赤鬼 公演情報 赤鬼」の観てきた!クチコミ一覧

満足度の平均 4.4
1-5件 / 5件中
  • 満足度★★★★

    ネタバレ

    ネタバレBOX

    野田秀樹の『赤鬼』を観劇。

    一流の映像、舞台俳優を簡単に集められる野田秀樹だが、無名な若手俳優を集めての公演。
    過去にイギリス、タイ、日本バージョンがあり、それぞれの国の俳優を使って何度なく公演していたものの再演である。

    周りを海に囲まれた島で暮らす島民。
    海の向こうに何があるのか?すら知らない島民は、浜辺に流れてくるゴミが唯一の情報源だ。
    そんな最中、同じ言語を話さない『赤鬼』が流れつくが、島民は得体が知れない為か恐怖におののいてしまう。そこで村八分にされている『ある女』『とんび』『ミズカネ』がコミュニケーションを取り始めると少しづつではあるが交流が始まっていく。だが島民は『赤鬼』に興味は示すが排除しようとする気運が高まって行く。
    そして『赤鬼』と『ある女』たちは生命の危機を感じ島から脱出をしたのだが…。

    排除する側とされる側を明確にした内容だ。いまの時期を狙っての公演かというと偶然だったらしいが、初演は1996年というから驚きだ。
    自分は他人に対して差別は一切しないと思い込んでいながらも、生活圏に相入れない他者が入り込んでくるといとも簡単に拒んでしまう。差別意識を寓話にしているからか、己に食い込んでくるメッセージが重くのしかかる。普段から差別という事を心しておかないと、無意識のままに他者を追いやってしまうから厄介なものだ。
    テーマは強烈ではあるが、そこまでして描かないと観客には決して届かないという野田秀樹の叫びが大きく木霊する。
    大人数の若手俳優が狭い四角い舞台を走って、走って、走り回り、人間スローモーション、見立てなど『夢の遊眠社』時代を彷彿される舞台であったが、イギリス留学以降の野田秀樹の戯曲には希望が全くないのである。
  • 満足度★★★★

    海辺の寒村に、突然赤鬼(言葉の通じない異人)が現れ、パニックに陥る人々の動きがダイナミックで面白かった。足の長さの違う低い丸いテーブルを、足の枠と天板に分解して、洞窟の入口や、船など様々に見立てる趣向もうまかった。激しい嵐と、浜辺に遭難した3人を村人たちが見つけるシーンも、最初と、最後に繰り返されるが、巧みである。

     友人は、コロナという「未知への恐怖」を描いた新作かと思ったと言っていた。異物排除というテーマも、患者や医療関係者などへの差別と重なる部分がある。
     
     観た回はBチーム。とんび役の秋山遊楽が野田秀樹の甲高い声でちょこまかした演技を踏襲していて、面白かった。加治将樹は、前に舞台を見たことがあり、安心して見られた。浦杉恵子も、始まってすぐの群衆場面から、この人がヒロインだなと分かる華があった。姿勢が良く、凛とした雰囲気で、悲劇を背負うヒロインとしての可憐さがあった。

    「赤鬼」は以前一度見た。当時は記録もとっておらず記憶はあやふやだが、ネットの公演記録からすると、2004年の野田地図番外公演の日本ヴァージョンだと思われる。

    ネタバレBOX

    とにかく、かつて見て覚えているのは、海で遭難した女が、死んだ赤鬼の肉を、「フカヒレのスープ」といわれて食べて生き残ったということだけ。しかし、今回見て、過去の口コミなどを見ていたら、04年の公演では、その海のシーンはあまり印象に残らないあっさりした演出だったという。その前の異物排除、未知のものへの恐怖と差別を中心にした舞台だったと。

    そこで、私は疑問が起きた。何故そういう舞台を見て、私は逆に人肉食だけを覚えているのか。舞台を見ることは、重層的な舞台のどこに関心を持つかによって、自分を知ることだと改めて知る。シェイクスピアのいったように、「舞台は鏡」である。

    今回の舞台は、最初に謎のように「フカヒレのスープ」と女の身投げがある。最後に、最初からの流れを踏まえて、最初のシーンが繰り返され、その謎が解ける。04年の舞台と違って(多分)人肉食もしっかりフォーカスされている。
    「鬼が人を食べるんじゃなかったのね。人が鬼を食べるものだったのね」と言うセリフは重いし、非常に意味が深い。野蛮人を攻め滅ぼしたのは文明人だったこと。大航海時代以来の、ヨーロッパ人の長い征服と侵略の歴史が想起される。
  • 満足度★★★★

    いま公演される演劇として、誠に時宜を得た舞台である。
    NODAMAPの赤鬼の再演.1996年の初演は今はなきパルコパート3で、段田と富田靖子で見た。海外公演を最初から予定していたと覚えているが、野田にしては寓話性がはっきりしていて、90分の小品ながら、気持ちのいい公演だった。今回は、後半、かなり変わっていると感じたが、大枠の話の筋は踏襲している。25年もたっているから、時代に合わせ、複雑になっていて、ミズカネの役は単純なずるい奴から、現代的な融通のいい悪い奴になっている。これを河内大和が好演。知恵遅れの行き届かない弟の木山雅彬も塩梅がいい。前川知大の舞台で見た記憶のある森田真和の赤鬼も純なところがわざとらしくなくてよかった。初演はイギリス人がやったからそれだけで説得力があったが、今回のテーマである「異人」という役どころをよく演じている。問題はきっと評判がいいとは思う夏子の主人公のあの女で、真正面から乙女の武器全開で場をさらっていくが、本はもう少し複雑な設定になっている。村人の反発もそれなりの位置がとられているし本人の出自も単純ではない設定なので、この単純に押しまくる演技では、底が浅くなる。
    周りを囲む円形舞台は初演を踏襲しているが衣装などはタイ版(だったか?)の白衣装を引き継いでいる。15人の登場人物が円形舞台で、動きもテンポよく「ここから向こうへ」のテーマを演じていく。コロナ騒ぎの中で未知のものへの対処を考えざるを得ない時期には適した公演だ。しかも、単純な解を求めていないところがいい。
    見ていて、何か連想する舞台があったなと気になっていたが、帰りの電車で気が付いた。これは木下順二の「夕鶴」ではないか。戦後の混乱の中で上演された寓話劇と、コロナ騒ぎの中で上演された「赤鬼」。村社会の中で、別世界に生きるものに出会う、というテーマは同じである。そういえば野田は「夕鶴」の映画版にも主役の相手役で出ていたなぁ
    劇場は席を半分にして、中央舞台をビニールで遮断しての公演。最初は嫌だなと思ったが意外に透明度もよく邪魔にはならないが、役者がやたら声を張るのはこのスクリーンがあるからかも。早く自粛劇場警察みたいな雰囲気のなかでなく芝居を観たいものだ。自粛で、この非常にうまく言った舞台でも4割引きくらいにはなる。やっている人たちはもちろんわかっていると思うが、舞台と客の間に大きな溝ができているのは事実だ。
    、初演とほとんど同じ93分。

  • 満足度★★★★★

    鑑賞日2020/07/27 (月)

    とても素晴らしかったです☆ 
    シアターイーストで囲み舞台ははじめてだったので新鮮でした! 夏子さんという女優さん、みずみずしい演技が印象的!のんさんに似てるな~と思って見てました☆

  • 満足度★★★★★

    鑑賞日2020/07/25 (土) 14:00

     野田秀樹1996年の作品で、何回か本人も他の人も上演されている戯曲だが、本人の演出で16年ぶりの上演である。見事だった。
     初演からロンドン版、タイ版も含めて観ているのだが、本公演はタイ版に基き、野田が主催する「道場」に参加した演劇人によるもの。4グループに分けての公演で、今回はAグループによるものだが、戯曲がよくできていると改めて感じさせ、演出もタイ版を彷彿とさせるものだった。役者陣それぞれが巧くアンサンブルを演じ、「あの女」を演じた夏子もステキだったが、その頭の足りない弟の「とんび」を演じた木山廉彬が巧みで、この戯曲はこの役を演じる役者の存在感にかなりの部分を依存しているのではないかと思った。

この公演に関するtwitter

初日1週間前から「団体名」と「公演タイトル」を含むツイートを自動表示します。
(ツイート取得対象にするテキストは公演情報編集ページで設定できます。)

  1. 話題の公演 https://t.co/anAAnEhbOF ~8/10 エヌオーフォー No.4/NO.4 『バクステ!3rd s…/4.7(4) ~8/16 東京芸術劇場/赤鬼/4.4(5) #東京観劇カレンダー

    約4時間前

  2. 話題の公演 https://t.co/anAAnEhbOF ~8/2 亜細亜の骨/超空想科学奇譚『食用人間~トリコジカケの中華料理…/5.0(1) ~8/16 東京芸術劇場/赤鬼/4.4(5) #東京観劇カレンダー

    2日前

  3. 話題の公演 https://t.co/anAAnEhbOF ~8/2 亜細亜の骨/超空想科学奇譚『食用人間~トリコジカケの中華料理…/5.0(1) ~8/16 東京芸術劇場/赤鬼/4.5(4) #東京観劇カレンダー

    3日前

  4. 話題の公演 https://t.co/anAAnEhbOF ~8/2 亜細亜の骨/超空想科学奇譚『食用人間~トリコジカケの中華料理…/5.0(1) ~8/16 東京芸術劇場/赤鬼/4.7(3) #東京観劇カレンダー

    4日前

  5. 話題の公演 https://t.co/anAAnEhbOF ~8/2 亜細亜の骨/超空想科学奇譚『食用人間~トリコジカケの中華料理…/5.0(1) ~8/16 東京芸術劇場/赤鬼/4.7(3) #東京観劇カレンダー

    5日前

  6. 木山廉彬出演の東京芸術劇場「赤鬼」(Aチーム『とんび役』/作・演出:野田秀樹)にご来場いただきました皆様、誠にありがとうございました。無事に昨晩、千秋楽を終えることができました。ここに改めて、心より厚く御礼申し上げます。今回の作品は、東京芸術劇場にとっての劇場再開公演でしたが、

    6日前

  7. 【木山廉彬info】東京芸術劇場「赤鬼」(作・演出:野田秀樹)、いよいよ今晩19時の回が木山の千秋楽です!※公演自体は8/16まで続きます→https://t.co/eJup0vqCxr 劇場でお会いしましょう。皆様の人生の記憶に… https://t.co/tMLrznz4Wb

    6日前

  8. 【木山廉彬info】東京芸術劇場「赤鬼」(作・演出:野田秀樹)、いよいよ今晩19時の回が木山の千秋楽です!※公演自体は続きます→https://t.co/eJup0vqCxr 私も観ます。劇場でお会いしましう。皆様の人生の記憶に刻… https://t.co/sQ9eOovEnE

    6日前

  9. 東京芸術劇場『赤鬼』(Aチーム) ⇒ https://t.co/UOV7aWC3NA #アメブロ #東京芸術劇場 #野田秀樹 #夏子

    7日前

  10. 7/26東京芸術劇場【赤鬼】。被膜ごしに見ることで、寓話性が増したように思える。生の舞台の発する情報量の多さよ。空気が揺らぐと気持ちも動く。照明がものすごく計算されている。 場内涼しめなので、各自空調対策必須。 https://t.co/SvyTixeDv3

    Ed1cj2mucaapdo8

    8日前

  11. 7/26東京芸術劇場【赤鬼】。被膜ごしに見ることで、寓話性が増したように思える。生の舞台の発する情報量の多さよ。空気が揺らぐと気持ちも動く。照明がものすごく計算されている。 場内涼しめなので、各自空調対策必須。

    8日前

  12. 【木山廉彬info】絶賛上演中の東京芸術劇場「赤鬼」(作・演出:野田秀樹)、早くも中日です!今日を含め残り4公演です!→https://t.co/RP1r00XRY9 素晴らしい作品に仕上がりました。『木山版とんび』に是非ご期待く… https://t.co/hAUcMLuAWM

    8日前

  13. 劇場に演劇が、そしてお客さんが帰ってくる 東京芸術劇場『赤鬼』(TOKYO HEADLINE WEB) - Yahoo!ニュース https://t.co/mUql36raXR #俳優 #募集 #求人 #オーディション

    9日前

  14. 劇場に演劇が、そしてお客さんが帰ってくる 東京芸術劇場『赤鬼』(TOKYO HEADLINE WEB) - Yahoo!ニュース https://t.co/V7tc45oc9a

    9日前

  15. 劇場に演劇が、そしてお客さんが帰ってくる 東京芸術劇場『赤鬼』(TOKYO HEADLINE WEB) https://t.co/1m6gAqtFLK #Yahooニュース

    10日前

  16. 【木山廉彬info】東京芸術劇場「赤鬼」(作・演出:野田秀樹)、昨日無事に開幕しました!当日券の取り扱いにつきましては劇場公式サイトをどうぞご覧ください(下記ツイートからどうぞ)。感染症対策につきましても劇場サイトをご確認ください… https://t.co/Sfx8GotjUz

    10日前

  17. 劇場に演劇が、そしてお客さんが帰ってくる 東京芸術劇場『赤鬼』 https://t.co/EZjffub9Gd

    10日前

  18. 劇場に演劇が、そしてお客さんが帰ってくる 東京芸術劇場『赤鬼』 https://t.co/dLiCUcdEYA

    10日前

  19. 東京芸術劇場『赤鬼』観てきた。

    10日前

  20. 東京芸術劇場「赤鬼」(作・演出:野田秀樹)を見終えて、心がグシャグシャになっている。安全圏から立ち会っている申し訳無さを抱えつつ、圧倒的な「演劇」を浴びた90分間。Aチーム実質主役の夏子さん、二兎社に続き素晴らしかった。命懸けで作… https://t.co/SOGU1SA5t8

    10日前

  21. 劇場に演劇が、そしてお客さんが帰ってくる 東京芸術劇場『赤鬼』 https://t.co/FAxKvgz21H https://t.co/SElbqP2GUb #STAGE #東京芸術劇場 #赤鬼

    Edp5ez2xyais7kx

    10日前

  22. 【木山廉彬info】東京芸術劇場「赤鬼」(作・演出:野田秀樹)、本日開幕です!下記劇場公式ツイッターのお知らせをどうぞお読みください。そして、木山演ずる『とんび』と一期一会の出逢いをしてください!ラストの木山の台詞は、きっと皆様の… https://t.co/hXq5l4a9ZV

    11日前

  23. <木曜高橋>明日7/24から深井さん出演の東京芸術劇場「赤鬼」、始まります。コロナ対策はかなりしているということと、深井さんは元気もりもりでとても楽しいという情報は聞いています。無事に最後までできますように。心から祈ります。羽衣は… https://t.co/QbsvsqYmgf

    11日前

  24. 【木山廉彬info】東京芸術劇場「赤鬼」(Aチーム『とんび役』/作・演出:野田秀樹 28日まで全6公演@東京芸術劇場シアターイースト)、素晴らしい作品に仕上がりました!あとは、満席のお客様の想像力がこの作品を仕上げます。尚、センターステージを四方の客席が囲む形ですが、

    11日前

  25. 【木山廉彬info】いよいよ明日7/24(金・祝)開幕です!東京芸術劇場「赤鬼」(Aチーム『とんび役』/作・演出:野田秀樹 28日まで全6公演@東京芸術劇場シアターイースト)。野田秀樹氏の名作、圧倒的な台詞劇における『木山版とんび… https://t.co/Wtu3Bcin1u

    11日前

  26. 【木山廉彬info】今週7/24(金・祝)開幕です!東京芸術劇場「赤鬼」(Aチーム『とんび役』/作・演出:野田秀樹 28日まで全6公演@東京芸術劇場シアターイースト)。野田秀樹氏の名作、圧倒的な台詞劇における『木山版とんび』の成果… https://t.co/4x2RZRbeBv

    14日前

  27. 【深井順子/出演】東京芸術劇場『赤鬼』追加公演決定。  ☆追加公演一般発売7月18日(土)10:00~ https://t.co/8KJMyzOCJP

    17日前

  28. 【木山廉彬info】一週間後に開幕の東京芸術劇場「赤鬼」(作・演出:野田秀樹)、7/27(月)14:00の回の追加公演が決定!明日18(土)10:00~ 一般発売開始です!詳しくはこちらを!→… https://t.co/KTINCQUsCw

    17日前

  29. 【イベント】(東京都)【東京芸術劇場】「赤鬼」鑑賞サポート付演劇公演のご案内 - 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い臨時休館していた東京芸術劇場は、6月… https://t.co/j2QedxfNUD https://t.co/A6iTCxqWwe

    Eckk74euyaas r2

    24日前

このページのQRコードです。

拡大