演劇

新美南吉生誕一〇〇年

再演。福岡、愛知、東京ツアー

新美南吉の日記 1931-1935

デザイン:奥村拓

0 お気に入りチラシにする

演劇

新美南吉生誕一〇〇年

新美南吉の日記 1931-1935

再演。福岡、愛知、東京ツアー

オクムラ宅

土間の家(東京都)

他劇場あり:

2013/10/25 (金) ~ 2013/11/03 (日) 公演終了

休演日:10月28日〜10月31日

上演時間:

「私は、私が卑しいものである事を、美しい彼等に知られる事が恐しい。」
「貧乏人のきたない出来ない子が、手をつかむと、いやになる。」
 優しく、美しい物語を紡いだ童話作家・新美南吉の意外な言葉。
 彼自身の手で残された日記から、「新美南吉」の真実を探る。

昨年好評を博した『新美南吉の...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2013/10/25 (金) ~ 2013/11/03 (日)
劇場 土間の家
出演 根岸絵美、西村誠太、中野あき、今野太郎
脚本 新美南吉(原作)、奥村拓(脚色・構成)
演出 奥村拓
料金(1枚あたり) 1,500円 ~ 2,100円
【発売日】2013/09/20
前売 2,000円(全席自由・税込)
当日 2,100円
学生 1,500円(要学生証提示)
サイト

http://okumurataku.com/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 2013年10月
25日(金)20:00
26日(土)13:00 / 18:00
27日(日)13:00 / 18:00

(休演)10月28〜31日

2013年11月
1日(金)20:00
2日(土)11:00 / 15:00 / 19:00
3日(日)11:00 / 15:00 / 19:00
説明 「私は、私が卑しいものである事を、美しい彼等に知られる事が恐しい。」
「貧乏人のきたない出来ない子が、手をつかむと、いやになる。」
 優しく、美しい物語を紡いだ童話作家・新美南吉の意外な言葉。
 彼自身の手で残された日記から、「新美南吉」の真実を探る。

昨年好評を博した『新美南吉の日記 1931-1935』を
福岡、愛知、東京で
配役を新たにして再演致します。


新美南吉
日本の児童文学作家。本名、新美正八。愛知県半田出身。
小学校の教科書に採用されている「ごんぎつね」の作者として有名。結核により29歳で夭折。代表作に「おじいさんのランプ」、「手袋を買いに」、「牛をつないが椿の木」、「デンデンムシノ カナシミ」等。


僕は新美南吉の作品が大好きです。敬愛する作家さんです。
今年は美南吉生誕100年。この機会に少しでも新美南吉について興味を持って、作品をあらためて読んでくれる方が、一人でも増えるといいなぁと思います。
奥村拓
その他注意事項 上演時間は約90分を予定しております
スタッフ 協力
オフィスエルアール / 中野笑店
土間の家 / つみきの小さな大工さん

企画・制作・宣伝美術
オクムラ宅

[情報提供] 2013/09/13 15:49 by OKUMURA TAKU

[最終更新] 2014/07/04 20:42 by OKUMURA TAKU

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー2

オクムラ宅

オクムラ宅(0)

オクムラ宅制作部です。

OKUMURA TAKU

OKUMURA TAKU(602)

新美南吉生誕ひゃくねん!

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大