俺の屍を越えていけ 公演情報 俺の屍を越えていけ」の観てきた!クチコミ一覧

満足度の平均 4.0
1-16件 / 16件中
  • 満足度★★★★

    役者みなさんの表情が豊かで、笑いも随所に盛り込まれていて、楽しめました。

    会議は議長に顔が向けられて進行する機会が多いので
    議長進行役の高木さん以外、5人の繊細な表情が良く観れる舞台側中央付近もお勧めです。

    ネタバレBOX

    後日追記予定
  • 満足度★★★★

    鑑賞日2018/05/13 (日) 14:00

    価格2,200円

    惹句の「さぁ、気が重い会議を始めよう」の通り終始どんよりした雰囲気にならざるを得ない会議、7年半前に観た七里ガ浜オールスターズ版の感想によれば(もはや記憶の外で具体的には覚えていない(爆))前半はユーモラスだったようだがそれとは異なり、ある意味リアルタイプでこれもアリ。
    また、本題に入る前の部分ではった伏線を回収しての幕切れが鮮やか。

    事前に7年半前の七里ガ浜オールスターズ版の出演者(豪華!)を確認しておいたので、それを思い起こしたり相違点を考えたりしながら観たのもまた楽しかった。
    CoRich舞台芸術!の公演情報で過去に他団体が上演した時の出演者を調べて、知っている役者がいたらどの役を演じたか想像しながら観るのも面白いかと。

    なお、ほぼ四方囲みあるいは三方半囲みの客席、アガリスクの榎並さん、たすいちの中村さん推しの方には通常で言えば上手にあたるエリア、星澤さんと家のカギの高村推しの方には逆の下手にあたるエリア、エンニュイ高木さん推しなら通常の客席側、山田さん推しなら通常の舞台側を推奨。

  • 満足度★★★★

    比較的短い時間の会話劇。
    集中して観劇するには丁度良い時間でした
    楽しめました。

  • 満足度★★★★

    刻々と変わっていく展開、立場や部署の違いによって見え方が変わるところなど面白かったのですが、そもそもが理不尽な要求で、実際、現実にはないとは思いますが、イマイチ後味は良くないですね....

  • 満足度★★★★

    会社の方針に躍らされる若手社員、その結果リストラされる管理職。内容は会社の非情や厳しさを思わされるが、観せ方は緩い笑いも交え飽きさせることがない。その演出は実に上手い。
    (上演時間1時間15分)

    ネタバレBOX

    舞台を囲み四方向から観るような客席。舞台設定は青森市に本社がある老舗放送(ラジオ)局。セットはその局の一室、ロ字型に横長テーブルが置かれ会場入り口近くにコーヒーメーカーがあるだけのシンプルな作り。

    梗概…経営難のラジオ局立て直しのため新社長が断行しているのがリストラ。現在、部長職以上の職位(高給取り)の人をリストラする。その人選は入社5年以内の若手社員6名に密命を与え行わせる。この話し合いの前日、同僚が1人辞め送別会が行われていた。後々これが伏線になり、ラストへも繋げるという巧みな構成である。
    集められたのは、制作・報道・技術・放送・営業の各部署からであり、話し合いでは部署間の利害関係はあまり観えてこない。むしろ同期入社の男性社員2人の立場が、会議進行の肝になっている。1人は制作ディレクターで会議の進行役、もう1人は営業部 しかも労働組合執行部(青年部長)で雇用確保も含めた労働条件の向上に尽くす役割を担っている。立場の違いにより組織内の役回りや構図が垣間見えてくる。登場人物に役割や役回りの違いを担わせ、そして幹部社員(非組合員)をリストラ対象に設定するあたりは上手い。リストラを若手社員に行わせるという、現実の社会への皮肉とも思えるような手法も面白い。労働組合を前面した台詞は少なく、単純にリストラ=労使対立という観せ方にしていない。

    社員は、仕事に対する日頃の不満、人間関係の悩み等についてリストラ案件に絡めならが心情を話し出す。入社時の希望配属先とは異なるところで遣り甲斐を見出そうと足掻いている。会社という組織への不平不満を抱えつつも業務を行う。それを長年勤めてきた幹部社員、その人達をリストラしようとしているが、その方法が無記名投票という多数決。誰もリストラしたい者を名指しして後味の悪いことはしたくないのは人情だろう。

    物語(リストラ)は、ある決着に辿り着く。前日退職した社員は別グループでの幹部社員のリストラ会議のメンバーだった。そのグループでは幹部社員の代わりに若手社員が辞めて人件費削減の帳尻を合わせたようだ。会社の方針は人件費削減、まず複数の幹部社員をリストラする、それが若手社員で実行出来なくても当事者に責任を取らせる。悪習の骨絡みになるような…。直接リストラの原因になったか否か判然としないが、セクハラや放送技術(スキル)が時代遅れという尤もらしい説明が…。

    会話劇であるから、特に照明や音響効果による観せ方はないが、それが逆に自然な緊張感ある雰囲気を漂わせていた。
    次回公演も楽しみにしております。
  • 満足度★★★★

     90年代以来猛威を揮ったリストラという身近な問題を、通常とは別角度から扱って興味深い展開をみせた。

    ネタバレBOX


     リストラ会議に参加しているのは男女3名ずつの都合6名である。若手から中堅の地方ラジオ局の社員達だ。自分達を育ててくれた上司を自分達の手でリストラしなければならない、という事実に罪悪感を感じている者が多いことが如何にも日本らしいといえば日本らしい。仕事は利害関係に過ぎないのだからと割り切る者が今作で意見表明することはない。
    会議は他言無用、新社長命令である。実は時代の流れで斜陽産業となったラジオ局は、かなりの危機に陥っているのだ。意見が中々でないこと。多数決という日本人が最も選びそうな方法さえ、結果的に出てくる選択肢であり、仮に上司の首切りが自分達に出来なければ代わりに出席者の首が切られるということが判明して初めて有効な選択肢として多数決が選ばれるという有様。予め多数決をより有効にする為の奇数化策すら取られない。まあ、この点は、無効票や棄権などによって結果オーライとはなるのだが。
    地方のラジオ局ということもあるのだろうが、中堅幹部になっているメンバー入社当時の競争率が僅か二十倍と描かれていることは少々驚きであった。自分達が新入社員の頃、メディアの東京での競争率は新聞記者で百数十倍、出版社編集部でも百倍を超える所はザラだったしTVも競争率は高かったからである。無論、コネありとなしでは結果として大きな差があった。まあ、余り些末的なことは良いのだ。
    日本的は日本的で、尊敬する上司をリストラされることが決まった段階でその上司を切ることに最も強硬に反対していた中堅幹部の参加メンバーが、自らの意志で退社を決意するというオトシマエもつけたのだから。また、決定票を投じたのが、件の幹部が最後に目を懸け、自らが引くことを前提に未来を託した若者であった点から、このタイトルが採られていることを思えば、キチンとしっかりした流れが構築されていて、作品として評価できるものであったのだから。楽しめる。
  • 満足度★★★★

    鑑賞日2018/05/12 (土) 18:00

    価格2,500円

    ワタゲン畑澤さん脚本池田さん演出の会議劇。

    私のハイライトは誰が何を書いたか疑うシーン。ある名前を書いた人を探すと消去法でこれから語り始める人が見えてくる・・このスパイスの利かせかたが実に面白かったです。残念は高木さんの真後ろに座ってしまった俺。
    これから観劇される方はコーナー席に座ることをオススメします。
    それと開門は公演開始の30分まですが、割と並びますし、早くいくと・・・(内緒)。

    演者さんはこれまでに観たことがある人ばかり。
    星澤さんがニュースを読み上げるシーンがありますが、「あぁアナウンサーだわ」と流石役者さんと唸り、高木さんはこれまでに観た作品と同様のテンションを披露していただき、中村桃子さんの歌声は初めて聴けました。榎並さんは体の軸を固定して首だけを振って表情を変える。これアガリスクでも何度も観ました。彼女ならではですね。

    会議劇はこれまでに「桜の森の満開のあとで」「〜その企画、共謀につき〜『そして怒濤の伏線回収』」を見たことありますが、ジャンルは違えどこの2作に比べると盛り上がりがひまひとつ足りなかった気がします。

  • 満足度★★★★

    作品を通して観た感想としては凄い面白かった
    ただし難しいのが2018年という現在の社会通念だったりコンプライアンスだったりを考えて物語を見ると全てが破綻してしまいかねない物語
    昔の物語なら昔の設定にしておくべきだし、現在であればそこに帳尻を合わせていかなければいけないと思う
    高木健さんの奮闘が有ってこの人を観るだけでも面白い舞台なのは間違いない

    5/16追記
    休演日明けの三日目から演出がだいぶ変更され(主に時代設定部分)、上記やネタバレで書いた問題点が解消されていた。それによりしっかりと物語の意図やキャラクターそれぞれの立場が伝わってくるようになってました
    →この物語は時代というものに取り残された人やこれから背負っていく人、流されていく人抗う人などを映しそして流していく物語
    どの立場にもなれるし、どの立場も時代遅れと嘲笑っても良い。そしてそんな中強烈なキャラクターの激しくも可笑しいやりとりを嘲笑って過ごせる良作

    ネタバレBOX

    女子のお尻を揉まずにいられない上司がいくら自分を犠牲にして何かをしても、辞めて当然というかその前に問題になるというのが現在の社会通念だと思う
    女子が反撃もしていたが山田の揉ませればいいじゃないかという発言自体が非常にまずいものだしパワハラ、セクハラ問題をなんら解決しようとしない状況というのが2018年と言う時代性を考えると無理筋すぎる(解決しない事自体は現実でもあるのでいいのだが、何の問題にもしようとしないというのが厳しい)
    ↑↑↑
    3日目から演出が変わり、時代設定が明らかに2000年代前半となった(スマホが無くなり、ガラケーになったり、会話に出てくる芸能人がその時代の人になったり)
    時代性が定まったことでまず余計な疑問が湧きにくくなった(スマホ使っている時代にはがきで投稿?とか)
    そしてその時代の社会通念を考えるとセクハラという言葉は普及していたが、まだまだエロ親父が見過ごされることがおかしくない時代になって、だいぶ物語を受け入れやすくなった
    ※逆にこういった時代にこんな設定の物語を演るのはどうかといった視点は出てくると思うが、物語としては意味がわかるようになった
  • 満足度★★★

    鑑賞日2018/05/13 (日) 14:00

    座席1階1列

    feblaboプロデュース『俺の屍を越えていけ』新宿シアター・ミラクル

    シチュエーションがすごく面白い。自分がこの立場になるのは絶対嫌だけど(笑)
    業界人っぽさと社会人的ノリの両方がうまく醸し出されているような演技がとても良かったです。
    熱い討論劇のようなものを期待していたので、そこはちょっと思っていたのとは違っていました。

    囲み舞台なので(恐らく)どこに座っても必ず見えない演技があると思います。
    表情や目線から伝わるニュアンスもあるはずなので、できればリピートしたいですね。

    今回から?の事前振込を利用してみました。
    まだまだ試行錯誤の段階なのかな。
    振込の確認が取れたらメールで連絡がもらえると安心できます。

    ネタバレBOX

    誰をリストラするかについてほとんど議論が交わされず、
    結局多数決だったのが私には物足りなく感じました。

    ・意気消沈で帰ってくる本荘
    ・どうだったの?→みんな集まったら!の天丼
    のお約束なネタがすごいツボでした
  • 満足度★★★★★

    ラジオ局経営はインターネットとスマホの普及のせいでかなり厳しく、広告収入をそれ以外の収入で補い切れないため、平成8年以降営業利益は右肩下がりが続いているようです。

    ネタバレBOX

    会社の営業実態は把握しつつも入社数年の若年社員達が果たして「先輩社員をリストラできるのか」というとても重いテーマでしたが、feblaboさんは得意のユーモアを随所にちらばめることにより重くなり過ぎず、バランスのとれた舞台に仕上がっていたと感じました。
    演出面では舞台を劇場中央に設置し、客席がそれを取り囲むようになっていました。そして会議室のサイズや客席からの距離が適切だったので会議の熱気を覗き見ている感がとても良かったです。
    役者さんたちも丁寧に役割を演じており、キャラ立ちが良くできていたと思いました。
  • 面白かったです。

  • 満足度★★★★

    リストラする管理職を決めなればならないという新人達の戸惑いや残り時間の焦りが見えて面白かったのだが、
    もっと候補者を出して議論をしていったほうが盛り上がったのでは。
    座席が近いので自分も参加しているような感じがして良かった。

  • 満足度★★★★

    四方を客席に囲まれたスペース。違う角度から観ると、感情移入してしまうキャラクターが微妙に変わって、それも面白いかも。75分と短めの割に、観終わったあとに眼の疲れを感じたので、自分で思っていた以上に集中して観てたんでしょう。

    ネタバレBOX

    会場に入ったところが四角いスペースの角位置にあたり、その左から時計回りに、テーブルには榎並さん・中村さん/高木さん/星澤さん・高村さん/山田岾さんという席順。今日はちょうど榎並・中村+高木側の角位置だったので、この3人はほぼ横顔。開演10分前から、登場人物による会議室のコーヒーの準備が始まるので、そこも注目。
  • 満足度★★★★★

    75分少し短めの芝居でしたが見ごたえありの時間を過ごしました。最初から最後まで面白かったです。重い内容を議論しているのだけれど時々笑いが入り飽きさせません。面白いテーマを取り上げてシナリオの質の高さを感じさせます

  • 満足度★★

    最後にタイトルの意味がわかる、奥の深いテーマを扱った作品でした。
    真剣な議論の張りつめた空気と笑いが混在していて、飽きないなと思いました。
    放送局の規模がどれくらいなのかなど、この業界についての前提知識がないことが原因かと思いますが、真剣に議題に取り組む姿勢を求めて、一緒に考えようと思って観ていた身としては、消化不良で怒りすら沸いてくるというのが率直な感想です。誰かに肩入れせずに見れば普通に楽しめそうだなと思います。

    ネタバレBOX

    放送局の規模がどれくらいなのか、部門同士の関わりがどの程度なのか、対象となる上司の総数などの知識がないと、「ごめんなさい」と書き続けたであろう三沢さんが優しい人なのか、優柔不断なのかわからないし、どちらかというと後者のように感じられて残念でした。
    また、鳥羽一郎のネタは流石に2回目の投票のときには笑えず、真剣味のない投げやりな態度にしか映りませんでした。
    宗方さんの意思を汲んで投票した北上さんは、本人の意志が全く反映されず自己の保身にしか関心がないように思われました。そんな人が実はハガキ職人でした、と言われても心温まるというより、この人は仮に上司を一人に絞れず、自分達のなかからやめる人を決めるときに三沢さんの犠牲になることもできないような人間だろうなと思いました。
    アナザーストーリーとして、もし上司を決めることができずに、自分達のなかから一人をクビにすることになったら、という話があったら、より人間味のある作品になるだろうなと思いました。
  • 満足度★★★★★

    1時間15分と比較的短い芝居ではあるものの,非常に凝縮されていて,最初から最後まで物語に引き込まれて集中して観劇していました。feblaboさんの芝居は,いつもいつも質の高いものを観せてくれますが,この作品も期待は裏切られませんでした。役者さんの演技,表情,声いずれも素晴らしい。ホント見応えのある芝居でした。

この公演に関するtwitter

初日1週間前から「団体名」と「公演タイトル」を含むツイートを自動表示します。
(ツイート取得対象にするテキストは公演情報編集ページで設定できます。)

  1. 1.聖剣伝説2 2.聖剣伝説3 3.天地創造 4.ヴィーナス&ブレイブス 5.俺の屍を越えていけ 6.ロックマンDASH 7.ソニックアドベンチャー 8.… https://t.co/eWCFII4cvh #やったゲームも人間性に影響するらしいのであなた人生のベスト10を教えて

    約1時間前

  2. feblabo×シアター・ミラクルプロデュース 「俺の屍を越えていけ」 無事終演いたしました。 ご来場誠にありがとうございました。 ほぼ初めてと言っては過言ではない会話劇。観て頂いた方々からの感想もとても嬉しかったです。 本当に… https://t.co/Ea6r1pq3HQ

    約2時間前

  3. @hkne_kkk 「それだと俺は何も知らないままだからな…」むむ、と考え込む← 大丈夫ですぶっちゃけ紫紋も神かどうか怪し…………(黙)俺の屍を越えていけ…ッ!← ど正論ですわ……私も信仰しますね…🙏

    約2時間前

  4. 俺の屍を越えていけ

    約3時間前

  5. @Yakimaro_0621 俺の屍を越えていけ!

    約9時間前

  6. 今から若い世代に投資していこう!って流れが起きたら、ロスジェネはそれを受け入れねばなるまい。でも未だ日本で為されているのは高齢者延命策の維持継続なわけだが。 若者よ、俺の屍を越えていけ!

    約11時間前

  7. しかしスタマイでも攻略対象としてはそこまでにならないCV前野くんは健在だな…関さんはめちゃくちゃめんどくさくて好きなんだけどクソめんどいお父さんしてる時の関さんが好きすぎて玲ちゃんの相手をちぎっては投げてうちの子と付き合いたいなら俺の屍を越えていけしてほしい

    約12時間前

  8. @usei_9sei 俺の屍を越えていけ( ´△`)

    約16時間前

  9. うっ「俺の屍を越えていけ」って言うれおぴに「死なせませんよ」って返すつかさ…ぐす

    1日前

  10. 【定期:feblabo次回公演】『俺の屍を越えていけ』脚本:畑澤聖悟(渡辺源四郎商店)演出:池田智哉(feblabo)2018年5月12日(土)~20日(日)@シアター・ミラクル ご予約・詳細はhttps://t.co/qay5IWzXWQ さぁ、気が重い会議を始めよう。

    1日前

  11. 受けが欲しくば俺の屍を越えていけみたいな攻めが好きなんだけど、デウスに関しては🌟1術なので容易く越えられてしまう キレろキレるんだアマデウス お前の力を見せてみろ

    1日前

  12. feblabo×シアターミラクルプロデュース 「俺の屍を越えていけ」 終演しました。 本当にみなさまこの度もありがとうございました。またどうぞよろしくお願い致します。 終演イヤイヤ期の高村颯志くんを置いて打ち上げを後にしました。… https://t.co/6F7ozcPg4n

    1日前

  13. 『俺の屍を越えていけ』全公演終了しました!ご来場いただいた皆様ありがとうございました!打ち上げを一足先にお暇させていただきまして今から帰宅です!たのしかっだぁぁぁあ!!皆様ありがとうございました!!

    1日前

  14. 『俺の屍を越えていけ』全日程終演しました🖤千秋楽でまた跳ね上がってしまったなあと思うけどどうでしょうね。会話劇はどんどん進化していっちゃうね。終わるのかー! 観ていただきありがとうございました! 会議劇らしくみんなで会議系ゲーム… https://t.co/AOFdkbuyd1

    1日前

  15. 今日はこれでした☆ feblabo×シアター・ミラクル『俺の屍を越えていけ』 初日とは反対側の高木さんの表情が見れる席で千穐楽を観劇。榎並さんのタイトルコール◎俺の席の目の前で高村さんが紙に書いた名前が見えたのも◎6人の細かい目、… https://t.co/U0xOJrivuo

    1日前

  16. 「俺の屍を越えていけ」 観劇してきました。コスパフォでのお姿しか見たことがなかった幡哉さんですが、演じられてるお姿はとても迫力があり、幡哉さんとしてではなく、本当に実在する会議で苦渋の決断を迫られている一人でした。

    1日前

  17. feblabo「俺の屍を越えていけ」観劇。辞めさせる上司を決める会議。議場を四方向から観る設定は、私的にこの劇場では初。私の職場の「360°評価」は殆ど形骸化しているので、白熱した会議を期待していたが、期待に反して優しさに満ちた話… https://t.co/qwKCTaZmYq

    1日前

  18. feblabo「俺の屍を越えていけ」を観劇。 なべげんでないので青森色はないが、 全員が現実にいるような性格をデフォルメされた役を役者がすごく表現していた。 緊張感のある空気の中、あっという間にの75分だった。 池田さんに今まで疑… https://t.co/c0bfhMpR56

    1日前

  19. みかさにで三日月もんぺの鶴丸が審神者に「三日月が欲しくば、俺の屍を越えていけ!!!!!」 ていうギャグみたい。探したらありそうだ

    2日前

  20. ずっと、俺の屍を越えていけの遺言集見てて一番良かったなぁと感じたセリフだったんだよね、これ。 あとは女性の遺言の米を炊く量減らせよってのがすごい好き。 https://t.co/5Ket6tpWHU

    2日前

  21. 駄目っぽかったら早めに申告しますん 俺の屍を越えていけ

    2日前

  22. ふひきーの俺の屍を越えていけの実況動画面白くて見始めた。

    2日前

  23. feblabo×シアター・ミラクルプロデュース「俺の屍を越えていけ」観劇致しました! なんというか空気の重さがヤバくて、途中耐えきれなくなりそうでした。 目的や思考、立場が違うだけで、あんなことになるとは思いませんでした。 #feblaboおれかば

    2日前

  24. @houkaden ファちゃんに契約者さんが来たらめちゃくちゃ喜ぶけど俺の屍を越えていけ!!!っていいたくなるぐらいファちゃんには叔母面

    2日前

  25. 【定期:feblabo次回公演】『俺の屍を越えていけ』脚本:畑澤聖悟(渡辺源四郎商店)演出:池田智哉(feblabo)2018年5月12日(土)~20日(日)@シアター・ミラクル ご予約・詳細はhttps://t.co/qay5IWzXWQ さぁ、気が重い会議を始めよう。

    2日前

  26. @pe_ta41 俺の屍を越えていけ

    2日前

  27. @okauuuu 俺の屍を越えていけ

    2日前

  28. @hana2kabe メガネ「俺の屍を越えていけ…」

    2日前

  29. 「面白い!」というか「一刻も早くこの会議終われ!」みたいな。 そう思わされる作品でした。 俺の屍を越えていけ。なるほど。 越えていった先に何があるのだろうか。 リアリティと説得力。 その二つがある作品。 それを生む役者さん方。素敵でした。 #feblaboおれかば

    2日前

  30. 美緒さん出演の「俺の屍を越えていけ」を観劇。 密室会話劇。こちらにかかってくるストレスが凄い。この距離感でその音量で喋る人いるよなぁ。この人は嫌な人なのに嫌な人にはならないようにしてるな。可哀想だけどお前は怒られればいいと思う。と… https://t.co/lrs47uX9gi

    2日前

  31. @stgm_asahina 俺の屍を越えていけ…(リンボまで我慢だひなさん)(私はコンビニに往く)

    2日前

  32. 俺の屍を越えていけってイメージやな。 黒カーニバル。

    2日前

  33. 俺の屍を越えていけときいて

    2日前

  34. @sin_Rneko 俺の屍を越えていけ(内容知らないw)

    2日前

  35. @raegi_mrst 俺の屍を越えていけ……

    2日前

  36. 中村桃子さん出演、feblaboプロデュース「俺の屍を越えていけ」観劇〜!シカバネではなくカバネという衝撃…! いやしかしいい会議劇でしたな!ちょっとした笑いと気まずさ、熱と沈黙のメリハリが良き良き。 あとやっぱ中村さんは役という… https://t.co/3GruuBX7WJ

    2日前

  37. feblabo「俺の屍を越えていけ」本日14時と18時の2回公演です。当日券は両ステージとも出ます。上演時間は75分ほどです。感想まとめはこちら:https://t.co/RHBy6Hu3fh ご観劇の参考にどうぞ。あと3回で終わりです。最後まで頑張ります。

    3日前

  38. @ma_byo 実際、L4D2とかやってたときに、異様な確率で特殊感染者に拉致られたり、FPSなどで謎のヘイトによって集中砲火食らったときの味方のチャット 味方「いくぞ!アイツは死んだ!」 私「俺の屍を越えていけえ!(´・ω・`)」

    3日前

  39. [ツイートまとめ] 【feblabo版「俺の屍を越えていけ」】ハッシュタグは で行こうと思います https://t.co/t6Of2SMkO9 #feblaboおれかば

    3日前

  40. 今日も「俺の屍を越えていけ」無事に終わりました。今日も面白かったなぁ。明日は14時と18時の2回公演です。どちらもお席はあります。当日券でもどんとこいです。一応6時間前までは予約可能なので、こちらからも是非。https://t.co/ED3rljNWdO

    3日前

  41. @MR_bambixxx 揉めるとこまでいってないってばー😂 マッチング画面で常に「俺の屍を越えていけ!」って思ってたくらい😂 俺を越えねばその先がマジでリアルにきついからね…😱

    3日前

  42. まとめを更新しました。残すは明日明後日の3ステージです。「feblabo×シアター・ミラクルプロデュース『俺の屍を越えていけ』の関連・感想ツイートまとめ」 https://t.co/RHBy6Hu3fh

    3日前

  43. Retweeted フジタ (@tenpsy_bombpsy): 俺の屍を越えていけ、たぶん、見たの二回目?なんだけど、おどろくのは、「古臭い」と感じる点がたくさんあったこと。たぶん前回もそれはあったんだろうけどわすれてた。僕の中で何かが変わってしまったのだろうか

    3日前

  44. Retweeted フリークOno (@hkfono): 「俺の屍を越えていけ」@新宿シアター・ミラクル、会議室の閉じた空間での6人の会話劇で各登場人物の個性が際立つ面白い芝居。わたし的には中村桃子がキュートな表情豊かで気に入りました。 #feblaboおれかば

    3日前

  45. Retweeted まりな。 (@iwgp009ppc): feblaboプロデュース「俺の屍を越えていけ」 面白かったー。自分も参加してるように錯覚してしまったので普通に鬱になってます(褒めてます) 違う席で観たいな。。。

    3日前

  46. Retweeted フリークOno (@hkfono): 5月16日新宿シアター・ミラクル「俺の屍を越えていけ」 - 香港フリーク・引退内部監査人の日々https://t.co/A4e9OHp6t5 https://t.co/A4e9OHp6t5

    3日前

  47. @Aiya_litmus 俺は既に死んでいる…… 俺の屍を越えていけ……

    3日前

  48. 俺の屍を越えていけ、懐かしいなぁ。12年前、学生時代にやらせてもらった。お手本のようなワンシチュエーション作品だった。セリフ、鳩が豆食って、パッ!だけ覚えてる…

    3日前

  49. 【定期:feblabo次回公演】『俺の屍を越えていけ』脚本:畑澤聖悟(渡辺源四郎商店)演出:池田智哉(feblabo)2018年5月12日(土)~20日(日)@シアター・ミラクル ご予約・詳細はhttps://t.co/qay5IWzXWQ さぁ、気が重い会議を始めよう。

    3日前

  50. 5月16日新宿シアター・ミラクル「俺の屍を越えていけ」 - 香港フリーク・引退内部監査人の日々https://t.co/P70gMKDWz6

    3日前

このページのQRコードです。

拡大