演劇

第4回福岡演劇フェスティバル チャンス枠

ロストチャイルド

LOST CHILD

デザイン:白濱隆次

0 お気に入りチラシにする

演劇

第4回福岡演劇フェスティバル チャンス枠

LOST CHILD

ロストチャイルド

謎のモダン館

西鉄ホール(福岡県)

2010/05/01 (土) ~ 2010/05/01 (土) 公演終了

上演時間:

-明日、水の底に沈む町-

悲しいからこそ笑う。切ないからこそ笑顔を見せる。

人は、自分の心と裏腹な表情を見せることがあります。それは誰かを傷つけたくないという思いがあります。あるいは笑顔まで無くしてしまうと、もう立ち上がることが出来なくなるような気がするからかもしれません・・・。...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2010/05/01 (土) ~ 2010/05/01 (土)
劇場 西鉄ホール
出演 ZoE、白濱隆次、大坪文、田村三穂、伊折純香、沖永ちえみ、太田美南、城門光
脚本 白濱隆次
演出 白濱隆次
料金(1枚あたり) 500円 ~ 3,600円
【発売日】
・西鉄ホール(福岡市中央区天神2-11-3 ソラリアステージ6F)
 ・チケット 前売券 一般2000円
       高校生以下500円(当日300円アップ)
       ペアチケット3600円(前売りのみ)
 ・チケット取扱
 謎のモダン館 http://www.modankan.com
 西鉄ホールホームページ
 http://www.nishitetsu.co.jp/nnr/solaria/hall
サイト

http://www.modankan.com

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 -明日、水の底に沈む町-

悲しいからこそ笑う。切ないからこそ笑顔を見せる。

人は、自分の心と裏腹な表情を見せることがあります。それは誰かを傷つけたくないという思いがあります。あるいは笑顔まで無くしてしまうと、もう立ち上がることが出来なくなるような気がするからかもしれません・・・。

物語は谷底の町にある小さな飲み屋で、常連客の茶々田と最強のギャンブラーを求めて現れた一見客の鬼山がバックギャモンというギャンブルに興じている場面から始まる。
次第に客も増え店が賑わいを増した頃、鬼山は町が明日ダムの底に沈む事を聞かされる。
幾度となく水害に遭い、それでもそこから何度も復興してきた町が、明日ダムの底に沈む・・・。

人は何かを守るために縛られ、そしてその事は生甲斐にもなる。
水底に沈む事を宿命づけられた町は、最後の夜を迎えようとしていた。

-------------------------

・2010/5/1(土) 開場18:30 開演19:00
・西鉄ホール(福岡市中央区天神2-11-3ソラリアステージ6F)
・チケット 前売券 一般2000円/高校生以下500円
               (当日300円アップ)
      ペアチケット3600円(前売りのみ)

チケット取扱
謎のモダン館 http://www.modankan.com
西鉄ホールホームページ
http://www.nishitetsu.co.jp/nnr/solaria/hall
ローソンチケット 0570-084-008 (Lコード:88266)
0570-000-407 (オペレーター予約)
http://l-tike.com
チケットぴあ 0570-02-9999 (Pコード:402-293)
http://pia.jp/t

主催:謎のモダン館、福岡演劇フェスティバル実行委員会
提携:西鉄ホール(西鉄ムーブスペシャル)
フェスティバル協賛:福岡地所(株)、(株)プレナス
その他注意事項 今回も謎のCD(パート6)をお付けします!
観劇後はCDでニンマリしてください(笑)

〔長崎からのお客様に朗報!〕
チケット代金+1500円で、「LOST CHILD」を観て長崎-福岡間をバスで往復できるお得なチケットを発売中!
高速代が1000円でも、駐車場代やガソリン代を考えると…って方はぜひご利用下さい!詳しくは090-7922-6395(白濱)もしくはseven_harts@ybb.ne.jpまでお問い合わせ下さい!
スタッフ 舞台監督:佐々木達也
照明:佐々木達也
音響:飛永有斗
大道具:NMK美術部

[情報提供] 2010/03/25 21:30 by しらはま

[最終更新] 2011/05/13 22:52 by しらはま

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー2

フミ

フミ(1)

お、遅ればせながら! 終演しましたが、大好きな作品でした。

しらはま

しらはま(1)

この作品2度目の福岡公演で、脚本を再構成しての上演とな...

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大