殿(しんがり)はいつも殿(との) 公演情報 殿(しんがり)はいつも殿(との)」の観てきた!クチコミ一覧

満足度の平均 4.7
1-20件 / 27件中
  • 満足度★★★

    ごめんなさい
    ストーリーもきちんとしているし、内容も良い話で感動もできるし、
    いろいろな面で凝った作りでした。
    ただ、どうしてもという感じで笑いを取りに来るところが
    コントのように感じられてしまい、わたしには合わないようです。

  • 満足度★★★★

    ネタが多い。
    純粋に話の会話で笑わせるというより、
    設定と小ネタと役者の演技で笑わせるというイメージがある。
    確かに面白いことは面白いのだが、波に乗った笑いではなく、
    単発単発で、面白いのだが、残念という不思議な感じがした。
    その小ネタが一級品なのだが(笑)

  • 満足度★★★★

    安定のクオリティ
    安定のクオリティで笑わせてくる。が、今作は場転の繋がりが悪く個々のエピソードがバラバラに感じる。コント集観ているみたいな感覚。ラストの泣かせも狙い過ぎ。もうこの劇団に求めるクオリティが相当高くなっているからかもしれない…

    ネタバレBOX

    笑いの部分についてもブラックで、ギリギリアウトな感覚が薄れていて、誰にでも笑える要素が増えたのは残念。キャラの出落ち感が増していて、セリフで笑える要素が減ったのも好みから外れる。ちょっと厳しいがそれだけ期待していた。
  • 満足度★★★★★

    面白かった
    初めてのPMC野朗観劇
    45分という短い時間でどういう風な作品にするか
    楽しみにしていました

    期待以上の面白さで大変楽しい時間になりました

    PMCの公演では初主演という岡本さんはじめ
    皆さんの演技力に感心

    これからも注目したい劇団さんです

  • 満足度★★★★★

    スケールの大きなナンセンスギャグと夫婦愛と
    「下でない」吹原戯曲の真骨頂?
    スケールの大きなハナシにナンセンスな笑いもたっぷり盛り込んでいながら、最後には夫婦愛でホロリとさせて…ま、「泣かせ逃げ」なのはズルい気もするが。(笑)
    かつての「よ〜いドン!!死神くん」における親子愛もそうだったけれど、家族愛をこんなにもストレートに描きながら、クサくならないのは凄いことだと思う。
    ナンセンスギャグとの絶妙なコンビネーションのなせる技かしら?

  • 満足度★★★★★

    伺いました。。
    シアターKASSI以来・・”前説&余興コーナー”部門を合わせ2冠達成おめでとうございます。過去から宇宙への壮大な一大スペクタクル・・まさに”HARAKIRIネバーエンディングストーリー・・”短編を総動員で全力で・・ってゆうのがイイですね~。余韻はDVDで堪能させて戴きました。。

  • 満足度★★★★★

    納得のぶっちぎりの面白さ
    何度か本公演を見てる劇団だが、何もかもが安定。
    ネタが多すぎて観客に油断の隙を与えない按配となっている。
    コメディとドラマ部分のバランスが、昨年のコメフェスに比べて断然良くなっている。感動部分が目立ちぶっちゃけ「これがコメフェスの最優秀賞なのか?」と首を傾げた昨年と違い、今年は納得の面白さ。
    緩急の付け方が上手い。コメディ部分がどれも濃すぎる中に夫婦愛の描写が埋もれず活きている。
    笑わせるところは笑わせる、大切なところはしっかり見せるバランスが本当に上手い。本公演を見ていつも思うことだが、あのはちゃめちゃ劇が全て美しい結末へとちゃんと繋がっていくのが脚本の吹原氏のすごいところである。
    普通に年老いて死にたいと苦悶していた塩麹宗肉――正田雅彦の、妻の景子に対する想いがぐっと心に残る。
    ちょっとドラマチックさを大きくしたかったのか、吹原さんが容赦ないのか、雅彦の生い立ちが思いのほか凄惨でびっくりした。

  • 満足度★★★★★

    各賞総ナメ作品
    「殿はいつも殿(しんがりはいつもとの)」は今年上演された
    PMC野郎の作品の色々をギュッと詰めてキレイに整理して
    ブラッシュアップされた濃密な出来栄えとなり、入団8年目に
    して初主演となるCR岡本物語が扮した殿が切腹する事を
    中心に見せたSFファンタジーコメディとでも言うべきか。
    次から次へと畳み掛ける笑いの数々の先に、柔らかく
    提示される夫婦愛の美しさは観る者の胸を揺さぶり
    心鷲掴みにされる。一見バカバカしい設定の数々と見せて
    よくぞここまで練られた秀逸な出来栄えの脚本と
    それを具現化する俳優陣の上手さ。
    登場人物が、6劇団最多であるのにスッキリしたキャラの
    数々。圧倒的でした。今頃、絶賛収録中!頑張って欲しいです。

  • 満足度★★★★★

    2連覇達成おめでとうございます♪
    胸の花を見ればぶっちぎりでのグランプリだった事が一目瞭然♪
    本当にぶっちぎりの面白さでした♪
    日テレだからドキンちゃん出しても大丈夫じゃないの(笑)♪

  • 満足度★★★★★

    期待通りの面白さ
    6作品中これが最期。期待にたがわぬ面白さ。次から次ぎえと、笑いの矢を打ち込んでくる。さすがはPMC。
    PMCとアガリスクがこのフェスティバルでは群を抜いていたように思う。
    去年優勝ということなので、今年はアガリスクを一等として推したい。

  • 満足度★★★★★

    私はこれに投票。祝・グランプリ!/『黄金のコメディフェスティバル2014』参加作品
    チャンバラシーンはあるわ宇宙船のシーンあるわ、八方破れでどうなることかと思った話を実に上手く着地させていてお見事!

    ギャグも役者酷使ネタなどドタバタ色の濃いものから下ネタにブラックジョーク、知的でスマートなネタまで振り幅大!

    物語にもギャグにも見られるハンパないレンジの広さが吹原作品の魅力ですな。

  • 満足度★★★★

    抜群の安定感
    期待を裏切らない安定の面白さ。
    自分の中では、序盤の爆発力は6作品中断トツでした。

    ネタバレBOX

    江戸時代の展開が抜群に面白かったです。
    特に、家康と宗肉の無礼講のくだり、斎藤とまつの稽古のくだりがお気に入りです。
    ただ、そこからの展開がちょっとペースダウンしたように感じました。
    (それでも十分面白いのですが)

    タイトルのオチが今ひとつ腑に落ちなかったのと、
    ヤカンのネタ(舞台裏を走る)がちょっとひっかかりました。




    [memo]
    とある文学賞作家の死後、遺品の中から私小説が見つかる。
    宇宙船で地球を脱出。とある惑星で謎の光を浴びて不老不死になった兄妹の話。
    それから数千年が経ち、江戸時代に。
    その時代では殿様として暮らしていた。
    家康から切腹を言いつけられるも死ぬことができない。
    襲いかかってきた家康たちを返り討ちにして、その後家康に成り代わる。
    妻と出会ったことでやっと死ぬことができた。(だから悲しまないで?)
    私小説は妻を殿(しんがり)から見守っているよというメッセージ?
  • 満足度★★★★★

    初PMC野郎
    観ました!北区AKT STAGEの井上賢嗣さんが出演されていたので応援に駆けつけましたが、開演前からツボにはまりました!しかも出ないと言うw笑いました、面白かったです!PMCの方々も最高です、また次回が観てみたいです。
    是非優勝して欲しいです!

  • 満足度★★★★★

    ネホリーとハホリー☆
    (^^)/2014/09/24(水)の昼、目白で
    [黄金のコメディフェスティバル2014]の
    「パーチーム」の
    『ポップンマッシュルームチキン野郎』の
    【殿はいつも殿(しんがりはいつもとの)】
    を観てきました☆
    面白かったです。
    観劇日記をブログに書きました。

  • 満足度★★★★★

    短編なのに
    PMC野郎のエッセンスがぎゅ〜っと詰まった作品。ふざけながらも、命や愛という高尚なテーマに触れている。

  • 満足度★★★★

    流石!
    45分という短い尺の中に程よく詰め込まれた沢山の笑いと少しの涙。至福の時間に浸れました。

  • 満足度★★★★★

    殿はいつも殿
    黄金のコメディフェスティバル、参加作品。
    ポップンマッシュルームチキン野郎さんの『殿はいつも殿』はさすがの力業で、客席を圧倒してくれました!

    これからが本当に楽しみな劇団であり、作、演出の吹原幸太さんは、直ぐにもメジャーになるだろう

  • 満足度★★★★★

    喜劇
    コメディとは何か、コメディの存在意義とは何か、といったテーマに真正面から挑んだ良作。

    ネタバレBOX

    徹頭徹尾ダメな男による不器用な愛のお話であって、それ以外のなにものでもない。
    笑いの要素が観客に響こうが響くまいが、それすら愛情の深さを物語るエピソードに換えてしまう構成力はお見事という他ないだろう。
    喜劇というものに対する劇団の深い愛情を感じ、嬉しく思った。
  • 満足度★★★★★

    最高に笑った!!
    PMC野郎のお芝居は今回初めてみました。
    『PMC野郎は面白い』と噂では聞いていた
    ものの、あくまでも噂。
    まずは真っさらな気持ちで観てみたい!と
    作品に対する前情報なしで観に行きました。
    そして、やられました。
    開演前にまず怪しい2人から目を離せずww
    幕が開いてからも、笑いっぱなし!!
    ネタバレになるからかけないけど、
    笑いのツボが沢山ありました、ありすぎました。
    もう、全員素敵キャラ過ぎますって!!
    個人的にはあのヤカンの人がww
    目の前だったこともあり、色々見えたり
    聞こえたりして笑いが止まらずお腹痛かったww
    でも、笑うばっかりではなく、ジーンときて
    感動もしましたよ。
    28日のぶっ通しスペシャルも行くのでもう1回
    観れるのが楽しみです。
    PMC野郎の本公演もぜひ観たい!!
    なので、絶対観に行きます(*^_^*)
    素敵な時間をありがとうございました。

  • 満足度★★★★★

    これは・・・♪
    この所本公演ではキャラ立てが多かったのだが、今回も良いキャラが揃っている♪
    しかし幕間の幕前は反則でしょ(笑)♪
    すっかり持って行かれてました♪
    しかも本編に出て来ないし(笑)♪
    最高に笑えた♪

このページのQRコードです。

拡大