音楽劇「赤毛のアン」 公演情報 音楽劇「赤毛のアン」」の観てきた!クチコミ一覧

満足度の平均 3.6
1-10件 / 10件中
  • 心打たれました!!!!
    よく知っている赤毛のアンの舞台!本当に楽しみにしていました!

    よく知っている曲ばかりですごく楽しかったです!
    合唱や子供たちの演技、本当にいろんなものを考えさせられて本当に心打たれました。
    セリフの井戸津一つがすごく重みがあって、また頑張ろうって思えた舞台でした!

  • 大迫力の舞台!ー市民の力で、地球は変わるはず
    歌で性別、年齢、国籍、人種の違いを越えられるように、世界中の人々が「助け合いの精神」で 一つになれるはず。そのような確信を与えるミュージカルだ。

    「赤毛のアン」は1900年代初頭、カナダの孤児院に育った少女アンがマシュー家に引き取られ、学校や家庭、地域での出来事を通し、教育者アンへ至る成長を描いた作品である。時代性から読み解くと、第一次世界大戦中、もしくは その戦後であり、「女性参政権」等のデモクラシーが力を持つ時代。
    主催の「NGO法人国連クラシックライブ協会」は、国際連合の下部組織である。3日の千秋楽休憩中、国連地球憲章の前文がスピーカー越しに伝えられた。
    国連地球憲章は4章、16条の構成となっているが、3章、4章の私たちの暮らし全般に関わる条項をご紹介したい。1章、2章は地球環境の保全を訴える内容である。

    「3章 社会と経済の公正
    倫理的、社会的、環境的要請として、貧困の根絶に取り組もう。
    あらゆるレベルでの経済活動やその制度は、公平かつ持続可能な形で人類の発展を促進するものとしよう。
    男女間の平等と公平は、持続可能な開発にとって必須なものであることを確認し、教育、健康管理、経済的機会を誰もが享受できるようにしよう。
    すべての人が自らの尊厳、健康、幸福を支えてくれる自然環境や社会環境をもつ権利を差別無く認め、特に先住民や少数民族の権利に配 慮しよう。
    4章 民主主義、非暴力と平和
    民主的な制度と手続きをあらゆるレベルにおいて強化し、統治における透明性と説明責任、意思決定へのすべての人の参加を確保し、裁判を利用できるようにしよう。
    すべての人が享受できる公教育や生涯学習の中に、持続可能な開発に必要な知識、価値観、技術を取り入れよう。
    すべての生き物を大切にし、思いやりを持って接しよう。
    寛容、非暴力、平和の文化を促進しよう」

    ネタバレBOX

    90年代コソボ紛争で判明したのは、社会の情報水準やテクノロジーの進化が進んだ一方、それに反比例するように異なる集団へ対する虐殺が拡がっていく現実。94年のルワンダ大虐殺では、80万人のツチ族が死亡した。
    旧ユーゴ地域の経済、生活、教育は準先進国レベル(当時)であった。以上の90年代発生した大量虐殺と比べれば日本は「平和な国」かもしれない。
    しかし、内戦中の国家や開発途上国より社会システムが複雑化しているからこそ、「巧妙」である真実を忘れてはならない。
    「すべての人が自らの尊厳、健康、幸福を支えてくれる自然環境や社会環境をもつ権利を差別無く認め」は、日本に問われている宣言文だ。


    私自身、思い入れが深いので、少女アンの 明るさ一辺倒の人物描写は疑問だったが、気づけば子役の演技に夢中に なっていた。孤児院出身であっても、「赤毛」であっても、女の子であっても、ひたむきに毎日を生きれば 「豊かさ」を手にできることを 教えてくれる。「eがつくのよ🎶annの後に♩そっちの方が上品だと思うの」というミュージカル挿入部の歌詞が、誇りある人間をシンボリックに現す歌詞として印象的だった。

    市民参加型でしか、この圧倒するミュージカルは育たなかった。
    どの子も、どの少年少女も、どの若者も、どの高齢者も、みな一人のエンターテイナーだろう。
    幕開けと序幕のミュージカル•ショーは、これが現実とは思えぬほどの光景であり、ラスベガス滞在中のビジネスマンさえ絶賛するはず。
    「NGO法人国連クラシックライブ協会」らしさが第二幕以降に発揮された。つまり、パーティ会場という形式を取り、バレエやバイオリンの音楽会を開いてしまう構成である。
    マイナス点は「赤毛のアン」の物語から外れ、一幕の余韻を奪い去るところか…。一幕の少女アンに比べると、二幕は 断片的エピソードばかりだった。3時間のミュージカルなのにもかかわらず、二幕以降、物語に入り込める余地がないとは。
    これは残念過ぎる。ただ、プロダンサーがステージを飛び交うバレエの可憐さに魅了されたので、パーティ会場を取り壊すべきとも断定できない。

    世界中の人々が違いを認め、非暴力と尊厳を守り、連帯をもつことが人類唯一の発展の道である。
    今こそ、「全人類的価値」の実現を図るとき。
  • 満足度★★★★★

    響きました
    昔から大好きだった赤毛のアン・・当時見ていたアニメのアンを思い出しながら、楽しく観ました。大勢での合唱は耳にも心にも響きました。ダンスも良かったです。小さな子供達も頑張っていて可愛らしく、大人達は素晴らしい演技を見せてくれました。幼少期・少女期・大人の3人のアンが登場しましたが、少女期のアンがとても可愛く、アンらしく感じ印象的でした。明日はいつも新しい!私もそう思って頑張ろうと思いました!

  • 満足度★★★

    うん,これは楽しめた
    これは楽しめる舞台だ。アンだからって,それにこだわる必要はない。聴き慣れた楽曲が流れ,技術的に文句はない。楽しめるんだもの。子供達も頑張っていて悪くはないが,特に後半は大人の舞台,音楽的にも,舞台的にも質はいい。近くにマナーの悪い(マナーを知らない?)観客がいたが,気にならなくなるくらい集中して観劇できた。ただ,やはり長いのが難点か。ヴァイオリンのオリジナル曲はいらなかったかな。

  • 満足度★★★★

    子供たちの可愛らしさ
     国連絡みなので、所謂出来の良い優等生的発想の作品でそういう作りになっている。資金も豊富だ。訴えていることが、こんなに金を掛けなければ実現できないなどとは、到底思えないのは、自分もアフリカで仕事をしたことがあるからである。
     子供を多く使い、良い子教育で縛ったうえで、お転婆娘、アンを演じさせる。照明も暖色系を多用して暖かく、前向きなイマージュを積極的にプッシュする。無論、技術的には、上手である。子供達の素直さと一所懸命とには好感を持った。唯、大人がそれを利用してある方向に持って行こうとしていることは、矢張りあざとい。
     一方、役者達の演技には、好感を持った。これは、大人の役者に対してもである。マシューの暖かさ、最年少のアンを演じた女の子のひたむきにも。
     アンが到着した駅の名が、Bright Riverというのも象徴的に上手く使われているし、終盤、マシュー夫妻とアンが手を繋いで歌うシーンでは、雲という極めて可塑的なイマージュが、用いられ、観る物に各々好きな形を想像する余地を与えている。
     また、マシューが亡くなった後も「同じ明日は無い」と前向きに生きて行こうとするアンの姿勢は、基本的に正しい。人は夢無くして生きては行けない生き物だからである。

  • 満足度★★★

    盛りだくさん!
    挿入歌に他の聞きなれたミュージカル曲やクラシック音楽を使用し、俗にいう)替え歌にしている。観る側は、それはそれで楽しかった。
    ストーリー自体は、ずれてはなく孤児でありながら卑屈にならない元気なアンと成長していくアン、そして大事な人を失ったアンの心情は演じられていたと思う。子供たちはこれを機に原作を読んでくれればよいと思う。
    国連の広報活動をするNPO法人ということもあってか、
    モーツアルトのレクイエムやオペラ椿姫の曲まで出てくるとは盛りだくさんである。あとは観客の受け取り方だけ、本筋はボケ気味になったが楽しめた。

  • 満足度

    赤毛のアン・・・なんだよね・・・?
    何でサウンドオブミュージックや雨に唄えばやカルメンを・・・?
    マシュウの葬儀でアメージンググレース・・・?
    レクイエム歌うならここでしょ♪
    観ていてウンザリ・・・♪
    あと雑貨屋なんかよりステイシー先生は?
    こんなこと22年も演っているの?どこからもクレーム来ないの?
    御題目は立派なんだけど芝居や原作を馬鹿にしているのか♪
    休憩入れて約3時間も演る必要なし♪
    アンを初めて観る人がこんな話だと思ってしまったらどうするの?

  • 満足度★★★★

    赤毛のアン
    脚本がよかった。歌もダンスも、みなよかった。
    少し上演時間が長かったが、最後、盛り上がりよかったです。

  • 満足度★★★★★

    名作だ!
    あああ、これは良かった。
    あんな風にやられたら心洗われて仕方ない。

    ネタバレBOX

    大人数かけてやるのが活きているミュージカルはやはり良い。

    幼少から大人へ、時系列に合わせて継投していくのですが入れ替わっててもちゃんと雰囲気が引き継がれていて凄いなぁ。

    限られた範囲をそれぞれが堅守しているからクオリティも高くなるんだろうなと。

    中には緊張してる子とかもいたけど、それはそれで「頑張れ!」応援したくなる様な雰囲気だったし。


    アンを引き取ったマシュウ、マリラは全編通して同じ人なので、あそこまで場面によって相手役が違うのは大変だろうなと思う。

    パンフレットの中にも書いてあったけれど、この二人が実は主軸なんですよね。


    物語的にこの二人が善良で本当によかった。

    と思った。


    アンの言動は神がかってると思う。

    特に少女時代にかけての辺り。

    やっぱり原作も本当の名作なんだなぁと。



    明確な意義がある作品なので、若干盛り込み過ぎなところもあるけれど、

    むしろサービスてんこ盛りな感じで。

    本当に色々なモノを楽しむ事が出来た。


    個々の身体のキレ好き。

    あー特にマネキン、あのキメは何気に凄いのでないか。


    やはり大人数かけて歌って踊るシーンは申し分無しなのですが、客席が氷の様に硬い雰囲気があった。

    特に前方の方が手拍子とか全然せず。。?

    好意的に考えれば聞き入っているのかといったところだけどうーん。

    盛り上げてあげたいとこだと思うんだけどな、席譲れ、と思った(笑)


    隣の席が親子だったのですが、これに連れてきてくれるお母さんとかいいなぁ。

    お母さんの方がより笑ってる感じでしたが(笑)
  • 満足度★★★★

    よかった
    最高でした。すばらしかった。とても感動しました。

このページのQRコードです。

拡大