演劇

全ステージ終了致しました!たくさんのご来場ありがとうございました。

◆上演演目◆『この生は受け入れがたし』『走りながら眠れ』『銀河鉄道の夜』

演劇

全ステージ終了致しました!たくさんのご来場ありがとうございました。

平田オリザ・演劇展vol.3

◆上演演目◆『この生は受け入れがたし』『走りながら眠れ』『銀河鉄道の夜』

青年団

こまばアゴラ劇場(東京都)

2013/04/10 (水) ~ 2013/04/21 (日) 公演終了

休演日:4月16[火]

上演時間:

あなたは平田オリザを知っていますか?
劇作家・平田オリザの隠れた名作を一挙上演するこの企画。
きっとあなたもお気に入りの一作に出会えるはずです。
3年目を迎える今回は、心機一転新しい生活が始まる春にぴったりな充実の新旧3作品が登場。
どうぞお楽しみください。

[上演演目]
◆『...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2013/04/10 (水) ~ 2013/04/21 (日)
劇場 こまばアゴラ劇場
出演 山内健司、たむらみずほ、渡辺香奈、川隅奈保子、能島瑞穂、古屋隆太、佐藤誠、小林亮子、森内美由紀、菊池佳南、富田真喜、緑川史絵
脚本 平田オリザ
演出 平田オリザ
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 3,000円
【発売日】2013/03/02
[日時指定/全席自由/前売・予約・当日共]
◆『この生は受け入れがたし』 一般3,000円
◆『走りながら眠れ』 一般3,000円
◆『銀河鉄道の夜』 一般2,000円 高校生以下1,000円
サイト

http://www.seinendan.org/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 4月
10日[水]19:30この生は受け入れがたし★
11日[木]19:00この生は受け入れがたし
12日[金]19:30走りながら眠れ
13日[土]14:00銀河鉄道の夜/16:00走りながら眠れ/18:30この生は受け入れがたし
14日[日]14:00走りながら眠れ/16:30この生は受け入れがたし/19:00銀河鉄道の夜
15日[月]19:30この生は受け入れがたし
17日[水]14:00この生は受け入れがたし/19:30走りながら眠れ
18日[木]19:30この生は受け入れがたし
19日[金]17:00銀河鉄道の夜/19:30この生は受け入れがたし
20日[土]14:00この生は受け入れがたし/16:30銀河鉄道の夜/18:30走りながら眠れ
21日[日]14:00銀河鉄道の夜/16:00走りながら眠れ/18:30この生は受け入れがたし
★=終演後、アフタートーク開催
説明 あなたは平田オリザを知っていますか?
劇作家・平田オリザの隠れた名作を一挙上演するこの企画。
きっとあなたもお気に入りの一作に出会えるはずです。
3年目を迎える今回は、心機一転新しい生活が始まる春にぴったりな充実の新旧3作品が登場。
どうぞお楽しみください。

[上演演目]
◆『この生は受け入れがたし』
「考えたんですよ。寄生してんのは、どっちかなって。」
東北のとある大学の研究室。
東京から転勤してきた夫婦を出迎えたのは、寄生虫をこよなく愛する研究者たち。
寄生虫の小さな小さな視点から、
東京と地方、大学と研究室、夫と妻―あなたの周りの“寄生と共生”の関係が浮かび上がります。
ちょっぴり可笑しくて不思議な喜劇、17年ぶりの再演。

◆『走りながら眠れ』
「ただいま」「おかえりなさい」
社会主義運動の中で虐殺された、大正時代のアナキスト・大杉栄と妻の伊藤野枝。
恋愛スキャンダル、幾度にもわたる投獄―
壮絶な人生を辿りながら、どこまでも己を貫いた彼らの最期の2ヶ月を繊細に綴った、大人の会話劇。
何気ない日常の中から、2人の生き様を覗き見てください。
「平田オリザ・演劇展vol.1」で好評を博し、待望の再々演。

◆『銀河鉄道の夜』
「銀河ステーション、銀河ステーション―。」
星祭りの夜、1人寂しく夜空を見上げるジョバンニの耳に突如響く車掌の声。
“本当の幸せ”を求めて様々な星座を旅し、2人の行き着く先は―。
悲しみを乗り越えて成長する少年の姿は、
私たちにほんの少しの勇気と大切なメッセージを与えてくれます。
平田オリザ初の青春小説「幕が上がる」の作中劇としても話題の傑作。
その他注意事項 特別企画も目白押し!

◆特別企画① アフタートーク開催
平田オリザがゲストをお迎えし、作品について語らいます。
4月10日[水]『この生は受け入れがたし』終演後
ゲスト|小川和夫氏(目黒寄生虫館・館長)

◆特別企画② ロビー展示『平田オリザ・戯曲の世界』開催
公演期間中、劇場ロビーにて今回上演の3作品にまつわる資料をご紹介。
初演時の記録から着想の元となった書籍まで、戯曲の世界をたっぷりご堪能ください。

◆特別企画③ 寄生虫グッズ販売
『この生は受け入れがたし』にご協力いただいた目黒寄生虫館のグッズを、ロビーにて特別販売。
劇中にも登場する、フタゴムシをモチーフにしたストラップもお目見えします。
スタッフ 舞台美術|杉山 至
照明|西本 彩
音響|泉田雄太
映像|ワタナベカズキ
衣裳|有賀千鶴 正金 彩
フライヤーデザイン|京(kyo.designworks)
制作|堤 佳奈
企画制作|青年団/(有)アゴラ企画・こまばアゴラ劇場
主催|(有)アゴラ企画・こまばアゴラ劇場
協力|(財)目黒寄生虫館

[情報提供] 2013/02/09 12:23 by 三重県文化会館 堤

[最終更新] 2013/11/13 22:10 by 三重県文化会館 堤

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー1

三重県文化会館 堤

三重県文化会館 堤(0)

制作として参加しております。 皆さまに少しでも平田戯...

このページのQRコードです。

拡大