演劇

アンコール公演

『プルーフ/証明(Repirse)』

1日限り上演

DULL-COLORED POP

SPACE EDGE(東京都)

2009/12/12 (土) ~ 2009/12/12 (土) 公演終了

上演時間:

公演終了致しました!
ご来場頂きまして誠にありがとうございました!

――――
活動休止中のDULL-COLORED POPですが、
先の10月に上演した直後より再演の声を多く頂いたため、
1日2回限定でアンコール上演致します!

日時 12月12日(土)14:00/19:00...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2009/12/12 (土) ~ 2009/12/12 (土)
劇場 SPACE EDGE
出演 清水那保、小栗剛、木下祐子、中田顕史郎
脚本 原作:デヴィッド・オーバーン、翻訳:谷賢一
演出 谷賢一
料金(1枚あたり) 2,500円 ~ 3,000円
【発売日】2009/11/28
前売:2500円
当日:3000円
(全席自由席)
サイト

http://www.dcpop.org/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 公演終了致しました!
ご来場頂きまして誠にありがとうございました!

――――
活動休止中のDULL-COLORED POPですが、
先の10月に上演した直後より再演の声を多く頂いたため、
1日2回限定でアンコール上演致します!

日時 12月12日(土)14:00/19:00

●あらすじ
天才数学者・ロバートの娘であるキャサリンは、父の死を受けて取り乱し、幻覚を見るほど混乱していた。
私もパパのように気が狂うかもしれない――。

 そんな彼女の元にロバートの遺稿を整理しようと若き数学者・ハルが現れる。混乱したキャサリンはハルを罵りざけようとするが、ハルは少しずつ彼女との距離を詰めてく。

 そこに、キャサリンの姉であるクレアが現れる。キャサリンを引き取り精神病院へ入れようとするクレア。2人は激しい言い争いを始めるが、その最中、ハルはロバートの部屋から一冊のノートを発見する。「数学の歴史が始まって以来の偉業」という発見が記されたというそのノート。しかしそこで、取り乱したままのキャサリンは思いも寄らない事実を打ち明ける。

「その証明は、パパじゃない、私が書いた」――。

一冊のノートを巡ってお互いの魂を傷つけ、踏み荒らしう人物たちの姿をえぐりとるように描き出す快作。


ご予約は info@dcpop.org まで、
お名前、希望日時、人数、ご連絡先
をお願い致します。
*限られた客席数となっておりますので、
お早目にお願い致します。
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2009/11/07 20:09 by 谷賢一

[最終更新] 2014/06/14 23:53 by きたざわ

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー6

酒井一途

酒井一途(43)

演出助手です。

小栗剛(キコ/qui-co.)

小栗剛(キコ/qui-co.)(28)

役者・俳優 演奏(ギター) 脚本 演出 作曲 制作 宣伝美術

小栗です。 リプライズ!甘美な響き。サージェントペパ...

ぼっこ

ぼっこ(8)

役者・俳優 制作

はいな!よろしく!!

このページのQRコードです。

拡大