その他

TPAM2018

グェン・トゥイ・ハン、ゴ・タィン・フーン、タイ・フォン[ホーチミン]、津野海太郎[埼玉]

その他

TPAM2018

アジアン・アーティスト・インタビュー

グェン・トゥイ・ハン、ゴ・タィン・フーン、タイ・フォン[ホーチミン]、津野海太郎[埼玉]

TPAM・国際舞台芸術ミーティング

BankART Studio NYK(神奈川県)

2018/02/10 (土) ~ 2018/02/18 (日) 公演終了

上演時間:

国際協働の次なるステップを探るため、アジア各地で活動する次代を担うアーティストの背景や状況を聞き取り、アーカイブしていくプロジェクト。昨年度までに東南アジア6カ国8都市で収録した15本に、今年度はホーチミンで活動する3名のインタビューを追加。さらに、先行する理念や実践をいかにリフレクトすべきか...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2018/02/10 (土) ~ 2018/02/18 (日)
劇場 BankART Studio NYK
出演
脚本
演出
料金(1枚あたり) 0円 ~ 0円
【発売日】
入場無料、予約不要
サイト

https://www.tpam.or.jp/program/2018/?program=asian-artist-interview

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 2.10 Sat 12:00 - 20:00
2.11 Sun 11:00 - 19:00
2.12 Mon 11:00 - 19:00
2.13 Tue 10:00 - 19:00
2.14 Wed 10:00 - 19:00
2.15 Thu 11:00 - 19:00
2.16 Fri 11:00 - 19:00
2.17 Sat 11:00 - 19:00
2.18 Sun 11:00 - 17:00
説明 国際協働の次なるステップを探るため、アジア各地で活動する次代を担うアーティストの背景や状況を聞き取り、アーカイブしていくプロジェクト。昨年度までに東南アジア6カ国8都市で収録した15本に、今年度はホーチミンで活動する3名のインタビューを追加。さらに、先行する理念や実践をいかにリフレクトすべきか考えるため、先達たちを訪問する。今回は、1970〜80年代に津野海太郎が書き残した思考をたどり、劇団黒テントらのアジアへの接近を掘り下げていく。生々しい対話が、機械仕掛けの展示空間に現れる。
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2018/01/15 09:42 by CoRich案内人

[最終更新] 2018/01/15 22:55 by こりっち管理人

この公演に関するツイート

初日1週間前から「団体名」と「公演タイトル」を含むツイートを自動表示します。
(ツイート取得対象にするテキストは公演情報編集ページで設定できます。)

  1. アジアン・アーティスト・インタビューでした。 https://t.co/L91NWufGSO

    Dwyy9f4vqaa9xzz

    約3年前

  2. BankARTで「アジアン・アーティスト・インタビュー」、KAATでライトニング・スタディーズ:圧迫・抗争・汚染翻訳センター(CTCCCs)『パサ・パサ』、ホー・ツーニェン『一頭あるいは数頭のトラ』を観てきた。いずれも2/18まで。https://t.co/2rjDEqXLgg

    約3年前

  3. 「荒れ地」のアジアン・アーティスト・インタビューのタグにこれまでの4年間で僕が担当した12本の動画のリンク全て貼っときました。https://t.co/VrsTCzetWp これらはBankArtの展示でも全て鑑賞できますが、改めてこの機会にご覧ください。よろしくお願いします!!

    約3年前

  4. 今年もTPAMのアジアン・アーティスト・インタビューしました。先行する世代のアジアとの関わりをお聞きする為、黒テント、晶文社の編集などで知られる津野海太郎さん。アジアで何か作ったりする上で一聴の価値のあるお話だと思います。テキスト… https://t.co/bH0br4N9Ao

    約3年前

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大