異邦人 公演情報 異邦人」の観てきた!クチコミ一覧

満足度の平均 4.0
1-4件 / 4件中
  • 満足度★★★★★

    遅くなりましたが…
    観てきました。シンプルで洗練された舞台でした。
    文章だけでは説明し難い雰囲気を、ストレートに迫力をもって見せてくださいました。とてもよかったです。

  • 満足度★★★★

    迫力ある舞台だ
     「異邦人」(原作:カミュ)=不条理という言葉を思い浮かべる。その不条理とは…。
     本公演は、ほぼ原作通りに作られており、有名な台詞「今日、ママンが死んだ」から始まった。二部構成になっており、第一部は主人公ムルソーが殺人を犯すまで、第二部では犯行に対する審判の様子。そして、これも有名な「太陽のせい」という動機が描かれる。
     ところで、なぜ今「異邦人」なのか? 時代の閉塞感、危機感に立ち向かうということか…。本公演を観るにあたり、十数年振りに窪田啓作訳を読み返した。小説は自分のペースで読める。難解な、というか自分なりに考えたいときには、いったん本をおくことができる。だが、芝居だと観客の納得度に関係なく、一気に見せる。特に第二部は、意味深な場面や台詞が多く、見逃せない、聞き逃せない。それだけ緊張感を味わえるが。
     東京演劇集団風は、カミュ生誕100年記念に上演したとのこと。役者陣は初演時(2012年)と同メンバーらしいが、稽古期間は約2週間と聞いた。それであれだけの演技が…すばらしい。
     しかし、自分なりに納得感を得るには、演技がすばらしく、テンポ良く展開しすぎるだけに、”テーマ”について行けたか不安もある(自分だけかも知れないが)。
     冗談ではないが、不条理を謳った公演で、観客が不満を感じないか少し心配になった。
     なお、誤解がないように書き込むが、公演は素晴らしい。

  • 満足度★★★

    無謀な試み、かも?
    観終えてすぐに感じたのは、「カミユの『異邦人』を日本人が舞台でやる」というのは、かなり難しいのではないか、という思いだった。

    「難しい」というより「無謀」ではないのか?


    以下、ネタばれ。

    ネタバレBOX

    私には、最後まで、ムルソーの『虚無』が、「肉体化」されていないように感じた。

    それは俳優個人の技量とか手法、というレベルではなく、この小説を「舞台でやる」こと自体の限界のような気がした。

    セリフや所作で、「カミユ的虚無」を表現する。

    これは本当に難しい。


    それに「挑戦」していることは素晴らしいし、価値のあることだとは思うが。
  • 青年ムルソーがもつ「知性」と太陽の灼熱
    レパートリーシアターKAZE『異邦人』は、青年ムルソーに燈る「知性」を、陪審院という言論空間を通し、大衆社会へ溶け込めえない異質なものとして扱っていた点が印象的であった。元のテーマ性通りである。
    第二幕ライトの点滅が、光と影のクロス・パズルを 床空間に現す。それは、2秒間ほどで入れ替わるが、工場の歯車が半回転するように、役者も変わるのだ。

    ネタバレBOX

    さっきまで青年ムルソーの弁護人を務めていた女性が証言台に立ったり、さっきまで陥れていた男が弁護人を務めたりする。
    これは、決して群像劇的アプローチではなく、“座る席によって造られる立場”を象徴した演出なのだろう。
    一定の時が経過すると、その歯車は動きだし、次の陪審院のシーンである。


    だが、私は多くの観客が注目しないだろう青年ムルソーの境遇を記す。
    この『異邦人』は、「母親(ママンサ)の葬儀で涙を流さなかった非情息子」を陪審員へアピールされてしまう状況下、こうした言論空間と離れ、逆に客観視する孤高=「青年の知性」を扱ったのも確かだろう。
    しかしながら、彼は「思い出があれば退屈することはない」というものの、“パノプティコン”監視システムを受け続け、1年間のうち衰弱していったはずである。そのような時間経過は、「独白」という形をとり観客へ伝えられたが、『異邦人』のメッセージを読む上でも重要な場面だったと思う。


    2013年12月17日、ロバート・キャンベル東京大学教授が「終わりから始まる物語 日本文学」と題したトーク・セッションを井深大国際ホールにて行った。
    正岡子規が死期迫るなか「日本新聞」に連載した コラム『病床六尺』の紹介があったので、そのまま引用したい。


    連載100回目「〜一日に一つとすれば百日過ぎたわけで(中略)この百日といふ長い月日を経過した嬉しさは人には わからんことであろう。」

    この連載について、キャンベル氏は 次のようなコメントを残した。
    「残された時間が他ならぬ自分である。煮詰まった自己意識が叩き上げられるように出てくる」


    『異邦人』の青年ムルソーは、ラストの場面になると、感情の揺れとともに より「独白」における生死への哲学観が増幅していったわけだが、正岡子規と同じく、「煮詰まった自己意識が叩きあげられたように出てくる」瞬間であったのではないか。


    EU映画に聞き覚えのあるミュージックが、その瞬間をカウントする役割を担っていた。つまり、場面ごとに「終わり」が設定され、単調なリズムのもと繰り広げれるドラマが、どうしても青年ムルソーの内面=「知性」へフォーカスするようし向けていたのだ。
    南フランスの照りつける太陽と、うごめく衆人、静かに佇む「知性」。
    アルベート・カミュは 観客にとっての「ママンサ」である。

このページのQRコードです。

拡大