演劇

三鷹市芸術文化センター+高井浩子(東京タンバリン)Presents

太宰治をモチーフにした演劇

華燭(かしょく)

デザイン:清水つゆこ

0 お気に入りチラシにする

演劇

三鷹市芸術文化センター+高井浩子(東京タンバリン)Presents

華燭(かしょく)

太宰治をモチーフにした演劇

東京タンバリン

三鷹市芸術文化センター 星のホール(東京都)

2008/06/27 (金) ~ 2008/07/06 (日) 公演終了

休演日:【休演日】6月30日(月)

上演時間:

『没後60 年、いまだに根強い人気を持つ太宰治は、その作品の中に日本人の精神に必ず抱合されている「弱さ」を否定的でないものとして、表現しているところに魅力があります。「弱さ」という普遍性を新たな視点で検証し、太宰治をあらためて再確認していきます。 太宰治の退廃的といわれる作品に内包される人間の...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2008/06/27 (金) ~ 2008/07/06 (日)
劇場 三鷹市芸術文化センター 星のホール
出演 今井朋彦(文学座)、井上幸太郎、佐藤誠(青年団)、瓜生和成、森啓一郎、坂田恭子、島野温枝、ミギタ明日香、遠藤弘章、大田景子、大湯純一、塩美喜子、田島冴香
脚本 高井浩子
演出 高井浩子
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 3,500円
【発売日】2008/05/23
前売:会員=2,700円 一般=3,000円
当日:会員=3,150円 一般=3,500円
高校生以下=1,000円(前売、当日とも)
サイト

http://tanbarin.sunnyday.jp/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 『没後60 年、いまだに根強い人気を持つ太宰治は、その作品の中に日本人の精神に必ず抱合されている「弱さ」を否定的でないものとして、表現しているところに魅力があります。「弱さ」という普遍性を新たな視点で検証し、太宰治をあらためて再確認していきます。 太宰治の退廃的といわれる作品に内包される人間の「不条理」や「深部に存在する流動する世界」を具象と抽象を織り交ぜながら表現していきます。』高井浩子(公演HPより)
その他注意事項 未就学児不可
スタッフ 作・演出:高井浩子
舞台監督:佐藤恵・松下清永+鴉屋
舞台美術:杉山至+鴉屋
音響:中村嘉宏
音響操作:佐藤こうじ
照明:橋本剛(colore)
衣装:木村春子(衣匠也)
制作:永井秀樹(東京タンバリン)・森川健太(三鷹市芸術文化振興財団)
プロデューサー:高井浩子(東京タンバリン)・森元隆樹(三鷹市芸術文化振興財団)
企画・製作・主催:東京タンバリン・(財)三鷹市芸術文化振興財団
助成:芸術文化振興基金

[情報提供] 2007/12/13 22:12 by こりっち管理人

[最終更新] 2008/07/10 17:14 by えノき

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー2

えノき

えノき(0)

その他(スタッフ)

ぜひ、ご来場ください。

john_buckets

john_buckets(1)

出ます

このページのQRコードです。

拡大