また悪だくみをしているのね 公演情報 また悪だくみをしているのね」の観てきた!クチコミ一覧

満足度の平均 4.2
1-20件 / 21件中
  • 満足度★★★★

    殊勲賞は蒻崎今日子
    JACROWの「明けない夜」を思わせるストーリーで、それに出演した蒻崎今日

    子が真面目に演じて笑わせる。彼女の演技力がこの芝居に厚みを持たせた。

    ネタバレBOX

    小原雄平が老け役なのが意外。横島裕はミスキャストかなと思った。大好きな

    俳優だがこの役には若すぎる感じ。

    道井良樹となしお成が息の合ったところをみせた。

    一点引っかかったのは、ラストで現場に駆け付けたのが電話の側にいた刑事たち全員ではない点。

    その前の会話では任せて信じてほしいと言っているので、ちょっと疑問に思った。


  • 満足度★★★★

    安定の完成度
    複雑に絡み合った物語を複雑に絡み合った舞台上で巧みに構成する技術は見事なもので、実に感心する。今回は一部腑に落ちない所もあったが、じっくり考えれば解けるだろうと思われる。あれだけややこしい展開なのに、観た後の印象はとてもスッキリしたものだった。

  • 満足度★★★★

    よく動きがこんがらないな
    いやーよく物語の展開が破綻しないもんだ。そして、タイミングが旨い。面白かった。
    うむ~やはり竹田さんの頭の中見てみたい(笑)

  • 満足度★★★★★

    劇場全体に広がる集中力
    初めて観劇させて頂きました。客席も頭フル回転させながらの観劇というか…とても密度の濃い2時間でした!劇場全体に集中力が溢れている感じ、大好きです。別の作品も早く拝見したい!個人的に、ラストの解釈があっているかが少々不安です(笑)。

  • 満足度★★★★

    ぎっちり。濃厚。スピーディ。
    はじめての電動夏子安置システム(夏子を奈津子と変換してしまうこと2度)。

    スーツ姿の劇団員によるフレンドリーな客入れがおもしろい(でも急な電話が入り、客入れの全貌を見られなかったのは無念)。

    開演。数分の間はサスペンスかと思ってた。その割には笑いのシーンが多い。「笑いの中に、狂気を孕ませているのか?」と思いきや、コメディ強めで押しまくり…「やっぱコメディだったのか」って感じ。

    おもしろかった!

    ここまでガッチリ作り上げてるとなると、ややもすると鼻白むことがあるんだけど…さじ加減というか舵切が絶妙なのかなあ、最後まで、のめり込めました。

    それはさておき、全く同じセリフで演出を変えるだけでサスペンスになりそう。先日観たファルスシアターの公演もそうだったけど、優れたコメディってのは、サスペンスと表裏一体である、ということなのかなあ。

    内容は…とにかく密度が濃い!いろんな伏線が張られてるし、セリフの一つ一つが計算されていて、「丁寧な仕事にこだわってるなあ」という感じ。必要のないこだわりなのかもしれないけど(笑) そんな感じがなんか明治っぽい(ボク、明治のOBじゃないけど)。

    それにしても、来年秋のシアターグリーン3劇場借切公演ってのが気になるなあ。。。

    すっげー企画だよ(笑)

  • 満足度★★★★

    面白い組み立て
    「天国と地獄」をベースにしたような作品でした。
    長く観劇していた劇団から客演として出演している女優に惹かれて観に行きました。
    登場人物のキャラクターも生きていて、メリハリもあって、楽しめる内容でした。
    劇団の作品としては、初観劇でしたが、とても興味深くて、次回作以降も注目していきたいです。

  • 満足度★★★★

    飛び込みで初観劇
    何となく気になっていた舞台だったので、ちょうど池袋を通る用事のついでに、開演直後に飛び込みました。すぐに芝居に引き込まれ、アッという間に最後まで...いやぁ〜なかなかに面白かったです。他の方が書かれているように気になる点もありましたが....これをやりきる役者さん達の集中力が見事!これぞ小劇場芝居の真骨頂と感じる舞台でシビレました。

  • 満足度★★★★

    お初です
    初めて観させていただきました。
    平日のお昼の回できっちり満員に近くお客さんが入っているのでとても好印象でした。

    限定された情報の中で、錯綜し勘違いしていく登場人物を笑いながら眺めていく芝居が約2時間1分(3分か?)楽しめました。
    芝居のストーリーに関する説明やパンフレットはすべてミスリードの材料(若干つじつまが合いづらい気もしつつ、私の不備もあり検証する術がありませんでした。例えば、登場人物紹介、新聞タバ作成時間、痣や警察通報のことなど)で、とても意識的に組み立てられた、よくできた喜劇でした。最近の推理ドラマ的でした。

    ということで、ある程度以上によくできている、喜劇の芝居の意義をどう評価するかはいろいろあるのだろうなーと思う。
    いや、長い時間にかかわらず面白かったんですよ。本当に。

    これは高評価でありつつも、でも、観客側の問題なのだろうと思う。
    私は部外者だったと、えらそうに考えてしまいました。

  • 満足度★★★★

    手の込んだいたずら
    糸がこんがらかっていて、さらにこんがらがるが、最後には解けて無事終了。
    手の込んだ脚本で、当パンで登場人物の相関が書かれており、これをあらかじめよく読んでおいたのですんなり入っていけた。
    この劇団はいつも感じることであるが、劇団員全員で観客をおもてなす姿勢が感じられ、とてもいい気持ちにさせてくれる。
    次回作が楽しみ

  • 満足度★★★★

    レイヤー状の
    舞台の使い方がおもしろかった。

  • 満足度★★★

    私は水差し案内人か?
    水を差すようで申し訳ありませんが、中盤すぎくらいで退屈してしまいました。
    なんかねらってる感というかなんかが気になりました。私の観劇力不足かもしれませんな。

  • 満足度★★★★★

    ああ、勘違い
    ここまで勘違いが重なるものだろうか! の勘違い・すれ違いがてんこ盛り。
    無理があるかな? のギリギリのところで見せてくれました。
    とても面白かったです。

    役者の皆さんも、キャラが立っていて魅力的。
    特にお手伝いの二宮さんと教子奥様の会話には、ずっと笑わせていただきました。
    豪邸の江島邸の各部屋が、出入りするドアを変えることでひとつ場所で演じられるのも、違和感なく見られて良かったです。

    上演台本買いましたら、「おまけのページ」がことのほか面白かったです。

    ネタバレBOX

    ただ、最後に三橋由子を騙った女性の正体がはっきりしないことだけが、一点モヤモヤしました。
    上演台本に書いてないかなと思いましたが、やっぱりわかりませんでした。
    家政婦の伊藤さんがクローゼットに押し込まれていたとしたら、由子を騙った女性を(記憶が無くなるほど)殴ったり縛ったりしたのは誰でしょうか。
    弘だとしても、その理由がわかりません。
    こういうことを気にしてしまうのが、私の悪い癖です。

    ああ、誰か教えてほしい。
  • 満足度★★★★★

    最高に面白い
    なんて面白い芝居だったんだろう。2時間が瞬く間に過ぎてしまった。会話のズレに翻弄されるまま,それぞれの思惑とたくらみが進行していく。ちょっと気が早いけど,自分的にたぶん今年のベスト10には入るんだろうなぁ。演技も見事,オタオタする様,動揺する様,戸惑う様,何とも言えず可笑しい。この芝居は何の問題もなく人に勧められる。見逃しては後悔する。

  • 満足度★★★

    出来すぎの偶然と勘違いの累積
    出来すぎの偶然と勘違いの累積で、観客の鼻づらをひきづり回す剛腕の前には、なすすべがない(笑)、というのが観劇後の正直な感想である。

    以下、ネタばれ。

    ネタバレBOX

    まあ、途中、ちょっと強引なところもあるのだが、(袋を被った伸年を弘と勘違いするシーンは、ふつう袋をとるだろう)、それも芸のうち、と感じさせてしまうところが剛腕なのだ。

    ラストのラストまで、快適なテンポで進むところが素晴らしい。
  • 満足度★★★★★

    楽しかった!
    初めて観に行く時ってやっぱりちょっと緊張。
    どんな雰囲気だろう?

    見終わってとっても笑って楽しく過ごせました。

    ネタバレBOX

    お話は誘拐事件の勘違い
    いろんな人たちの勘違い勘違い

    舞台の使い方が珍しくて面白かった。
    2時間の長い上演時間に思えたけど
    気がついたら、あらもう終わり?っと
    とっても楽しかったです。

    人多すぎて始まるまで誰が誰だかわからなくなるだろうなぁ
    っておもっていたけど。。
    あらすごい。(←私にとっていつも一番の難関。)
    一人一人のキャラや特徴がはっきりしていて大体把握できました。
    みんなそれぞれ面白かった。

    元刑事さん(役柄)の言い回しとか
    表情が凄いなぁと思いました。

    友達が台本買いたくなったのも納得ヽ(*´∀`)ノ
    ということで帰りは友達とご飯食べながら
    台本見て、わきゃわきゃ。
  • 満足度★★★★★

    最高でした。
    そしてやられました。
    完全にやられましたいろんな意味で・・・。

    ネタバレBOX

    そりゃもうあの舞台の使い方、笑いの散りばめ方、ストーリーの作り方、役者の演じ方、そんなこんなにすっかりやられたってわけですよ。

    結局あの子は専務の娘なんですよね?
  • 満足度★★★★

    翻弄されるとはこの事
    電動夏子安置システム、実に4年ぶりに観た。
    前に観たのは『笑うフレゴリ』
    知的な仕掛けが沢山だった印象が未だに残っている。

    そして今回。
    舞台装置がかっこ良かった。
    いくつもの部屋を一つの舞台空間で華麗に魅せる空間作りが、
    なんかモダンな感じ。
    ドアが沢山、壁はなし。
    やっぱ舞台は物が少ない方がかっこ良い。
    その一つの空間を、照明でテンポよく切り取って場面転換、という手法が観ていて心地良かった。

    企業内対立を抱える会社の重役の家を舞台に、誘拐事件やら悪だくみやらなんやらが入り乱れてごっちゃごちゃ。
    みたいなあらすじ。

    「勘違い」というのが一つ、芝居を面白くしていた。
    それぞれが、自分の持っている情報のみを頼りに、そこに引き付けて話を進める。
    その、誤差が次第に破滅的になっていく過程に思わずニヤリ。
    勘違いされたらイヤだな、なんて思いながら人は言葉を選んで暮らしているが、
    実際には世の中、勘違いとすれ違いに満ちているのかもしれない。

    役者陣はバランス良く色んな個性が揃っていた。
    会社の重役・江島伸年(=道井良樹)の雰囲気、
    家政婦・二宮實智子(=なしお成)のコミカルさ、
    警察・佐地兼生(=小原雄平)の渋さといい加減さ、
    そして謎の女・三橋由子(=田口愛)の存在感。
    素敵でした。
    この内3名は劇団員との事。

    面白い人が揃ってるな。


    「勘違い」ネタで初めから終わりまで強引に攻めきった感はあるものの、リズムとテンポで愉快に観られました。
    多少、伏線を張りすぎてこんがらかる部分はあるものの、
    劇場出た後に
    「あれ、なんだったんだろう?」
    とパンフレットを開いてしまうのも、
    この手の芝居の醍醐味だろう。

  • 満足度★★★★

    間違いの喜劇
     シェイクスピアに標記タイトルの作品があるが、あれより遥かに錯綜している。その錯綜の仕方もマトリョーシュカ的なものから、伝言ゲーム的行き違い、更には、陰謀や意地、策略的な嘘と偶然などが絡まり合ってシェイクスピア作品より遥かに複雑になっているのだ。実際、この劇作家は相当意識的にシェイクスピア的な要素を取り入れている。劇中でもそれを匂わす科白があった。
     また錯綜した内容に合わせて、舞台作りにも大きな工夫が凝らされている。扉の数が半端ではないのだ。その配置にも見るべきものがある。
     更に、役者陣が、ソツの無い演技をしている。特に、家政婦役のなしお成が、面白い味を出していた。
     当然のことながら、めまぐるしく立ち位置の変わる役者をスポットライトでオンオフする照明も大変な手間を良くこなしていたし、音響、効果なども負けず劣らずの働きをしていた。楽しめる舞台である。

  • 満足度★★★★★

    どんでんがえし
    ひとことで面白い!

    過去の誘拐事件で失態した刑事たちは今度こそと意気込んで、誘拐された被害者の家にやってくる。しかし勘違い誘拐から、勘違いの思い込みで物語は捻れて事実とは違った方向に進んでいく。

    終盤で本当の黒幕が示唆されるが、これに気づかないまぬけな人たちの狂想曲!

    なしお成さんが面白い。

  • 満足度★★★★★

    いくつもの勘違いと
    嘘や企みが、どう収束するのか想像しながらの観劇。楽しい。

このページのQRコードです。

拡大