星降る闇にピノキオは、青い天幕(サーカス)の夢を見る

デザイン:鈴木ねじ

0 お気に入りチラシにする

天幕旅団

SPACE 雑遊(東京都)

2013/12/05 (木) ~ 2013/12/08 (日) 公演終了

上演時間:

いつのまにか目を閉じていたのかもしれない。
気がつくと辺りは闇で、
ボクはそこで、ただひとりそこで、星空を眺めていた。
手を伸ばしてみようと思うのだけれど、
壊れてしまったボクの身体は、
どこからがボクで、どこまでが闇かも曖昧で。
思い出す、懐かしい微かな記憶。
ぬくもり、いつわ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2013/12/05 (木) ~ 2013/12/08 (日)
劇場 SPACE 雑遊
出演 加藤晃子、佐々木豊、渡辺実希、渡辺望
脚本 渡辺望
演出 渡辺望
料金(1枚あたり) 2,000円 ~ 3,300円
【発売日】2013/10/26
前売3000円、当日3300円
平日昼割2500円(前売・当日共)
高校生以下2000円(要学生証)
サイト

http://members3.jcom.home.ne.jp/tenmaku-ryodan/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 12月5日(木)19:30
12月6日(金)15:00★/19:30
12月7日(土)15:00/19:00
12月8日(日)13:00/17:00
★の回は平日昼割
説明 いつのまにか目を閉じていたのかもしれない。
気がつくと辺りは闇で、
ボクはそこで、ただひとりそこで、星空を眺めていた。
手を伸ばしてみようと思うのだけれど、
壊れてしまったボクの身体は、
どこからがボクで、どこまでが闇かも曖昧で。
思い出す、懐かしい微かな記憶。
ぬくもり、いつわり、刻み続けるバイタルサイン。


天幕旅団♯7は、本歌取りファンタジー最新作!
名作童話「ピノキオ」を天幕芝居に本歌取り。
一年半ぶりに客演なし、メンバーのみで四人芝居!

星空から止め処なく、雪の舞い散る不思議な夜。
木彫り職人ゼペットは、あやつり人形を作りました。
「いつか人間になれる」という言葉を信じて人形は、
冒険の旅に出かけます。
けれど、本当は知っていました。
その言葉が、「嘘」だったってこと。

星空、コオロギ、おもちゃ箱。
暖炉、手のひら、学校へ行かない子供たち。
サーカスからは懐かしい音楽が零れ落ち、
怪物クジラは相も変わらず海の底。
あやつり人形ピノキオの、生命を探す冒険譚。
手繰り寄せた糸の先、そこにあるのは運命か?嘘か?
ちょっぴり切なく懐かしく。ちょっぴり不思議で残酷に。
終わらない夢の物語。天幕版ダークファンタジー。
その他注意事項
スタッフ 〔舞台監督〕吉田慎一(Y‘s factory)
〔照明〕辻渉((有)ライズ)
〔音響〕宮崎裕之(predawn)
〔演出助手〕木村力
〔衣装・メイク〕渡辺実希
〔宣伝美術〕鈴木ねじ
〔企画・制作〕天幕旅団

[情報提供] 2013/10/13 21:48 by 渡辺望

[最終更新] 2013/12/26 03:24 by 渡辺望

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー2

みっきぃ

みっきぃ(0)

役者・俳優 モデル その他(衣装)

一年半ぶりのメンバー四人のみの出演。 濃密な世界を、...

渡辺望

渡辺望(0)

次回は、天幕版ピノキオ。 「願い」と「嘘」、「運命」...

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大