黒テント

イワト劇場(東京都)

2007/12/05 (水) ~ 2007/12/16 (日) 公演終了

上演時間:

『上海ブギウギ1945』
アジア太平洋戦争のお終い頃、1945年・夏――。
世界のならずもの、または「冒険家的楽園」といえば、上海。
米軍すでに沖縄に上陸、B29の本土空襲、日本じゅう焦土と化しつつあるというのに、日本軍占領下の上海では、敵性音楽ジャズが大っぴらに演奏されていた。
日本...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2007/12/05 (水) ~ 2007/12/16 (日)
劇場 イワト劇場
出演
脚本 山元清多
演出 山元清多
料金(1枚あたり) 2,500円 ~ 4,300円
【発売日】
全席自由 定員あり
※前売券は各ステージ80枚までとさせていただきます。

一般前売:¥3,800
学生前売:¥2,500
当日:¥4,300
サイト

http://www.ne.jp/asahi/kurotent/tokyo/07shanghai/index.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 『上海ブギウギ1945』
アジア太平洋戦争のお終い頃、1945年・夏――。
世界のならずもの、または「冒険家的楽園」といえば、上海。
米軍すでに沖縄に上陸、B29の本土空襲、日本じゅう焦土と化しつつあるというのに、日本軍占領下の上海では、敵性音楽ジャズが大っぴらに演奏されていた。
日本ではとっくに閉鎖されたナイトクラブやダンスホール、ネオンサインやライトアップ照明はダメ、でも営業はオーケーね。


音楽を通じて日本軍と地元市民の融和図るのこと、とても大切。
軍は日本から音楽家のビッグネーム呼んで、コンサートとか開いた、けどイマイチ受けない。

「上海はジャズの都であーる。誰かジャズにくわしい音楽家を呼べ!」

それで、ハッター先生こと服部良一氏が招集され、上海へやって来た。

「よそでは弾丸がとんでるというのに、上海だけは静かで、平和でした」

私たち中国の若い作曲家たちが、ハッター先生の曲の大ファンで、自分たちも中国製ジャズを作りたいと熱望しているのを知ると、ハッター先生はびっくりした。南京路にある映画館『大光明・グランド・シアター』で、ハッター先生が黎錦光の『夜来香』をアレンジして、上海交響楽団を指揮した、そしてあの李香蘭が歌ったシンフォニック・ジャズ〈夜来香ラプソディ〉に、ぼくたち地元観衆は熱狂した。〈夜来香ラプソディ〉は八月九日に、こんどは上海競馬場で再演された。皮肉なことに、それは長崎に原子爆弾が落とされた日だったね。

そして、その翌日の八月十日――。
ここは『大光明劇場』からも『競馬場』からもだいぶ離れた場末の、小さなナイトクラブ『イエロ-バード』――。
そのちっぽけな舞台では、今夜もまたいつものようにブギウギが演奏されていたよ。

でも、その夜のブギウギは、敗戦へのカウント・ダウンでもあったのね。
その他注意事項
スタッフ 【台本・演出】山元清多
【音楽監督】服部吉次
【美術】平野甲賀
【衣装】合田瀧秀
【照明】斎藤茂男
【音響】島猛
【振付】渡辺美津子
【舞台監督】河内哲二郎、高橋淳一
【演出部】坂口瑞穂、立山ひろみ
【演奏】ギター:本村光正、ベース:熊谷悌、ドラム:工藤恭彦、ピアノ:荻野清子

[情報提供] 2007/12/23 14:27 by ローマの坊主

[最終更新] 2008/08/14 02:07 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大