桜舞う夜、君想ふ  ※全公演終演しました。『観てきた!』ご記入頂けましたら幸いです。 公演情報 桜舞う夜、君想ふ ※全公演終演しました。『観てきた!』ご記入頂けましたら幸いです。」の観てきた!クチコミ一覧

満足度の平均 4.9
1-13件 / 13件中
  • 満足度★★★★★

    鑑賞日2016/09/18 (日)

    07年に旗揚げした大阪に拠点を置く劇団で、昨年(15年)初めて東京公演を行なったとのことだが、今回は東京のみでの公演、しかも南大塚ホールという267席のキャパを持つ劇場を使って池袋演劇祭へ殴り込み(笑)である。 

    この劇団、初見であるが、これが滅法面白かった。年間に400本前後の舞台を観る私であるが、時代劇でこれほど完成度が高く、心ゆくまで楽しめた作品は久々のことだ。
    この作品は池袋演劇祭の参加作品だが、まだ本命と目されるラビット番長や虎視眈々と2度目の大賞を狙う演劇レーベルBö-tanzを観ていないものの、観劇後すぐに(駅に向かう途中のマクドナルドでシェイクを飲みながら)Twitterに「今年の大賞はこれだろう」と投稿せずにはいられなかったほど、完成度が高かった(注:この感想は16年9月に書いたものであるが、実際にその年の池袋演劇祭ではこの作品が大賞を獲得した)。 

    全席指定で、私は中央通路のすぐ後ろ。舞台が高い位置にある劇場では最前列から見上げるよりも、一般的には中央通路のところが観やすいものだが、この南大塚ホールは前後の段差がほとんどないため、私の席の前には中央通路という広い間隔がありながらも前列の客の頭部がそのまま舞台上に出る形となって視界を遮ってしまう。役者が座っての演技だと一人か二人がまるまる隠れてしまって、私も頭を左右に動かさねばならない始末だ。 

    さてこの作品は森の石松の死の真相に迫ったものだ。
    講談や浪曲での石松は、病で妻に先立たれたばかりの次郎長と共に宿敵を討ち果たし、親分の御礼参りの代参で金刀比羅宮へ出掛けた帰路、方々から預かっていた次郎長への香典を狙った都田の吉兵衛(劇中では都鳥の吉兵衛)に、遠州中郡で騙し討ちに遭い、斬られて死亡することになっている(吉兵衛は翌年、次郎長によって討ち果たされる)。
    現在語り継がれている石松像は、清水次郎長の養子になった天田五郎の聞き書きによって出版された「東海遊侠伝」に因るところが大きく、そこに書かれて有名になった隻眼のイメージは、同じく清水一家の子分で隻眼の豚松と混同していた、または豚松のことを石松だと思って書かれたとも言われており、石松の人物像はおろか、その存在すら信憑性が疑われているのが実情だ。
    よく知られた石松の行状は、旅講釈師となった清竜が講談師の三代目神田伯山に金銭と引き換えにネタとして提供したものが元であり、さらに浪曲師の二代目広沢虎造が伯山の講談を採録して脚色し浪花節にしたものとされている。 

    関西の劇団らしく、定刻に開演。因みに関西では定刻開演はごく当たり前のことで、東京のように時間にルーズな予約客を待って開演を(例え5分たりとも)遅らせることはなどありえないとのことだ。ここらのことは東京の小劇団も見習ってほしいものだ。上演時間2時間。 

    (以下、ネタバレBOXにて…)

    ネタバレBOX

    時は明治の御世。陰に日向に次郎長を支えてきた人物である遠州浜松・小松村の七五郎のところに帝都新聞の記者が若い女性を伴なって訪れるところから物語は始まる。石松の最期の様子を聴かせてほしいという記者を追い払おうとする七五郎だったが、記者の連れである若い女性の名前を聞いて、なぜか要望に応えて話を始める…。
    こうして代参の帰途、吉兵衛の闇討ちで命を落とす顛末が語られていくが、柱となるのは讃岐の宿主の妹・さくらと石松との純情な恋である。 

    素舞台の上を、襖とも屏風とも見える紗幕張りで高さに差のあるパネルを滑らせるように移動させることによって場面転換し、かつそれぞれの状況での大道具にも見立てることで、展開のテンポが良く、観客の意識も途切れない。
    役者陣も総じてレベルが高く、掛け合いの間が実にいい。殺陣もしっかりしているし、血しぶきが紙吹雪で表現される場面なども見事だ。 

    都鳥の吉兵衛の名前を度々間違えるシーンなど、ギャグも適度に盛り込まれ、2時間があっという間に過ぎていく。ラストの桜吹雪の中で石松が息絶える場面の壮絶さも特筆ものだ。
  • 満足度★★★★

    殺陣があるが美しい芝居
    導かれ操られるように、幕末の世界へ旅する...そんな股旅物語を体験したような。この旅(回想)は、説明にある「田舎の村に住む老人のところへ 帝都新聞の記者が訪ねてきて、清水一家の侠客の一人、 森の石松の死の真相」について尋ねるところから始まる。

    この公演は、浪曲・講談で耳にする「森の石松」の最期にあたるところであるが、その話の中心は恋花のようで微笑ましい。有名な「馬鹿は死ななきゃ直らない」と言われた男の純情が見える。そして物語全体に滋味を与え観応え十分であった。

    少し気になるのは...。
    (上演時間2時間)

    ネタバレBOX

    知られる森の石松の最期は、清水次郎長親分の名代で、讃岐の金毘羅代参の帰り、浜松の都田で都鳥一家のだまし討ちに遭う。浜北の小松村七五郎にかくまってもらうが、浜北の道本の子安堂、 通称閻魔堂で休んでいるところを親分や自分の悪口を言われ、出て行き斬られる、というもの。こちらは単純。

    本公演は、話を聞くことになった老人が、石松と因縁を結ぶことになった小松村の七五郎、石松が恋したさくらの兄であった。この兄は、都鳥一家の賭場の回し者のような存在であった。しかしそこはヤクザの世界。七五郎に賭場で借金を作らせて、女衒に女(女房や娘)を売り飛ばさせる。兄の窮状を知り、妹は自ら借金の形に女郎になる決心をする。この妹を見た石松が一目惚れ。そこで借金を何とか工面しようと...。こちらは一本気。

    この公演では、森の石松という侠客のあまり描かれない場面を強調し、人間ドラマとして仕上げている。名前から幕末という設定であることは知れるが、その時代設定を鮮明に説明していないようだ。森の石松をあまり知らない観客であっても、その人物の人柄に訴えるような観せ方である。それゆえ物語(人物像)の面白さ、魅力付けに力点を置いているようであった。だから人物造形、動く後景(舞台セット・キャスター付の磨ガラスか障子の衝立が数枚)での展開、そうすることで立体的に仕立てた印象付けの強い公演のようだ。
    物語プロローグ...不思議な縁に導かれ、明治から江戸・幕末へ血の源流を遡行させる。そして先に記した石松と祖母(記者に同行したのは孫にあたる)の恋花を知る、という滋味に繋がる。

    気になるのは、殺陣でありながら剣舞。その観(魅)せる場面を美し過ぎるように演出しており、叙情的のように感じた。それは印象付けにも現れている...ラスト桜舞い落ちる中での殺陣シーン。美しい絵(場面)であるが、その中にある石松という生身の人間の魅力が美シーンに追いやられたように思えるのだが...。せっかく立ち上げた人物像を大切にしてほしかった。

    次回公演を楽しみにしております。
  • 満足度★★★★★

    ☆観れて良かった☆
    STAR☆JACKSさんを知ったのが今年初めやったので観たことがなかったこの作品。どうしても観たくて急遽東京まで行って来ました!わざわざ観に行った甲斐がありました!もう終わる頃には号泣、殺陣は凄くて迫力あってかっこいい!本当に素敵な作品でした!ありがとうございました!

  • 満足度★★★★★

    大阪を代表する「生きた殺陣」を見せてくれる劇団
    舞台用の舞いのように見せる殺陣ではなく、人と人が切り結ぶ「生きた殺陣」を中心に、リアルに人の人間模様を描く劇団で、大阪で毎公演必ず拝見している所です。今回は昨年大阪東京で上演され大好評だった、森の石松を題材にした物語の再演で、きっと演出も別物になるだろうと伺いました。タイジさん演じる石松の大切な人への真っ直ぐな想いがその表情から伝わり更に号泣。拝見できて本当に良かったです。ただ舞台から発せられるパワーとは逆に座席側が非常に心許なく、せっかくの東京公演、もっとたくさんの方に見にきて頂ければなぁと少し寂しくもありました。

  • 満足度★★★★★

    ☆大阪で観た時の感想☆
    8年分の想いが詰まった人間味溢れるお芝居!

    大人の演出で魅せるオープニング!
    飽きさせない展開からのダンス!
    そして気持ち高ぶる圧巻のラスト!
    ゾクゾクと3回しました!

    この劇団の得意とする華麗な殺陣に
    個性豊かな役者陣の厚い演技に惹きこまれます

    特に印象的だったのはドヰタイジさんの
    全身全霊を込めた感情いっぱいの殺陣
    ただ綺麗に魅せるだけではなくその姿は怒りや哀しみを漂わせる
    愛する人の事を想い戦う姿そのものが
    大きな気持ちとして伝わってきて心が震わされた!
    終演後の精魂尽き果てたドヰタイジさんの姿がこのお芝居の熱さを物語っていた!

  • 満足度★★★★★

    死に様 生き様
    侠客、森の石松の生き様・死に様存分に受け取りやした

    ネタバレBOX


     今のチンケなヤーコーと違って、侠客と言える人物造形が素晴らしい。男だったらこうでなくっちゃ、という美しさがある。何より石松が偉そうにしない所がいい。本当に自信のある人間の常だが、そういう人間は決して偉そうにはしないものだ。裸形で生きてゆけるのである。アリバイ作りに汲々とし、嘘と方便だけでは足りないので権威を嵩に着て偉ぶる阿呆が、大手を振る植民地の実態は飽き飽きした。
     子供にでも分かる大切なことを守る為に命を張り、少なくとも友と恋する人を守る道筋をつけた石松は、真の侠だろう。農家の二男、三男に生まれればヤクザになるしかなかった時期の名残りもあったであろう幕末に生きた渡世の華として、清水一家にこの人あり、と人気が絶えないのは当然といえば当然であろうか。
     今作の創り方は、そのような方向性で作られている。というのも、石松の死に纏わる真実を調べるという形で東京の新聞記者が、古老を訪ねるという形式を取っており、この古老こそ、袖触れ合うも他生の縁で石松と深い因縁を結ぶことになった七五郎、つまり石松が恋したさくらの兄であったのだから。この兄は半端者、都鳥一家の賭場で八百長の片棒を担いでいたのだが、悪党としては都鳥一家に分がある。というのも、賭場で大きな借金を作らせて、女衒に女房や姉妹を買わせる仕組みを都鳥一家はシステム化していたからである。即ち彼らのシノギは、八百長賭博と女衒の元締めで成立していたのである。結局、美しい妹を借金の形に取られることとなり、妹は女郎屋に売られる破目になった。この事情を知った石松が都鳥一家とことを構えることになった訳である。
     ところで、ここでファーストシーンの伏線が生きてくる。どんな伏線かは、DVDでも買って見てちょ。
     石松役のドヰ タイジの熱演は無論のこと、七五郎役の浜口 望海も好演、七五郎の女房お民役の鳶野 皐月が度胸の据わった女房を演じるシーンの格好良さ、見受山役の酒井 高陽の上手さ、マムシの佐平次役の中山 貴裕らの演技が気に入った。障子風の衝立を上手に使った演出にもセンスの良さを感じる。シナリオもすっきりしたもので、演出センスの良さと役者陣の活躍、音響、照明の効果的な使い方、何れもバランスの取れた良い舞台であり、別の所で挙げた3団体に強力なライバルが登場したという印象を受けた。ぜひまた東京で公演して欲しい劇団である。 
  • 満足度★★★★★

    劇団・代表作です!!
    「桜舞う夜、君想ふ」は、こちらの劇団さんの
    代表作であります。
    10年前に、この作品で旗揚げして以来。
    何度も何度も、進化をしながら再演されて
    きました。
    任侠の世界。命を掛けて愛し抜いた、男の
    物語。
    作・演出の劇団リーダー「ドヰタイジ」
    さんのテーマである「大事な人の為に
    最後まで生き抜く」
    そんな熱いメッセージを感じる大作です。


  • 満足度★★★★★

    昨夜からさらにバージョンアップ!
    本日、千秋楽を観劇しました。
    昨夜から、またも!研ぎ澄まされた演出・演技でさらにバージョンアップしていました!同じものを見せないさらに上を行く感じでした。
    笑いと泣かせの緩急がたまらない。なすがまま、涙腺決壊でした。
    石松をはじめ、さくら、七&お民、都鳥一家(親分最高!)、鎌太郎親分&おみの、次郎長一家、黒馬屋のお熊&姉さんたち・・・。
    もう少し、あの世界に浸っていたかった~。余韻が続いています。
    本当に最高の舞台でした!!
    東京公演まっています!!(あ~もう大阪に行くしかないか!!)

    ネタバレBOX

    石松が任侠と恋で、パッと散った人生とは対照的に、七は白黒の世界のまま誰よりも長生きした・・・。一癖も、二癖もある、こういうゆう風にしか生きられない男たちの様に、気持ちが揺さぶられます。
  • 満足度★★★★★

    感動!そして感謝。
    終始、演者さん達の白熱した演技に感動しました。
    そして生まれて初めて『殺陣』というものを生で観て、ものすごくカッコよくて感動して、涙が出てきました。
    まさか、『殺陣』を観て泣くなんて思っていなかったので、自分でも驚きです。
    もう一度あの感動を味わいたくて、千秋楽も観に行く事にしました。

    この作品に出会えたこと、そして新たな感動を与えてくれたこの作品と演者のみなさまに、心から感謝です!

  • 満足度★★★★★

    ドヰタイジ版森の石松に持っていかれます!
    「桜舞う夜、君想ふ」act#010、17日夜の部観てきました。
    昨年12月の東京公演で、STAR☆JACKSのファンになりました。
    かなり中毒性高いです!
    1公演だけのつもりが、連日通い詰め、スピンオフの「前略さくら様」を含む5公演を観劇しました。

    その時、「池袋演劇祭に参戦します」の宣言を聞いていたので、9カ月間、じりじりと待っていました。
    その間も思い出してはウルっとしたり、2週間前に届いたDVDを繰り返して観て、その都度涙して・・・。
    今回は泣くまい!と思いつつ、また泣いてしまいました!!泣かされっぱなしです!

    前回とは、一味違った演出です。一度観た方も、また違った世界を観ることができると思います。
    特に石松とさくらの恋の切なさが切実に胸に迫りました。
    任侠道に生きる男の豪胆さと、惚れた女へのウブな純粋さという、ドヰタイジ版の森の石松はストーリが進むほどに色気が立ち上ってくるようです。目が離せません。

    石松を中心とした全ての役の伏線が、最後の殺陣シーンになだれ込む様は、それを目の当たりにしている衝撃で、心が揺さぶられます。
    殺陣のシーンなのに、切ない。哀しい。

    STAR☆JACKSの殺陣は、いろんな感情が引っ張り出されてしまう。
    ずっと観ていたい。本当にセクシーです。

    本日、アンコール鳴りやまずでした。
    今も世界観の余韻が続いています。

    明日の予定を全部キャンセルして、今回の最終公演を観に行くことにしました。まだ、満席になっていないと聞いたら、我慢できなかった。

    観ていない方、STAR☆JACKSの世界観に持っていかれる体験、ぜひぜひ味わってほしいです。

  • 満足度★★★★★

    大阪で観ました
    がむしゃらに生きる、
    人を愛するということ、
    愛する人のために生きるということ、

    登場人物の、「必死」に生きる姿にあんなに胸を打たれたのは初めてです。
    「生きて!生きて!生きて!生きて!!」
    ラストシーンは、祈りながら見守りました。

    昨年の東京公演を終え、一年経って、さらに凄みが増しているはず!

    大阪公演があるなら、絶対に行ってました。
    東京の方、ぜひ!
    凄まじい生き様を観てきてください!!

  • 満足度★★★★★

    さすがっっ!
    初日、観劇してきました。
    本当に、さすがっっ!と感心&感動の2時間。
    必見舞台です!!

    ☆★☆
    千秋楽が終わって、ネタバレに文章を追記しました。

    ★☆★
    再追記.
    『桜舞う夜、君想ふ』。
    28回池袋演劇祭、大賞受賞でしたっっ\(^o^)/♪♪
    大好きな作品なので、本当に大賞受賞は嬉しかったですっっ>^_^<♪♪♪

    ネタバレBOX

    前回の『桜舞う夜、君想ふ』で初めて観たSTAR☆JACKS。
    その後いくつか(STAR☆JACKS作品ではないものも含め)観劇したり、各文章を読んでいたので期待して観に来ましたが、本当に期待を裏切らない作品でした!
    前回とはひと味もふた味も違う━━より深くせつなく感じられる人物になっていて、観応えのある舞台になっていました。
    りんどうが上手に去っていく時に余韻を持たせていたり、石松がさくらと話す時に生来のどもりが戻ったり。
    七五郎の━━あれは、小心者? 臆病かな? 前回よりも強く感じられる分、ラストの殺陣中、それでも石松を庇って梅吉に向かっていく想いの強さが感じられたり。

    前回の桜を観た人には、より深くなった今作を観てほしいし、STAR☆JACKS初見の人には、代表作であり最強作である今作を観てほしい。

    関西の劇団らしい笑いも入った、泣いて笑って殺陣もダンスもバランスよく組み込まれた120分でした!
    必見舞台です!!


    ☆★☆追記☆★☆
    とにかく早くアップしたくて、初日を観た時点で感想を上げましたが。
    千秋楽まで観て、去年と違うのみならず、日々進化していく舞台に、改めて圧倒されていました。
    出演している役者さん1人1人━━だけじゃなく、スタッフの方達も含めて全員が一丸となって創り上げていた舞台。

    9月に舞った季節外れの桜と、バカでまっすぐでがむしゃらに生きた、森の石松の物語。
    本当に大好きな舞台でした。
    いつまでも忘れません。

    ぜひまた東京へ!
    ━━って、既に何度も大阪へ足を向けていますが/笑。
  • 満足度★★★★★

    必見です!
    昨年12月の東京公演で初めてみた劇団さん。
    この時と同じく演目で「池袋演劇祭」にエントリーと聞き行ってきました。
    前回とは劇場も違うので、きっと演出も変わるだろうと期待をしてましたが、その期待を裏切らない舞台でした。
    配役も多少違ってたりしましたけど、前回よりもさらに素敵なお芝居になっていました。
    劇中、涙あり笑いあり、その中での縁、絆...そして友情!
    昨日は、1シーン再現イベントでもやって下り、最後のシーンをやって下さいました。
    最後の桜舞う中での殺陣のシーンは必見ですよ。

このページのQRコードです。

拡大