演劇

パク・グニョン×南山芸術センター

『哀れ、兵士』

0 お気に入りチラシにする

演劇

パク・グニョン×南山芸術センター

『哀れ、兵士』

フェスティバル/トーキョー実行委員会

あうるすぽっと(東京都)

2016/10/27 (木) ~ 2016/10/30 (日) 公演終了

上演時間:

「生きたかった人々」の記憶が投げかける、「いま、ここ」への問い
  劇団名でもある「路地」に生きる庶民の視点から、現代社会の諸問題に大胆に斬り込む、劇作・演出家パク・グニョン。『蛙』(2013)での元大統領をめぐる風刺表現をきっかけに助成金申請の辞退を強いられるなど、国家と芸術表現の間で格闘...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2016/10/27 (木) ~ 2016/10/30 (日)
劇場 あうるすぽっと
出演
脚本 パク・グニョン
演出 パク・グニョン
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 4,000円
【発売日】2016/09/11
全席指定席
一般      3500円
当日      4000円
先行割引   2500円
学生      2300円
高校生以下  1000円
サイト

http://www.festival-tokyo.jp/16/program/all_the_soldiers_are_pathetic/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 10月27日(木) 19:30
10月28日(金) 19:30
10月29日(土) 14:00★
10月30日(日) 14:00

★=終演後、ポスト・パフォーマンストークあり
説明 「生きたかった人々」の記憶が投げかける、「いま、ここ」への問い
  劇団名でもある「路地」に生きる庶民の視点から、現代社会の諸問題に大胆に斬り込む、劇作・演出家パク・グニョン。『蛙』(2013)での元大統領をめぐる風刺表現をきっかけに助成金申請の辞退を強いられるなど、国家と芸術表現の間で格闘する彼が、南山芸術センターの協力を得て、この3月に発表した話題作がF/Tに登場する。2015年の脱走兵、1945年の朝鮮人特攻隊員、2004年のイラクで米軍に食品を納入していた業者、2010年に北朝鮮をのぞむペクリョン島付近で沈没した哨戒艇の乗組員たち。本作では、時間と場所の異なる4つの「生きたかった人々」のエピソードが併行して描かれる。国や社会に翻弄された彼らの生きた軌跡、時には笑いさえ交えた記憶の集積は、やがて重いパンチのような「歴史」となって、いまを生きる私たちに迫りくる。被害者/加害者とは誰を指すのか。戦争はどのように始まるのか。真の戦線は、どこにあるのか――。
その他注意事項 ★=ポスト・パフォーマンストーク ゲスト
※その公演のチケットをお持ちの方は日時を問わず入場可(ただし終演後)
10/29 (土) 14:00の回   パク・グニョン×市村 作知雄 (F/T ディレクター)
スタッフ

[情報提供] 2016/09/23 15:29 by フェスティバル/トーキョー

[最終更新] 2016/10/31 00:19 by フェスティバル/トーキョー

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大