうしてもそこは、何だか心に来なかったのです。

酔歩(すいほ)

酔歩(すいほ)

(劇)池田商会

テアトルはこざき(福岡県)

2007/06/23 (土) ~ 2007/06/24 (日)公演終了

満足度★★★

理系話
観劇して良かったなぁと、思いました。理系な話、大好きなので。
あっさりと終わったのも、綺麗で良かったです。

ルールブック

ルールブック

座”K2T3

ぽんプラザホール(福岡県)

2007/06/22 (金) ~ 2007/06/24 (日)公演終了

満足度★★★★

楽しかったです!!
初観劇でした。番外公演との事でしたが、本公演も見に行きたくなりました。
楽しい気分で観劇させてくれるK2さんに脱帽です。
安心して、観る事ができました。

座布団一枚の哲学

座布団一枚の哲学

非・売れ線系ビーナス

博多南駅前ビル 多目的オープンスペース (福岡県)

2007/06/15 (金) ~ 2007/06/19 (火)公演終了

満足度★★★★

すっきりとした複雑さ
二つの異なるものをうまく絡み合わせるテクニックに、脱帽。
時間軸や、場面などがコロコロ変わるこの感じ、やっぱり大好きです。
観ていて、心地よい複雑さ。気持ち悪くないごちゃごちゃした感じ。

お客との距離のつかみ方が本当に上手、そう思いました。

ネタバレBOX

ですが、やはり若干長すぎたかと。
序盤のテンポの良さが少し途切れた中盤以降、長いなーと思ってしまったのが残念です。
いや、135分にしては、体感時間は短かったのですが……。
月に吠える

月に吠える

さかな公団

北九州芸術劇場 小劇場(福岡県)

2007/05/18 (金) ~ 2007/05/20 (日)公演終了

満足度★★★

綺麗
照明、音響、舞台、役者、衣装。
どれもごちゃごちゃしていなくて、綺麗にまとまっているなぁ……と思いました。
オムニバスの話の繋ぎ目が、個人的に好きでした。

お彼岸の魚

お彼岸の魚

ニットキャップシアター

ぽんプラザホール(福岡県)

2007/05/18 (金) ~ 2007/05/20 (日)公演終了

満足度★★★★

不思議
予想外、というのが素直な感想です。
とにかく、混乱させられっぱなしでした。
実にシュール、変に空想的。そのバランスが、とても好きです。
見終わった後に、色々と考えることの出来る、好きな作品でした。

このページのQRコードです。

拡大