遺作 公演情報 遺作」の観てきた!クチコミ一覧

満足度の平均 4.3
1-3件 / 3件中
  • 満足度★★★★★

    鑑賞日2019/01/10 (木) 14:00

    価格2,500円

    公演初日の1週間前、脚本が冒頭部分しかできていず作・演出の主宰が自宅で執筆しているため、ひたすら冒頭部分と「もう1つ」の稽古を繰り返す劇団……昨年あたりから急増した感のあるメタフィクションにして小劇場系ネタもちりばめた大好きなパターン。

    また、メタフィクション以外にも、あるプロットの人物設定を変えて翻案すると……な可笑しさがあって、これも好きなヤツだった。

    さらに、終盤で「(脚本の遅れというトラブルがあったにもかかわらず)よく降板騒ぎにならなかったな」という台詞があったり、主宰のアイデアメモ的ノート(昨年夏の(劇)ヤリナゲの「みのほど」を連想)にあったメモが参考にしようと観ていた作品に関するもので、それを元に創り上げた芝居は盗作になってしまうのでは?と問題になったりするのはここ1~2年で演劇界に立ったさざ波の揶揄?な深読みもできて、そんな現実でのトラブルも知っていたのでより楽しめたかも?

    ネタバレBOX

    1930年代(?)のイギリスの雪に閉ざされたホテルという設定だったものをサザエさん一家に変えて演ってみる、というムチャは実際にはあり得ないだろうが、大笑いできたし「芝居のウソ」として容認。(笑)

    脚本が冒頭部分しかできていないのでカーテンコールの段取りも稽古するという部分も現実のカーテンコールの時に思い出し笑いができてナイス。

    さらに最後の最後でそこまでのトラブルも劇中の劇団もすべて劇中劇だったと明かす層構造(昨年末のなかないで、毒きのこちゃん「鳥の市2018」のEチームを連想)も巧いんだなぁ。
  • 満足度★★★★

    今回山崎丸光さんご出演ということで観劇。
    劇団名はよくきいてたが、どんな感じなんだろう??と情報ないままでしたが、
    要所、要所で「こーやるのか!」とある意味ぶちこんでくる感じだった。
    笑うんだけど、結構、一般人の私でもなんだが
    こんなことあったら、やばい・・と変なリンクを感じた。

    すすむにつれて、どこが区切りなのかなんだが、どの「はなし」が本当なのかこんがらがってくる気もした。
    じわじわくるなんともいえない面白さと
    瞬発力の高い面白さ。
    あと、絶妙にその配置にその小道具でその照明って
    すごくかんぐってしまうようなトラップが仕込まれてるような舞台だった。

    いやー、でも、面白かった。
    今年初観劇。良い観劇になった。

  • 満足度★★★★

    話の展開が以外で面白かったです。
    楽しいお芝居です。

    ネタバレBOX

    ダンスはもう少し頑張って欲しいです。
    小劇場の役者の苦手な分野かもしれませんが

このページのQRコードです。

拡大