サキの観てきた!クチコミ一覧

1-11件 / 11件中
Show me Shoot me

Show me Shoot me

やみ・あがりシアター

三鷹市芸術文化センター 星のホール(東京都)

2022/09/02 (金) ~ 2022/09/11 (日)公演終了

実演鑑賞

満足度★★★★

面白かった!けど今ひとつ突き抜けず!構成の巧さとか場転の面白さとかはすごかったんだけど結局会話一つ一つの積み重ねかなあ。いろんな形式を使ってるけどそれぞれでちゃんと会話できてるかどうかが結局最後まで生きてくるんだと思う。中心の夫婦二人は結構そういうシーンが多いこともあって健闘してたけどそういう人になりきろうとしている感があって、うーんなんか、何をしてほしかったり何を葛藤してたりするのかがわからないところがあった。関西弁の夫婦はそのあたりすごく会話になっていて、面白かった聞いてるだけで。やっぱ空気読める人って面白いんだな俳優として。聞けているというか。同じことはしてないんだろうなと思った。
ゆっくりのところあんま聞き取れなくて、重要なシーンだし後ろ黒かったからあそこに字幕投影してほしいと思った〜。
最後夫婦が笑うところ、お互いにちょっとベタベタしすぎててそれはちょっと違う気が、、、って思った。
しかしあの場転、私だったら絶対こんがらがる笑。すごい練習したんだろうなあ〜尊敬する。体力にも。全員すごく真面目なんだろうな。
序盤のコントが後半に効いてくる感じすごく好きだった。コントもう少し面白くなるといいなあ!すごく難しいけど。なんかいかにコントらしさから抜け出すというか、面白いでしょ!みたいな感じをなくすというか、テレビで見てるやつからどう離れられるかというか、そういうのが大事な気がした。もう演劇なんで!って開き直っちゃったほうが逆に面白いと思った。コント部分も脚本はすごく面白いと思うので。そういう意味ではOLのやつとかすごいよかったなあ。

笑顔の砦

笑顔の砦

庭劇団ペニノ

吉祥寺シアター(東京都)

2022/09/10 (土) ~ 2022/09/19 (月)公演終了

実演鑑賞

満足度★★★★

すごい。究極なくらいの具体。ちょっと引くくらい。具体だからこそちょっとした所作が気になってしまったりするのは損なのかもしれないけど汚しとかすごすぎて圧巻。あの美術だけですごい情報量。物語の進みはゆっくり。両者の問題?というか寂しさ?みたいなものの浮きぼらせ方はお見事という感じ。個人的には解決方法が今ひとつピンとこなくて、まあ解決させているわけじゃないのかもしれないけど。とにかく食べる食べる、いい匂いまでしてきて。体験でしたまさしく。
人の作ったご飯って美味しいし、元気出るし、希望だよなあ。朝。生きるってつらい。つらくて嬉しくて寂しくて笑えて。続いてく。くりかえす。

ネタバレBOX

娘が休学するのはやっぱり犠牲に見えちゃう、本人のその決断は素晴らしくても。蟹をあげることくらいしか支援?ができないのはすごく繊細な描き方だなとは思うけどもう少し関わり合いたかったフィクションとしては。漁師さんも一時的な解決にしか見えないしまああれが生活というものなのかもしれないなあ。最初はやなやつに見えてた娘が、おばあちゃんの行動を見て自然なものだと知る。家族やんか!に自分で傷つく父。家族もつらいよな。
伯爵のおるすばん

伯爵のおるすばん

Mrs.fictions

吉祥寺シアター(東京都)

2022/08/24 (水) ~ 2022/08/28 (日)公演終了

実演鑑賞

満足度★★★★

初日観劇。再演を観たことがあるのでわかっていても、やっぱり泣く。やっぱり素敵な戯曲。何度でも観たい。前回観劇させていただいた時は暗転の多さに慣れなかったのですが、今回はあまり気になりませんでした。でもスタンバイの関係かちょっと長めに感じるところもあったので、公演を重ねるごとに慣れて短くなったらより好きだなと思いました。

初日だったこともあると思うのですが序盤はちょっと台詞を噛んでいたり出てこなかったりが多かったです。ここがもう少し引き締まってくるとスムーズに最後まで観れる気がしています。

ネタバレBOX

前田伯爵、とても良かったです。熱演とはこのことか。保健室あたりだけもう少しポップになったらより良いかなと思いました(一度観てるからかな)。「置いていかないで」までの長台詞は圧巻でした。岡田さんが最初からずっと好感で、最後の人がこの人で本当に良かったと思いました。伯爵の話を聞いている時の表情も、すごく聞けていて好き。岡田さんだから前田さんは涙できたのかも。溢れ出る母性というか心の広さ。あと客演の方々が巧くて素晴らしすぎました。誠実な職人仕事ぶりに頼もしく。岡野さんのブルボンも良すぎました。さすがの理解の深さと伯爵への愛の深さ。

完全に好みですが飲み会、もっと観たかったし、もう少し深まってきたらミザンスとかなくもう俳優さんたちの感覚で日によって関わり方を変えてもいいのかもしれないと思いました。今日の前田伯爵はもう少し岡野さんと関わっていたいのかなと感じました。森さんにごめんなさいを言ってみたりとか。いやこれはただ観たいだけかもしれないですね。。。笑
イン・ザ・ナイトプール

イン・ザ・ナイトプール

コンプソンズ

王子小劇場(東京都)

2022/04/05 (火) ~ 2022/04/10 (日)公演終了

実演鑑賞

満足度★★★★★

4作とも楽しかった。テイストは全く異なるのに好みじゃないものが1つもないの不思議。

1作目は、どんどん情報が上書きされていくのが面白くて、全部見えないのが不穏で良かったです。
2作目は、固定観念を覆されるのがずっと面白くて、大宮さんのツッコミの安心感がすごかったです。
3作目は、じわっとロマンチックなのがちょうどいい塩梅でした。
4作目は、盛り沢山なのが小劇場らしくてめちゃ笑いました。

劇団って常に存続の危機と戦ってるよね、と改めて思って、その危うさが愛おしかったり、継続への努力が本当に尊いなと思いました。劇団員たちのあの、なんとも言えない、友達とも家族とも違うあの距離感が感じられて面白かったです。

ネタバレBOX

尾田栄一郎出すのはズルい!何したって面白いじゃん!!!
解散なんだ〜残念〜と思ってたら当パンに次回の予告があって、安心しました。
こどもの一生【4月23日以降の東京公演中止・宮城公演中止】

こどもの一生【4月23日以降の東京公演中止・宮城公演中止】

パルコ・プロデュース

東京芸術劇場 プレイハウス(東京都)

2022/04/03 (日) ~ 2022/04/28 (木)公演終了

実演鑑賞

満足度★★★

とてもクオリティが高かったけど好みではなかったのかもなあ。そういうときの評価ってとても難しい。ダンサーたちの場転やおどろおどろしい空気や回想中の表現はとても素晴らしかった。舞台装置も面白かった。キャストとダンサーとで机などを動かして場転するところなどもよく訓練されているなあと思った。もう少しホラー要素があっても良かったのかな。怖さが足りない気がした。女性陣は、子供だからと言って声を高くしたりとかしなくてもいいのかもと思った。だけど演技はさすがのものだったと思う。特に今井朋彦さん・丸山智己さんあたりの掛け合いは流石だった。

ネタバレBOX

スタンディングオベーションすることが決まりみたいになっているようで、ちょっと気持ち悪かった。値しないとか言う意味ではなくて。あんなのやられたら萎えちゃうんじゃない?と、杞憂かもしれないけど。。。
夏の砂の上

夏の砂の上

玉田企画

北千住BUoY(東京都)

2022/01/13 (木) ~ 2022/01/23 (日)公演終了

実演鑑賞

満足度★★★★★

今更書く。今更書くくらい価値のある舞台でした。すごい。すごすぎる。最後の方のシーン、すごく自然に、「ああ生きてかなきゃならんもんね」と思って涙がぶわあっとあふれて、そこから止まらなかった。めでたしめでたしじゃないけど、あのふたりはこの先、何度でも思い出して、希望をもらって、生きていくんだろうなあ。
奥田洋平さん、舞台上でめちゃくちゃ居らっしゃる。尋常じゃないくらい居る。聞いてる。話してる。浅野さんとかも、あんなに生き生きしていらして、居られなくなりそうなのに居るし。すごいなあ。終わって結構ぼーっとしちゃうくらいよかった。ああ、儚い。

スケールⅡ

スケールⅡ

劇団献身

OFF OFFシアター(東京都)

2021/10/15 (金) ~ 2021/10/20 (水)公演終了

実演鑑賞

満足度★★★★★

すごくよかった。笑いと泣きのバランス、めっちゃ好きだった。俳優さんたち、すごく引き算を感じて、でも笑える面白い、会話してる、話せてる感、すごかった。皆さん感じが良いし、すごいメンバーでは?と勝手に感じました。個人的には抱きしめたくて抱きしめられないごまかす母、好き。怖いところちゃんと怖いって好きだな。結構ドン引いちゃうけど。落差すごかった。嫌いの怖さも保身の怖さも見捨てる怖さも、愛の怖さも。あと、演技どうこうよりも「感じがいいか」みたいなのって私は結構感じてしまうし大事だと思わされた。

カナリヤ

カナリヤ

日本のラジオ

こまばアゴラ劇場(東京都)

2021/11/18 (木) ~ 2021/11/23 (火)公演終了

実演鑑賞

満足度★★★★

何も起こってないといえば何も起こってないけど、終わって前後のことをめちゃくちゃ考えちゃう。みんなすごく愛らしいのがしんどい。うまく生きられない・愛せない人たちのことをサイコパスとか言って遠ざけるけど、世界のバグみたいなことじゃなくてもっと助け合う方法がないのかなあと考える。それぞれが抱えるものの描き方がさりげなくてよかった。普通ってなんだろう。いい社会ってなんだろう。誰もが、階段一つ踏み外すだけで、もしくはいつの間にか、ああなる危うさが現代にもあると思う。私にはめちゃくちゃ自分と地続きの世界に見えた。

柱によって姿や表情が見えなかったり動線が複雑になるのが都合よくなくていいなと思いました。

柔らかく搖れる

柔らかく搖れる

ぱぷりか

こまばアゴラ劇場(東京都)

2021/11/04 (木) ~ 2021/11/15 (月)公演終了

実演鑑賞

満足度★★★

うーーーーん。描こうとしている題材も、それぞれの抱える問題も、ゆっくり首がしまっていくような息苦しさもわかるし、描ききれていないとは思わないのだけど、うーん、なんとなく噛み合わない。必要十分かあまりはっきりしない。ちょっと説明的。掘り下げられている人物とそうでない人物の差が気になる。いや〜な動きをしている人について背景を知れないのが意図的であったとしてもキャラクター化してしまっているように感じてしまって苦しい。やや登場人物が多すぎる気も?もう少しそれぞれが絡み合いたい。

ことことパートナーが抱き合いながらゆらゆら揺れるシーン、「ことこがおるけんね」で何故か涙がポロポロ流れた。いろんな不満を持ちつつも、感謝して、頼って、生きていくんだなあと思ったら急にいろんなものが愛おしくなった。大切にして生きていかなきゃいけないなあ。

リョウタの家族への興味の失い方がすごくよかった。夫婦のシーンではとても優しく見えたから、ああ本当はいい人なんだろうなあと思ったらせつなかった。

暗転が多いのかなあ。こういう感じならもう少しさらさら流れたい。セットももう少し効果的なものが作れそうな?(車内のシーンとか)

ザ・ドクター

ザ・ドクター

パルコ・プロデュース

PARCO劇場(東京都)

2021/11/04 (木) ~ 2021/11/28 (日)公演終了

実演鑑賞

満足度★★★★★

ものすごく良質でした。緻密な前半戦、怒涛の後半戦。公演後、別の席で観劇していた友人と落ち合った瞬間二人して号泣(笑)。内容を鑑みてあのラストはすごい。日本ではあまり見ない。一日経った今も余韻がすごいです。たくさんの問題に触れながらもすべてが中途半端でなくしかし議論の余地を観客に残す戯曲の隙のなさに圧倒されます。俳優陣も予想通り素晴らしいのですが、すこしキャラを作ろうと前のめりに見える方がいらして、その場のリアルを作り出している名優たちの中ではすこし浮きます。大竹しのぶ×益岡徹、天野はな、床嶋佳子あたりの会話は胸に来るものがありました。

ネタバレBOX

冒頭電話のセリフが最後チャーリーの死につながるところは鳥肌ものでした。重ねる声は、それでもなお自分として選ぶのは医師なのかと思わせます。サミとの会話を経て、ルースが涙を流し、それが次のシーンにも引き継がれてしばらく涙をながしているさまに演劇を感じました。きっと大竹さんの心が強く揺れたんだと感じました。人種や宗教、それぞれの立場から議論をしているうちは互いの寛容さも見られずつらいシーンが続きましたが(それでも現実ではこういうことが往々にしてあると納得感があったのが悲しい)、ルースの家で神父と話しているときには立場なんかなくなって穏やかに話ができたのが救い。「希望は希望」と言っていたし。と思ったら最後、会いたいとむせび泣く大竹さんの姿にもらい泣き。救いで終わらないのが新鮮。洗練されたセットと演出。特に上下両方に設置された照明(ドアが開くと強く明るくなる)が好きでした。肩を押したかどうかわからない演出も巧み。大竹さんが頭を掻いたり腕を組んだり、自然に所作を取り入れていることに感服しました。とかく素晴らしい戯曲、他の団体でも観てみたい。
ベンバー・ノー その意味は?

ベンバー・ノー その意味は?

はえぎわ

新宿シアタートップス(東京都)

2021/11/03 (水) ~ 2021/11/14 (日)公演終了

実演鑑賞

満足度★★★★

とにかくいとおしい舞台です。

ネタバレBOX

冒頭、出演される皆さんがこちらを向いて歌唱をされるさまに圧倒的なものを感じ鳥肌、なぜか涙が出そうになりました。照明や音響の効果も大きいと思いますがあれを見るだけでも価値があると感じました。内容は、リフレインもありすこし難解というか、訳わからないところも多かったんですが、これが小劇場、これが演劇。全然アリなのが面白いですね。俳優さんたちはさすがの演技、笑いもちゃんと面白い、体当たりもちゃんとある。オープニングシリーズにふさわしく使い倒した舞台装置やメタ的なセリフも面白かったです。

このページのQRコードです。

拡大