ロミオとジュリエッタ 公演情報 ロミオとジュリエッタ」の観てきた!クチコミ一覧

満足度の平均 4.1
1-9件 / 9件中
  • 満足度★★★★

    面白かったです。
    開演してしばらくは、誰がロミオとジュリエッタなんだろう、
    と思ってみてましたが、そういうことはどうでもいいというか、
    演劇的華やかさとグロさのある舞台で面白かったです。

    ダンスや、着物とハイヒールでの殺陣もかっこよかったです。
    女性陣が綺麗だったり可愛かったり。

    ひとつ気にになったのが、ジュリエの台詞の「申しましたね。」
    語尾違うかもですが。
    敬語なら、「申されましたね。」「おっしゃいましたね。」の方がしっくり来るかと思いました。

    上演時間長いかなぁと思ったけど、休憩もあるし全然気になりませんでした。

  • 満足度★★★★

    浅草!
    恋のお話ですから激しさや悲しさはもちろんですが、明るさや滑稽さがブレンドされて、小気味よく気持ちのよい舞台になっていました。頭領役の赤松由美さんの迫力に圧倒。中田有紀さんはお美しいですなあ。樹里恵と小平太の殺陣も素晴らしかったです。

  • 満足度★★★★

    想像していたR指定感は無かった
    けっこう健全な明るい舞台で楽しくショーを演じていたと思います
    どちらかというと廓屋の3人娘さんの衣装が色っぽかったデス
    (着物にハイヒールは面白い(^^)
    ”犬”をキーにして物語を判りやすく進めていってた
    2時間10分(途中10分の休憩あり)

    ネタバレBOX

    客席から見て舞台右側=カミテの方で演じることが多く感じたので、
    これから観る人は舞台正面向いて、
    中央かやや後ろが首が疲れなくていいかも。
    まぁ艶やかな娘さん達を近くに見たいのであれば、
    最前列などがお薦めでしょうかな(^^)。

    また客席通路を結構なスピードで役者さんが駆け抜けること多いので、
    左右の通路寄りの席は臨場感が体感できるコトでしょう(^^)。

    舞台は体育館みたく壇上がそこそこ高いです、
    セットは廓屋の正面の美術が作られていました。

    3組の男女の逢引シーンが野犬に襲われる処からスタートです。
    廓屋の用心棒がじゅりえで赤穂浪士の狼目男(ろうめろ)と男女間が展開していき、心中までいくのですか芝居小屋の座長に救われて二人芝居小屋で自分達の話を基にした芝居をしてゆくという結末であります。

    女を抱くためにと精の付く狗肉(くにく)鍋をつくろう工程なども楽しく見せてくれました(^^)

  • 満足度★★★★★

    DVD、買いますよ。
    ドガドガプラスの公演は初めて観たが、とっても面白かった。普段我が家のワンコの散歩道に東洋館はあるのだが、見過ごしていたのがちょっと残念。
    一番の感想は、といえば、中田さん、ファンになりましたよ。

    ネタバレBOX

    唐組の二人は口跡もよく流石。赤松さんの弾左衛門登場の場面の鮮やかさ、迫力。二本の左腕を躊躇いなく切り落とすことで樹里絵の背負うべきものを表出。岡田くんの丑田の狂言回し振り。お女郎たちが取り囲んで刺殺を遂げた後の万歳(あっという間の暗転)はちょっとしたカタルシスでした。女性陣はみんな魅力的でした。幕の終わりのダンス、楽しかった。
    公会堂なんて言わずに、平成中村座みたいな小屋を構えたら?
  • 満足度★★★★★

    シェークスピアを越えた(笑)?かも…。いやホントに。
    とても面白かった。

    これまで劇団ドガドガプラスは、少なくとも5,6作は拝見しているはずだが、脚本レベルで言えば、これまでで一番好きな作品、である。

    偉そうな言い方をお許しいただけるなら、「これまでで最高の脚本」といえると思う。

    何しろ、タイトルこそ「ロミオとジュリエッタ」だが、換骨奪胎というか、ここまで翻案・改変されていれば、オリジナルと言っていい。

    しかも、ジュリエッタのキャラ、ラストの展開など、シェークスピアより数段、面白くなっている(笑)。


    俳優陣では、まず何と言っても、唐組から客演の赤松由美。そして、中田有紀。さらに脇では吉田侑生が光った。

    詳細は、ネタばれBOXにて。

    ネタバレBOX


    若手の出演者の中で、赤松由美の迫力ある演技が一層引き立ち、全体が締まった印象。さすが唐組の中核をなす女優さんだと驚嘆しました。

    ラスト、自分の娘が芝居舞台に登場し生きていたことを知り、感極まって声をかける赤松由美。
    私は最前列上手の、彼女を目の前で観ていましたが、完璧な演技でした。
    ここで終わらせた脚本・演出もgood。



    中田有紀には、ヒロインとしての、華を感じた。


    そして、戯作者を演じた吉田侑生。ラスト近く、ロミオとジュリエッタが心中しようとするのを必死で止める長ゼリフ。
    もちろん、脚本そのものもよかったですが、演じた吉田侑生も、素晴らしかった。
    熱があり、その中に詩情があった。


    繰り返すが、ロミオとジュリエッタで殺陣のシーンを作り、二人を死なせず、日本的人情の芝居に見事につくりかえた脚本は、おみごと、という以外の言葉がありません。

  • “ゆうき 梨菜ちゃん かわいかった”です…





    とことん『歴史の掟』に男女を沈めておきながら、それでも、「官能」に手をすがりつかさせる逆説…。

    「官能」がもとで失脚したのに。


    『ロミオとジュリエット』は、言わずと知れたシェイクスピア古典劇である。


    先日、そのワードを聴いたような…。

    2月、内幸町ホールで『柳家さん生独演会 落語版・笑の大学』という寄席が開催された。三谷幸喜 脚本『笑の大学』を落語化する試みであり、日本大学芸術学部先輩にあたる柳家さん生 師匠のアポイントが快諾され実現した公演という。
    この『笑の大学』にも、『ロミオとジュリエット』というワードが重要な位置を占めた。

    簡単に説明すれば、これは1940年代、浅草劇団の専属作家と検閲官が繰り広げる「表現の自由」のバトルだ。

    作品紹介【昭和初期。あらゆる娯楽は規制され、演劇も検閲を受けなければ上演できないご時世に、厳格な検閲官サキサカと、喜劇作家ツバキが取調室で出会う・・・。】


    その専属作家が検閲官に提出した台本こそ『ロミオとジュリエッタ』であった。ところが、検閲官が「日本人にしろ!」と書き直しを指示したことで……。

    つまり、シェイクスピアを浅草寺に招いたのは、『ドガドガプラス』が最初ではなかったのだ。


    さて、舞台を解説したく思う。

    「どうしても声を出したい人は役者を呼んで!」

    「手を叩いても結構です!」


    このことを、『ドカドカプラス』劇団員が伝えていた。


    「お祭り」である。



    「掛け声」は歌舞伎座でも盛況だろう。


    なぜ、役者が熱演中なのにもかかわらず、劇場に「掛け声」が響き渡っても問題ないか。


    それは、歌舞伎という演目自体が、「死後の世界」=「非日常空間」=「お祭り」だからである。



    『ドカドカプラス』と盟友関係にある『唐組』が花園神社で毎年公演を行うが、神社であるがゆえに「お祭りの一体感」という観劇環境が追加される。


    本舞台『ロミオとジュリエッタ』が「お祭りの一体感」を生む環境は、レビューだったと思っている。

    「堕落する官能」を、掃除機のように吸い取る「きらめき」である。

    衣装が違う。動きが違う。熱気が違う。



    「元踊り子だからできる、浅草演劇力」の本領だ。



    ※続く

  • 満足度★★★★

    より深い江戸的男女の情!
    独特の望月六郎ワールド堪能しました。
    俳優陣もとても個性的で浅草のエンタメ匂う楽しく悲しい舞台満足でした。
    こういう舞台は他では観られません!

    ネタバレBOX

    ラストの心中は近松の曽根崎心中を思い浮かべる。狼眼男(ロメオ)と樹里恵(ジュリエ)の言葉では例え難い男女の戯れ(話の上では、同じ年頃の死体を用意して死んだ事にしている、実際は心中していない)が、印象的。
  • 満足度★★★★

    被差別社会と恋
     体を売っての家業である女郎には、どんなに惚れた相手であって、相手が納得してくれているハズであっても去来する不安は、あるかも知れぬ。自らが汚れているというコンプレックス、複合意識である。中原 中也じゃないが、わざとはすっぱな表現、汚れちまった悲しみに、今日も、「嵐」は吹きすさぶのだ。フォックスのショールが銀狐のそれであれ、ミンクのコートであれ、本質的に何の変わりも無い。そんな女郎の哀しさをさらりと出してくる所に望月 六郎演出の良さがある。
     ところで、この苦界を取り仕切る犬上 弾左衛門は、無論、非人の頂点であった浅草 弾左衛門を下敷きにしている。衆知の事実であるが、吉原に限らず、廓の内側では、武士と雖も帯刀は禁止、酒も入り、色恋の里ともなれば、無論、嫉妬や意地の張り合いなどで、放っておけば修羅場と化すは必定。掟は可也厳格に守られていたようである。また、この吉原の用心棒には、幕府に仕えた伊賀者、甲賀者以外の忍びが関わっていたとの話を下敷きにした漫画があった。何れにせよ、表の世界からは切り離され、独自の世界観と秩序に統べられた世界であった。(追記後送)

  • 満足度★★★

    主要メンバーが抜けて・・・♪
    新生ドガドガとでも言えば良いのだろうか?
    ハッキリ言って若くなっただけで、魅力が無くなった♪
    歌って踊れてが売りだったのに・・・歌えないんじゃ話しにならない♪
    このままでは浅草公会堂なんて・・・♪
    内情なんてお客には関係ないから・・・良い物を観たいだけ♪

このページのQRコードです。

拡大