演劇

第三回公演

愛していると言うかわりに空を飛んだ

風は垂てに吹く

デザイン:a:cura Creative

0 お気に入りチラシにする

演劇

第三回公演

風は垂てに吹く

愛していると言うかわりに空を飛んだ

テトラクロマット

吉祥寺シアター(東京都)

2016/08/18 (木) ~ 2016/08/23 (火) 公演終了

上演時間:

「ASK21型03TW、応答して下さい。TW、応答して下さい。……聞こえますか? 聞こえていますか、私の声が……」

 黄昏時の天文台の廃墟――かつては空のはるか彼方の宇宙までを見つめ、だけど今はその役目を終えひっそりと朽ち果てるのを待っている――そんな場所。
 そこへ彼女はやってきた。...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2016/08/18 (木) ~ 2016/08/23 (火)
劇場 吉祥寺シアター
出演 北川弘美、大薮丘、源、住吉美紀、福場俊策、天羽尚吾、松原功、儒河、小飯塚貴世江、タマル、宮本大誠
脚本 坂口理子
演出 福島敏朗
料金(1枚あたり)
【発売日】2016/06/20
前売4,500円
当日4,800円
U-22 3,000円
サイト

http://tetrachromat.net/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 8月18日(木) 19:30
8月19日(金) 14:30 *終演後アフタートーク&ライブ
      19:30
8月20日(土) 13:30/17:30
8月21日(日) 13:30 *終演後アフタートーク&ライブ
8月22日(月) 19:30
8月23日(火) 19:30
説明 「ASK21型03TW、応答して下さい。TW、応答して下さい。……聞こえますか? 聞こえていますか、私の声が……」

 黄昏時の天文台の廃墟――かつては空のはるか彼方の宇宙までを見つめ、だけど今はその役目を終えひっそりと朽ち果てるのを待っている――そんな場所。
 そこへ彼女はやってきた。夜明けに現れるという伝説の雲、モーニング・グローリーの絵を描くために。そして、TLSによって『閉じ込められた』夫との『つながり』を取り戻すために……もちろん、そんな奇跡が起きるはずがないことは、彼女にもよくわかってはいたけれど。だが、やがて日が落ちて、夜が訪れようとするその逢魔ガ時、廃墟は突如として活気ある工房に変貌する。

かつての特攻隊員や翼をつくった発明家、しゃぼん玉を吹き続ける少女に、世界的女性パイロットとそのナビゲーター、さらには宇宙船に乗り込んだ犬(!?)、そして、砂漠に不時着した飛行士と……ひとりの少年。陽気な魔王と助手のもと、作っているのは、エンジンのない飛行機・グライダー。
夜明けの訪れと共に待ち望んでいるのは、モーニング・グローリー。

「その雲の上では、風が垂てに吹くんだ」

青い空、飛行機、どこまでも続く雲、上昇気流、ガラスの中の愛、薔薇、大切な星、絆、空の迷子、闇、封じ込めた記憶、宇宙、忘れられた歌、光、生と死

朝と夜の狭間の世界で、様々な想いが交錯する。

「……応答して下さい。応えて下さい。私の声が聞こえているのなら、応えて下さい……そして教えて下さい……あなたは生きていたいのですか?」
その他注意事項 *未就学児のご入場はご遠慮ください。
スタッフ 企画=宮寺信之&坂口理子&福島敏朗&源
グライダー指導監修=エアクラフト・オリンポス
身体表現指導&振付=美木マサオ

舞台監督=宮田公一(箱馬研究所)
美術=滝口奈々恵(株式会社daVinci)
絵画制作=前田麻里
照明=松本永(株式会社eimatsumoto)
音楽監修&演奏=タマル
音響=湯浅典幸(株式会社ショウビズスタジオ)
衣装=Shin(garconshinois)
ヘアメイク=atelier jam
演出助手=平戸麻衣
宣伝&Webデザイン=a:cura Creative
宣伝写真=広川智基
撮影助手=上條遼
記録撮影=彩高堂
キャスティング=藤沢美由紀(有限会社マシン)
制作=吉田千尋
プロデューサー=早川玲奈(株式会社サンク)
企画製作主催=テトラクロマット&福島敏朗事務所

[情報提供] 2016/04/23 15:51 by ちひろ

[最終更新] 2016/08/27 23:21 by ちひろ

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー3

coneoflight

coneoflight(2)

照明 その他(空間デザイン)

照明デザイン、少し映像で参加してます。

fukufuku

fukufuku(0)

主宰・演出です。

ちひろ

ちひろ(1)

制作 当日運営

制作です。

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大