高橋典幸の観てきた!クチコミ一覧

1-20件 / 36件中
板の上の二人と三人そして一人(再演)

板の上の二人と三人そして一人(再演)

劇団テンアンツ

「劇」小劇場(東京都)

2019/08/28 (水) ~ 2019/09/01 (日)公演終了

満足度★★★★★

鑑賞日2019/08/30 (金) 14:00

#板の上 #テンアンツ 漫才師の物語。これはおもしろかったです。笑って、しんみり、笑ってしんみり、しんみりから笑って、最後はやったーと笑って、劇場を出るときもずっと笑顔が続くそんな爽快な人情コメディでした。大阪の劇団テンアンツの第44回公演(東京第3回公演)舞台『板の上の二人と三人そして一人』を下北沢の小劇場で観劇。素晴らしかったです。劇団テンアンツ、好きな劇団がひとつ増えました。

空室

空室

青色遊船まもなく出航

OFF OFFシアター(東京都)

2019/08/29 (木) ~ 2019/09/01 (日)公演終了

満足度★★

鑑賞日2019/08/30 (金) 19:00

座席2列

ひとつの脚本、監督、演出家により、オーディションで選抜され、集められた役者さんたちが稽古を積み、スタッフさんと共に、舞台でのお芝居を総作し、観客を前に、生の板の上で披露する。戯曲の中の登場人物を生きるために命を削るほどに積み上げてきたのであろう努力と準備の過程には、どの舞台でも畏怖の念を感じています。

その前提で、個人の感想です。

青色遊船まもなく出航の舞台「空席」Dinner を観劇。まったくもって個人的な所感ですが、私にはフィットしませんでした。

全公演回が開演までに完売になるほどにファンの方も多い座組とのことで、公演中は感想を共有することは控えていました。上演期間が終了しましたので、個人的に感じたことを書きます。

ネタバレBOX

・演出だとは思いますがほぼ全台詞の声が小さい。
・最初から最後までボソボソしゃべり続ける系
・ボソボソ台詞に名言を混ぜているのだがボソボソ過ぎて伝わらない
・俺、私、今いいこと言ってる系台詞
・物語とは関係なく、セリフ最後に、只今の時刻を言って舞台をはける役者たちの意味がわからず
・歌がお世辞にもうまくはないなぁと感じ、歌のシーンは早く終わらないかなぁと、歌を披露したすべての役者さんで思いました。カラオケで歌う素人風の歌声でという演出であればすみません。
・思い出が残るあの場所にあの人はもう居ないの経験、そして、それを新たに作る、うめる経験は、49歳のおじさんにはあり過ぎて、何の新鮮味も感じませんでした
・ラストシーンの演出も、まあ、そうなることもあるでしょうと、まったく響きませんでした
・演出でのあのラストシーンと、さらにカーテンコール無し。空室という余韻を味わって、その空室を眺めて感じた気持ちをお持ち帰りくださいなのかなとは思いますが、終演後に拍手もできないほどのあの空間の投げっぱなしは好感を持てず。
・終演後に、客席に役者が参ります。個人的なご挨拶は客席でどうぞとのことでしたが、私は役者が客席に来る前に早々に私が座っていた席を空席にして帰りました。
・DとBとマルチストーリーとし、2班を見てひとつの物語という公演のスタイルは好感を持てませんでした。
・前後左右キツキツの狭い座席で、笑いも感情の起伏もほぼ無いボソボソ台詞をただただ真顔で聞き続ける2時間は、疲れました。

以上は観劇しての私の個人的な感想です。

私以外では、Twitter等の感想を見る限り、大絶賛が圧倒的に多い素晴らしい舞台だったようです。

あくまでも、私個人の感想でした。
夢見る喜世子レヴュー

夢見る喜世子レヴュー

ピストンズ

花まる学習会王子小劇場(東京都)

2019/08/15 (木) ~ 2019/08/18 (日)公演終了

満足度★★★★

鑑賞日2019/08/18 (日) 16:00

座席1列

出演された役者の皆さんは、お名前と役が、現状わからなくて恐縮ですが、本当に素晴らしかったです。

舞台「夢見る喜世子レヴュー」(作・演出 小林涼太 )を、王子駅北口の花まる学習会王子小劇場で観劇。

以前、他の舞台で印象に残る役者の橋本美優さん出演の舞台を観たくて。橋本さん、素晴らしかったです。

そして、全役者の皆さん、圧巻でした。

ネタバレBOX

開演前
開演までの20分間ほどのあの演出にはやられました。聞き耳を立てながら、1951年の有楽町のパンパンガールの世界にどっぷりと静かに入り込みました。

オープニング
圧巻です。

序盤
パンパンガールたちの仕事ぶり、生活ぶりが、厳しくも華やかに描かれます。微笑ましくて楽しく見どころ満載のカッコいいシーンの連続でした。

中盤
パンパンガールの取材記事を書く小説家と愚連隊の男性が、パンパンガールたちと交流し始めます。この頃から雲行きが怪しくなってきます。ひとりひとりの素性があからさまに独白されます。様々な事情と経緯があっての今。そして目指す将来。皆同じではない。ひとつの夢になど向かってはいなかった。

終盤
次代リーダーが徐々に精神崩壊していく段階が切なかった。そして、そしてその崩壊ぶりが圧巻でした。誰も前任と同じリーダーを求めていない。そうなってくれとお願いしたこともない。新しい世界を求めてバラバラになっていくパンパンガールたち。それは男たちもそうだった。

ラスト
正直、残念でした。
この物語の実は…のことの顛末を、小説家がナレーション的に一気に長セリフで解説。この、実はの部分も劇中の物語で観客にわかるようになっていたらなぁと。この題材でトリッキーなことは織り交ぜなくてもよかったのではと、あくまでも個人の所感です。

また、残念だったのは、劇中で流れたり、歌われたりする楽曲。その時代にはなかった曲が少なからず選曲されております。また、冒頭の電車音やパンパンガールたちの化粧ルームのセットが、現代にしか見聞きできなかったこと。そのようなことが劇が進んで行くほどに気になって、戦後から6年というか世界に入りきれませんでした。現代の風俗の群像劇を観ているような感じでした。こちらも個人的な所感です。

満足度は★2なのですが、役者の皆さんがとても頑張っていたので★4です。

台本を予約しましたので届きましたら読んでみたいと思います。
PEACH  MAN!?

PEACH MAN!?

コルバタ

新宿スターフィールド(東京都)

2019/08/08 (木) ~ 2019/08/12 (月)公演終了

満足度★★★★★

鑑賞日2019/08/10 (土) 18:00

#ぴーちまん これは、おもしろい。舞台『PEACH MAN!?』ゆうぞら班(脚本・演出:富澤十万喜)を新宿スターフィールドで観劇しました。楽しい前説からはじまり、舞台のオープニングから鳥肌の連続でした。かっこいい。お見事な舞台でした。役者の皆々さん、スタッフの皆さん、ありがとうございます。
台本を読んで余韻に浸りました。

翠...そして見知らぬ我が家

翠...そして見知らぬ我が家

東京ストーリーテラー

ブディストホール(東京都)

2019/07/24 (水) ~ 2019/07/28 (日)公演終了

満足度★★★★★

鑑賞日2019/07/26 (金) 14:00

座席1列

演劇集団・東京ストーリーテラーの2019年夏公演新作舞台「翠…そして見知らぬ我が家」をブティストホールで観劇しました。今回も素晴らしい。Bキャスト。

大好きな久間勝彦さんが主宰の団体さん。脚本・演出を手掛けます。久間さんの書かれる物語、演出が大好きなのです。

そして、その物語を体現される役者の皆さんが素晴らしいです。何度かお見かけするおなじみの役者さんと、毎回、初めて拝見する役者さんと、お見事です。

今回の新作は、並行世界(パラレルワールド)として存在する別の現実世界に迷い込んでしまった男性の物語。

演じられた菊池秀樹さん、初見の役者さんでしたが素晴らしいです。魅入りました。

アルバムのシーンは切なく胸が痛みました。

おなじみの役者さんでは、鈴木達夫さん、有田佳名子さん、株田裕介さん、今回も良かったです。舞台で演じる姿を観るだけで、東京ストーリーテラーの舞台だぁとホッとしています。

過去のあの時に、違った選択をした自分のその後の世界が現実に並行して存在していて、そこに迷い込んでしまったら…

私には、過去のあの時に違った選択をしていたら…と思うポイントがいくつかあります。

自分のことと重ね合わせながら観劇し、胸に滲みました。

そして、エピローグのラストは久間さんらしい感じで目に涙があふれました。

BABY

BABY

Pxxce Maker'

劇場MOMO(東京都)

2019/06/19 (水) ~ 2019/06/23 (日)公演終了

満足度★★★★★

鑑賞日2019/06/20 (木) 19:00

座席D列1番

#舞台BABY 素晴らしかったです。Bチームで観劇。私は近未来のA.I.人工知能搭載アンドロイドと人間との関わりが描かれる映画や小説やマンガやアニメを観るのが好きです。それらは、人間とロボットがいかに交流し共存していくのかの様々な可能性を見せてくれるからです。舞台『BABY 生まれた時も、泣いてたクセに。』は、私がこれまでに観た数々のアンドロイドやヒューマノイドの物語にはなかった新しくもあり得るであろう未来のひとつの世界が描かれていました。あの世界観に生きるひとりひとりを演じられた役者の皆さん、お見事でした。

カノン

カノン

劇団空感演人

シアターサンモール(東京都)

2019/05/22 (水) ~ 2019/05/26 (日)公演終了

満足度★★★★★

鑑賞日2019/05/25 (土) 19:00

座席1階4列

価格5,000円

素晴らしかったです。劇団空感演人 第12回本公演演劇舞台『カノン』A班を新宿のシアターサンモールで観劇しました。

物語は1964年の東京オリンピック開催へあと1年。日本各地で開発が進む1963年のとある村が舞台。2時間弱。この物語の内容はネタバレになるので未見の方々の為に何も書きません。本当にお見事な舞台でした。

ドンキーの翼

ドンキーの翼

東京ストーリーテラー

シアターKASSAI(東京都)

2019/03/06 (水) ~ 2019/03/10 (日)公演終了

満足度★★★★★

鑑賞日2019/03/09 (土) 18:30

大好きな演劇集団東京ストーリーテラー2019年春公演の演劇「ドンキーの翼」池袋のシアターKASSAI で観劇しました。「ドンキーの翼」(2013)の再演です。

杉浦樹子さんと有田佳名子さん出演のB班を。今回のお目当ては、劇団主宰で、脚本・演出の久聞勝彦さんが主役の鵜乃目邦二郎役を舞台で演じられること。

2012年からご縁あって東京ストーリーテラーの演劇を観劇していますが、朗読劇「三編の様々な顛末」(2013)で1度拝見したのみで、舞台で役を演じるお姿を観るのは初めてです。前説でご自身で二十数年ぶりの舞台とのことをお話されていましてこの貴重な機会を楽しみにしていました。

2013年版を観劇していて物語は知っていましたが、やはり心に沁みる物語でした。演じられた皆さん素晴らしかったです。

A班B班両方に主役として全公演出演されながら、開演前の客入れ、席誘導、問い合わせ受付、前説までされていて驚きました。

しかも土曜日の今日は3公演×2時間舞台。観客の私達には穏やかさを絶やさずも、パワフルに動き回る久間さんを見て勇気づけられました。

私も頑張ろうと。

BEGINS of Sevengirls

BEGINS of Sevengirls

劇団前方公演墳

「劇」小劇場(東京都)

2018/10/10 (水) ~ 2018/10/14 (日)公演終了

満足度★★★★★

鑑賞日2018/10/13 (土) 18:00

座席2列中央番

演劇『BEGINS of Sevengirls』を観劇しました。役者さんたちの生の舞台はやはり素晴らしかったです。

劇団前方公演墳旗揚げ20周年記念作品。過去に4度再演され今月から映画も公開されている『セブンガールズ』の前日譚が描かれた新作舞台。

私は、映画『セブンガールズ』を映画館で鑑賞後に、舞台『BEGINS of Sevengirls』劇場で観劇となりました。
劇団前方公演墳さんの作品は今回が初見です。

セブンガールズでは、終戦直後の混乱期にひとつのバラックに身を寄せて共同生活をし助け合いながら生きる女性たちの姿が描かれていました。

BEGINS of Sevengirls は、その前の物語。

戦争により身寄りを失う等の様々な事情により生活に困窮していく人々。そんな人々のそれぞれの生き様が切なく描かれます。

それぞれに生きるすべを模索する縁もなかったであろう人と人との点と点が紡がれ、さらに、新たな点、そして点が、加わり、共同生活を始めるに至るまでを見せてくれました。

そして、あの「星がいっぱいでも」の歌が生まれます。

2時間20分休憩なしの舞台。疲れや中だるみをも感じさせない程にあっという間でした。もっともっと観ていたいという気持ちになっていました。

いくらでも重くも描くことができるであろう題材に、コメディ要素のエッセンスを織り交ぜ、迫力の立ち居回りシーンも絡めて飽きさせず、強く生きようとする女性たちの姿を泥臭くも美しく魅せてくれました。

劇団前方公演墳の皆さん、お見事でした。

点描の絆

点描の絆

東京ストーリーテラー

シアターKASSAI(東京都)

2018/10/04 (木) ~ 2018/10/08 (月)公演終了

満足度★★★★★

鑑賞日2018/10/06 (土) 17:00

演劇集団・東京ストーリーテラー 2018年 秋公演『点描の絆』再演をBキャストで観劇。ハートウォーミングミステリー、素晴らしかったです。2012年夏公演時に初めて観た物語。その時とは役者さんが斬新されていましたが、新鮮に味わえました。

ストーリーは知っているので、前回とは違ったところに視点をあてて観ていました。

今回の驚きは、少年の頃の俊介を演じられた俳優さんです。お見事で、出演シーンは釘付けになりました。舞台上のお芝居も驚きだったのですが、鑑賞後に鑑賞者向けのパンフレットでその俳優さんのことを読んで更に驚きました。

前回も先生を演じた鈴木さんが同役を演じられるとのことでBキャストを選びました。あの暖かい先生に逢いたかったからです。ありがとうございます。

君の言った”またね”を僕は1年待っている

君の言った”またね”を僕は1年待っている

感情7号線

APOCシアター(東京都)

2018/06/30 (土) ~ 2018/07/08 (日)公演終了

満足度★★★★★

鑑賞日2018/07/07 (土) 14:00

座席1列

価格3,500円

#君また #カンナナ #感情7号線
感情7号線第二回公演『君の言った"またね"を僕は1年待っている』( A team Cast )を千歳船橋のAPOCシアターで観劇しました。観劇後、喫茶香味亭で珈琲を飲みながら物語の余韻に浸っています。

人との別れ際の言葉の大切さ、相手の気持ちを知る大切さ、自分の気持ちを伝える大切さ、そして、選択の積み重ねでの今、そして、まだ見ぬ将来が創られていくことについて考えています。

生きていると次から次へと様々な選択に迫られ続けます。

熟考して選択することもあれば、衝動的に選択することもあります。

突然予期せぬ出来事に出くわし自分でも想定していなかった選択をすることもあります。

過去の選択の積み重ねで今の自分がある。

もしも、あの時、違う選択をしていたらその後、そして今の自分はどうなっていたのだろうか。

そんなことに想いを馳せて自分の頭の中をいっぱいにしてしまうことを私はしないようにしてきました。

過去にした選択を過去のその瞬間に戻って変えることはどうやらできないからです。

選択の岐路は1回ではなく、積み重ね。

選択の積み重ねを経た後の道のりと今は、2パターン以上であろうと思われます。

過去にその時々でしてきた自分の数々の選択は、その時々の自分のおかれた環境、状況、考え、感情の中でその瞬間瞬間で精一杯のものだったと考えています。良い悪いはわかりません。

今からしていく選択の積み重ねでこれからの未来の自分があるのだろう。

別れ際に心から「またね」と言いたくなる人とどれだけ縁できるのだろうか。

「またね」と心から言ってくれる人とどれだけご縁できるのだろうか。

その人数の多さには関心がないが、一人でもそのような人が人知れずともいるひとときは潤いがある。

「じゃあね」ではなく「またね」って。 

そのような人とのご縁も自分がし続ける選択の積み重ねの過程で出逢う奇跡。

いろいろ考えられたなぁ。

『君の言った"またね"を僕は1年待っている』観劇後の余韻にしたりながら喫茶店で珈琲1杯の香りの中で考えたこと箇条書き。

三編の様々な結末

三編の様々な結末

東京ストーリーテラー

シアターKASSAI(東京都)

2017/10/16 (月) ~ 2017/10/17 (火)公演終了

満足度★★★★★

鑑賞日2017/10/17 (火) 19:10

座席1列

価格2,800円

東京ストーリーテラーの舞台は、私にとっては日々の生活でふと忘れかけている大切なコト、大切なヒトを思いださせてくれる時間になることが多いです。
それを押し付けがましくなく、丁寧な物語と演出と役者さんの体現で教えてくれます。そんな時間を過ごせる大切な時間です。
今回の3作品。どれも正直、切ない物語でした。取り返しのつかない後悔ともうやり直すことのできないあきらめ、葛藤。その中でもその時々に考えて決めた選択で生き続けていこうとする人々。3作品の様々な結末。今回はどれも余韻をもって終わり、その後の物語は観客に委ねる感じでした。今回、このスタイルは心地よかったです。
朗読劇、お見事でした。
疲れた難しい顔で会場入りした私ですが、観劇後にすこしだけ優しい気持ちになる朗読劇でした。

観劇感想:朗読劇 役者の話芸②「三編の様々な結末」東京ストーリーテラー | BLOGS 高橋典幸
https://blogs.takahashinoriyuki.com/favorite/stage/recitation-drama/235

THE WORLD'S END~遠くて近い場所に~

THE WORLD'S END~遠くて近い場所に~

劇団空感演人

両国・Air studio(東京都)

2017/09/06 (水) ~ 2017/09/11 (月)公演終了

満足度★★

鑑賞日2017/09/08 (金) 21:00

座席1列1番

価格3,500円

★2(満点5)。
舞台を観劇したときに感じることは、その時の自分の環境、精神状態、体調、大切にしている考え方に影響を受ける。それは役者や物語の良し悪しではない場合が多い。同じ箱で同じ時間に同じ舞台を観劇しても、感想がさまざまであることと同じ。出演の役者の皆さん、スタッフの皆さん、お疲れ様でした。あの回でのベストで作ってくださった空間だと思います。ただ、あの時の私には、まったくはまりませんでした。集中して味わおうとしていましたが、どうも、ストーリーや登場人物にさえ入り込めず、何度となく流れていた主題歌さえも、閉演後、メロディやフレーズを思い出せないほどに印象に残らず、劇中、大笑いはおろかクスッと笑うこともなく、涙はおろか、心に沁みいるものもなく、何回目かの暗転明けには、役者さんが一列に並んで最後の告知をしていました。今年観劇させていただいた「十二人の怒れる人々」と「解体OK」が私にとっては素晴らしかったので、とても期待して席に座っていましたが、今回は私にとっては残念な観劇でした。あくまで私個人の感想です。

解体OK

解体OK

劇団空感演人

両国・Air studio(東京都)

2017/05/24 (水) ~ 2017/05/29 (月)公演終了

満足度★★★★★

鑑賞日2017/05/26 (金) 21:00

座席地下1階1列

価格3,500円

舞台「解体OK」C班を、両国のエアースタジオで観劇しました。

焦燥、喪失、停滞、そして、再生への物語を味わいました。

無くなってしまうとわかって大事にできるもの。

どうせ無くなるとわかってるから大事にできないもの。

やっと手にできたことで大事にできるもの。

無くなるなんて疑わずに大事にできなかったもの。

あって当たり前に思えて大事にできなかったもの。

それらがある日突然、目の前から消えてしまう。

その焦燥感。

消えたことを認めたときの喪失感。

それらは唯一無二で全く同じには再現できるものではない。

失ってしまったもので頭がいっぱいになる。

周りさえも見えないほどに停滞する心と身体。

それを再生へと動かしてくれたは何だったのか?

「解体OK」のサインを自らから出して、未来への1歩を歩み始めさせてくれたのは何だったのか?

約120分間、若い役者の皆さんの熱い熱量と演出での、笑いあり、お色気あり、しんみり涙ありの舞台に、47歳のおじさんは魅せられました。

帰り道では、自分の半生なんか振り返って「47年間、ワシも色々あったよなぁ…」と思い出にふけりました。

そして、これからも「解体OK」のサインを掲げて、面舵いっぱいに人生を切り替えていくような出来事に遭遇してしまうようなことは、まあ、あるんだろうなぁ…なんてことを考えながら家に帰って寝ました。

棒が歩いて犬に当たるくらい納得できない事件の顛末 バツイチ探偵・興呂木参次郎の事件簿

棒が歩いて犬に当たるくらい納得できない事件の顛末 バツイチ探偵・興呂木参次郎の事件簿

東京ストーリーテラー

ブディストホール(東京都)

2017/02/15 (水) ~ 2017/02/20 (月)公演終了

満足度★★★★★

鑑賞日2017/02/15 (水)

座席1列

#棒犬 初日15日19:10 CAST A 公演を観劇しました。パクチーから2年。あの参次郎と純平の世界に新たな物語で再び会えて懐かしかったです。今回の物語で、私個人としては、夛胡さんに心の琴線を鷲掴みにされました。 #演劇

恋しくて

恋しくて

デッドストックユニオン

ウッディシアター中目黒(東京都)

2016/11/22 (火) ~ 2016/11/27 (日)公演終了

満足度★★★★★

恋しくて
笑いました。お見事な舞台です。田舎のスーパーマーケットが舞台のラブコメディ。登場人物16名。1人1人のキャラがしっかりたっていて、そういう人いるよなぁと見入る。人物設定、脚本、演出、俳優の皆さん、お見事でした。

底ん処をよろしく

底ん処をよろしく

東京ストーリーテラー

高田馬場ラビネスト(東京都)

2015/10/19 (月) ~ 2015/10/25 (日)公演終了

満足度★★★★★

底ん処をよろしく キャストB 観劇
またもうひとつ大切にしたい大好きな物語に出逢えました。テンポのいい気楽なコメディテイストで物語は進行しながらの心温まる人情噺でした。龍三さんが語る先代の心意気にしびれました。将来、再演があるとすればまた大衆食堂「底ん処」の常連さんたちと店の父娘に会いに行きたいです。

Love is all music

Love is all music

touch my brassiere? company

ブディストホール(東京都)

2015/08/14 (金) ~ 2015/08/16 (日)公演終了

満足度★★★★★

Love is all( ).
10代~20代の青年たちのエネルギッシュなぶつかりあいの群像劇でした。自分の人生をかけてやり続けることとは何なのだろうか。自分の愛情のすべてをかけられる自分の Love is all( ).とは。青年たちが各々の熱くまっすぐな思いと繊細さをぶつけあわせていくなかで研ぎ澄まされていく様子をみて、「さて、自分は?」と、まずは人生の落書きをしてみたくなりました。

よく喋るマダム達は、パクチーより食えない

よく喋るマダム達は、パクチーより食えない

東京ストーリーテラー

シアターKASSAI(東京都)

2015/04/08 (水) ~ 2015/04/14 (火)公演終了

満足度★★★★★

【感想】よく喋るマダム達は、パクチーより食えない A
コメディテイストの人情噺。探偵興呂木演じる中川むっくさんがお見事でした。それも他の役者さんたちそれぞれの熱演あっての物語。笑わせていただきながらも謎解きも愉しめ、ラストはホロッとさせられました。素敵な時間をありがとうございます。17時A公演観劇。

露の見た夢

露の見た夢

東京ストーリーテラー

萬劇場(東京都)

2014/10/01 (水) ~ 2014/10/05 (日)公演終了

満足度★★★★★

露の見た夢 【砂】
もう一度、劇中のタジムに会いたくて、2回目の観劇。前回は風、今回は砂。見る世界を広げ、過去未来と歴史の時間軸に思いを馳せれば、自分の人生も一滴の露なんだろうなあ。生きている奇跡のような今を自分はどうあり続け、生きていくのか。いつかは自分にも訪れであろうその時に自分はどのような心持ちでいるのだろうか。そんなことを考えるきっかけを与えてくださいました。風、砂、配役の違う両チームそれぞれに味があって素晴らしかったです。ありがとうございます。

このページのQRコードです。

拡大