新国立劇場

他劇場あり:

2016/04/06 (水) ~ 2016/04/29 (金) 公演終了

上演時間:

鄭義信 三部作 Vol.2
「たとえば野に咲く花のように」

2007年、鵜山仁・前芸術監督の就任一年目のオープニングを飾った企画「三つの悲劇─ギリシャから」の第二弾として生まれた、『たとえば野に咲く花のように』。鄭義信は、この作品を書いたことで、作家として「記録する演劇」を書くことを再...

もっと読む

Access

公演詳細

期間 2016/04/06 (水) ~ 2016/04/29 (金)
出演 ともさかりえ、山口馬木也、村川絵梨、石田卓也、大石継太、池谷のぶえ、黄川田将也、猪野学、小飯塚貴世江、吉井一肇
脚本 鄭義信
演出 鈴木裕美
料金(1枚あたり) 3,000円 ~ 5,500円
サイト

http://www.nntt.jac.go.jp/play/performance/150109_006142.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
説明 鄭義信 三部作 Vol.2
「たとえば野に咲く花のように」

2007年、鵜山仁・前芸術監督の就任一年目のオープニングを飾った企画「三つの悲劇─ギリシャから」の第二弾として生まれた、『たとえば野に咲く花のように』。鄭義信は、この作品を書いたことで、作家として「記録する演劇」を書くことを再認識し、ここから『焼肉ドラゴン』『パーマ屋スミレ』の執筆へと繋がっていくこととなりました。
朝鮮戦争さなかの九州のとある港町を舞台に、4人の男女の、切ないまでの究極の「愛」の形を描いた本作を、07年10月の初演から8年余の歲月を経て、鄭 義信三部作連続上演企画の第二弾として、新しいキャストと演出でお送りします。



1951年夏、九州F県の、とある港町の寂れた「エンパイアダンスホール」。戦争で失った婚約者を想いながら働く満喜。そこへ、先ごろオープンしたライバル店「白い花」を経営する康雄と、その弟分の直也が訪れる。
戦地から還った経験から「生きる」ことへのわだかまりを抱える康雄は、「同じ目」をした満喜に夢中になるが、満喜は頑として受け付けない。一方、康雄の婚約者・あかねは、心変わりした康雄を憎みながらも、恋心を断ち切れずにいる。そんなあかねをひたすら愛する直也。
一方通行の四角関係は出口を見つけられないまま、もつれていくばかりだった......。
その他注意事項 ★新国立シアタートーク(入場無料。ただし満席の場合、制限有)
 日時:4月9日(土)公演終了後 小劇場
 出演:鈴木裕美、ともさかりえ、山口馬木也 ほか  司会:中井美穂
 入場方法:本公演のチケットをご提示ください。

※就学前のお子様のご同伴・ご入場はご遠慮ください。お子様も1人1枚チケットをお求めください。

※高齢者(65歳以上)、学生、障害者、ジュニア割引がございます。ボックスオフィスにてお申し込みの際に、割引をご利用の旨お知らせください。(高齢者、学生割引はチケットぴあ一部店舗でもご利用いただけます。Webボックスオフィス、他のプレイガイドでは受付できません。それぞれ、年齢を確認できるもの・学生証・障害者手帳が必要になります。)
スタッフ 美術 二村周作
照明 原田 保
音響 友部秋一
衣裳 宮本宣子
ヘアメイク 宮内宏明
振付 前田清実
殺陣 諸鍛冶裕太
演出助手 大澤遊
舞台監督 幸光順平

[情報提供] 2016/02/22 19:47 by CoRich案内人

[最終更新] 2016/04/28 08:26 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大