演劇

道頓堀学生演劇祭vol.9 参加作品

『或夜の感想』

デザイン:岡田大悟

0 お気に入りチラシにする

演劇

道頓堀学生演劇祭vol.9 参加作品

『或夜の感想』

隣屋

道頓堀ZAZA HOUSE(大阪府)

2016/03/11 (金) ~ 2016/03/13 (日) 公演終了

上演時間:

これは、夜の話。
汚いものも、美しいものも、見えない代わりに他の何かが見える時間。
作家である私の部屋は暗闇に包まれ、良心が揺らぎ始める。

「早く殺してくれないと困るんです。」
小さな部屋で静かに反響した言葉たちが、夜に沈んでいく。
夜と床に挟まれているのは、私と蜘蛛だけ。

...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2016/03/11 (金) ~ 2016/03/13 (日)
劇場 道頓堀ZAZA HOUSE
出演 伊藤利紗(プレステージ)、鈴木涼太、永瀬泰生、望月香菜子(劇団襟マキトカゲ)、御舩康太
脚本 三浦雨林
演出 三浦雨林
料金(1枚あたり) 1,500円 ~ 2,000円
【発売日】2016/02/01
◯前売一般 1800円
◯前売学生 1500円(団体でのみ取扱)
※当日各200円増
サイト

http://tonaliya.com

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 2016年3月
11日(金)19時半
12日(土)14時/19時半
13日(日)13時/18時
※受付開始は開演45分前
※開場は開演30分前
説明 これは、夜の話。
汚いものも、美しいものも、見えない代わりに他の何かが見える時間。
作家である私の部屋は暗闇に包まれ、良心が揺らぎ始める。

「早く殺してくれないと困るんです。」
小さな部屋で静かに反響した言葉たちが、夜に沈んでいく。
夜と床に挟まれているのは、私と蜘蛛だけ。

これは、夜の話。
死なない誰かの殺し方を考えている、私の或夜の話。



芥川龍之介の『侏儒の言葉』『蜘蛛の糸』から着想を得た本作。
70分間の舞台。死んだり生きたりを繰り返すこの話は誰の話なのでしょう。
 
 
その他注意事項 「シアターグリーン学生芸術祭vol.9」優秀賞受賞により「道頓堀学生演劇祭vol.9」へ参加権をいただきました。
昨年8月、ご声援くださったみなさま、誠にありがとうございました。
 
 
スタッフ 振付:御舩康太 / 音響:野崎爽 / 照明:菊池優理子 / 舞台監督:土屋きらら / 演出助手:藤井香織 / 宣伝美術:岡田大悟 / 制作:谷あきほ・田中敦子

[情報提供] 2016/02/06 04:15 by 谷 l 陽 l 歩

[最終更新] 2016/03/23 02:55 by 谷 l 陽 l 歩

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー8

三浦雨林

三浦雨林(0)

主宰です。 作/演出を致します。

ふじい

ふじい(0)

よろしくお願い致します。

ぱぺろ

ぱぺろ(0)

よろしくお願いします

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大