演劇

IAFT presents「客」’손님’

客

デザイン:公式サイトより

0 お気に入りチラシにする

演劇

IAFT presents「客」’손님’

実演鑑賞

Interdisciplinary Art Festival Tokyo

某所(東京都)

2016/01/27 (水) ~ 2016/01/31 (日) 公演終了

上演時間:

公式サイト: http://i-a-f-t.net/program/seo_new_play/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
浮かび上がる人影。
新宿の喧騒から遠く置き去りにされた邸宅で
あなたの無意識が、密やかに絡みとられる。

森の中をさまよっているうちに突然出くわす。 ぽつんとした、一軒の家。
数多くの童話において、長く苦難に満ちた旅は一軒の家で停止する。
家は、旅の叙事に「帰結」の可能性を与える。...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2016/01/27 (水) ~ 2016/01/31 (日)
劇場 某所
出演
脚本 ソ・ヒョンソク
演出 ソ・ヒョンソク
料金(1枚あたり) 1,500円 ~ 1,500円
【発売日】
Ticket:¥1500
公式/劇場サイト

http://i-a-f-t.net/program/seo_new_play/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 2016/1/27[水]、1/28[木]、1/29[金]、1/30[土]、1/31[日]
12:00〜、12:30〜、13:00〜、13:30〜、14:00〜、14:30〜、15:00〜、15:30〜、16:00〜、16:30〜、17:00〜、17:30〜、18:00〜、18:30〜、19:00〜、19:30〜
各日16回上演 [1名様限定公演]
説明 浮かび上がる人影。
新宿の喧騒から遠く置き去りにされた邸宅で
あなたの無意識が、密やかに絡みとられる。

森の中をさまよっているうちに突然出くわす。 ぽつんとした、一軒の家。
数多くの童話において、長く苦難に満ちた旅は一軒の家で停止する。
家は、旅の叙事に「帰結」の可能性を与える。「経路」にメタファーされる激情の人生は「地点」の磁力に席巻される。
「私」の最も奥深く、内面の深淵部分に、家一軒が存在する。

ガストン・バシュラールは言った。
家はただの住居ではない。家は精神の起源であり、原型である。
「思考」は家の構造に似ている。いや、家のように「構築」されるのだ。

「私」の思想。「私」の存在。
しかし、多くの童話における長旅の苦難は、家に入ることでより一層深まる。
ホラー映画の恐ろしい恐怖のほとんどが、家で起こることも偶然ではない。
家は安らぎの場への回帰だけを意味するのではないのだろう。
安心と不穏は同じ事を指すのだろうか。
家は、ドッペルゲンガー
その他注意事項 アーティストトーク
日時 1/28[木] 20:00より
会場 渋谷・アツコバルー
謎多き作品「客」について、作家ソ・ヒョンソク自身が解説を行います。東京での滞在制作を通じて感じた、都市の発展とアートとの関係性、また、韓国・ソウルと東京という大都市における既存のカテゴリーを越えた新たなアートパフォーマンスのあり方などについて語ります。
ATSUKOBAROUH
住所:東京都渋谷区松濤1-29-1 クロスロードビル5F
tel:03-6427-8048
mail:ab@l-amusee.com
¥1000[1drink込み]
スタッフ 作、演出:ソ・ヒョンソク
出演:藤倉めぐみ、遠山尚江、尾坂月乃 Cast:Megumi FUJIKURA, Hisae TOYAMA, Tsukino OSAKA
舞台監督:上田晃之 Stage Manager:Akiyuki UEDA
プロデューサー、翻訳:韓成南 Producer, Translation:Sung Nam HAN

[情報提供] 2016/01/30 15:48 by こりっち管理人

[最終更新] 2016/02/02 14:47 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大