演劇

HyouRe Theatre Company 第10回公演

宮沢賢治『ガドルフの百合』『雨にも負けず』『四又の百合』より

「ガドルフの百合」

デザイン:小池妙佳

0 お気に入りチラシにする

演劇

HyouRe Theatre Company 第10回公演

「ガドルフの百合」

宮沢賢治『ガドルフの百合』『雨にも負けず』『四又の百合』より

HyouRe Theatre Company

SPACE EDGE(東京都)

2017/02/03 (金) ~ 2017/02/04 (土) 公演終了

上演時間: 約1時間20分(休憩なし)を予定

『ガドルフの百合』という短い作品に興味を持ったのは5年ほど前。
答えをこちらに投げかけるようにぷっつりと終わってしまう最後に、
これが宮沢賢治か、と思いました。
その後、ずっと舞台化したいと温めてきました。どう料理しようか?
そこで仮説をコラージュしてみました。
宮沢賢治の、かの有...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2017/02/03 (金) ~ 2017/02/04 (土)
劇場 SPACE EDGE
出演 笠井晴子、金子しんぺい、小池妙佳
脚本 小池妙佳
演出 小池妙佳
料金(1枚あたり) 3,500円 ~ 4,000円
【発売日】2016/12/29
前売3,500円
当日4,000円
サイト

http://www.space-edge.jp

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 2月3日(金) 19:30
2月4日(金) 14:00/18:00
説明 『ガドルフの百合』という短い作品に興味を持ったのは5年ほど前。
答えをこちらに投げかけるようにぷっつりと終わってしまう最後に、
これが宮沢賢治か、と思いました。
その後、ずっと舞台化したいと温めてきました。どう料理しようか?
そこで仮説をコラージュしてみました。
宮沢賢治の、かの有名な『雨にも負けず』。
そして同じくタイトルに百合がつく『四又の百合』を掛け合わせた3作品のコラージュです。
『ガドルフの百合』は、主人公ガドルフがすぐそばにある次の町を目指しひたすら歩いています。
が、一向に次の町は見えてきません。雨に打たれ雷にさらされ、何のためにガドルフは歩くのか?
その答えが『雨にも負けず』です。 文字通り、雨にも負けず、風にも負けず、人のために生きること。
『四又の百合』では、次の町で待っている人の姿が描かれています。ガドルフが歩き続ける意味。
それは待っている人々の姿が教えてくれます。
宮沢賢治の3作品のコラージュ。仮説の向こうには全く新しい宮沢賢治がみえてくるのではないでしょうか?
芝居、ダンス、パントマイム。
それぞれの分野で活躍しつつ、そのフィールドに収まりきらない3人の化学反応を、ぜひお楽しみに!
その他注意事項
スタッフ 【舞台監督】十亀脩之介
【演出助手】菅原輔
【照明】田中信行・田中恵
【音響】夕起ゆきお
【映像】樋口勇輝
【美術・衣装】小池妙佳

[情報提供] 2017/01/10 23:03 by t.k

[最終更新] 2017/01/24 00:46 by t.k

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー1

t.k

t.k(0)

役者・俳優 脚本 演出 美術 宣伝美術 その他(衣装)

「「ガドルフの百合」」の脚本・演出・美術・衣装、出演も...

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大