t-satの観てきた!クチコミ一覧

1-20件 / 273件中
その王国の夜は明けない

その王国の夜は明けない

シアターノーチラス

シアター711(東京都)

2015/12/09 (水) ~ 2015/12/13 (日)公演終了

満足度★★★★★

締め付けられる面白さ!
なるほど、たしかに王国である。いまや王国の時代ではない、とはいえあの怖い顔の王様からにこやかに語りかけられてもぞっとしない、それでは別の国になってしまう・・・金太郎飴のごとく同じ顔の国が埋め尽くす想像に暗澹となる。余裕のない貧しい国になり始めたことへの気付きが民衆の、そして王様の不安と苛立ちに映し出された。そもそも他者の笑顔を夢とする国は豊かなのか。求める相手を‘差別’するエゴな夢を押しつけ合うなかで見失われたものが王様の独白によぎり、思わず目が潤んだ。王国を支持しながらも民主国でコーヒーをすする自分への言い訳に、正しいなんて誰にも言えない答えをひねくってみる。せめて出国のときには「ごちそうさま」と声をかけることにしよう。

心中天網島

心中天網島

遊戯空間

上野ストアハウス(東京都)

2015/10/29 (木) ~ 2015/11/03 (火)公演終了

満足度★★★★★

こんなの初めて!
あの時代が、場面が、活き活きと蘇る。発語としての日本語の美しさ、面白さが、見事な語りと演奏で盛り上がる。己の語彙の乏しさを超えて流れに呑み込まれた。‘時代物’の新たな魅力に目を開かれた気分。

外道の絆

外道の絆

水素74%

アトリエ春風舎(東京都)

2016/11/10 (木) ~ 2016/11/20 (日)公演終了

満足度★★★★★

写し鏡
非道(エゴ)い人たちの外道な振舞い、なのだけれど、見終わると世間を優しく眺めている自分がいる。彼らとの絆を感じて心の奥底を抉られた、どこまでもは否定できなかった自分がいる。’どこにでもうつるまぼろし’ は絶望的に面白い。

ミニチュア

ミニチュア

シアターノーチラス

新宿眼科画廊(東京都)

2016/09/23 (金) ~ 2016/09/27 (火)公演終了

満足度★★★★★

たまには、見上げてごらんよ
小さな画廊の、小さな舞台の、さらに小さな模型をパッと目にした刹那、観客は大きくなる! 街を、地球を見下ろせるほどに。世の中は動かす対象、動かしたくなる掌中の珠、そんな’現実’が、指先でクルクル回せぬまでも爪痕くらいは、と誘う。バベリーな苛立ちが目の前を寒々しいモノカラーに一変させたとき、本当は、壊すために、壊してもらうために創ったのではないか、姿を消したのではないか、そんな気がした。

天召し-テンメシ- 【第28回池袋演劇祭参加作品】

天召し-テンメシ- 【第28回池袋演劇祭参加作品】

ラビット番長

シアターグリーン BOX in BOX THEATER(東京都)

2016/09/15 (木) ~ 2016/09/19 (月)公演終了

満足度★★★★★

できれば「5.5 金」と打ちたい!
見ていられない ・・・ 涙がこぼれそうで。30分の'長考'から始まっていた、初手から投了まで完璧と思える棋譜。しばらくダメージが残るほど、魅力の詰まった作品。 

田中さんの青空

田中さんの青空

劇団CANプロ

銀座みゆき館劇場(東京都)

2015/11/27 (金) ~ 2015/11/29 (日)公演終了

満足度★★★★★

剥がれ落ちる快感
バラバラな糸の先を引いてみたら人間模様の絡まりがどさどさと降ってきた、みたいな。エッという内心の呟きとともに引き込まれる匠な演出に紅潮した。

ゲシュタルト家の崩壊

ゲシュタルト家の崩壊

めがね堂

SPACE 梟門(東京都)

2016/10/13 (木) ~ 2016/10/16 (日)公演終了

満足度★★★★★

ひざがふるえるラビリンス
何気なく眺める高層住宅の無機質な窓の連なりも、凝視してみるとその中にあるはずの"つながり"と"おさまり"が目に浮かぶ。 カチッと一目盛り回してみてもそれまでならビクともしなかったビルヂングのイメージがずれて、歪み、崩れ落ちる・・・ そんな危うさが脳に刻まれた。「動的」である万事の根元に触れたような・・・などと立ち止まっていられずあいまいに放り出す"高次"なわたし・・・

仲直りするために果物を

仲直りするために果物を

城山羊の会

東京芸術劇場 シアターウエスト(東京都)

2015/05/29 (金) ~ 2015/06/07 (日)公演終了

満足度★★★★★

サイドがメイン
鳥のように魚のように、目の端に捉えておかないと感情の導火線を見逃してしまう、笑いながらも隙を見せられない。曖昧に始まり曖昧に終わる、カタルシスを覚えながらもスッキリとはさせてくれない“悲劇的喜劇”。日常に噴き出す本能に人間の裏表が掛け合わされて、倒錯の世界へ転がり落ちるように招き入れられる。あー面白い。

Color babar

Color babar

かえるP

こまばアゴラ劇場(東京都)

2015/05/15 (金) ~ 2015/05/18 (月)公演終了

満足度★★★★★

わー 面白かった!
好きですね。混ぜ具合がいい。リスクのある感じも魅力。意外な入りの面白さでこれはと確信。壮大な生のドラマに見えた。7人の仲がとても良さそうに見えた。

風車〜かざぐるま〜

風車〜かざぐるま〜

ものづくり計画

萬劇場(東京都)

2016/11/16 (水) ~ 2016/11/27 (日)公演終了

満足度★★★★★

未来への風
素晴らしい! バランスが良くて没入する。 嬉しくなってこみ上げてきた。

大風呂敷

大風呂敷

髭亀鶴

花まる学習会王子小劇場(東京都)

2016/07/13 (水) ~ 2016/07/17 (日)公演終了

満足度★★★★★

ヒゲ千万!
エスプレッソ感あふれる!贅沢で満足な120分。内向きにストラグル「怪」と「便」の急を、外向きにおもんぱかる「惑」と「学」で包み込む構成が優しい。ジオラマ的ワクワク、特に「怪」前後の’大転換’を布越しに透かし見るのは愉しかった。演目に合わせ客席空調を配慮してくれたようで、有難かった。次回は’小’風呂敷を開いて欲しい。

ありふれた愛、ありふれた世界

ありふれた愛、ありふれた世界

雀組ホエールズ

シアターグリーン BASE THEATER(東京都)

2016/06/08 (水) ~ 2016/06/20 (月)公演終了

満足度★★★★★

それぞれの時代を生きてゆく
この気持ちが本物なのか、生活に裏付けはなく確信が持てない、けれどこの気持ちをときに思い出しながら馴れていくことなのだろう、時間をかけて。引きこもらなくてよい、戸惑うこともない、そして反対に軽蔑を慎む。革命的な現代を時間軸の中で意識しつつ馴れていくこと。心の声に正直なまま、笑いつつ胸を打つバランスの良い作風は得難い。スペシャルな生唄も自身への問いかけを深めてくれた。

誰

水素74%

こまばアゴラ劇場(東京都)

2015/04/16 (木) ~ 2015/04/22 (水)公演終了

満足度★★★★★

需要超過?
笑いたいのはやまやまだけど安易に流れることを躊躇わせる息苦しさがある。そのなかで虚を突いて引き出されてしまう笑いは“濃い”。これだけ欲望を引き出される時代に落ち着いて生きるには、まず「してあげる」処世を思い出すしかないと思うけれど、そのやり方がわからなくなっている乱世であるとの思いを抱いた。

家族の基礎 ~大道寺家の人々~

家族の基礎 ~大道寺家の人々~

森崎事務所M&Oplays

Bunkamuraシアターコクーン(東京都)

2016/09/06 (火) ~ 2016/09/28 (水)公演終了

満足度★★★★★

手でつなぐゲーム
この広い劇場をこの空気で包み沸かせる脚本・演出・パフォーマンスは見事!父の思い付きを軸足にしたカラフルな展開は、突拍子もない自然さをキープして逸らすことがない。すったもんだの末にたどり着いたそれぞれの幸せを描いた一枚を見つめていると、愉快に、嫌みなく、これからの'家族'像を考えさせてくれる。

自己紹介読本

自己紹介読本

城山羊の会

小劇場B1(東京都)

2016/12/01 (木) ~ 2016/12/11 (日)公演終了

満足度★★★★★

目的は?
リアルな広場で眺めてみればおかしな光景だが、でも日々こんなことをやっているわけで・・・? 匿名以上の、正体不明の安心は、過剰に、耐性なく、止め処のない濁りとなって放出される。 おずおずと、ずかずかと、あけすけな笑いの中に。

せんのう。

せんのう。

劇団108

STスポット(神奈川県)

2016/06/18 (土) ~ 2016/06/19 (日)公演終了

満足度★★★★★

リ・スタートのせんたく
人間は自分ひとりで輝くことはない、周囲から注がれる「理想の光」を反射することで輝いて見える存在。ももいろでもみずいろでも、そのいろなりに輝く大切さを教えられる。一方で、'せんみつ'の手軽さ・便利さと引き換えのぞっとする影もほのめく。いろがバランスよく重なり合い舞台は輝く、とくに唐突にも思えた'小芝居ごっこ'はくだらなくも不思議な魅力を放つ。とても面白かった。逆にいろの方を'せんみつ'できないものか・・・そんな切り口も見てみたい。

王女メディア

王女メディア

幹の会+リリック

東京グローブ座(東京都)

2016/01/09 (土) ~ 2016/01/16 (土)公演終了

満足度★★★★★

まさに財産!
愛憎が慈愛を呑み込む、女が母を凌駕する。王女のおぞましき所業、王子の悲嘆憔悴。その醜悪さあってこそ、地獄を徘徊する王女がこの上ない美として観る者の心眼を射る。抗えぬ人間の正体を突き付けられた気分。

硝子の途(再演)

硝子の途(再演)

劇団ヨロタミ

あうるすぽっと(東京都)

2016/09/16 (金) ~ 2016/09/19 (月)公演終了

満足度★★★★★

ヒビをポジティブに歌う!
この涙は・・・ 安心の涙、だろうか。罪は自ら背負うもの、自立した人間の潔さ、『・・・ぅん』 万感こもる頷きにこみ上げるものを止められらくなる。人間社会が持ち得る輝かしい復元力が自分事として胸に迫る。こんな思いが素直に心に生まれるのは、この劇団の人徳ならぬ”団徳”であると「申し上げます!」

従軍中のウィトゲンシュタインが(略)

従軍中のウィトゲンシュタインが(略)

Théâtre des Annales

こまばアゴラ劇場(東京都)

2015/10/15 (木) ~ 2015/10/27 (火)公演終了

満足度★★★★★

息詰まる攻防
塹壕にほうり込まれて気づく、光が届かぬ闇に‘いる’のだ、言葉が照らせぬ闇に‘いる’のだ、とすれば論理的帰結として・・・乏しい宗教観に再考を迫られる。グラマラスな俳優陣の本気度に引き込まれる。

アカシック レコード

アカシック レコード

アロック・DD・C

アロック新宿スタジオ(東京都)

2016/02/08 (月) ~ 2016/02/14 (日)公演終了

満足度★★★★★

理性の奥に放り込め!
おのれの螺旋に刻まれた宇宙の記憶・・・が活性化された、ような気にさせられる。ギセイのうえに'偶然'成り立つ日常は、同じように見えてひとりひとり違うことで'必然'になる、そのことが大切に表現されていると感じられた。レコードを繙いて掴もうとした'光'、それこそは希望なのか。

このページのQRコードです。

拡大