teru@福岡が投票した舞台芸術アワード!

2010年度 1-10位と総評
裏切りの街

1

裏切りの街

パルコ・プロデュース

文句なく、ダントツ。パルコこれは良かった。

パンドラの鐘

2

パンドラの鐘

集団あしゃしゃ

きっぱりと引き際を心得たあしゃしゃに脱帽。ラストにいい作品を選んだ。

飛ぶ劇場『睡稿(すいこう)、銀河鉄道の夜』

3

飛ぶ劇場『睡稿(すいこう)、銀河鉄道の夜』

NPO法人FPAP

蛙先生も良かったけど、このジョバンニにしてやられた。ほんとうのさいわいを見つけた気持ち。

ダモイ

4

ダモイ

トム・プロジェクト

良作、感動あふれた。

残念なお知らせ

5

残念なお知らせ

G2プロデュース

もうしばらく見れないかと思ったらひどく残念。

「ヒッキー・カンクーントルネード」の旅 2010

6

「ヒッキー・カンクーントルネード」の旅 2010

ハイバイ

岩井さんの感覚が庶民的なのか宇宙人的なのかわからず。そこがいいのだけど。

在る、忘れられた水槽。(無事終了いたしました。ありがとうございました)

7

在る、忘れられた水槽。(無事終了いたしました。ありがとうございました)

village80%

高山さんの作品には引き込まれる。

ワレラワラルー

8

ワレラワラルー

F's Company

ほのぼの系ナンバー1、涙の量は一番だった。

雷神の足

9

雷神の足

(劇)池田商会

池田商会の代表作品となるだろう。

踊りに行かないで

10

踊りに行かないで

非・売れ線系ビーナス

気軽なライブ感覚、踊りとのコラボが良かった。

総評

いつもながら10個を選ぶのに苦心。
他にも気になるものや好きなものはたくさんあったので。
地元の小劇場に観客がじわじわ増えてきているように感じるのは
私だけだろうか?
そして地元の劇団もどんどん中央へ進出していっている。
自分の見方が少し変わっていっているのは実感する。
でも、誰がなんと言っても気にしないようにしたい。
だって私の感動は私だけのものだから。

このページのQRコードです。

拡大