演劇

文学座公演 紀伊國屋書店提携 

くにこ

デザイン:田辺智子デザイン室 田辺智子

0 お気に入りチラシにする

演劇

文学座公演 紀伊國屋書店提携 

くにこ

文学座

紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYA(東京都)

2010/11/26 (金) ~ 2010/12/05 (日) 公演終了

上演時間:

平成の人情喜劇作家・中島淳彦が2006年の快作『ゆれる車の音』に続いて文学座で挑む新作は、女性を中心に描き、また文学座女優の魅力を引き出す「女優シリーズ」第一弾!!
全国の団塊世代に笑いと元気を届けた『缶詰』をはじめとする「おじさんシリーズ三部作」に続き、文学座女優が「明るい笑いと元気」を全...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2010/11/26 (金) ~ 2010/12/05 (日)
劇場 紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYA
出演 塩田朋子、山本郁子、栗田桃子、太田志津香、鬼頭典子、上田桃子、角野卓造、関輝雄、亀田佳明
脚本 中島淳彦
演出 鵜山仁
料金(1枚あたり) 2,500円 ~ 6,000円
【発売日】2010/10/20
一般 6,000円
ユースチケット 3,800円 ※1
中・高校生 2,500円 ※2
※1・2のチケットは劇団のみのお取扱いとなります。
※1…25歳以下の方が対象となります。ご来場の際に年齢の証明できるものをご持参下さい。
※2…生徒手帳などをご持参下さい。
サイト

http://www.bungakuza.com/kuniko/index.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 平成の人情喜劇作家・中島淳彦が2006年の快作『ゆれる車の音』に続いて文学座で挑む新作は、女性を中心に描き、また文学座女優の魅力を引き出す「女優シリーズ」第一弾!!
全国の団塊世代に笑いと元気を届けた『缶詰』をはじめとする「おじさんシリーズ三部作」に続き、文学座女優が「明るい笑いと元気」を全国のがんばる人々にお届けします。

モチーフになるのは、現在でも数多くのファンから支持され続けている「向田邦子」。
彼女が作家になるまでの軌跡を辿る評伝的な要素と、遺した数々の作品からエッセンスを抽出したオマージュ的な要素を含んだ作品になります。

サクセスストーリーではなく、おかしくて哀しい、立派じゃないけど憎めない人間のあれこれを、「くにこ」の視線を通じて描き出す作品になります。

■『くにこ』特設サイト
http://www.bungakuza.com/kuniko/index.html
■『くにこ』公演ブログ
http://ameblo.jp/bungakuza-kuniko/
■文学座 on Twitter
http://twitter.com/#!/bungakuza
その他注意事項 11月28日 14:00の部終演後、出演者らによるアフタートーク開催。
11月26日、27日 19:00の部ご来場の方に公演ポスターをプレゼント。 (数量限定。なくなり次第終了)
スタッフ 装置:石井強司
照明:金 英秀
音楽:川崎絵都夫
音響効果:望月 勲
衣裳:原まさみ
舞台監督:三上 博
演出補:所 奏
制作:矢部修治
票券:最首志麻子

[情報提供] 2010/10/20 22:58 by CoRich案内人

[最終更新] 2010/12/08 16:13 by YS11

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大