演劇

劇団 背傳館

シアターバビロンの流れのほとりにて(東京都)

2013/05/16 (木) ~ 2013/05/19 (日) 公演終了

上演時間:

通り雨が、人を鬼に変え
鬼は、縛られることで人に返る
ところで、人は鬼である為に
どれだけ恐怖があればいい?


1996年 ある日、鬼を捕まえた 
      縛ってみたら、住み着いた
      いつまで経っても帰らない
      いつまで経っても血を吸わない
   ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2013/05/16 (木) ~ 2013/05/19 (日)
劇場 シアターバビロンの流れのほとりにて
出演 有川奏子、岩井真人、源太、佐藤すみ花、長谷川司樹、東山拓広、由谷貴仁、丹羽俊輔(風鈴堂)、永門(劇団テンタムル)、松本麻実、山崎如野
脚本 高尾優太(劇団ハイデンカン)
演出 高尾優太(劇団ハイデンカン)
料金(1枚あたり) 2,000円 ~ 3,000円
【発売日】2013/03/15
前売券 2500円
学生割 2000円(要学生証)
当日券 3000円
サイト

http://hidenkan.web.fc2.com/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 5月16日(木) 19:00
  17日(金) 14:00/19:00
  18日(土) 14:00/19:00
  19日(日) 14:00/19:00
説明 通り雨が、人を鬼に変え
鬼は、縛られることで人に返る
ところで、人は鬼である為に
どれだけ恐怖があればいい?


1996年 ある日、鬼を捕まえた 
      縛ってみたら、住み着いた
      いつまで経っても帰らない
      いつまで経っても血を吸わない
      試しに、話をしてみたら
                昔話が始まった。
その他注意事項 ※開演5分前になりますとご予約が取り消しとなり、当日のお客様をご案内する可能性がございますので、お早目のご来場にご協力お願い致します。
スタッフ 音響:井上匠(風鈴堂)
照明:正傳静(劇団ハイデンカン)
舞台装置:野村久美子
舞台監督:嶋拓哉(劇団テンタムル)
宣伝美術:辻絵
制作:久保香織(劇団ハイデンカン)

協力 風鈴堂 劇団Ya-taro 劇団テンタムル 東京バビロン

[情報提供] 2013/02/10 10:00 by じゃおり

[最終更新] 2013/05/21 11:49 by じゃおり

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー5

わいまん

わいまん(0)

旗揚げだー わーい

たくひろ

たくひろ(15)

役者・俳優

旗揚げ!主演!!うぇい!!!!

高尾優太

高尾優太(1)

脚本 演出

演出、脚本を担当します。

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大